落書き俳句ノート
このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment

[トップに戻る] [新規投稿] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
おなまえ
Eメール
Subject 入力禁止
Title 入力禁止
Theme 入力禁止
タイトル
コメント
URL
コメント内にはURL欄と同じURLを書き込まないで下さい
URL
削除キー (記事削除時に使用。英数字で8文字以内)
文字色

一句一遊 「芥菜」 3月20〜24日放送分
投稿者: ポメロ親父 投稿日:2017/03/20(Mon) 18:41 No.12776 
 こちらの掲示板では、RNB南海放送ラジオの番組「夏井いつきの一句一遊」の内容を聞き書きしております。聞き書きですので表記は不正確です。同音異字や誤字が有りましたら修正してください。間違いに気づかれた方 は、ご自分の句でなくても、教えていただきますと助かりますので、どうぞよろしくお願いします。
 直接こちらに俳句を書き込まれましても、放送されることはありません。俳句の投句先のメールアドレスは ku@rnb.co.jp です。

ポメロ親父

 車壊して半世紀、廃車買い取りの東雲短大裏「石川商店」の提供でお送りします

月曜日

 俳句集団いつき組組長、夏井いつきです
 アシスタントのウエンズデー正人です

 今週の兼題は「芥菜」でお送りをするんだけれども、たった一人だけねえこの兼題の入ってないのが届いて間のしてねえ、そらうみ88と読むんでしょうかねえ
◇透明の無きねの聞く春心  そらうみ88
 っていうのかなあ、番組の一番最後に募集中の兼題出ますからねえ、よく聞いてメモしてください

 さあ、それでは月曜日の芥菜トップバッターは伯方児童館俳句キッズ、花ちゃん・小1です
◇からしなはきれいなきいろうつくしい  はなちゃん
 まあそうですねって言う感じで

 同じく、つばさ・小4
◇芥菜すてきです花の緑  つばさ
 とこう言われるとこれもなんか深い意味のある詩のような空気が漂うんですけれどね

◇ふしぎだなからしになるぞ芥菜は  小4・そら
 う〜ん不思議じゃないかもしれない‥なぁっはっはっは

 そしてですねえ穂積書道教室俳句部・みっちゃんが‥みっちゃんはこんな句です
◇芥菜を十個集めてとおがらし?  みっちゃん
 ぬっはっはっは、最後の?をどう処理していいか私にはわかりませんが

◇芥菜を枯らした人は彼氏なの  93kgのぷっこら
 ま、こういうところまで来ると、大人の下らん駄洒落に完全に入って行くと

◇いにしえの芥菜の書からしな日記  松山・みずどむ
 「いや、更級日記やろ。と組長に突っ込まれる声が聞こえてきます。」って書いてありますが、私の突っ込みまで書かれるとちょっとむっといたしますねえ

 そしてこちらがリストラダムス、リクエストが‥えっこんな人が居るの?からしみどり?、辛島美登里?、サイレント・イブ、ここを勝手に駄洒落にして失礼な男ですねえ、こんな一句
◇涙目に孫が吐き出す芥菜を  リストラダムス
 いや、確かにこれは、これは目に浮かぶけどね

 伯方児童館俳句キッズ、りんか・小5もほぼ同じですなあ
◇芥菜をおひたしにしてひいひいはっ  りんか
 ふっはっ‥ひいひいはってのがラマーズ法かみたいな感じがしますねえ

 そして西条・ゴマちゃんです「組長、最近おセンチな私。」って書いてありますが
◇芥菜を食べずともなぜ涙ぐむ  ゴマちゃん
 ま、おセンチなんですねえ、大丈夫ですかあ、もっと芥菜食べたほうが良いかも知れませんよお

 そして、意味がちょっとよくわからないんですが、あいりゅうおしょうの一句
◇おくるみの隅そっとかけ青芥子  あいりゅうおしょう
 芥菜の傍題ってことなんですねえ、おくるみの隅をそっとかけてぇ‥寝てる子にちょっとかけてぇ‥で、自分は芥菜食ってるってこんな感じですかねえ、‥月曜日の特徴はねえ、何言いたいかがまったくわからないって言うのがねえ、半分ぐらいあるってことですが

 城山黒吉、ま、上手下手はともかく共感する人も多いと思います
◇芥菜の重し乗せたい我が亭主  城山黒吉
 ぷふっふ‥重し乗せたら我が亭主もっと動かなくなりますねえ

 人見直樹の一句もすげえな
◇八割が芥菜であるお弁当  人見直樹
 ふゃっはっはっはっは‥ふぃ、後ご飯が二割?‥痛い弁当だねえ

 人見直樹の先輩の一句もその下に書いてあるよ
◇かやしなの畑に注ぐあいの風  人見直樹の先輩
 かやしなじゃなくってね、からしなですよ先輩「組長、ぼくもそろそろ来重なりに手を出そうかと迷っています。アドバイスをください。」って書いてありますが、も、頭が高いですよ、ちゃんと兼題が芥菜だとわかってないところがもう致命的じゃないですかあなた

 そして、ポメロ親父から能書きも届いております「芥子菜は中央アジア原産のアブラナ科の越年草で、わが国へは弥生時代に中国から伝えられたといわれています。その種子が芥子の原料になります。画像で検索してみて、その形や色にずいぶんバリエーションがあることに驚きましたが、栽培されている品種にはよくあることです。関西から九州にかけてよく栽培される高菜は、見掛けはずいぶん違いますが分類から見ると芥子菜と同種だそうです。」へえ?高菜と一緒なの?‥全然違うやんねえ、そぅ、こういうことを知るのがまた俳句やってる楽しみの一つですが、ポメロ親父の一句も手馴れてますねえ
◇食用には手遅れの芥菜を愛づ  ポメロ親父
 もうーこれ食べられんよこんなに大きくなってごわごわではって、お花を楽しむってことなんでしょうかねえ

 三河のぽんぽこは実際に植えたことがあるらしい「家庭菜園で一回植えたことがありますが、動機としては虫が付かないから良いと教えられたからでした。しかし、結果としては哀れ虫食いだらけで、しかも育て方が悪かったからかあまり美味しいともいえず、虫もよく喰ったなと思った次第でした。」‥ぶふっそれ‥その話も凄いなあ、しかもこの句がなんか凄いな
◇虫は食む俺は生きるぜ芥菜ちゃん  三河のぽんぽこ
 はははっはっはっは‥なんかもうここまできたら笑うしかないちゅうやつですねえ

 え〜そして、横浜の糖尿猫からもお便り来てますねえ、糖尿猫ってぇまじ黴円先生でした、会いました、あの千葉県の句会ライブで奥さん連れて会いに来てくれて、久しぶりにあの南方系の懐かしい顔を見て、あ゛〜もう黴円先生ってぇ喜んだんですが、こんなお便りです「私の家は父方が沖縄系です。祖父の代に本土へ渡ってきたようです。父はすでに亡くなりましたが、東京生まれです。また私は静岡で生まれました。私も父も沖縄で暮らしたことはありません。しかし我が家の家庭料理として、各種チャンプルが伝わっていました。」‥っぱはっはっ「チャンプルといえばゴーヤが有名ですが、なぜか我が家ではゴーヤチャンプルは伝わっておりません。ニラチャンプル、モヤシチャンプル、そして芥菜チャンプルなどが私のソウルフードです。」っあはっはっはっは‥ぁあ、その芥菜食べながらあの暑苦しい大きな顔になって生まれたってのがおかしいですねえ。」ええこんな一句もあります
◇飯にかけるチャンプルの芥菜くにゃり  糖尿猫
 くにゃりに実感がありますねえ、さすがソウルフードでございます

 ええ他にも芥菜にまつわるお便り届いておりますが、また木曜日にご紹介いたしましょう
 
 ということでいま募集中の兼題が‥
「丹」「エリカ」の投句〆切が3月26日(日)必着
次の兼題は「蠅生まる」「凧合戦」です


勝たせて貰っているのに廃車専門とは、これいかに?
社長元気だが、石川昇天ってかあ(チーン)
飛車に角、将棋の駒は買わねども、廃車買いたし、お電話を
自動車を解体し続け50年、松山市桑原、石川商店

この番組は車壊して半世紀、廃車買取の東雲短大裏、石川商店の提供でお送りしました


(3/20-18:44)
No.12777
ミズスマ
火曜日
〜この番組は農家のお店・周ちゃん広場の提供でお送りします〜

俳句集団いつき組組長、夏井いつきです。
アシスタントのウェンズデー正人です。

今週の兼題は、芥菜でお送りをしてるんですが。東京のね、平仮名で「ゆえ」っていうのからね、お便り来てるんですが。
「芥菜を探しに、夜勤明けを利用して電車に乗って川まで行ってきました」偉い子ですよ、これは!「初めて芥菜を見ました。多分芥菜だと思うんですが…てんてんてん」って。「いつもネットで検索して、必死に兼題について調べて俳句を考えるんですが、やっぱり実物は違いますね!夜勤明けはいつも具合が悪く寝て過ごすだけなのに、今回は見に行こうとする自分の行動にもびっくり!俳句の力ってすごいですね。」そうなんだよ、俳句やり出すとね、自分の中にね、よく分からない力が湧き出してくるんですよ、あなた。その夜勤の末の一句、こんな感じです。
◇夜勤終え土手の芥菜つややかに   ゆえ/やっぱりね、季語の現場に立つって大したもんですよ。

そして、伯方児童館俳句キッズ・小学校二年生・ひろあきです。
◇芥菜は花びら四つ色きれい   ひろあき/ちゃんと観察してくれましたね。

◇菜の花も芥菜の花もみな黄色   穂積書道教室俳句部・川霧/こういう風にね、総合して物を言うのも一つの手ですね。

兵庫から参加、猫笑(ごろ)です。
◇芥菜のすっくと立ちて風招く   猫笑(ごろ)/「風招く」がいいんじゃない。

え、そして愛知から参加・星の雫です。
◇芥菜は土地が違うと虫だらけ   星の雫/あ、昨日だんなのね、三河のぽんぽこのエピソード来てましたよね。虫が付かないからって植えたら虫だらけだったっていうのね。

◇河岸行くや芥菜の花己生え   もやい句会・近藤真古/「おのればえ」ってあの、勝手に生えるのを「おのればえ」って言いますよね。

風花会・皐月もあの、おんなじことなんだろうと思うけど。
◇芥菜のおのればい摘む祖母の背な   皐月/「おのればい」になってますね。ここら辺が小さな変化ですね。

そして、ゆきしろの一句。
◇芥菜の満開なおも余白あり   ゆきしろ/「余白あり」がいいですね。

◇芥菜も盛り過ぎしや六十路過ぐ   かよ/芥菜に六十路の自分を重ねてるっていうことですね。

◇畑道に脇に芥菜抱えおり   シナモン句会・ルイ/採って帰るんだね。

◇芥菜の畑一枚に集いたる   穂積書道教室俳句部・其蜩/何か市民農場みたいな感じなのかなと思ったんですが。己生えかもしれませんね。

◇芥菜や子の声ころぶ河川敷   風花会・牡丹/「ころぶ」がいいですね。

◇芥菜や人の匂いの深き山   漢詩人鉄仮面/嗅覚に特化しておりますね。

◇芥菜のキャリーに三束直売所   いごぼうら/最後の「直売所」で光景が立ち上がります。

◇芥菜蒔く一畝足りず余る種   カシオペア/余る種を畦道にぽんと投げると、そこでまた生えたりするのかもしれないですね。

◇芥菜も菜芥も一緒ぞなもし   高知・えのころちゃん/なんかいきなり松山の伊予弁になってるんですが。菜芥という読み方、言い方するんだね。

◇芥菜をおばあちゃんちで食べました   伯方児童館俳句キッズ・小学校一年生・たけと/ばあちゃんとこはこんな辛いもの食べるんだ、とか思ってるんでしょうね。

兵庫から参加、ももたもも
◇辛いまましゃくしゃく食らう芥菜よ   ももたもも/しゃくしゃくっていう音がいいですね。

◇芥菜の茎をつぶして激辛に   横浜4Gの会・句楽生/えっ!?茎つぶすともっと辛くなるのかあ。

◇芥菜のぴりりと舌の刺激なり   ちびうさ/ぴりりいっぱい来てたんですよ。

こまりは岡山からの参加です。
◇芥菜のぴりり辛さが癖になり   こまり/「ラジコで聴いてます」って。嬉しいですね。

そして新居浜のかずっち。
◇芥菜の漬物ぴりり一人酒   かずっち/酒にはいいと思うなー。

和歌山から参加、あまいアンです。
◇芥菜のぎざぎざぴりり笑う舌   あまいアン/笑う舌という擬人化いいですよ。

◇縁側で芥菜ぴりりお茶を飲む   浜撫子/こっちはお茶かー。

◇芥菜のぴりりを好む五十路過ぎ   今日はアッシー/アッシー五十過ぎたのかあ。

◇芥菜の和え物好む歳になり   猫の足跡/いつ位からなんでしょうね、あれが美味しいと思いだすの。

◇芥菜や五感尖らす芥色   あおい/五感尖らして季語を観察しておりますね。

◇芥菜や罅の一筋漬物器   南亭骨太/漬物器、ずっと使ってるんですね、何十年も。

◇芥菜の漬物もある和食膳   紫式部

◇砥部焼の青へ芥菜花芽和   バムケロ/きれいですねぇ、砥部焼の青もね。

岩手から参加、ひさおの一句は漢委奴国王とかって、倭(わ)、大和のことですね。この言葉が出てきます。
◇倭に渡来芥摘まれ我が小鉢   ひさお/「俳句を始めて一カ月記念の投句」とありますね。一緒に楽しみましょうね。

そして東京から参加・いつき組リスナー班・まさのりです。
◇ざく切りの芥菜炒め胡麻油   まさのり/ああ、胡麻油の匂い、食欲そそります。

菊池洋勝は宇都宮からです。
◇芥菜を和えた菜箸嘗むにけり   菊池洋勝/「嘗むにけり」って、「嘗めにけり」でいいんじゃないかと思うんだけど。

そして東京から参加・台所のキフジン。
◇芥菜の辛み浸みこむ手酌酒   台所のキフジン/いいですね、いいですねぇ。

◇呑んべえの芥子菜一つ酒二合   案山子/いけますわ、二合ぐらいはね。

◇芥菜を好む齢や母恋し   べにふうき茶句会・レモングラス/母恋しくなる齢でございますね。

◇芥菜を摘み摘み思う妣のこと   紫羅欄花/こっちの「妣(はは)」は亡くなった母を表す字ですね。

柝の音(きのね)は千葉からの参加。
◇芥菜を漬ける男の割烹着   柝の音(きのね)/男の料理、案外うまいもんですよね。

愛知から参加、藍植生の一句。
◇芥菜は親戚の味めはり寿司   藍植生/高菜でね、めはり寿司とかしますよね。

そして愛知から参加・沢田朱里です。
◇芥菜を茹でて味付け投げやりに   沢田朱里/ふふふ、「投げやりに」てのがすごいですね。

え、最後がdolceのこんな一句。
◇芥菜やじじに研がれし鍬の味   dolce/じいちゃんが一生懸命作ってくれている芥菜ということですね。

ということで、今募集中の兼題が… (3/22-08:07)
No.12778
あねご > 水曜日
俳句集団いつき組組長夏井いつきです。
アシスタントのウェンズディ正人です。
今週の兼題は「芥菜」でお送りをしております。水曜日、香野さとみからなんですが
「組長、天のノート届きました。2001年から歴代の天の句に感動!同じ天でも全体的にどんどん洗練されていく」
これ上手いこと言ってるけど、最初の頃は下手だって書いてるわけですよね。
「裾野が広がっている証拠です。読んでるだけで力がつきそうな気がしま〜す」
という。嬉しいですね。そんな香野さとみの一句
◇芥菜の花は憂いの黄に煙る 香野さとみ/最後の「煙る」ってあたりで遠近感も出て来るし、やっぱ水曜日上手いでしょう?

福岡に転居いたしました七草です
◇芥菜の薹立ち始む入り日頃 福岡・七草/薹が立つってあのずんずん伸びてきてってヤツですね

同じく薹という言葉が出てきます。ノートンの一句
◇芥菜や昨夜の雨の薹太し ノートン/今度は太ってきてますねえ

え〜、ゆきえは静岡からの参加です
◇ざっぷりと芥菜洗う小川かな 静岡・ゆきえ

そして東京から参加、まどん
◇芥菜をわしゃんわしゃんと洗いけり 東京・まどん/「わしゃんわしゃん」の実感も好きですねえ

和吉の一句です
◇芥菜の吸い取る水の清らかさ 和吉/「吸い取る」っていう実感、よく描写してると思います

ひでやんの一句
◇芥菜の辛味は流る葉脈を ひでやん/そんな気がしますよね、見てるとね

尽日子の一句
◇芥菜を押え押えて包みけり 人日子/ぼあぼあするからねえ。押えるも実感の言葉です

福岡の松ぼっくりの一句
◇夜を跳ねて芥菜ピンと濃き緑 福岡・松ぼっくり/この「ピン」も実感です

喜多輝女です
◇芥菜の漬物樽の伊予の石 喜多輝女/伊予の青石でしょうね

もやい句会、赤い長靴の一句
◇あれほどの芥菜漬けてこれだけか もやい句会・赤い長靴/これもわかるよね。あんだけ漬けて、え〜!こんなにちっちゃくなんの!?っていうね。

大洲の伯洋の一句も美味そうですねえ
◇芥菜や口いっぱいの塩むすび 大洲・伯洋/これだけで満足って感じね

〇〇〇昴の一句(○のところが聞き取れませんでした)
◇芥菜を漬けたる母の甲に塩 〇〇〇昴/手の甲に塩がついてるってんですね

八重桜の一句もなんか独特の味わい
◇曇り空芥菜摘みて風呂沸かし 八重桜/この人の一日が豊かに暮れていくわけですよお

中島の潮見おばちゃんです
◇父祖の地に目覚む芥菜今年色 中島・潮見おばちゃん/実景として鮮やかだと思います

逆ベッカムです
◇芥菜や平家落人伝承地 逆ベッカム/漢字の繋がりが格調高いな

東京から参加、トポルです
◇芥菜や京都言葉の裏表 東京・トポル/そこがぴりりと辛いわけですなあ

麦仙人は宝塚からの参加
◇芥菜や今朝も賑わう橋の上 宝塚・麦仙人/橋の上の市なのか、橋の上に人が集ってんのか

横浜4Gの会、大阪会友、猫の恋です
◇芥菜や堤防に群れ雲も群れ 横浜4Gの会・大阪会友・猫の恋/「群れ」「群れ」のリフレイン効いてますね

行く山路の一句
◇芥菜や粒粒辛苦老いの坂 行く山路/「粒粒辛苦」という四字熟語、面白い使い方ですね

風花会、野路菊です
◇芥菜や世に三人の似たる人 一句一遊宇和島風花会・野路菊/こういう言い方すると芥菜がちょっとおもしろい取り合わせとして際立ってきます

堺市から参加、むくもとぼうせいです
◇白飯と芥菜漬けと私語少し 堺市・むくもとぼうせい/「私語少し」なにしゃべってんだろねえ?

もやい句会、静泉です
◇芥菜やまた手術とは手術とは もやい句会・静泉/ため息が聞こえてきます。芥菜ぴりりと食べてガンバレ!

そして京都から参加、凡鑽です
◇嫌味ひとつ言うて芥菜茹ですぎる 京都・凡鑽

大阪から参加はときこです
◇芥菜を茹でつつ小さき嘘をつく 大阪・ときこ/芥菜ですからみんなちょっと屈折した感情を語っております

富士山の一句
◇芥菜や新生活に小言言う 富士山

そして千葉から参加、鈴木レイモンです
◇付き出しの芥菜辛き小言付き 千葉・鈴木レイモン/小言がくっついて出てくるっていうんですねえ。

柳児は横浜からの参加です
◇芥菜や祖母の小言を食べている 横浜・柳児/祖母を懐かしんでいるような気もしますね

みいみの一句です
◇噛みしめる芥菜漬とお小言と/みんな似たようなところにきますねえ

句ゼミ、これは誰だ?小青の一句
◇芥菜が長説教の舌を刺す 句ゼミ・小青/自分がついついしゃべって説教してしまう。反省でしょうかね

ふぢこは高知からの参加です
◇芥菜食ぶ住職終わりなき説教 高知・ふぢこ/こういう住職いますいます

この人なんて読むんだっけ?欲に句に歩くと書いて「欲句歩」ああ、なんだっけ、忘れました。教えてください。こんな一句
◇芥菜や姉は素直と諌められ 欲句歩/ということは妹のあんたはほんとに、っていうことなんでしょうね?

亜桜みかりもかわいいな
◇初めてのお使い芥菜頼まれる 亜桜みかり/芥菜って子供にはちょっとハードルの高い名前ですよねえ

まるやす、のり茶づけです
◇作業場に貰う芥菜五束ほど まるやす・のり茶付け/作業場、なんの作業場なんだろうね?

埼玉から参加、らあらです
◇芥菜や真砂女の店の懐かしき 埼玉・らあら/鈴木真砂女、俳人ですねえ。卯波というお店をやってらっしゃいました

八木ふみです
◇芥菜やあの震災の七回忌 八木ふみ/しみじみとねえ、おっしゃるとおり

プリマスロック句会、妙です
◇芥菜黄失意の駅に降り立てば プリマスロック句会・妙/芥菜の黄色が失意の気持ちに突き刺さるのかもしれません

穂積書道教室俳句部、部長、天玲です
◇芥菜や夜明けの星へ土埃 穂積書道教室俳句部・部長・天玲/最後土埃って持ってくる、この映像の作り方やっぱ上手いねえ

そして太郎の一句
◇芥菜芥菜塩売り橋の朝の歌 太郎/「塩売り橋」上手い固有名詞持ってきたねえ

そしてしょい句会、宵嵐です
◇芥菜や天山山脈ぞ煙る しょい句会・宵嵐/「天山山脈」中国ですよね

そして山田ノムオウも見たことあるよねえ
◇川向う芥菜分ける測量士 山田ノムオウ/測量士の人たちが白と赤の棒を持って立ってるわけですねえ

鯛飯の一句
◇芥菜の色濃しデモの列長し 鯛飯/「濃し」「長し」と韻を踏んでおります

そして鞠月の一句もかわいいな
◇芥菜のきゅきゅと鳴くなら摘んでやる 鞠月/上から目線のね「摘んでやる」ってところですね

もやい句会、山口千代子です
◇芥菜の雨の二日の蕾かな もやい句会・山口千代子/最後の「かな」の詠嘆ちゃんと効いてますねえ

野風の一句
◇芥菜の紫紺や野山の暮れなずむ 野風

そして最後、山の中の憶良の一句です
◇芥菜の連なる土手をつい三里 山の中の憶良/つい三里も歩いてしまったよというね、いいじゃないですか

募集中の兼題 「丹」「エリカ」3月26日(日)必着
       「蠅生る」「凧合戦」

夏井いつきの一句一遊は毎週月曜から金曜、朝10時から。
あなたも是非、垣根なき十七音の世界へ。
(3/23-00:01)
No.12779
みかり
木曜日

〜この番組は坊ちゃん団子、タルトの亀井製菓の提供でお送りします〜

木曜日なんですが、今週の兼題「芥菜」の火曜日の皆さんが少々残っております

◇芥菜や結び目緩むほっかむり  穂積書道教室俳句部・花見月/作業してるんでしょうねえ、畑のお仕事

◇収穫の芥菜の山猫車  大分・国東まちこ/猫車いっぱいですよ

◇菜園の芥菜五株に夢賭ける  一村/どういう芥菜なんでしょうね

◇年重ね味ある妻や芥子の菜  甘泉/味がある妻だよ、内の妻は・・って、甘泉の妻めっちゃ喜んで今晩一品多いんじゃないかと思いますよ、これ〜

◇芥菜や櫓の上のマダムヤン  宝塚・樹理/マダムヤン櫓の上で何やってるんですかねえ

◇ドレスの魔法解け芥菜椅子の上  小雪/ドレス着て出かけていった主婦がいきなり元に戻る瞬間、芥菜があるんですねえ、そこにねえ・・何か面白いですねえ

◇車窓より逃げ去る景色芥菜よ  ローズマリー/芥菜がずーっと続いてる土手でしょうかねえ

◇芥菜やウォークラリーの道標  ささささん/ああ、なるほどね。芥菜がいっぱい咲いてるあの辺りって言う感じでしょうね。「組長!今日ラジコで自分の句が流れた瞬間嬉しさのあまり実家の両親に報告」わははははは「実家に帰ったときには家族でプレバト見て盛り上がってます」って、うれしいですねえ。皆さんラジコ活用していただいたらうれしいよー

◇芥菜の黄色の眩しき河原かな  埼玉・彩風/黄色と書いて「こう」とルビがありますが、芥菜の黄色眩しきにしたんで良いんじゃないかと思いますねえ

◇芥菜や父の小言を懐かしむ  風花会・桜

◇義母賜う芥菜ほどのお小言を  河原撫子/おかあさんからお小言を頂くという意味なんでしょうかねえ・・

◇芥菜や辛口批評受け流す  松永のばあば/まあねえ、耳痛いこと受け流すのも生きていくための大事な処世術かもしれませんねえ

◇三回忌芥菜砕く奥歯かな  中山月並み/奥歯の実感、噛みしめる実感ですよ

◇芥菜に病院食の箸進む  ころん/ちょっと辛いとね、逆に食欲出ますねえ

これは何だろう
◇晴れ待ちの芥菜を摘むワンシーン  アキト/映画の撮影でしょうかねえ

◇留守電に芥菜漬けた取りに来い  ひめぎんぎん/喜んで行きますよ、私なんぞ

◇芥菜や週末毎に行く市場  不知火/週末毎にって言うところが良いですねえ

◇芥菜の辛さも忘れたか母よ  西条のおかん/「姑は認知症で介護が必要。でも可愛いおばあちゃんになってくれてます。以前は野菜を作ってくれてました。かなり前芥菜作ってくれたとき、味の分からない私に不機嫌だったことを思いだし・・」はははははは・・はあそういう意味かー「芥菜の辛さも忘れたか母よ」ってねえ

あ、小川めぐるもそういう思い出ですねえ
◇芥菜やあの頃義母は歩けてた  大阪・小川めぐる/お姑さん、あの時は歩けてたんだけどなあ・・って、分かります分かります

■烏天狗からお便り
「組長!芥菜とは何とタイムリーな兼題でしょう。実は私還暦を期に、専業農家に転職しました」あっ、そうなの?植木屋さんとか止めたんやろうか「その第一歩が漬物屋さんとの契約による芥子菜栽培」え〜?「そして今まさにその芥菜の収穫真っ最中、というか、やっと収穫にたどり着きました。芥菜が肥料食いだとは聞かされていたんですが、まさかこんなに肥料食いとは〜。そして種蒔きが一週間遅れただけなのに、収穫予定が一ヶ月遅れました」大丈夫か?専業農家・・「たかが菜っ葉と甘く見ていた私、成長度合いから収穫手伝いまで、笹百合さんにおんぶにだっこ」大丈夫かあ?専業農家〜〜「農業とは諸先輩方の教えの詰まった宝物です」いやーこの最後の一行が良いじゃないですかねえ

◇芥菜や考(ちち)の苦言を食っている  烏天狗/烏天狗の芥菜の漬け物が販売される・・楽しみですねえ

■神戸・よしたかしからお便り
「組長!芥菜の写真をみて、「あ、菜の花や」と思いました。世間知らずの私にとっては新発見です」

◇芥菜の中州眩しく広がりて  よしたかし/みんな俳句やり出すとこんな新発見を楽しみながら生きていけるようになるんですよ

■小田寺塔女からの近況報告
「組長!次男がこの春高校を卒業したんですが、二年生の時の俳句甲子園全国三位の入賞など、俳句活動のお陰で卒業式で文化功労賞をいただきました」ええーー?!「俳句部で良かったです」という母小田寺塔女の何の関係もない一句

◇芥菜を膝に土手行く車椅子  小田寺塔女/膝にちょうど当たる高さって言うんですね。小田寺塔女も子どもの俳句甲子園から始めて上手くなりましたよ

■猫愛すクリームからお便り
「組長のご本素晴らしいのは言わずもがなですが」ありがとうございます「組長の師である黒田杏子先生のご本が素晴らしく、組長が俳句で食べていくと決意なさったお気持ちがよく分かりました。一日五句を目標に頑張っております」と、うれしいですねえ。黒田杏子先生は「藍生(あおい)」という結社の主宰ですのでね、私ももちろん「藍生」のメンバーなんですが、黒田杏子先生に直接指導を受けることもできますからねえ、「藍生」のHPも見てみてください

◇母遠く芥菜漬けを茶漬けにす  猫愛すクリーム/母遠くの思いが満ちますねえ

■いつき組リスナー班・桜里からお便り
「組長!最近プレバトで組長の添削に感動する芸能人に、どや顔で拝見しています」はははっ。あんたがどや顔してくれるのがそれはそれで嬉しうございます

◇加賀水の艶に染めゆく芥菜を  桜里/加賀石川県の水と言うことでございますねえ


と言うことで・・

※募集中の兼題 「丹(丹原の丹)」「エリカ」3月26日(日)必着
       「蠅生る」「凧合戦」

あなたの投句をお待ちしております!

坊ちゃん団子、いただきま〜す!
おいしい〜。
ほんとよ。これも亀井製菓?
うん、おいしい。
坊ちゃん団子も亀井製菓だよね〜。

坊ちゃん団子は第26回全国菓子大博覧会名誉総裁賞を受賞しました

この番組は坊ちゃん団子、タルトの亀井製菓の提供でお送りしました

(3/23-15:13)
No.12780
中山月波 > 聞書き隊の皆様、いつもありがとうございます。
三回忌芥菜砕く奥歯かな  中山月並み⇒中山月波です。
訂正は結構です。
皆様のご苦労のお陰で、組長のご指導を毎日読めて嬉しいです。 (3/23-17:12)
No.12781
甘泉 > いつもお世話になっております。「年嵩ね味ある妻や芥子の菜」に訂正お願いします。

(3/23-19:28)
No.12782
みかり
【訂正】
◇三回忌芥菜砕く奥歯かな  中山月波

◇年嵩ね味ある妻や芥子の菜  甘泉 (3/23-19:55)
No.12783
名前 返信 文字色 削除キー

一句一遊 「春の匂」
投稿者: ポメロ親父 投稿日:2017/03/13(Mon) 19:39 No.12767 
 こちらの掲示板では、RNB南海放送ラジオの番組「夏井いつきの一句一遊」の内容を聞き書きしております。聞き書きですので表記は不正確です。同音異字や誤字が有りましたら修正してください。間違いに気づかれた方 は、ご自分の句でなくても、教えていただきますと助かりますので、どうぞよろしくお願いします。
 直接こちらに俳句を書き込まれましても、放送されることはありません。俳句の投句先のメールアドレスは ku@rnb.co.jp です。

ポメロ親父

 車壊して半世紀、廃車買い取りの東雲短大裏「石川商店」の提供でお送りします

月曜日

 俳句集団いつき組組長、夏井いつきです
 アシスタントのウエンズデー正人です

 今週の兼題は「春の匂」でお送りしますが、なんじゃそりゃ春の匂って?と思った人たちが一杯居た‥その証拠に、月曜日が一杯居る‥、みせうあいの一句
◇恋しちゃう春の匂に誘われて  みせうあい
 ま、この系統が‥ぅわっさ ぅわっさ来てるわけですよ

◇春の匂甘い香り恋心  人見直樹の先輩
 しかも三段切れと来ましたねえ

 そして、あさろりというのも怪しい句ですねえ
◇長い髪あなたのうなじ春匂う  あさろり
 季語を逸脱して、違う方向にみんなが揃って行進してるという月曜日でございますが

 若草俳句会・カンナもそう来ましたか
◇あちこちと春の匂はランデブー  カンナ

 ケイエムというのが俳号ですかこれは‥これも激しすぎるんじゃない
◇ほとばしりおさえて二人春の君  ケイエム
 匂いはどこに行っちゃってるんですかねこれは

 徳島の山女たえです
◇春の匂深く吸えば脳踊る  山女たえ
 これなんかいけない妄想を抱いてるんじゃないですか

 そして、愛媛十年て言うのが君の俳号なのかこれは
◇まだ寒いねと抱きつくセーターからは春の匂  愛媛十年
 ぷくふっふぁっは‥寒い、セーター、春の匂と季語も一杯入ってるし長いしなぁ「五七五にできないことも無いのですが、微妙なところが伝わらないかなぁとおもい‥」くふぁはっは、微妙なところが伝わる伝わらないよりも前に、季重なりの問題について考えて欲しいなあ

 そしてけいかんの一句
◇飯を持てい春の匂に胃が騒ぐ  けいかん
 ぱはっっ「信長になったつもりで読んで欲しい‥」ぷふっ

 ‥これも信長になったつもりで読まないといけないのかなあ、伯方児童館俳句キッズ、小2・たいしの一句
◇春のにおいたくさんありえらべぬな  たいし
 ばっはっはっはっ‥

 伯方児童館俳句キッズ、続々と来ております、小2・しずくの一句
◇春のにおい春になると春のにおい  しずく
 をっ‥そのとおりでございます

◇はるのにおいえんそくいいにおい  小1・いちか
 あっはっはっはっはっ

◇はるのにおいおいしそうなはるのにおい  小1・ゆづき
 きひっ‥きみら‥同じところでぐるぐるぐるぐる廻ってないか、大丈夫か?このチーム

 ええ、大丈夫かという意味では沖浦公民館チームもずいぶん心配なチームなんですが、さおみの一句
◇春の匂花台上の桜草  さおみ
 かだい‥はなだいと読むんでしょうかねえ、いずれにしても春の匂と桜草で季重なりでございます

 季重なり軍団も一杯来ました、横浜4Gの会、かまじじです
◇梅桜春匂やかに咲き競う  かまじじ
 
◇春の匂庭の蕾も小鳥呼ぶ  若草俳句会・杏っ子
 実はねえ、小鳥っちゅうのが秋の季語になってるんですよねえ

 けいご6才、かわいらしい字やねえあいかわらず君これ
◇うめのにおいさくらのにおいはるのにおい  けいご6才
 もうかわいいから許してしまう私

 そしてさとちゃんの一句
◇くちずさむ春の匂やルンルンと  さとちゃん
 ぶふっ‥さとちゃんも一年中ルンルンですからねえ

 リストラダムス、リクエスト来ております、ビージーズ「若葉のころ」という
◇春の匂本探す後ろのレディーが  リストラダムス
 ふへっ、ふへっ

 ‥俳号書いてない、これ誰かなあ、こんな一句です
◇ダンボール春の匂詰めて送る  ?
 ダンボールにねえ春の匂を入れるっていう発想がすでにね、季語のことを理解してないと思うんだなこれ

 奈良から参加のはいさいもこう来たか
◇いかなごの釘煮の匂い淡路島  はいさい
 ぷふふっふっふっふ「組長、兼題春の匂は春の匂がするもので良いんでしょうか?」って、‥ちゃいますよぉ、あとでポメロ親父の能書き読みますからよく聞いて下さいよ

◇嗅ぎはじめ春の匂は税務署で  西条・散髪屋
 あばはっはっ、確定申告やぁ‥っはっはっはっひぃ

 そしてですねえ、これは誰だ、大阪なんちゃって句会のいつもは上手な長尾蓮もですねえ、こんなことになっちゃってるんですよ
◇まな板に匂う深山の遅き春  長尾蓮
 これ句としては整ってるんですけれどもねえ、これは春の匂の句というよりは遅い春というねえ、あの季語になってると思うんです

 ピーマンもねえ、気持ちはわかるのよ
◇めんそーれ春の空気の滑走路  ピーマン
 沖縄行ったんですかねえ、春の空気のってなってるところがまあ確かに春の匂に最も近い月曜日ではあるんだけどぉ、う゛〜ん困ったなあって感じですよねえ

 さ、ポメロ親父の能書き、耳の穴かっぽじって聞いてください「春の匂は、大歳時記に春光の傍題として取り上げられていました。春光の傍題としてはほかに、春の色、春色、春景色、春望、春容、春景、春の光などがあります。春光は明るく柔らかい春の日差しのことですが、本意としては春の景色、春の風光の色合いが濃いとありました。春の匂も実際の嗅覚というよりは、早春に感じる春めいた気配というほどの意味のようです。」‥早春に感じる春めいた気配ですよ、この瞬間に、ぁあ゛〜〜っていまラジオの前で悲鳴を上げてる人が山のようにいるかとは思います、ポメロ親父の一句でございます
◇目を凝らせ春の匂が聞こえたか  ポメロ親父
 ねえ春の匂は聞こえるものだ見るものだって来てるわけですねえ、さすがポメロ親父ですねえ、この能書きを傍らに心に置いてですねえ、火曜日以降付き合っていただきたいとは思うんですが

 もう一人ですねえ、横浜の糖尿猫もねえとまどいながらこんなお便りも来てますねえ「春の匂、組長出てきません。図説角川俳句大歳時記」あんたもこれ持ってんの?めっちゃくちゃ分厚い足の上に落としたら骨折するような凄いやつですよ「それにも出ていません。」ああ出ていないかもしれないな「この重たい本に出ていないって事は実は季語じゃないのか疑うのか、と思ったら講談社のカラー図説日本大歳時記にちょこっと載っております。」こいつこっちも持ってるんですかね、マニアックですねえ「一応季語なんですね。」一応なんて来ました「春光の傍題でした。もちろん例句はありません。」例句が無いってことは、今週すばらしい句だっていうことが証明されると、それが次の世代の例句に載るという可能性も出てくるっていうことなんですよ、そんな糖尿猫の一句
◇南総の春の匂の密漁船  糖尿猫
 なんそうっていうのは房総半島の南ですね、ええ「密漁船という魚料理のお店がおおっぴらに営業していました。」あひゃっはっは「どうやらチェーン店のようです。」‥すっごい情報が来ましたねえ、ま、それもこれもひっくるめて楽しんでまいりましょう


 ということでいま募集中の兼題が‥
「丹」「エリカ」の投句〆切が3月26日(日)必着
新しい兼題は「蠅生まる」「凧合戦」です


勝たせて貰っているのに廃車専門とは、これいかに?
社長元気だが、石川昇天ってかあ(チーン)
飛車に角、将棋の駒は買わねども、廃車買いたし、お電話を
自動車を解体し続け50年、松山市桑原、石川商店

この番組は車壊して半世紀、廃車買取の東雲短大裏、石川商店の提供でお送りしました


(3/13-19:47)
No.12768
ミズスマ
火曜日
〜この番組は、農家のお店・周ちゃん広場の提供でお送りします〜

俳句集団いつき組組長、夏井いつきです。
アシスタントのウェンズデー正人です。

今週の兼題は、「春の匂」でお送りをしてるんですが。早春に感じる春めいた気配、という風に書いてありましたね。
例えば、東京から参加、直木葉子のこんな一句は微妙なんです。
◇入り混じる命の匂春の磯   直木葉子/入り混じるのは命の匂いであって、「春の磯」が、これが独立した季語になってるわけですね。

愛知から参加、抹茶金魚の句もいい句なんですけれどもね、今回の兼題としては微妙なんです。
◇田の泥の溶けて匂える春ありき   抹茶金魚/この句の場合は、「春」が独立した季語としてあると。そういう風に考えられますね。そういう難しさを思いつつ、火曜日の皆さんご紹介してまいりましょう。

まずはね、やすおの一句です。
◇春匂う風雲空も何となく   やすお/何となくのね、正直さがいいですね。

◇木が光り春の匂が森に満つ   砥部のミーユー/木が光る気分も気配ですね。

◇元気出せ春の匂は庭に満つ   べにふうき茶句会・レモングラス/元気出せは自分に向かって言ってんのかなー。

千葉から参加、土井探花です。
◇春の匂稚児の描く鰐ピンク色   土井探花/かわいいですね。稚児って言わずにね、「子」とか「子ども」って言った方が率直かもしれませんよ。

◇靴音も跳ねる春の匂かな   なんちゃって句会・瀬波秋鮭/跳ねるがいいですね。

◇はるのにおいひねもすもっこりもりはやし   まるにっちゃん/「もっこりもりはやし」がおかしいですね。しかも全部ひらがなで書いてあります。

◇ストックの春の匂と花愛す   どんぐりばば/ストックがまあ季語であるんですけれどもね。正直な一句です。

◇ほぐれつつ春の匂にほっこりす   西条・ごまちゃん/ほっこりしてるごまちゃんの笑顔が見えます。

まるかじりは新居浜からの参加。
◇晴天や春の匂や恋よ来い(来いよ来い?)   まるかじり/これ何かは春の、早春の気配つていうのはちゃんと書けてますね。

◇野山には春の匂が満ち満ちて   西条・三日月千代/おっしゃる通りですね、これもセーフです。

◇山裾の草背伸び合い春の匂   土佐っ子/うん、「背伸び合い」が面白いですね。

◇山歩き春の匂の散歩道   千代/「山歩き」と「散歩道」とちょっと情報はね、重なりますけれどもね。

◇雨上がり春の匂いがたちこめて   今治・山P/この匂いも気配の気分よく出てますね。

伯方児童館俳句人・ななしのごんすけ、カタカナの俳号の一句。
◇春の匂眼鏡のようなカーブミラー   ナナシノゴンスケ/これ、楽しいですね。カーブミラーがそんな風に見える。

◇考えを直せば春の匂する   山の中のオクラ/「考えを直せば」っていうここに詩が発生をしております。

◇土手に一歩足にクッション春の匂   唐のカラちゃん/「春の草」って言ったらベタ付きになるからね、春の匂ともってきました。

◇春の坡塘に鴉群れ騒ぐ   宇和島風花会・こでまり/「はとう」ってちょっと難しい字なんですが、土手のことを「坡塘(はとう)」っていう、指す熟語があります。

◇春の匂鳥息づきて浮かれけり   風花会・矢車草/鳥も恋をする春ですね。

◇配膳や春の匂も携えて   西条・はずこ/「配膳や」っていう置き方がちょっと大胆。

◇春の匂御菜の緑ほろ苦し   風花会・野薊/「おさい」なんていう言葉ね、懐かしくていい言葉ですよね。

伯方児童館俳句キッズ・小学校三年生、大地。
◇春の匂体の中に残しとく   大地/「体の中に残しとく」がいいでしょう、これ。

東京から参加、かをりです。
◇中華街に小籠包と春の匂   かをり/小籠包の匂いっていうんじゃなくって、春の景色、気配っていう意味ですよ。

◇新幹線待つ列長し春匂う   蓼虫/新幹線からのホームからの景色ですね。

◇各駅停車春の匂へドアが開く   あいむ李景/ドアがプシュッと開くとっていうことね。

◇春の匂がらり地下街模様替   東京・笑松/地下街もね、地下だからこその模様替えですね。

◇春の匂今日二台目のスポーツカー   砥部のお嬢さんズ・善哉よし子/ああ、スポーツカーってあのオープンカーみたいな感じなんでしょうかね。

初投句というのが穂積書道教室俳句部・あきちゃんです。
◇日が射して春の匂に車待つ   あきちゃん/彼が誘いに来てくれてるんでしょうかね、ただのバスでしょうかねぇ。

◇新しき指定ソックス春匂う   のんしゃらん/女子学生の、そんな気分でしょうか。

◇春の匂ゆれる黒髪はずむ靴   穂積書道教室俳句部・みっちゃん/これもね、昔のあの女子校、昔の女学校の気分がしました。

千葉から参加、田中ようちゃんです。
◇春の匂纏う童の髪光る   田中ようちゃん/あの「わらべ」とか「稚児」とか使いたい人、結構いるんだけど、もう「子」とか「子ども」とかいう言い方にした方が現代的な、あの現実の光景が立ちやすいかもしれないですよ。

◇散歩道春の匂と子の頬と   穂積書道教室俳句部・あやの/子どもの頬のあかーい感じ、いいですね。

◇旅立ちの園児に春の匂かな   いつき組リスナー班・田山(たぁさん)/卒園式かな。

◇春の匂のおどうぐばこになまえかく   若草俳句会・イーちゃん/かわいいじゃないですか。お道具箱に名前書く、ここら辺全部ひらがなです。

ゆえの一句。
献花台春の匂いしランドセル   ゆえ

◇春の匂小さくなったランドセル   句ゼミ・厚村恵女/こっちはあの成長の喜びなんでしょうね。

◇受験子の重ねし本にも春の匂   かずっち/うーん分かりますね。

咲空色は川崎市からの参加。
◇式典の前日張る声春匂う   咲空色/何の式典かな、卒業式かなー。

◇喝采や春の匂のブーケトス   みみこ/結婚式ねー。

まさつきさちはこうきました。
◇新妻と畳が匂う春の家   ケアジャパン・まさつきさち/あの、春の家ってこっちが季語になりそうなところですね。

同じくケアジャパン・大西まさのりも。
◇巫女になる春の匂の孫娘   大西まさのり

最後、伯方児童館俳句人・ほのぼのどんの一句です。
◇旅立つ君春の匂が包み込む   ほのぼのどん/がんばれよっていうエールなんでしょうね。

ということで、今募集中の兼題が… (3/15-08:30)
No.12769
まるかじり > 聞き書き隊の皆様 ありがとうございます。「来いよ来い」でお願いします。
(3/15-17:44)
No.12770
あねご > 水曜日
俳句集団いつき組組長夏井いつきです。
アシスタントのウェンズディ正人です。
今週の兼題は「春の匂」でお送りをしております。たいへん難しい季語でしたけれども、水曜日のみなさん頑張ってますね。

トップバッターはシナモン句会、灰色猫の一句
◇山の端に薄紅色の春匂う シナモン句会・灰色猫/光景ですねこれ

ひさのは砥部からの参加
◇風早み春の匂を見失う 砥部のひさの/気配を見失うってことです

ミセスコナンの一句
◇野に出でて春の匂も摘み帰る ミセスコナン

いそこの一句
◇春の匂摘む手に残し聞く木霊 いそこ/最後の「木霊」がいいですねえ

富山の露玉です
◇枝枝の明らむ春の匂かな 富山の露玉/率直に光景をね、描写しました。

穂積書道教室俳句部、菫の一句です
◇一輪の春の匂やまだ薄き 穂積書道教室俳句部・菫/「まだ薄き」に早春の気配があります

菊池マッサージ会、下駄女です
◇百花繚乱春が匂える二重橋 菊池マッサージ会・下駄女/四字熟語として受け止めればいいでしょう

せっちゃん命の一句
◇故郷は春の匂の義農祭 せっちゃん命/「義農祭」っていうのは愛媛県の松前町のねえ、お祭りでございます

坊太郎の一句
◇春の匂野面積みなる柿青む 坊太郎/「柿青む」にも春の気分はありますけどね

そして、松山俳句ポスト365のアイドルとなっております、小さな俳人、さなちゃん5才が一句一遊に参戦でございます。こんな一句
◇春の色お山に登って地球が見えた さあちゃん5才/「春の匂」と同じ、傍題の仲間に「春の色」というのもあります

シナモン句会、山の菫です
◇唇を春の匂の雫訪う シナモン句会・山の菫/雫が訪ねてくるという、ここ新鮮ですね

若草俳句会、風です
◇あと幾日春の匂の子ども部屋 若草俳句会・風/巣立つ子でしょうね

八幡浜、一味です
◇春の匂昨日と違う堰の音 八幡浜・一味/水が流れる、あの堰ですよ

え~、遊人の一句です
◇今日よりは春の匂の水の音 遊人

花藤のばあちゃんもこうきました
◇顔に受く春の匂の水飛沫 花藤のばあちゃん/「顔に受く」の実感がいいと思いますよ

横浜4Gの会、句楽生です
◇水溜り春の匂を映し出す 横浜4Gの会・句楽生

生き物と取り合わせた人たちもいます。樹朋の一句
◇小さき羽春の匂の音たてる 樹朋

もやい句会、山口千代子の一句
◇艶やかに稚魚群がるや春の匂 もやい句会・山口千代子

ねもじは愛知からの参加です
◇光より春の匂を辿る猫 愛知・ねもじ/猫が最後にぴょーんと飛び出すような感覚ですね

朝陽の一句
◇春の匂や風押し倒し走る猫 朝陽/こっちは恋猫の激しさもちょっとあります

霧フカシの一句
◇黒猫は春の匂の闇が好き 霧フカシ/う~ん、「闇が好き」って言い切ったところいいですね

風薊です
◇母犬の滴る乳や春の匂 風薊

小川めぐるは馬です
◇馬の背に置く鞍春の匂して 小川めぐる/「置く鞍」で一回カットが切れて春の光景に切り替わります

野風の一句
◇鬣を風はビロード春匂う 野風/風がビロードだよっていうふうに言うところがおもしろいですね

更紗の一句です
◇春の匂河馬の口さえ薄ピンク 更紗/「さえ」っていうところにね、おかしみが生れます

黛の一句はなんかすごいシュールだな
◇春の匂AM4時の犀を抱く 黛/犀ってあの動物園の犀ですよ。飼育員なのか、ただの悪夢なのかわからないですけどねえ

食べ物と取り合わせた人たちもいましたよ。石川から参加、亀田荒太の一句
◇パン焼けばパンは新し春の匂 石川・亀田荒太/パンの匂いと春の光景を取り合してると読みたいですねえ

西川よしのの一句
◇食パンより滴るココア春の匂

でらっくまからはこんなお菓子です
◇マカロンの並ぶ小箱や春匂う でらっくま/「組長!匂うというのは嗅覚よりも視覚的だと知り、カラフルなマカロンを選んでみました」という。こういう配慮もちゃんとありますねえ。

77才の爺やもおいしそうですね
◇春の匂花麩の浮かぶすまし汁 77才の爺や/花麩の匂いという光景があってすまし汁と読みたいですね

新潟から参加、このはる沙耶です
◇桜葉漬け千枚仕入れ春匂う 新潟・このはる沙耶/これも春の光景を象徴しております

千葉から参加、小泉岩魚です
◇塩飴の春の匂の反射率 千葉・小泉岩魚/反射率って展開がちょっとおもしろいですね

もやい句会、内山初美です
◇朝市や春の匂の荷を広げ もやい句会・内山初美/春の匂の荷ですから、春の光景が広がるようにっちゅうことでしょうね

兵庫県から参加、麦子です
◇塀越しに隣家を呼ばう春の匂 兵庫県・麦子/お隣さんに声をかけるというのは春の気分ですね

抹茶最中はこんな女性でしょうかね
◇新色は春の匂や紅を差す 抹茶最中/春の匂いのような新色です

ドクトルバンブーの一句
◇春の匂風のすずろに人と遇う プリマスロック句会・ドクトルバンブー/最後の「遇う(あう)」は遭遇するの遇うになってますね

マーペーの一句
◇きゅるきゅると青いホースへ春の匂 マーペー/「ホースへ」の「へ」が面白いですよ

緑の国句会、山形から参加、山の雪の一句
◇庭土と春の匂と移植ベラ 緑の国句会・山形・山の雪

同じく庭仕事をしております、シナモン句会、鞠姫です
◇スコップに残る黒土春の匂 シナモン句会・鞠姫/黒土も匂ってるんでしょうけどね

もやい句会、田中千十恵です
◇春の匂ひと鍬ひと鍬起こす土 もやい句会・田中千十恵

鍬握ってる人がいれば芝を見ている人もおります。なおきの一句
◇春匂う土に顔寄せ芝を見る なおき/なんかあの、芝の育成を見守る人って感じなんでしょうね。なおきからのお便りですよ
「組長、最近はテストばっかりで俳句を作る時間が少ない(涙)」
って書いてありますが
「だけど、情報処理『エクセル検定3級合格』農業検定も合格しました」
と。頑張ってるじゃないか、なおき~!

そして篠原そもの一句
◇鍬試し春の匂の土を掘る 篠原そも

なおきのばあちゃんの一走人も鍬を持ってるんでしょうか
◇収穫の土くれ春の匂かな 一走人

恋衣の一句は泥んこ遊び
◇玄関に春の匂の泥団子 恋衣/子供たちの表情が見えますね

きらきらひかるは兵庫からの参加
◇春の匂休み時間のリコーダー 兵庫・きらきらひかる

殻嵩はるおも子供達ですね
◇ランドセル春の匂に崩す列 殻嵩はるお/なんかおっちゃん、こんなやさしい句が作れる男やったんですねえ。

募集中の兼題 「丹」「エリカ」3月26日(日)必着
       「蠅生る」「凧合戦」

夏井いつきの一句一遊は毎週月曜から金曜、朝10時から。
あなたも是非、垣根なき十七音の世界へ。
(3/15-22:47)
No.12771
あねご > 木曜日
俳句集団いつき組組長夏井いつきです。
アシスタントのウェンズディ正人です。

木曜日なんですが、今週の兼題「春の匂」の水曜日のみなさんが少々残っております。水曜日をめざすというのがこの番組のひとまずの目標ということになっておりますので。

まずは宇都宮から参加、葉音
◇鞠吊るす一筋の糸春匂う 宇都宮・葉音/美しい糸でグルグルやった鞠なんでしょうね葉音とはね、こないだ初めて、東京の句会ライブ、青山の句会ライブで一番前に座ってた。いじりにいじり倒してしまいましたねえ。(あははははは@矢野ひろみちゃん)

そして大阪の比良山、水曜日に残っております
◇山里の馬子唄響く春匂う 大阪・比良山/ちょっと句材としては古い感じもあるんですけれども、「馬子唄」それから春の匂う早春の光景、気配になりますねえ。

馬子唄の響く時代からバイクの走る時代へ、ほろよいの一句です
◇オフロードバイクの轍春匂う ほろよい/轍に焦点を合わしてから春の光の気分にジャンピングします

シナモン句会、わらわらは楽器が出てまいります
◇オルガンと鼻歌春の匂かな シナモン句会・わらわら/これも春の気配を楽器で描いてるわけですねえ

愛南町、モッツアレラえのくしの一句
◇バイオリン春の匂い立つ一編 愛南町・モッツアレラえのくし/「一編」ってこうピシって切れる感じがねえ、ちょっと個性的な作品

プリマスロック句会、マイマイです
◇フルートの息継ぐ春の匂かな プリマスロック句会・マイマイ/こういうちょっとした息継ぎのその息の音に春の匂い、春の光を感じると。上手いねえ

アリマノミコの一句
◇ミシン踏む春の匂の布散らし アリマノミコ/パッチワークで春の山の光景描くみたいな、そんな感じを思いました

風花会、花水木です
◇追憶や春の匂の星潤む 一句一遊宇和島風花会・花水木

あるきしちはるの一句には白い藍色と書いて「白藍(しらあい)」という言葉が出てきます。藍染の中でもっとも薄い色を言うんだそうです。
◇白藍の春の匂よ真珠星 あるきしちはる/「真珠星」っていうのはこれまたね、おとめ座の一等星のスピカの和名なんだって。へええええ!もう、なんか薀蓄だけでできているような句でもありますねえ

紗蘭ちゃんです
◇春の匂の水平線を越えて船 紗蘭/最後に船がポッと出てくるこの遠近感の作り方が上手いですねえ

ターナー島もさすがです
◇春の匂やぶつかっている波と浪 ターナー島/最初の波は波浪警報とかの「波(は)」のほうですね。で、あとの波は波浪警報の「浪(ろう)」のほうの波ですね。強い波弱い波を文字で表現しました

東京から参加、下町お玉です
◇房総の春の匂を旅鞄 東京・下町お玉/「匂を」の後に「旅鞄」というものがスッと出てくる感じですね。上手いですね

西条、鍼屋さんです
◇千駄ヶ谷の春の匂を語る坂 西条・鍼屋さん/春の匂を登るんじゃなくて語る坂っていうところがいいじゃないですかあ。

鞠月の一句は奈良ですねえ
◇電車突っ切る春の匂の平城宮 鞠月/「平城宮」ってほんとに近鉄電車かなんかが中ビャーッて走ってるんですよね

そんな鞠月にですね、浜木綿からコメント来てますよ
「鞠月さ~ん。コメントで鞠月さんと確かめました。嬉しいです、復帰!」
ってみんなが喜んでくれております
そんな浜木綿は福岡からの参加
◇晩鐘のたなびき春の匂せり 福岡・浜木綿/晩鐘っていうのは夕暮れの鐘ですねえ。これもゆったりとした作品です

さ、お便りも来てますねえ。ご紹介しましょう。
珠桜女あすかがですね、新しい本買ってくれたようですね。
「組長、365日季語手帳購入しました。書き込み全部完了できるように頑張りま〜す」
うれしいですね。365日季語手帳の一番最後、巻末にですね、投句ができる葉書きがくっついております。是非投句してください。来年度版の365日季語手帳に才能アリの作品が載るということになっておりますのでね。

そしてさっき俳句紹介したモッツアレラえのくしからも来てます。
「組長、こないだの句会、ありがとうございます。ノートにメモを書きまくることができました。」
熱心ですねえこの男〜!
「組長の365日季語手帳も買って楽しく季語と向き合えるようになったこと。季語の意味をわかりやすく説明しているのでたいへん助かっていること。正岡子規の『寒椿力を入れて赤を咲く』という句。初めて知って気に入ったこと。語りたかったのに、サイン欲しさにうろたえてしまいました。」(ははははは@矢野ちゃん)
また今度会った時に語ってくれ、モッツアレラ!

ばばばあちゃんからもお便りなんですが、
「組長、プレバトで『語順』という言葉がよく出てきます。たしかにちょっと変えるだけでスゴイ!とわかるんですが、前にしたり後ろにしたりといつも悪戦苦闘しております。継続は力なりと言い聞かせつつも力がついているのか、いないのか。」
カハッ!
「まあ継続しながらヘタな鉄砲も数撃ちゃ当たる、で投句をいたします」
なんてありますが

この下手な鉄砲も数撃ちゃ当たるという言葉ですが、それをね、別の言い方をしてくれているのがクラウド坂上なんです。山口からの参加ですね
「組長、ホットドリンクスの水曜日、ありがとうございました。学校の教員ならではの実感の句を取っていただいて嬉しかったです。今年は一句一遊に投句皆勤を目指します。」
この人ね、松山俳句ポスト365にずっと投句してくれてた人なんですね。
「そして日頃生徒たちによく言っている」
次が大事ですよ!
「量が質に転化する、を実践しようと思います。」
俳句では多作多捨という言い方をしますけれども、なんでそういう必要があるのか。じゃあまさに量がどこかの段階で質にポーンと転化するんですね。転化した瞬間にですね、たくさん投句しなくても自分でどの句が自分の中でいい句か、わかるようになると。これもまた量が質に転化する瞬間の出来事だと思っておりますよ。
そしてクラウド坂上の句、最後に読んでおきましょう
◇棚田ごと春の匂や鷺立てり クラウド坂上/白い鷺がパッと飛び立つ瞬間に春の匂い、春の光景、気配も光り出すわけですね。

そして最後にひと言、新居浜のちいちゃんに連絡です。
こないだ天のノートを送ったら返ってきました。番地の入ってない住所では届かないうえに「新居浜のちいちゃん」では届きません。本名をお知らせください。

募集中の兼題 「丹」「エリカ」3月26日(日)必着
       「蠅生る」「凧合戦」

ぼっちゃん団子!
いただきま〜す。むふふふふふ
おいし〜い!
ほんとよ、これも亀井製菓?
うん、おいしい!
ぼっちゃん団子も亀井製菓だね〜。
ぼっちゃん団子は第26回全国菓子大博覧会名誉総裁賞を受賞しました。

この番組はぼっちゃん団子、タルトの亀井製菓の提供でお送りしました。
(3/16-20:20)
No.12772
まとむ
金曜日

俳句集団いつき組組長夏井いつきです。
アシスタントのウェンズデー正人です。
今週の兼題は「春の匂」でお送りをしております。金曜日の皆さんの切り口参考にしてください。
妹のりこのこんな光景。
◇巡視艇春の匂を十ノット  妹のりこ
「十ノット」というのは時速が18.5キロくらいだという風にメモがしてありますね。「巡視艇」ですからいろいろ見回る船ですけれども、その船が春の匂いの中を10ノットで走って行くよと。これなんか「春の匂」がホントに正しく使われていると言うと変ですけれども、火曜日あたり正しく使われてないのがいっぱいありましたからね。金曜日に来てホッとしております。

八幡浜日土・だんご虫の一句。
◇春の匂やスワンボートの十三艘  八幡浜日土・だんご虫
「春の匂や」で一回切りますからここで春の光景、光が出てまいります。楽しいのは「スワンボート」だけではなく最後の「十三」という数詞でしょうかね。春になるとなぜみんなスワンボートが漕ぎたくなるんでしょうね。それもまた春の気配じゃないですか?

もろり川の一句はですね、水彩画を見ているような光景。こんな一句です。
◇鯉跳ねて芹の葉ひかる春の匂  もろり川
視覚・嗅覚・聴覚それぞれが刺激される春の匂、春の気配を描きました。読んだ瞬間に私、プレバトの水彩画の先生、野村先生のあの水彩画の透明感みたいなものをこの句に感じましたね。

春の匂と同じく春光の傍題で春の色、春色というのもあるんですが、横浜4Gの会・波恋治男はその春色でこんな一句です。
◇透明の魚食む音よ春色よ  横浜4Gの会・波恋治男
春の白魚じゃないかと思いますね。あの透明な魚を歯の奥でガチッと噛むときのね、あの感触とか匂いとかそういうものの中に春の光景、春の光を感じ取る。横浜4Gの会なんで急にこんなに巧くなってんだろう?

そして三河のぽんぽこの句材もいいですね。
◇三角巾ほどいた左腕春匂う  三河のぽんぽこ
「左腕」というんで私左投げのサウスポーのピッチャーが怪我してたのかなぁ?なんてそんなことを思いました。長い冬、怪我に耐えてきたその時間の中でやっとこの三角巾がほどくことができる。春の訪れ、春が匂い始めたと。そして春の甲子園が始まるぞとかね、そんな感じで読みました。

京都から参加都乃あざみはこんな子どもたちの光景です。
◇八の字跳びの途切れぬ列や春匂う  都乃あざみ
「はちのじとびの」でここ七音になってるんですが、字余りにするときには上五で字余り、七五で調べを取り戻すと、セオリー通りにもってきました。「八の字跳びの」列がグルグルグルグルまわって行く。そのグルグル回る光景の中にも春の気配があるという一句ですね。

四国に住んでいるとこれも正に春の匂だと思うんですが、松山・ももの一句です。
◇巡礼をバスが吐き出す春の匂  松山・もも
お遍路というとこれが春の季語になりますけれども、「巡礼」として季重なりを避けております。「バスが吐き出す」というこの擬人化が春の匂いを吐き出すかのような愉快がありますね。

やっと退院をしてきました、ほろよい一家のみいみ母ちゃん、「カンカン石」という面白い石が出てまいります。
◇カンカン石のまろき窪みや春匂う  みいみ
別の石で叩くとカンカンカンカンといい音がする、そんな石が神社かなんかに置いてあるんだと思いますね。どこぞの神社でこれ叩いたことがあるなぁと記憶にあるんですけれども。その「まろき窪み」ってところに正にみんなが叩くその場所だということですね。こういう音、で「まろき窪み」という視覚、触ったときの感触、そういうものに映像をもたない季語「春の匂」春光という季語が活きるということになります。

生き物を取り合わせてくれた句もありましたね。烏天狗の一句。
◇子山羊跳ね春の匂を耕せり  烏天狗
これも巧いですね。「春の匂や」じゃなくて「春の匂を」耕しはじめる。春の光、春の気配を耕しはじめるっていうんですから、これはさすがにベテランの味ですね。しかも「子山羊跳ね」って頭のところの躍動感もきちんとこの季語を際立てておりますね。

山羊の次は馬です。小田寺登女の一句には「曜変」という言葉が出てきます。光り輝いて変幻する変わっていくという意味です。
◇馬の目の曜変春の匂あり  小田寺登女
「馬の目の」黒目が大きいでしょ?じっと見てるとその光が次々に変化するかのようだ。その馬の目の中に春の匂いが映りこんでいる。「あり」って言い切ったところ言い切るべきだと思いますね。

差し上げたい人いろいろいたんですが、春の匂をここにもってきたかという鮮やかな光景。愛知から参加松田Tに差し上げたいと思います。

  『天』  春の匂豊かに孕む熱気球  愛知・松田T

「春の匂」という春の気配春の光、そういうものを「豊かに孕む」物って何だと思った瞬間に「熱気球」がワーッと飛び上がってくるというんでしょうかね。それが見事な光景ですね。実際にワタシ見たことはないんだけど、テレビのニュースだとかそれから写真とかで見せていただいたことがありますが、カラフルな熱気球のあの色合いもまた春の匂いではないかなぁと思います。

☆「丹」「エリカ」の募集締め切りは3月26日(日)必着。
「蠅生る」「凧合戦」
あなたの投句をお待ちしています。

夏井いつきの一句一遊は毎週月曜から金曜朝10時から。
あなたも是非垣根なき十七音の世界へ。
(3/17-23:03)
No.12773
都乃あざみ > 聞き書き隊の皆様いつもありがとうございます。
8の字跳びの途切れぬ列や春匂う
です。訂正は不要です。 (3/18-10:24)
No.12774
まとむ > 都乃あざみさんありがとうございます。
【金曜日訂正】
◇8の字跳びの途切れぬ列や春匂う  都乃あざみ (3/19-20:05)
No.12775
名前 返信 文字色 削除キー

俳号修正のお願い
投稿者: 投稿日:2017/03/13(Mon) 19:19 No.12766 
兼題「走」で初めて投句させて頂きました。水曜日に「春の闇つづくや亀の逃走劇」で掲載されましたが、俳号が「りゅうじ」となっています。聞き書きされているので当然ですが、漢字で「柳児」として頂けると助かります。今後ともよろしくお願いいたします。
名前 返信 文字色 削除キー

一句一遊 「走」 3月6〜10日放送分
投稿者: ポメロ親父 投稿日:2017/03/06(Mon) 19:49 No.12756 
 こちらの掲示板では、RNB南海放送ラジオの番組「夏井いつきの一句一遊」の内容を聞き書きしております。聞き書きですので表記は不正確です。同音異字や誤字が有りましたら修正してください。間違いに気づかれた方 は、ご自分の句でなくても、教えていただきますと助かりますので、どうぞよろしくお願いします。
 直接こちらに俳句を書き込まれましても、放送されることはありません。俳句の投句先のメールアドレスは ku@rnb.co.jp です。

ポメロ親父

 車壊して半世紀、廃車買い取りの東雲短大裏「石川商店」の提供でお送りします

月曜日

 俳句集団いつき組組長、夏井いつきです
 アシスタントのウエンズデー正人です


 今週の兼題は漢字シリーズ「走」の一字でお送りをしておりますが、一人ねえ目茶苦茶残念なというか‥くぅぅ〜残念な方がいらっしゃいまして、スプーンおばさんなんですが「いつも一句一遊聞きながら、胸すく思いのおばばです。」って書いてくださってるんですが、も、雲雀笛の投句がいまごろ届いておりましてねおばば、あの番組の最後にちゃんと今募集中の季語はっていうの言いますからね、今度はちゃんとね、ちゃんとしたのを送ってください

 え〜そして漢字シリーズになると必ず出てくる症状が、うっかり季語をなくしてしまうというやつでございますねえ、夕鶴のこんな一句
◇走り行く老後に向けてスクワット  夕鶴
 お気持ちわかりますよお、お互いにねえ老後に向けてスクワットしながら走るしかないけどねえ、でも老後ながらにせめて季語を入れてやって欲しいんですが

 伯方児童館俳句キッズ、小3・かいとです、えー小さな季寄せには載ってないかもしれませんが、サッカーとかラグビーもね冬の季語となってますねえ
◇サッカーでどんどん走りゴールする  小3・かいと
 元気で良いじゃないですかねえ

 同じく小2・あれんです
◇走ってるなんで汗かく家の父  小2・あれん
 ふぃっふっふっふ、家の父っていうのがなんかあの冷ややかな表情が見えてまいりますねえ

 どんぐり婆の一句なんですが、実はねえちょっと一部分文字化けしてるんですよねえ、いのあとに?になってるんですが、ま、そのまんま一応読んでみましょう
◇寒波来るい?踏み出し走り出す  どんぐり婆
 一歩かなぁ、でもぽだけが文字化けするんかなあ

 フィギア句会、志です、あっ季語が無いや
◇走行は運転手には話さない  志
 これ俳句というよりなんか標語ですね、運転手には話しかけないでくださいみたいな

 かわいくまごろうもまったく季語がございません
◇実験室恐くて走り怒られた  かわいくまごろう
 これは記憶ですね、小学校のころのね

 ちかこの一句も時事ネタなんですが、李国ってあるからこれは北朝鮮のことかなあ
◇毒殺に戦慄走る李国  ちかこ
 
 沖浦公民館チームからも来てますね、みなととまるのすけの合作ぅ〜、合作で月曜日って君ら切なくないか
◇元彼の走る姿により戻す  みなと&まるのすけ
 はっはっはっはっは‥これは、元彼が季語なんですかねえ、この季節になると思い出すってねえ

 これは西条・さくらですねえ
◇梅香る愛媛マラソン観戦す  さくら
 ‥ちょっと待て、これ走るが入ってないじゃないかさくら、走る考えてるうちに愛媛マラソンにいって、季語を入れて安心したら、兼題が抜けていると、これはよくあるケースでねえ

 フォーチュンアルト‥ぁっはっはっは、相変わらずの句柄でございます
◇走る蜂ゾロはペセタより強いぜ  フォーチュンアルト
 ふぅ〜ん、ふぁはっはっは‥ゾロとペセタって誰や君ほんとに

 え〜そしてですね、お便りも来ておりますね、こないだあのぉぉ東京の青山というところで句会ライブをしたんですけれども、かま猫からお便り来てますねえ「組長、先日青山での句会ライブ楽しくすばらしかったです。」ふぇっ「組長の確固たる姿勢」なんじゃそりゃ「俳句を富士山にたとえると、広大な裾野あってこそ富士山は美しい、との言葉に感動し」ありがとうございます「あのあと、いつき組の方達とチーム一合目として、松山のまる裏俳句甲子園なるものに見学に行こうねと盛り上がりました。よくよく考えると、私はまだ一合目にもなっていないんじゃないか、裾野一歩か樹海うろうろではないか‥」っふぁっはっは‥「私も一合目を名乗ってもよいのでしょうか。憧れの松山に行ったら、亀井製菓の坊ちゃん団子を食べ、周ちゃん広場で買い物をしたいです。石川商店さんへの社会見学は‥無理かなあ。」いや、行ったら歓迎してくれると思いますよぉ、え〜そんなかま猫の一句
◇冴ゆる講師冬の作句に走り知恵  かま猫
 ぷふっ‥句としてはいかがなもんかと思いますが、お気持ちはわかりますねえ

 そして、同じくその青山の句会ライブに来てたのがですねえ、ええ河野さとみなんですねえ、長〜いけど良いお話ですよねえ「組長、ついに組長にお会いできました。青山教室の句会ライブ、最高の思い出となりました。サイン会のとき組長の新刊をチラ見せしつつ、こっちに書いてくださいと出したノートは、亡き祖母の俳句ノートです。先月鹿児島の実家で発掘してきたものです。組長と同じ国語教師をしていた祖母が、俳句を始めたのは私が生まれる一年前だったこととか、この俳句ノートに清書された句を読むと、いろいろなことがわかります。15年分の祖母の歴史がつまった俳句ノート、例えば、折り紙も積み木も飽きぬ冬の雨(さとみと留守番)というように、一句一句下に必ず説明が付いているので、自分が亡くなった後にも残る家族史として清書してまとめたのではないかと思います。祖母が亡くなったのはもう10年以上前だから、それまで誰もこのノートを開かずにいて、ま、俳句のノートとは知っていて保管していたらしいけれども、誰も俳句に興味がなくて読む人がいなかったということですね。こうして俳句を始めた私が、今やっと気付く事ができて本当によかったと思います。タイムマシンに乗って届いた、祖母からの長い手紙のようなこのノートを受け取ることができたのも、プレバトや一句一遊にはまったおかげ、イコール組長のおかげなのでそのノートに組長のサインをいただいて、本当に本当に嬉しいのです。」ええ河野さとみねえ、おばさんだと思っていたら若い女の子でした。びっくりいたしましたよ。ええそんな河野さとみの一句です。
◇啓蟄の脱走首輪の色は黄  河野さとみ
 犬でしょうかねえ、ほんとにお婆ちゃんの才能をちゃんと受け継いでる素敵なお嬢さんでございましたよ

 ということで


 ‥ただいま募集中の兼題が‥
「芥菜」「桜蝦」の投句〆切が3月12日(日)必着
その次の兼題は「丹」「エリカ」です


勝たせて貰っているのに廃車専門とは、これいかに?
社長元気だが、石川昇天ってかあ(チーン)
飛車に角、将棋の駒は買わねども、廃車買いたし、お電話を
自動車を解体し続け50年、松山市桑原、石川商店

この番組は車壊して半世紀、廃車買取の東雲短大裏、石川商店の提供でお送りしました


(3/6-19:58)
No.12757
かま猫 > ポメロ親父様はじめ聞き書き隊の皆様
いつも本当にありがとうございます。聞き書きの大変さ、想像するだけで気が遠くなります。
と言っておきながら厚かましいのですが、、、
拙句「冬の俳句」→「ふいの俳句」
(こちらは訂正は不要です)
河野さとみさんは香野さとみさんです。お時間ある時でかまいません。
どうかよろしくお願い申し上げます。 (3/6-23:22)
No.12758
ミズスマ
火曜日
〜この番組は農家のお店・周ちゃん広場の提供でお送りします〜

俳句集団いつき組組長、夏井いつきです。
アシスタントのウェンズデー正人です。

今週の兼題は漢字シリーズ・走る、「走(そう)」の一字でお送りをしております。
火曜日、トップバッターはですね…「組長!福井から参加のてつこです。俳句始めてようやく一年、組長の番組は、ラジコプレミアムを通じて職場でこっそり聴いていますが、」いい心掛けですね。「その職場内の後輩・たちこも最近一句一遊に感化されて俳句を始めました。」という後輩の投句、たちこの一句。

◇春炬燵這い出て今日が走り初め   たちこ/ほー、マラソンの趣味のたちこだそうでございますね。それも俳句の種ですよ。

そして八幡浜日土さえずり句会・のりのみや、投句が届いております。
◇入学式一張羅でも走る走る   のりのみや/ふっ。目に浮かぶわ、この女、本当に。

そして松山、うぃずどむと読むんですか。こんな一句です。
◇走り書きの句整列させにけり春一番   うぃずどむ/ふふ。走り書きの句をちゃんとね、メモしてくれるのが嬉しい。

◇山笑う弥次喜多走る走るかな   ポパイ/これも愉快ですね。

そして京都から参加のこの俳号はね、欲という字に、俳句の「句」に歩くで何と読むんですかね?よくくほ?ほほ。分からないけど、読み方教えてくれー。こんな一句です。
◇春一番大人げなさに遁走す   欲句歩/何を遁走してんでしょうね。

そして、沖浦公民館チーム・綴枝からですね、「とうど焼きチームで読んでいただいた時、ラジオ聞けなかった綴枝さん、夏井いつきさんいうたら、あのテレビに出とる先生が私らが初めて詠んだような句を読んでくれたの?読まれとると分かったら座布団五枚くらいして正座して聴くんじゃったのに」とそんなことを言いながら作ってくれた次の一句がこれでございます。
◇春は来る走り続けた五十一年   綴枝/五十一年って何やろな、結婚生活?本人の年齢?年齢かな。

同じく沖浦公民館チーム・ふみかです。
◇ばあちゃんと走り来る孫春の風   ふみか/春の風やさしいね。

同じくまろの一句。
◇ポッポーと合図で走る春の明け   沖浦公民館チーム・まろ/これは坊ちゃん列車なのかな?

酒仙の一句も孫が出てまいります。
◇孫子たちと小犬は麦畑走りっこ   酒仙/走りっこ、かわいいですね。

◇春よ来い孫と小走りパンダ小屋   西条・おかん/パンダ小屋?上野に行ったのかな、動物園にね。

新居浜の甲乙丙子です。はは。
◇幼子が走り蹴散らす霜柱   甲乙丙子/ハハ。甲乙丙子、否応なく覚えますね、今、俳号を。

◇散歩道走る童や春を呼ぶ   トラックウーマン/春を呼ぶ、春は近いよね。

これは誰だ?浜のばあちゃんの一句ですね。
◇菜の花の頭ゆらして走る子ら   浜のばあちゃん/頭をゆらしてっていうことは菜の花畑の中をということでしょうね。

同じく菜の花畑の句、大洲のささらさやの一句。
◇菜の花や列成し走る子らの声   ささらさや/最後、声でね、音も聞こえてきました。

同じく大洲のりつろうです。
◇春眠に走る少女の息遣い   りつろう/春眠の中で走ってるのかなあ。

初投句だそうです。猫アイスクリームの一句。
◇吾子走る春の雀の如くなり   猫アイスクリーム/いいね、春の雀っていうのがね。

幸せの豚というあんたの俳号もすごいですね。こんな一句。
◇初挑戦伊予路を走る姪清し  幸せの豚/これは愛媛マラソンでしょうね。

◇春の雲よれた襷や夫走る   あいあいサロン・さっちゃん/夫(おっと)と書いて夫(つま)ですね。さっちゃんも火曜日に定着してきたね。

そしてこれが松山・まあちゃん。
◇春風を背にしまなみ海道突っ走る   まあちゃん/しまなみ海道気持ちええもんね。

ラエルJの一句なんですが。「北海道では県道に相当する道を道道(どうどう)と言うそうです。」はあ、なるほどね。
◇道道走る海峡越しに風光る   ラエルJ/これも気持ちよさそうだなあ。

◇完走す我はアンカー土筆見て   横浜4Gの会・アルクマン堀家/えー元気そうで何よりですなあ。

神戸から参加、よしたかしの一句。
◇春の雷襷を替える走者かな   よしたかし/春の雷の中でということなんですね。

◇馳走は巡る今年も来たか蕗の薹   犬のコロ/御馳走とかの「馳走」というところに走るという字、入ってるわけだよね。そこに目を付けたのが今日はアッシーの一句、

◇家族増え馳走ふるまう花見かな   今日はアッシー/花見も楽しみですね。桜咲き始めますよ。

◇花見御馳走前にカラオケ介護は2   トリオパンジーズ・黄ばあちゃん/介護は2、みんな元気で何よりだよ。

山口から参加、はると、春を吐くで春吐(はると)です。
◇早苗饗や田の字間取りに犬走り  春吐/早苗饗(さなぶり)というのが季語になります。歳時記引いてみてください。

え、「みょうほう」と読むのかな。初投句だそうですね。こんな一句です。
◇春風や思い思いの走り撫で   妙法/走りを撫でるって面白い表現ですね。

そしてこちらが新居浜・ちいちゃんです。
◇完走請負人春の友情チョコ腰に   ちいちゃん/チョコを腰にぶら下げてっていうんでしょうかね。色んなもの持って走ってる人多いですよね。

埼玉から参加、美人晩成の一句。
◇菜の花や走る指宿に歓声   美人晩成/鹿児島ですよね、指宿(いぶすき)ってね。

あんみつゆか姫はどこの岬なんだろう。
◇竿走る春の岬の午後三時   あんみつゆか姫/釣りですよね。

そして俳号が書いてないんですが。コメントがあります。
「組長!初めまして。ラジコで山形から聴いてます」また俳号を知らせてくださいね。こんな一句です。
◇廃駅を走る鈍行雪煙   俳号なし/廃駅を、すたれた駅をというよりはこれは、「廃駅を過ぐる」ぐらいにした方がいいのかもしれないですね。そうすると「走」がなくなるか。あー。

◇春の海車と並走始発列車   ぼたもち

笹百合はこうきました。
◇春帽子深めにかぶり走ったよ   笹百合/何かかわいいな、これ。

◇小走りのAD若し春改編   いつき組リスナー班・桜里/番組の改編の春でございますよという一句ですね。

ということで今募集中の兼題が… (3/8-08:08)
No.12759
あねご > 水曜日
俳句集団いつき組組長夏井いつきです。
アシスタントのウェンズディ正人です。
今週の兼題は漢字シリーズ、走る、「走」の一字でお送りをしております。水曜日を目指すというのがこの番組のひとつの第一目標になってきております。ご紹介してまいりましょう。

まずは正岡ごきの一句
◇小走りに春めいてくる野山かな 正岡ごき/「小走り」っていう擬人化が愉快ですね

西条、ユーホ吹きの一句
◇薫風に触れ走り出さずにいられない 西条・ユーホ吹き/「いられない」と言い切ったところに実感がにじみます

プリマスロック句会、ちろりんです
◇犬走り割りて咲きたる菫かな プリマスロック句会・ちろりん/こういう光景もあるよねえ

かなた高1です
◇春の野を揺らし大地を走る風 かなた高1/なんか高校生らしく堂々としていいですよね

俳号がハミングウェイという人でございますね。こんな一句
◇恋猫がジグザグ路地を走り抜け ハミングウェイ/「ジグザグ」というところに恋猫の気分が出る

風花会、桜です
◇春風やゆっくり走る親子馬 一句一遊宇和島風花会・桜/のびのびとした光景ですね

神奈川から参加、りゅうじです
◇春の闇続くや亀の逃走劇 神奈川・りゅうじ/亀ってなんであんな逃げるんですかねえ。

亀の次は虎ですねえ。え〜高知のふぢこの一句ですが、走るに太いと書いて「走太(そうた)」という人物が出てまいります
◇東風吹くや走太ベンガル虎を見る 高知・ふぢこ/誰や走太って?っはっは

広島から参加、江刺乃可奈女
◇春眠の走り去るバス疾走す 広島・江刺乃可奈女/自分が春眠、眠いってことでしょうね

まるやすは釈然の一句
◇走るホテル菜の花畑快走す まるやす・釈然/最近めちゃくちゃね、高額な列車のホテルみたいなヤツ走ってますもんね

クラウド坂上の一句
◇走塁の帽子飛ばすや春疾風 クラウド坂上/野球部なんでしょうね。わ、野球ネタそういやいっぱい来てたな。

広島から参加、かつたろー。の娘のひなたろー。の一句
◇春の昼走者一掃ツーベース ひなたろー。/ひなたろー。11才だそうでございますねえ

季語だけが違うというのがありました。八十八の一句
◇春泥を走者一掃ツーベース 八十八/八十八は小学校の校長先生ですね。こうやって比較するとおもしろいですね

痛快の一句
◇風光る走者一掃三塁打 痛快/こっちは三塁打ですわ

おなじくひなたろー。のとうちゃん、かつたろー。の一句
◇早春や第二走者のバトンパス かつたろー。/これは陸上競技、短距離走ですね

無窮花の一句
◇東風吹いて異国の走者揺れる髪 無窮花/異国の走者にちょっと興味持ちますねえ

穂積書道教室俳句部、えるもです
◇口実は試走二人の三月尽 穂積書道教室俳句部・えるも/「試走に行ってくるわ」とか言いながら二人でデートランニング?ありそうな気がしますねえ

豆闌は兵庫からの参加
◇伊予路走る一万色の春走る 初・兵庫・豆闌/「一万色の」っていうのがいいですね。え?え?一句一遊初めてなの?豆闌?あ、そうか。俳句ポスト365のほうではね、常連さんでございますがね。
「私は過去に五回マラソンに出ましたが、今はもう完走する自信がありません」
て書いてありますねえ

マラソンネタいっぱいきましたよ。風花会、撫子です
◇一万の春の走者は竜のごと 一句一遊宇和島風花会・撫子/わかります、この感じね

誉茂子の一句
◇竜天に走者一万一斉に 誉茂子

緑の手の一句、ああこれ最後に見る見る
◇レッカーバス春風の走者を拾う 緑の手/レッカーバスって、あの回収するバスのことなのかね?

新潟から参加、甘海老です
◇走り切り海の見えたる二月尽 新潟・甘海老/この句は最後の「二月尽」という季語がちょっと気持ちいい効果を発揮してますね

横浜4Gの会、大阪会友、いそです
◇走馬灯若き父母海眺む 横浜4Gの会・大阪会友・いそ/思い出す若き父母の姿です

穂積書道教室俳句部、勿忘草の一句
◇走り来た白髪の背に春夕焼 穂積書道教室俳句部・勿忘草/「春夕焼」と「白髪」が綺麗ですねえ

チームそよ風、ピースです
◇仮装して走る親子に春の風 チームそよ風・ピース/あの愛媛マラソンでめちゃくちゃ仮装している人いるよね。もう想像しがたいもんがありますが

三重から参加、高尾彩の一句
◇蛇穴を出でお転婆は走り逃ぐ 三重・高尾彩

いごぼうらはこうきました
◇駒下駄の小走り路地に春の雨 いごぼうら/これはちょっと粋な感じがいたしますねえ

鰹めしは高知からの参加です
◇逆走のRX−7涅槃西風 高知・鰹めし/「RX−7」ってマツダのスポーツカーらしいですね

横浜4Gの会、大阪会友、ちづこです
◇束の間の義母の一世や野火走る 横浜4Gの会・大阪会友・ちづこ/「一世」というね、一生、ひとよっていうことです。野火走るってこんな季語の使い方もあったねえ

東京から参加、どかてぃです
◇沈丁花ご朱印帳を走る筆 東京・どかてぃ/鮮やかですね

帰帆の仔は滋賀からの参加
◇走り火今墨絵の闇へ降り注ぐ 滋賀・帰帆の仔/お水取りの光景ですねえ

宝塚から参加、麦仙人
◇石走る垂水の港釘煮の香 宝塚・麦仙人/「石入る垂水」ってのは万葉集の歌から引っ張ってきた言葉ですね

東京から参加てん点です
◇母走る前に弟花大根 東京・てん点/記憶のねえ、懐かしい光景なんでしょうね

笑吉の一句
◇春の空町内会長また走る 笑吉/ッハッハッハ、落ち着かんなこの町内会長

人見直樹です
◇春昼や宿題忘れ走る雲 人見直樹/最後「雲」に持っていったとこ、いいと思いますよ

きういの一句
◇助走から春空掴むごとジャンプ きうい/希望に持ちてますね

紫水晶です
◇花散らし走る高二となる吾子よ 紫水晶/「高2となる吾子」に愛情がこもります

あやねの一句
◇ポニーテールの揺れて快走春日和 あやね/快く走るの「快走」です

プリマスロック句会・ひかるん/五七五リズムで春を走破せよ/「走破」っていう言葉もあったんだねえ

華緒の一句です
◇鍵盤を走る十指や春動く 華緒/「春動く」って季語むずかしいけどうまく使いましたね

佐東亜阿介の一句
◇朧月最終便の滑走路 佐東亜阿介


きとうじんは地名に走るを見つけました
◇網走や流氷群が啼いている きとうじん/そうきたか!ですよね

八幡浜、海田も網走
◇網走湖公魚と空満たし青 八幡浜・海田/青、最後綺麗ですねえ

新居浜、ぺけぽんです
◇春の昼白帆帆走軽やかに 新居浜・ぺけぽん/「白帆」「帆走」リズムがいいですね

ドイツから参加、月の道の一句
◇濁流吠ゆ絵踏みせし足走り来て ドイツ・月の道/「絵踏み」は春の季語になります

そして最後、ポメロ親父の一句
◇水温むプランクトンの走光性 ポメロ親父/なるほど「走光性」なんちゅう言葉もあったのかと納得をした一句です

募集中の兼題 「芥菜」「桜蝦」3月12日(日)必着
       「丹」「エリカ」

夏井いつきの一句一遊は毎週月曜から金曜、朝10時から。
あなたも是非、垣根なき十七音の世界へ。
(3/9-00:12)
No.12760
みかり > 【訂正】
◇花散らし走る小鬼となる吾子よ  紫水晶 (3/9-11:26)
No.12762
みかり
木曜日

〜この番組は坊ちゃん団子、タルトの亀井製菓の提供でお送りします〜

木曜日なんですが、今週の兼題「走」の一字ですね。火曜日の皆さんが少々残っておりますので

◇回転の走り火走るお水取り  奈良・まちまちこ/お水取り私まだ行ったことないんだよね〜行ってみたいんだよね・・

◇納経所目がけて走る春日和  穂積書道教室俳句部・実結(みゆう)/何かバスのツアー会社のおっちゃんみたいな感じですよね

◇墓参りなぜか涙が走り出す  大分・いつき組リスナー班・草庵/これはおとうさんおかあさんのこと思ってるんでしょうねえ

◇走馬燈過去の出来事泣き笑い  トリオパンジーズ・松ばあちゃん

◇走り高跳び大会新や風光る  れんげ畑/れんげ畑その上に「走り幅跳び大会新や風光る」って句もあって、なんじゃこりゃって話ですがねえ

◇明日まで助走期間よ春炬燵  としまる/今日は春炬燵に入っていようというわけですなあ

◇春の果スパイク走る土上げて  シナモン句会・十姉妹/これ野球部かなあ・・

◇初蝶に弾む心や小走りす  もやい句会・木村布遊/小走りするお気持ちに共感しますよ

◇春の宵憂きこと蹴散らしただ走れ  兵庫・猫楽(ぼろ)/「夕方ジムで我が身を叱咤激励しながら走ってます」って書いてありますが

◇錯綜の男走行春の夢  珠桜女あすか/錯綜の男って何かサスペンスっぽいですねえ

◇妄想のミサイル冬の日本海  菊池マッサージ会・ミスター菊池/ねえ、世界はどうなっていくんでしょうかねえ

◇滑走路作りしは夢土手萌ゆる  お釜ご飯/夢はどういう夢だったんでしょうねえ

◇閃光の走る頭や春一番  日ほし/これ何なんですかね・・アイディアがぴかっと浮かんだんですかねえ

◇春うららばたばた走る仕事前  シナモン句会・チェリッシュ/うららだけでも季語なので、春うららと言わなくても大丈夫よ。うららかやぐらいで良いですよ

◇八十路来て未だ助走の睦月かな  トリオパンジーズ・姫ばあちゃん/偉いよ!八十路来て未だ助走ですよ!もう目標は百歳ってやつでしょうねえ

◇走り根に近寄らず咲く犬ふぐり  日光・青萄/健気な花ですねえ、犬ふぐり・・

◇奥穂への春の縦走逝きし友  兵庫・山崎ぐずみ/奥穂高って言うことなんでしょうねえ

◇春雨を鹿のよう走り去る君  神奈川・まるる/何かはつらつとした君なんでしょうねえ

◇春鶺鴒五歩ほど走り吾子の前  いつき組リスナー班・旧重信のタイガース/吾子というのは自分の子どもという意味になりますねえ

◇鬼ごっこ走れ走れと春の風  富山・ゆ/子どもたちの光景ですねえ

◇走る子を叱る園長卒業期  東京・杉本とらを/いつまで経っても叱られる子はおるもんですわ

◇青き空白線走る野焼かな  山梨・みやま/白線が野焼の火に例えてあるのかも知れませんね

さあ、色んなお便りも届いてます。紹介しましょうかねえ
■ほろよい・一家みいみかあちゃん、あやねとなおきのかあちゃん、長いこと入院してましたねえ・・やっと退院のようでございますよ
「組長!こんにちは。やっとのことで退院いたしました、みいみかあちゃんです。杖のある生活に慣れなくて、何をするのももどかしいです。怪我が右足なので運転できず、苦肉の策として、リュックに杖を差し込み、原付で怖々移動し始めました。あやねの卒業式には装具を着けて杖を持って参加します。周りの助けを借りながらぼちぼちがんばります」ぼちぼちやりましょうねえ

◇杖挿してバイク走る日春の風  みいみかあちゃん/う〜ん

■青石榴が愛媛マラソンではなく高知の龍馬マラソンの話題来てますねえ
「30q付近で膝痛となり、四時間切りを断念の句です。因みにタイムは4時間28分59秒でした」頑張ってますねえ〜。こんな一句もありましたよ

◇完走へ目標変更駒返る草  青石榴/ねえ、いつかの兼題の駒返る草を上手く使ってくれてますねえ

■黒鉄の城からも可笑しい話が届いてます
「地区体育大会の年齢別リレーに出場したんです。妻と娘が応援に来ていて、運良く町内のテント前で抜いたのでアピールしたのですが、妻が娘をトイレに連れて行っていたので見ていなかったことがありました」はっははっはははっ気の毒やなあ〜。こんな一句

◇リレー走二位を抜き去り拳上げ  黒鉄の城/はははははは・・こういう小さなシーンを書き留めるのも俳句ですねえ

■一斤染乃のからお便り。滋賀県の長浜でやった句会ライブの話が来てますねえ
「組長!1月27日28日は滋賀の北にも南にも俳句の種蒔きに来てくださりありがとうございました。長浜の句会ライブすごーく楽しかったです。またぜひ近江の国に来てくださーい」えー一斤染乃達と会った長浜の盆梅展っていうのは、長浜の慶雲館っていう趣のある古いお家にずっと盆梅が飾られてるんですが 

■何と灰色狼がそこに行って来たというお便りです
「先日滋賀県長浜市の慶雲館で行われている長浜盆梅展に行って来ました。実は友人の甲冑屋さんを訪ねるついででしたが、春の大雪に見舞われた慶雲館の日本庭園も樹齢数百年の梅の盆栽も本当に素晴らしい物でした。売店のお姉さんが組長が来られたことを自慢しておられたので、嬉しくなり、つい丁稚羊羹をお土産に買って帰りました」もうねえ、毎年行くたんびにねえ、売店のおばちゃんたちがねえ、大歓迎してくださって、今年も私もついつい何か買って帰りましたねえ。そんな一句

◇新快速走るや盆梅展の町へ  灰色狼/来年も多分行くことになるので、来年の滋賀県の長浜の盆梅展ねえ、向こうの方の方ぜひお会いしたいと思いますよ


と言うことで・・

※募集中の兼題 「芥菜」「桜蝦」3月12日(日)必着
       「丹(丹原の丹)」「エリカ」

あなたの投句をお待ちしております!

坊ちゃん団子、いただきま〜す!
おいしい〜。
ほんとよ。これも亀井製菓?
うん、おいしい。
坊ちゃん団子も亀井製菓だよね〜。

坊ちゃん団子は第26回全国菓子大博覧会名誉総裁賞を受賞しました

この番組は坊ちゃん団子、タルトの亀井製菓の提供でお送りしました

(3/9-11:27)
No.12763
まとむ > 金曜日

俳句集団いつき組組長夏井いつきです。
アシスタントのウェンズデー正人です。
今週の兼題は漢字シリーズ一字「走」でお送りをしております。金曜日の皆さんご紹介して行きましょう。まずは横浜4Gの会・浜の富ちゃんが金曜日登場です。
◇丸窓に影走りけり目借時  横浜4Gの会・浜の富ちゃん
何の影だかわかんないんだけれども、ずっとポカポカと気持ちのいい日差しが入っていた丸窓に一瞬影がスッと過ると。その一瞬に対して「目借時」眠くてたまらないそんな時期の季語を持ってくるわけですね。大したことは言ってないんだけれども、場面としては非常に的確に鮮やかに切り取られていると思いますね。「目借時」ってカエルが目を取って行くから眠くなるなんてね、そんな説もあるようですが。横浜4Gの会が秘策をひねって金曜日に残る対策を立てたってお便りが何週間か前にあったじゃないですか。ホントですね、これ。

横浜から参加糖尿猫の一句には亀が出てまいります。
◇リビングを陸亀走る遅日かな  横浜・糖尿猫
「陸亀」が「リビング」を歩くんじゃなくて「走る」ってのが面白いですね。ヤツらなりに走っているという意味だと思います。そこに持ってくるのが遅い日「遅日」という季語。巧い取り合わせにきたなぁという風に思いますね。

そして同じく亀が出てくるのがもう一句。八幡浜日土・だんご虫です。
◇脱走の亀よ都会の春塵よ  だんご虫
こっちは「都会」に向かって「脱走」しているわけですよね。春の塵と書いて「春塵」にまみれながら逃げる亀でございますね。

大分・樫の木は猫が出てまいります。
◇痩猫の来襲船虫の潰走  大分・樫の木
「かいそう」というのは潰れて走るほうの「潰走」ですからね。壊滅的な打撃を受けて逃げ走るというそんな感じですね。「痩猫」という置き方がここらあたりも巧いもんですね。「来襲」「潰走」という風に音読みを重ねました。

ロッチの一句も愉快です。
◇猫避ける自走掃除機漱石忌  ロッチ
「自走掃除機」って勝手にお掃除する丸いヤツでしょう?猫を避けてお掃除機が走り回る。折しも「漱石忌」であるよ、漱石が亡くなった日であるよ。吾輩は猫であるにうまいことひっかけてあるわけですね。ロッチも大したもんですね。

しょい句会の穂の実が金曜日登場です。
◇恋猫や勝者は走って決めなさい  しょい句会・穂の実
「恋猫」がギャーギャーギャーギャー言っている。それに向かって猫たちに向かって「勝者は走って決めなさい」と言ってるという読みがひとつ。それから「恋猫や」を取り合わせとして置いて、ウダウダ言わずに勝った負けたは走って決めなよ。人間に向かって言ってる、そういう読みも存在するかなと思います。

そしてほろよい一家ちいちが残っております。何か昭和の頃の懐かしい光景を思い浮かべました。
◇チリ紙を買いに走りて春の星  ちいち
今時の人「チリ紙」って言わないよね。ティッシュペーパーとかね。その前は落とし紙とかって言ってましたね、トイレに落としたりするからね。チリ紙を買いに走るそこには優しい「春の星」がちりばめられております。

大阪なんちゃって句会・江口小春です。
◇ただ走るには艶めかし春の月  大阪なんちゃって句会・江口小春
もともと春の月ってのは艶っぽいものではありますが、「春の月」を愛でる心が「ただ走るには」という措辞になりました。

浜乃はのは京都からの参加
◇助走九歩背中バー越ゆ風光る  京都・浜乃はの
背面飛びというヤツでございましょうかね。「助走」という言葉使った句はいっぱいあったんですけれども、「背中バー越ゆ」越えた瞬間に風が光るという感覚が瑞々しい。

句ゼミ・石川焦点は野球の光景なんですが、面白い視点です。
◇春日傘代走へ激飛ばしけり  句ゼミ・石川焦点
当然この「春日傘」は応援している側が差してるわけです。代走何とかかんとか〜と言ったら、行けーとかって全然上品じゃない激を飛ばしているんじゃないかなと。「春日傘」とのギャップが愉快ですね。こういう光景ありそうでしょう?

そしてプリマスロック句会・ひなぎきょうは競馬場に来ました。
◇出走を待つパドックの春帽子  プリマスロック句会・ひなぎきょう
どの馬に賭けようかなぁ・・なんて眺めているわけですよね。その「春帽子」のゆらゆらと柔らかいそしてちょっと派手な春帽子ではないかなぁと思わせますね。

大阪から参加立川六花も面白い視点です。
◇玄関にアネモネ走り書き拾う  立川六花
「アネモネ」の色彩が非常に鮮やかですよね。こういう玄関で自分もだれかの走り書きのメモ拾ったかのようなそんな現場証明のある句だなぁと思います。

差し上げたい句いろいろあったんですが、今日はこの男に譲ってやってください。最近もうめちゃくちゃ熱心に俳句を勉強はじめております。宇和島の中嶋浄土のこんなダイナミックな一句です。

  『天』  分水嶺二匹の龍の走る春  中嶋浄土

「分水嶺」から水が川が分かれてあっちとこっちに流れて行くんですけれども、それを高いところから俯瞰している視点なんでしょうね。「分水嶺」を「二匹の龍」が走り下って行くかのようなそんな春であるよと。当然この句の背後には 竜天に登る  という時候の季語も考えてあるんだろうと思います。中嶋浄土おめでとうさんです。

☆「芥子菜」「桜蝦」の募集締め切りは3月12日必着。
 「丹」「エリカ」
あなたの投句をお待ちしております。

夏井いつきの一句一遊は毎週月曜から金曜朝10時から。
あなたも是非垣根なき十七音の世界へ。
(3/10-18:15)
No.12764
立川六珈 > 聞き書き隊の皆さま、いつもありがとうございます。
立川六珈(たてかわろっか)と申します。
◇玄関にアネモネ走り書き拾ふ
で投句しました。
訂正は不要です。
文字におこしてくださるので、とても勉強になります。
(3/13-18:57)
No.12765
名前 返信 文字色 削除キー

無題
投稿者:紫水晶 投稿日:2017/03/09(Thu) 04:42 No.12761 
聞き書き隊の皆様 いつもありがとうございます。
「花散らし走る小鬼となる吾子よ」
で、お願いします。
名前 返信 文字色 削除キー

一句一遊 「海猫渡る」
投稿者: ポメロ親父 投稿日:2017/02/27(Mon) 18:29 No.12747 
 こちらの掲示板では、RNB南海放送ラジオの番組「夏井いつきの一句一遊」の内容を聞き書きしております。聞き書きですので表記は不正確です。同音異字や誤字が有りましたら修正してください。間違いに気づかれた方 は、ご自分の句でなくても、教えていただきますと助かりますので、どうぞよろしくお願いします。
 直接こちらに俳句を書き込まれましても、放送されることはありません。俳句の投句先のメールアドレスは ku@rnb.co.jp です。

ポメロ親父

 車壊して半世紀、廃車買い取りの東雲短大裏「石川商店」の提供でお送りします

月曜日

 俳句集団いつき組組長、夏井いつきです
 アシスタントのウエンズデー正人です

 今週の兼題は「海猫渡る」でお送りをいたしますが、ごめ、海猫って書いてごめ、残念だった方が約一名いらっしゃいました、松山のまあちゃんの一句
◇冬空に白いカモメとぐめ渡る  まあちゃん
 どぉぉおおお見てもこの葉書の字がねぇ、ぐめなんだよぉ〜しかも白いカモメってある‥ぅえへっへへ‥海猫はねえカモメの仲間ですよねえ、残念だったねえ、まあちゃんねえ

 え〜カモメの仲間ですよって言いつつこんなとんでもないのもあります、穂積書道教室俳句部・みっちゃん
◇茜空渡る海猫や舞うUFO  みっちゃん
 海猫とUFOが舞っている茜空、もうどうして良いのか私にはわかりません

 そしてフィギア句会・志、ひとみってこれ女の名前かねえ?
◇海猫渡るひとみ目線の露天風呂  志
 ええ〜?‥ひとみ目線ていうタイトルのコーナーがある?意味はわかったけどだからどうしたって話ですよねえ

 そして、季重なりの皆さんもいらっしゃいました、新居浜・かずっちの一句
◇海猫渡るわたしゃ蒲団で日向ぼこ  かずっち
 蒲団、日向ぼこ、どちらも冬の季語です、トリプルですねえ

◇春近し釣り船沖に海猫渡る  土佐っ子
 春近しが当然、近いんですから冬の季語になります

 やすおもやっちゃいました
◇水温む白波に雑魚海猫渡る  やすお
 水温むというのがこれが春の季語になるんですねえ

 伯方児童館俳句キッズ達も頑張って作ってくれてますねえ
◇ねこかと思ったらちがってびっくりごめわたる  小2・にいな
 ぷふっふ、正直すぎてどうしていいのかわかりませんが、海猫って書いて海の猫かなと思ったら、へぇええ海猫はカモメの仲間という‥率直な驚きですねえ

 人見直樹の先輩も
◇海に猫いるはずはない渡らない  人見直樹の先輩
 もう、むっとしますよねえ、小学校ぅん年生ならともかく立派な大人だと思うと、渡らないって最後の言い方がむっとしますねえほんとに

 伯方児童館俳句キッズ・ひろあきは小2
◇ごめわたるくちばしカラーきれいだな  ひろあき
 図鑑かなんかで見てくれたんでしょうかねえ

 同じくりとは小1です
◇ごめわたるみゃあみゃあというなく  りと
 あはっ、みゃあみゃあというなく‥ひゃはこの唐突な感じがかわいらしいですねえ、海猫はみゃあみゃあって鳴きますねえ

 ひでやんからは、うちわネタなのが来てるんですが「組長、海猫渡ると聞いてまず浮かんだのが、俳句甲子園実行委員会実行委員長の、俳号三津浜わたるです。」という一句
◇会長は三津浜わたる海猫渡る  ひでやん
 ぅぷふぁっはっはっはっはっは、きゅ‥ぐだらなぁすぎぃ‥わたるの韻を踏みたかっただけですねえ「月曜なのは重々承知の上で出さずには居られません。」ぷっふっふ‥あの俳句甲子園実行委員会、今度20周年記念大会になるのでみんなが頑張っておりますねえ

 ええ、お口直しにたくみ3才のこんな一句
◇うみねこかわいいはやくたまごうまないかな  たくみ3才
 ぱっはっはは‥え〜お母ちゃんのあるきしちはるからですね「海猫の繁殖地の動画、青森県蕪島神社を見せました。海猫渡るの渡るが入っておりませんが、営巣地を観察している子供のつぶやきとしてセーフかなあ。」なんて母ちゃんが書いてくれておりますねえ

 そしてしょい句会・小田寺登女は、これはもうどうしたら良いんだ
◇諭吉弾一斉掃射海猫渡る  小田寺登女
 諭吉弾て何のことだとおもったら、福沢諭吉のお札のことだそうですよ「春は何かと物入りですね。特に大学進学って何でこんなにお金が掛かるんでしょう。羽が生えて飛んでいくなんてものじゃなくて、機関銃でぶっ放すような感じで出て行きます。」ふぅ〜親の率直な思いですねえ

 そして、ロッチの一句
◇パリーグに猛禽二頭海猫渡る  ロッチ
 猛禽て言うとなんだ?ホークスとあと一個なに?、ええ゛〜思いだせん思いだせん〜

 ケアジャパン・まさつきさちの素朴な疑問
◇海猫は鴨の仲間か島渡る  まさつきさち
 ぶふっ、鴨の仲間かって言われたら、えっ?て思ってしまいますが

 ポメロ親父の能書きでございます「ウミネコは日本全国で普通に見られるカモメの仲間で、渡り鳥ではありませんが、繁殖地は特定の島や半島に限られており、2月下旬から始まる繁殖期には集合して大規模なコロニーを形成します。そのうちの5ヵ所は天然記念物です。この繁殖地に向けての移動を『海猫渡る』といって春の季語。繁殖を終えてそれぞれの越冬地に散らばる移動を『海猫帰る』といって秋の季語としています。」これでこの季語の正体はわかっていただけましたねえ

 まどんからもね、情報が届いてるんですが「海猫の繁殖地蕪島、青森県八戸市に二度行きました。」‥ええなあ‥ええなあって言いつつ、次の一行がすごいなあ「とにかく糞だらけで臭かった。」‥あっはっはっはっは「その蕪島神社が2015年11月に全焼、その後をネットで調べたら再建計画が進んでいるそうで、繁殖時期は工事を中断とありました。海猫も戻ってきているようです。」と、ねえこの心遣いがうれしいじゃないですか、こんな一句
◇三度鳴る汽船の汽笛海猫渡る  まどん
 まどんは東京からの参加ですねえ

 そして横浜4Gの会・波恋治男は、経島(ふみしま)これは島根県にあるようですね‥ぁぁああ私ここ行ったことあるかもしれない‥この岬、島根県のこれひのみさき(日御碕)と読むんでしたっけ、「西側にある岩だけの無人島で、海猫の繁殖地が経島です。本土から遠望したことがあります。八戸の蕪島は陸続きとなっており、山頂には神社もあり歩いて上ったこともあります。」波恋治男もうどこへでも行ってますねえ、アメリカの何とかまでねえ「ここの海猫は人を恐れることなく、いたるところに営巣しており雛の姿もすぐ近くで観察できます。」うらやましいわぁぁああ、こんな一句もあります
◇みゃあみゃあは色気声なり海猫渡る  波恋治男
 ふっふ、もうなんか味もしゃしゃりも無い句になりましたが、え〜そんなこんな海猫渡るの今週です


 ‥ただいま募集中の兼題が‥
「芥菜」「桜蝦」の投句〆切が3月12日(日)必着
新しい兼題は「丹」「エリカ」です


勝たせて貰っているのに廃車専門とは、これいかに?
社長元気だが、石川昇天ってかあ(チーン)
飛車に角、将棋の駒は買わねども、廃車買いたし、お電話を
自動車を解体し続け50年、松山市桑原、石川商店

この番組は車壊して半世紀、廃車買取の東雲短大裏、石川商店の提供でお送りしました


(2/27-18:33)
No.12748
ミズスマ
火曜日
〜この番組は農家のお店・周ちゃん広場の提供でお送りします〜

俳句集団いつき組組長、夏井いつきです。
アシスタントのウェンズデー正人です。

今週の兼題は、海猫(ごめ)渡るでお送りをしております。
火曜日、トップバッターは伯方児童館俳句人・ほのぼのどんの一句。
◇波の上で可愛く歌い海猫渡る   ほのぼのどん/もう一瞬ね、伯方児童館俳句キッズの小学校何年生の句かと思ってしまいましたが。ほのぼのどんは大人でございますね。

そして、田中ようちゃんの一句。
先頭を交代しつつ海猫渡る   田中ようちゃん/「先頭は集団のボスと決まっているのかと思ったら、さにあらず。風の抵抗を受けるこの位置は交代しつつ飛んでいるということを知りました」と。そう一番最初に飛ぶから大変なのかもしれないですね。

え、まるにっちゃんはこうきました。
◇北極星指差す先へ海猫渡る   まるにっちゃん/夜のね、夜も飛ぶのかねー。知識がないから分かんないけど。

◇海猫渡る朝日に皆の無事祈る   ピーマン/あの長老みたいな感じですね。

◇未来への道に向かいて海猫渡る   和吉/何か校長の式辞みたいな感じですね。

◇飛島や海猫渡る風に乗り   富士山/「うみねこ」と書いて「海猫(ごめ)」なんですね。

◇海猫渡る命継ぐ地へただ一途   漢詩人鉄仮面/「命継ぐ地」っていうのが営巣、巣を作る、子供を育てるっていうところですね。

◇海猫渡る波長のグラフ空に打つ   愛竜和尚/このグラフっていうのは飛んでる波動とか、何か波長とか、そんなことなんですかね。グラフがちょっと分かりにくいんですが。

私が知らなかった言葉が次の句に出てきて。ラテ欄、ラテ欄って何?って聞いたらラジオテレビ欄だそうです。愛知から参加、小倉じゅんまきの一句。
◇ラテ欄のほとぼり冷めて海猫渡る   小倉じゅんまき/何かラジオテレビ欄になんでこんなに熱狂してるんですかね、この人はね。

もう一つ分かんないのがこれです。
◇海猫渡る我が霊名はバルトロメオ   まゆずみ/「れいめい」ってあの霊魂の「霊」の「名」ですよ。どういう人、まゆずみって?バルトロメオ?もうあんたの俳号はまゆずみバルトロメオにしたらどうなんですかね。

◇三陸の大漁旗や海猫渡る   シナモン句会・まり姫/これは見えてきますね。

花猫は俳句ゼミナールのメンバー。
◇連絡船白き友かな海猫渡る   花猫/連絡船を友だちとして、という意味でしょうね。

愛知から参加、青花の一句。
◇引き波の浮標揺らして海猫渡る   青花/浮く標(しるべ)とかいて「ふひょう」でしょうかね。「ブイ」のことですね。

◇海猫渡る松島巡り朱の鳥居   宇和島風花会・牡丹/くっきりと光景を描きましたね。

◇歳時記の手擦れ激しく海猫渡る   せっちゃん命/勉強してくれてるんでしょうかね。

そしてかよは四国中央市から、かよです。
◇海猫渡る一人番屋に飯炊く女   かよ/「めしたくおんな」…「めしたく・め」って読んだらちょっと分かりにくいもんね。「めしたきめ」にしたらぴったり音数合うんじゃないかしらね。

ゆきしろの一句。
◇半ドンのお昼はカレー海猫渡る   ゆきしろ/「昨年のクリスマス句会ライブ(大阪)がとても楽しく、俳句ポスト365やNHK俳句など、少しずつ投句を始めました」と。うれしいですね。一句一遊にも参戦のゆきしろです。

そしてこちら、まるやすの紫羅欄花。
◇海猫渡る呼び合う声のけたたまし   紫羅欄花

のんしゃらんはこうきました。
◇騒々しき嘴を持ち海猫渡る   のんしゃらん/こんな感じですよねぇ。

◇海猫渡る青き海鳴るごうと鳴る   人日子/「海鳴る」「ごうと鳴る」という風に韻を踏みました。

◇波しぶき岩に弾けて海猫渡る   穂積書道教室俳句部・川霧/みんな一生懸命、動画、おんなじような動画観て作ってるんじゃないかな。

兵庫から参加、きらきらひかる。
◇青海波模様の如き海猫渡る   きらきらひかる/比喩できましたね。

東京から参加、台所のキフジンの一句。
◇海猫渡る暗き波間に己が影   台所のキフジン/あー、自分の影が映っていると、なるほどな。

◇鈍色の空賑やかに海猫渡る   若草俳句会・カンナ/「にびいろ」「にぎやか」と韻を踏みました。にぶい暗い色が「鈍色(にびいろ)」です。

◇海猫渡る空は真白に海青く   松永のばあば/色の対比ですね。

◇太陽はゆるゆる目覚め海猫渡る   宇和島風花会・ハナミズキ/「ゆるゆる目覚め」というところがいいですね。

高知から参加のえのころちゃんです。
◇海猫渡る屋久島上空通過中   えのころちゃん/やあ、目に浮かぶ感じがいたしますね。独特の形の屋久島です。

喜多輝女は蕪島、青森八戸の島です。
◇海猫鳴いて渡りたる島蕪島   喜多輝女/営巣地になってるということですね。

リストラダムスのリクエスト、森昌子「越冬つばめ」〜♪〜。先週もかけたような気がするんだけど。こんな一句。
◇また来ても海猫渡る気仙沼   リストラダムス/気仙沼、地名が入りました。

初投句でしょうか。「けんだい」と読むんですか。
「初めまして。筋子のダンナです。四季折々の細やかな部分に触れ、感性を高めたいと投句いたします」と。筋子とどっちが先に伸びるでしょうかね。こんな一句。
◇白き天狗岳見過ごし海猫渡る   けんだい/見過ごしってのは、うっかりっていう感じなんでしょうかね。

埼玉から参加、西川よしのです。
◇海猫渡る函館山に鬨上げて   西川よしの/エイエイオーっていうやつですね。

◇江ノ島の片瀬に恋の海猫渡る   中島しおみおばちゃん/演歌っぽいですね。

◇海猫渡る飛島越えてかの地まで   甘泉

そしてこちらは蕪島が出てまいります。まるやす・唐のカラちゃんの一句。
◇朝嵐蕪島コロニー海猫渡る   唐のカラちゃん/ここで巣を作るわけです。

もやい句会・赤い長靴の一句。
◇海猫渡る壁の絶壁陸奥よ   赤い長靴

◇波しぶく竜飛岬や海猫渡る   しょい句会・宵蘭/竜飛岬っていうだけで何か演歌っぽいよね。

いつき組リスナー班・まさのりは東京からの参加です。
◇ゆうゆうと黒部渓谷渡る海猫   まさのり/地名がどんどん入ってきます。

福岡・松ぼっくりの一句。
◇暮れ泥む経島捉え海猫渡る   松ぼっくり/「ふみじま」と読むんだと思うんですが。松ぼっくり、「みちしま」という風にルビが打ってあります。ひょっとすると、読み名が二つあるのかもしれませんけどね。

そして、最後が河野さとみの一句。
◇海猫渡る出雲経島薄曇り   河野さとみ/ここら辺の地名の読み方はね、また教えていただいたらと思います。

ということで、今募集中の兼題が…
(3/1-08:25)
No.12749
みかり
水曜日

今週の兼題は「海猫渡る」でお送りをしております。水曜日トップバッターは

◇曇天の白へ白影海猫渡る  高崎市・咲く空色/曇天の白さと白い影の質感の違いでしょうかねえ

◇海猫渡る鈍色の空混濁す  浜4Gの会・大阪会友・猫の恋/「にびいろ」というのは鈍い色と書いて「にびいろ」ですね

◇紺碧や点を繋げて海猫渡る  宇都宮・はのん/点々とこう渡っていくって感じですねえ。渡ると言っても営巣する、卵を産むための巣まで渡っていくということのようです

◇青々と海吹き晴れて海猫渡る  もやい句会・内山初美/吹き晴れるっていう複合動詞が良いですね

◇夜を知らぬ海の青さを海猫渡る  遊人/夜なんだけれども空が青いっていう風な光景として読みました

◇海猫渡る白波の上雲の下  越智空子

◇海猫渡る今日は荒波宙返り  若草俳句会・杏っ子/もう宙返りっていうのが飄々と可愛らしいですねえ

◇海猫渡るやけに近くて遠い島  不知火/これは営巣地のイメージとしてこの表現納得がいきました

◇海猫渡る島白々と波高し  もやい句会・近藤真古/波高しで動きが出ました

◇海猫渡る声に目覚める島の朝  菊池マッサージ会・下駄女

こんな島です
◇海猫渡る声にねずみのおらぬ島  ケアジャパン・大西まさのり/ねずみのおらぬ島ってどんな島なんでしょう

その逆もありました
◇ねずみ住む風の岬や海猫渡る  朝日/ねずみ住む風の岬ってちょっと興味引かれますねえ

◇島々に七つの石碑海猫渡る  まるやす・のり茶づけ/島々に七つですから七島あるのかなと思います

◇海猫渡る椿の島と言われし日  松山・雪花/「言われし日」ですから過去の出来事という感じですねえ

◇風巻いて五島は唸る海猫渡る  鞠月/五島列島でしょうかねえ

◇海猫渡る下にちょこんとターナー島  小青/ターナー島というのはねえ、松山の沖にちょこんとあるちっちゃいちっちゃい島ですねえ

◇波縫うて神の島へと海猫渡る  砥部・ひさの/島根県の経島(ふみしま)のイメージで作っているということですね。神域として人間の上陸が禁止されていると書いてくれています

◇蕪島の神社にいっぱい海猫渡る  けいご・6歳/動画かなんか見せてもらったんでしょうねえ、おかあさんにねえ

◇とびしまの連絡船や海猫渡る  埼玉・らあら/船が出て参ります

同じく連絡船
◇海猫渡る連絡船に沸く歓声  愛知・沢田じゅり/沸く歓声で音が一気に弾けます

遊覧船です
◇海猫渡る遊覧船を下に見て  一走人/これは海猫の視線から描いてるわけですねえ

◇フェリー待つ眼差し遠く海猫渡る  大阪なんちゃって句会・せなみあきじゃけ/海猫を見る視線でしょうか

◇最終の引揚船や海猫渡る  あら荒太/一挙に時代が変わりましたねえ

こんな光景
◇防潮堤の白く乾くや海猫渡る  ほろよい/乾くっていうところがねえ、上手いなあと思います、描写として

◇絶壁の続く岬や海猫渡る  樹朋/続くというところでちゃんと地形が見えてきますねえ

◇赤煉瓦倉庫の空を海猫渡る  千葉・鈴木麗門/赤煉瓦倉庫一棟じゃないと思うんですね。続いてる光景ですね。その上の空を海猫が続いてる、平行線の感じです

◇渡る海猫翼休めし日本丸  灰色狼/日本丸、浜辺りなんでしょうかねえ

◇品川に舟溜まりあり海猫渡る  東京・かおり

◇海猫渡る雲の塒の伯耆冨士  宝塚・麦子/伯耆冨士、確かにいっつも雲がかかってるっていう印象があります

◇海猫渡る江戸の臭いを御赦免船  東京・トポル/島流しに遭ってた人を迎えに行くのが御赦免船ですねえ

北前船が出て来ます。北陸と北海道を結ぶお商売の船ですねえ
◇海猫渡る北前船で栄えし町  とうへい

松山のももは松山のことを詠んでくれました
◇坊っちゃんてふ団子ある町海猫渡る  もも/「ちょう」というのは「てふ」と書いて「ちょう」と読みます。何々というという意味になりますねえ

◇海猫渡るイーハトーブの銀の海  シナモン句会・わらわら/イーハトーブは宮沢賢治のお話に出てくる理想郷という感じでしょうかねえ

フランスへ飛びました
◇雲寄せぬモンサンミシェル海猫渡る  大阪なんちゃって句会・長尾漣

こんな古い光景
◇海猫渡る番屋の釜は五升炊き  南亭骨太/「北浜ミレイさんの「石狩挽歌」出来ればリクエスト」って書いてありますが

ぽんぽこもそういうイメージなんでしょうかねえ
◇朽ち果てし漁船の向こう海猫渡る  三河のぽんぽこ

朽ちて埋もれておるのでしょうか
◇海猫渡る埋もれかけたる瞽女の墓  烏天狗/「ごめ」「ごぜ」と韻を踏みました

◇海猫渡る岬に小さき分教場  宇和島風花会・小手毬/何かあの二十四の瞳みたいなねえ

◇潮風の匂う園庭海猫渡る  あるきしちはる/園庭ですから、幼稚園でしょうかねえ

◇海猫渡る煮物忙しき台所  花芙蓉

◇海猫渡る沖の噂や理髪店  殻傘春男/噂は全て理髪店に集まる!

◇滑らせて運ぶトロ箱海猫渡る  八幡浜日土・さえずり句会・だんご虫

◇還暦の見習い漁師海猫渡る  新潟・このはる紗耶/転職でしょうかねえ

◇海猫渡る繕う網に遊ぶ風  としまる

あねごの一句はこう来たか!
◇海猫渡る祖父の十八番の佐渡情話  あねご/佐渡情話で懐かしいと思う人と、なんじゃ?と思う人と、ご意見は分かれるかと思いますが


と言うことで・・

※募集中の兼題 「芥菜」「桜蝦」3月12日(日)必着
       「丹(丹原の丹)」「エリカ」

あなたの投句をお待ちしております!

夏井いつきの一句一遊は毎週月曜から金曜、朝10時から。
あなたも是非、垣根なき十七音の世界へ。

(3/1-16:07)
No.12750
みかり
木曜日

〜この番組は坊ちゃん団子、タルトの亀井製菓の提供でお送りします〜

木曜日なんですが、今週の兼題「海猫渡る」の水曜日の皆さんが残っております。ご紹介しておきましょうね

◇自問する母であること海猫渡る  妹のりこ/海猫たちは子どもを海育てるために渡っていくわけですよね。自分自身が母であるって何だろうって自問すると、何か真面目な良い母じゃありませんか

母ネタで全く違う立場の一句もありました
◇海猫渡る一度も母にならず死ぬ  愛知・抹茶金魚/これもねえ、海猫渡るっていう季語と重ねると切なさが増します

◇弁天の琵琶導くや海猫渡る  石川焦点/神の島へ行くというイメージでしょうかねえ

仲麻呂という人名が出て参ります。阿倍仲麻呂かなという風には思うんですが、ちょっと表記は違うんですが、そうかなと勝手に思っております
◇仲麻呂の見つめし空や海猫渡る  坊太郎

次ぎに出てくる人名がラッセン、画家ですねえ、ラッセン
◇ラッセンの光の中や海猫渡る  国東まちこ/ラッセンで調べていただいたらどんな画風か分かると思います

◇海猫渡る寂れし修司記念館  糖病猫/修司は寺山修司ですね、寂れてんの?なんで?え?行ったことないんだけど、今度行ってみよう

◇灯台の銀海猫渡る空の金  沙蘭/金、銀と対比を致しました

海の中です
◇海猫渡る海中林の蠢きぬ  葵/海中の中の林ですから、海草とかがこうゆらゆらしてるわけですねえ

◇海猫渡る海から飢えた鯱の口  まゆ熊/ねえ、「頭の中の同じ映像を何度も推敲してみました。説明と臨場感の差とか言葉選び、非常に難しい」とか、真面目にやってるねえ〜嬉しいねえ、まゆ熊〜

戦争のイメージかなあ
◇着弾す名添えの海を渡る海猫  蓼虫/海猫渡るじゃなくて渡る海猫という風に最後おさめました

◇海猫渡る進水式の万国旗  伯方児童館俳句人・ほのぼのオムライス/万国旗で色合いがぱっと鮮やかになりますね

◇海猫渡る崖にドローン朽ちしまま  千葉・小泉岩魚/あの・・海猫の様子を撮ろうとして飛ばしたドローンがそこに朽ちてるってそんなイメージでしょうかねえ

◇海猫渡る異国語のブイ流れ着く  マーペー/異国語のブイ時々見ますねえ

カメラでしょうねえ
◇海猫渡るシャッター音の乾く朝  アキト/これも乾くっていうところで音が描写できてます

◇海猫渡る単身赴任三年目  大阪なん茶って句会・江口小春/そういう場所に赴任してるんでしょうねえ

風は五年です
◇海猫渡る五年の任期終えし町  若草俳句会・風

◇世を守る神の使いや海猫渡る  プリマスロック句会・妙

こんな詩的な味わい
◇海猫渡り星のキセキを教えけり  青石榴/キセキはカタカナで書いてあります。いくつかのキセキ、漢字が入りそうですね

◇最果ての果てに果て無し海猫渡る  大阪堺市・むくもとぼうせい/果て果て果てと三つ並べると調べが生まれます

◇海猫渡る震災の町飛び越えて  奈良・はいさい

もう一句震災のイメージの句があります
◇海猫渡る眼下にあるは瓦礫島  山形・山の雪

松島もねえ、あの時の災害に遭っております
◇夕日射す松島湾や海猫渡る  宮城・でらっくま/「組長!松島湾を巡る遊覧船では海猫の餌として海老天が売られていましたが、海猫の糞害のため」糞の害ですね「販売が中止されました。遊覧船に付いてくる海猫は可愛くもあり怖くもあり複雑です」海猫、鴎類って結構凶暴な顔してるじゃないですかねえ

先週もらってた中から
■西条・はずこからお便り
「組長!ご無沙汰しました。やっと病気との闘いも勝つことが出来ました。これからもまたよろしくお願いします。我が家の恒例の初句会、一月の二日に老若男女(孫達)十八名で句会をしました」と。嬉しいですねえ〜〜
「息子のとうへいが先頭に立って楽しくプレバトで勉強している連中も居て、盛況でした。毎年続けて行きます」と、家族句会嬉しいじゃないですかねえ。はずこ、また投句してくださいねえ

もやい句会の静泉が大変なことになってたみたい。
静泉もこないだ怪我したっていうことがあったんですが
「静泉さんの旦那さんが事故に遭われ、両腕骨折。幸い命は取り留められたようでほっとしました」と、これもやい句会の更紗から来てるんですけれどもね。
そんな静泉の一句・・凄い句です

◇事故の夫夫の介護や海猫渡る  もやい句会・静泉/いやーお大事にしてくださいねえ

事故のことを知らせてくれた更紗の句も読んどきましょうか
◇海猫渡る錆の浮き出し乳母車  更紗/これなんか上手いですねえ

■日土のぽぽんたからお便り
「組長が全国的になって参加者がめちゃくちゃ多くなり」これは一句一遊のことでしょうかねえ「私はさえずり句会で二ヶ月に一度直接指導してもらっとるんやけん一句一遊は引退しようか思うてます」はははは「ほんとは俳句が出来ないって言うのが本音だけど」って書いてあります
「けど、ラジコのタイムフリー機能が出来るようになって、娘二人にも聴かせてやろうかと思いまして・・・「おかあさん、俳句しよるん嘘やないん?句会でも賑やかしやろ」と言われてしまいました」いやいやー投句ちゃんとしてください!ぽぽんたちゃん〜このお便り来てから全然投句がないんですけど、どうなってるんでしょうか?随分前にもらったお便りなんですが・・ぽぽんたの俳句が出てくるのを心待ちにしております


と言うことで・・

※募集中の兼題 「芥菜」「桜蝦」3月12日(日)必着
       「丹(丹原の丹)」「エリカ」

あなたの投句をお待ちしております!

坊ちゃん団子、いただきま〜す!
おいしい〜。
ほんとよ。これも亀井製菓?
うん、おいしい。
坊ちゃん団子も亀井製菓だよね〜。

坊ちゃん団子は第26回全国菓子大博覧会名誉総裁賞を受賞しました

この番組は坊ちゃん団子、タルトの亀井製菓の提供でお送りしました

(3/2-10:49)
No.12751
まとむ
金曜日

俳句集団いつき組組長夏井いつきです。
アシスタントのウェンズテー正人です。
今週の兼題は「海猫渡る」でお送りをしております。
金曜日の皆さんいろんな工夫が入っております。まず、トップバッターは福岡から参加はまゆうの一句なんですが、「さし」という言葉が出てまいります。砂に嘴と書いて「砂嘴(さし)」三保の松原みたいにずっと砂が続いていくようなあんなヤツですね。
◇海猫渡る島を啄むかに砂嘴は  福岡・はまゆう
砂州ってわかりますかね?砂の溜まった。砂州の細いのが砂嘴みたいですね。その砂州がずーっと伸びて行って、その先に島がぽつんとある。その「島を啄む」かのように砂嘴が伸びていく。そして海猫はその島に向かって渡って行くと。海猫とそれから砂の嘴って言葉を巧く使ってますね。

そして東京から参加の笑松の一句も面白い表現です。
◇海までの土まだ若し海猫渡る  東京・笑松
土が若いってどういうことなんだろうって考えたんですが、埋め立て地の土という考え方もできますね。それから高台を造るっていうんですかね。そういう土を入れるけれども、まだ大地になじんでないみたいなそんな感じかもしれないし、いろんな若い土というのが想定できるのかもしれません。海までのまだ若い土を越えて、海猫はその先の島へ渡っていくと、そんなイメージでしょうかね。

島の名前を詠みこんだ人たちもおります。いくうさんろの一句です。
◇天売島へ万の綺羅星海猫渡る  いくうさんろ
「てうりとう」というのは天に売る島と書いて「天売島」北海道の島ですね。この島も海猫の繁殖地だそうですね。天売島へ向かって万の綺羅星が光っているよ。そして海猫たちは渡るよと。夜飛ぶのか飛ばないのかちょっと知識がないのでわかんないんだけど、飛ばないんだとしたら綺羅星を見上げて休んでいる、そんな感じかもしれないですね。「天売島」というこの響きがいいですね。

野風の一句は「株島」青森県八戸市の島ですね。ここも繁殖地でございます。
◇未踏こそよけれ株島海猫渡る  野風
「未踏」というのは踏み込むことのないという未踏ですね。未踏こそよいではないかと。「よけれ」というのは強調の意味になります。この株島だからこそ、子どもを育てることができる産むことができる、未踏が良いのだとこういう一句になりますね。

三美子の一句はですね、何か物語がありげなこんな一句です。
◇今もなお消息はなし海猫渡る  三美子
また今年も海猫の渡る季節が来たけれども、何も消息は今もなおないよと。これ人かもしれないしね、海猫自身というよりは何か別の人間あるいは別の出来事そういう風に思ったほうがいいかもしれません。

下町おたまの一句は震災のイメージでしょうね。
◇海底に残れる瓦礫海猫渡る  下町・おたま
あの海の底には瓦礫がひのまま沈んでいるよと。そして海猫は子どもを育てるために島へ渡っていくよと。生と死が交錯いたします。

太郎も海の底を覗いておりますが、ちよっと味わいが違います。
◇海底に千尋の谷海猫渡る  太郎
日本海溝みたいなね、そういう海の底の谷ですね。海底には千尋の谷があって、そして海猫たちはその千尋の谷のずっと突端、高いところかちょっと島になってるわけですからその島に・・という風なことでしょうね。

篠原そもの一句にはこんな船が出てまいります。
◇診療船それぞれの窓海猫渡る  篠原そも
「診療船」ですから戦争の頃にね、病人たちを回収して・・そういう風に読みました。「それぞれの窓」にそれぞれの思いが重なります。

小雪の一句です。
◇堰を切り母国語の夜海猫渡る  小雪
やっと日本に帰ってきた、やっと母国語が喋れる、そういう感じでしょうかね。海猫の渡る夜、ワタクシは堰を切ったように日本語を喋りはじめる。行く帰るというそういうイメージをこんな自分の経験に託したんじゃないかなぁと思います。

今週もいろいろ悩んだんですけれども、今週ダブルで行かせていただきたいと思います。
地名を詠んだ句いっぱい来たんですが、地名を詠んだ句の中からダブルです。
まずは福岡から参加七草の一句です。

『天』 海猫渡る出雲の紙垂のより白し  福岡・七草

「紙垂」というのは神社にぶら下がってる白い紙のビラビラとしたヤツです。出雲のあの紙垂がより白く見えるようなそういう光景の上を海猫が渡っていくよ、こういうことでございますね。「海猫渡る」「出雲」「紙垂」「白」という色が非常に印象的なんですが、もう一句はね、やはり地名プラス今度は黒の印象。亀田あらた・石川から参加のこんな一句。

  『天』 離岸流黒き能登なり海猫渡る  石川・亀田あらた

「りがんりゅう」というのは岸を離れて行く潮流のことですね。小さな舟がここに乗っかったらガーッと沖に押し出されてしまうと。北前船みたいな大きな船はさらにその沖をガーッと渡るわけですけどもね。その離岸流が黒い凄まじい色をした海の色という、その上を海猫が渡っていくと。対照的な二句でございました。

☆「芥菜」「桜蝦」の募集締め切りは3月12日(日)必着。
 「丹(丹原の丹)」「エリカ」
あなたの投句をお待ちしております。

夏井いつきの一句一遊は毎週月曜から金曜朝十時から。
あなたも是非「垣根なき十七音の世界へ」
(3/3-23:08)
No.12752
亀田荒太 > 聞き書き隊のみなさま、お世話になっております。
「離岸流黒き能登なり海猫渡る」俳号は、亀田荒太でお願いします。(訂正は必要ありません)
今後ともよろしくお願いいたします。 (3/4-05:45)
No.12753
野風 > ラジオを聴き逃しても、しっかり再生してくださることの何と有難いことか!聞き書き隊の皆さまに感謝。株島を蕪島に訂正して頂きますようお願いします。 (3/4-12:18) No.12754
まとむ > 亀田荒太さん野風さんありがとうございます。

【金曜日訂正】

『天』 離岸流黒き能登なり海猫渡る  亀田荒太

◇未踏こそよけれ蕪島海猫渡る  野風 (3/5-20:52)
No.12755
名前 返信 文字色 削除キー

無題
投稿者:宝塚の朱理 投稿日:2017/02/26(Sun) 21:54 No.12746 
いつも聞き書きありがとうございます。
名前の表記について訂正のお願いです。

「雲雀笛」水曜日、
◇雲雀笛すぐに見つかる鬼ごっこ 宝塚・朱里
→正しくは・・・宝塚・朱理 です。
「朱里」さんという方がいらっしゃるのですよね。
私はちょっと画数が多くて「理」です。
次回、いつ読んでもらえるかわかりませんが、その際にはよろしくお願いいたします。

名前 返信 文字色 削除キー

一句一遊 「雲雀笛」 2月20〜24日放送分
投稿者:ポメロ親父   投稿日:2017/02/20(Mon) 19:31 No.12740 
 こちらの掲示板では、RNB南海放送ラジオの番組「夏井いつきの一句一遊」の内容を聞き書きしております。聞き書きですので表記は不正確です。同音異字や誤字が有りましたら修正してください。間違いに気づかれた方 は、ご自分の句でなくても、教えていただきますと助かりますので、どうぞよろしくお願いします。
 直接こちらに俳句を書き込まれましても、放送されることはありません。俳句の投句先のメールアドレスは ku@rnb.co.jp です。

ポメロ親父  

 車壊して半世紀、廃車買い取りの東雲短大裏「石川商店」の提供でお送りします

月曜日

 俳句集団いつき組組長、夏井いつきです
 アシスタントのウエンズデー正人です

 今週の兼題は「雲雀笛」でお送りをいたします、月曜日トップバッターはですね新居浜のまるかじり、え〜「組長、今度の兼題むつかしかったけど頑張ってチャレンジしました。」という一句
◇父母も子も雲雀笛初耳よ  まるかじり
 辛そうだよねえ、雲雀笛って何だろう?って‥、雲雀笛と兼題を認識してくださってるのはねえ正しいんです

 ええ、認識してなかったのが約1名いらっしゃいました、三味コスモスの一句
◇立ち止まり上下泣く泣く雲雀見て  三味コスモス
 雲雀と雲雀笛は別ものなんですよねえ、ここが今回ねえ大変なネックになっております、なにがネックなのかおいおいわかっていただけると思いますが

 え〜こちらは誰だ、朝に路に里と書いてあさろり?
◇雲雀笛元気に鳴いてるよかったよ  朝路里
 この雲雀笛は‥雲雀のことなんでしょうかねえ〜わかりにくいねえ〜

 ひめぎんぎんもこう来ました
◇雲雀笛そんなに歌がうまいのか  ひめぎんぎん
 これも雲雀笛なのか雲雀に向かって声をかけてんのか、難しいねえ

 伯方児童館俳句キッズ・ひなり小1です
◇雲雀笛ふしぎの音がするのかな  ひなり小1
 ふしぎの音っていう言い方はちょっと好きだなこれ

 おなじく、そら小3
◇雲雀笛竹から作りいい音色  そら小3
 あっ良い感じですよ、ええ竹から作りってありますよね、雲雀笛っていうのは笛なんですよ、雲雀が鳴いてることをいうんじゃないんです

 伯方児童館俳句キッズのにいな小2
◇気に入った小さくかわいい雲雀笛  にいな小2
 自分で作ったのかなあ

◇夏課題むむあの時の雲雀笛  今治・KM
 むむっていうのがねえ、実感ですかこれ

◇雲雀笛やればやるほどチャルメラに  横浜4Gの会・句楽生
 チャラチャーチャチャってやつ?もうなんか雲雀笛の情緒をごっそり削いだ感じですねえ

◇ダーリンが雲雀笛吹き上機嫌  まる安・浪速の花
 くぁはっはっはっはっ‥どんなダーリン?これ、雲雀笛ぷぅぷぅぷぅぷぅ吹きながら‥ぱはっはっ‥会社へ行くんですかねえ

 こちらは砥部のお嬢さんズ、みたらしふじこの一句‥かははっ
◇雲雀笛舌がからから口呼吸  みたらしふじこ
 ぁはっはっはっはっ‥これも情緒無いなあ

 そんな中でですねえ、うっかり季重なりになっちゃった人たちもいらっしゃいました、いくさんろの一句
◇観音の声うららかや雲雀笛  いくさんろ
 うららかがねえ季語になっちゃうんだよ〜

◇雲雀笛驚き起きる炬燵猫  ねもじ
 炬燵猫ねえ、竈猫とか炬燵猫とかこれも冬の季語ですねえ

 もろり川は‥微妙ですねえ
◇囀りを模して見上げる雲雀笛  もろり川
 囀りってんのが季語になってるんですが、模してだからぎりぎりっちゃぎりぎりなんですが、でもあんた考えてみてよ、雲雀がもともと囀るわけですから、ま、句としてはいらない言葉が山ほどあるってやつでしょうねえ

 そしてこちらは初投句なんでしょうか、岩手から参加です、ひさお、当て字がありますねえ、ひはともしびの灯に、さは王偏に差の瑳、おは糸偏の緒、灯瑳緒、もう俳号説明するのにどんだけ時間を費やすんや、こんな一句
◇父母踏みし耐え茎立つや雲雀笛  灯瑳緒
 俳句で茎立つっていうのはねえ、芯がこうキャベツとか白菜から出てきたり、葉牡丹がこうヒューって長くなったり、あれのことを言うんですねえ、でここで季重なりになってしまうと、灯瑳緒あの歳時記買ってみてくださいねえ、いろんな季語を覚えることができますよぉ

 人見直樹の先輩は‥ぁははっ、どうぞどうぞこんな句です
◇雲雀笛美空ひばりさんの声  人見直樹の先輩
 も、勝手にやってくださいってやつですねえ

 そして山Pは、これは俳句かな?
◇リクエスト越冬燕森昌子  山P
 いやいやこれは雲雀笛どこにも書いてないですねえ、俳句どこに書いてあんだよ‥あっこれか?
◇雲雀笛女性を誘うホストたち  山P
 でリクエストが越冬燕っちゅうことやね、もうほんとに手間かけやがってぇ

 たくみ3才かわいい句ですねえ
◇雲雀笛聞いたらぼくもかわいくなる  たくみ3才
 も、充分かわいい、今のまんまで充分かわいいよぉ

 そして鉄の城です
◇雲雀笛夜中は蛇が出るやめようね  鉄の城
 かっはっはっはっはっ‥どんなっ‥どんな教え?これ

◇雲雀笛みんなで踊れば怖くない  城山黒吉
 くははは‥勝手に踊ってくれよ

 ポメロ親父から能書き届いております「1979年より以前は、ヒバリを愛玩用に飼うことが許可されていました。その昔には飼い慣らしたヒバリを放ち、そのさえずりと高さを競わせる『揚げ雲雀』と呼ばれる遊びがあったそうです。雲雀笛について歳時記には、鳴き声をまねてヒバリを捕えるために誘う笛と、吹いて遊ぶ玩具の笛と二通りの解説があります。春の歳時記には他に鶯笛、駒鳥(こま)笛、雉笛が載っていました。」こま笛っていうのは駒鳥笛のことですねえ、ええもうわかっていただけましたでしょうか、雲雀笛というのは雲雀が鳴いている様子を笛にたとえたのではなく、雲雀笛という物なんですねえ、これ火曜日もう呆然とする句が大〜変たくさんでてまいりますが、ここをまずは押さえていただいてということですねえ

 そして横浜から参加しております糖尿猫からもですね「雲雀笛そういう名前とは認識しておりませんでした。物は知っていたんですが、確かに水を入れて『ヘロヘロヘロロロロ〜』と鳴らす笛でありました。」と「そして、それは雲雀の高鳴きによく似ていたと、この兼題を聞いていまごろ気付きました。いやあ〜また一つ賢くなりました。ありがとうございます。」と、なるほどねえ〜
◇学研のプラスチックの雲雀笛  糖尿猫
 学研の付録にありそうな感じがいたしましたねえ


 ‥と言うことで、いま募集中の兼題が‥
「走」「春の匂」の投句〆切が2月26日(日)必着
その次の兼題は「芥菜」「桜蝦」です


勝たせて貰っているのに廃車専門とは、これいかに?
社長元気だが、石川昇天ってかあ(チーン)
飛車に角、将棋の駒は買わねども、廃車買いたし、お電話を
自動車を解体し続け50年、松山市桑原、石川商店

この番組は車壊して半世紀、廃車買取の東雲短大裏、石川商店の提供でお送りしました


(2/20-19:38)
No.12741
ミズスマ
火曜日
〜この番組は農家のお店・周ちゃん広場の提供でお送りします〜

俳句集団いつき組組長、夏井いつきです。
アシスタントのウェンズデー正人です。

今週の兼題は雲雀笛でお送りをしております。
火曜日、たくさんありますが。雲雀笛は雲雀の鳴く様子を比喩しているのではなく、雲雀笛という物があるということですね。雲雀をとらえる時の囮に吹く、それからおもちゃとして使うという、この二の違いがあるんですが。微妙なのが火曜日いっぱいあるんですよ、勘違いしとるんちゃうかなあ、みたいなのが。
まずは祭り娘の一句。
◇雲雀笛鳴り響かすや鳥の声   祭り娘/鳥の声が最後にくるでしょう?

◇ちゅりちゅりり声の落ちくる雲雀笛   ノートン/「声の落ち来る雲雀かな」でもいいようなそんな微妙なラインですね。

◇雲雀笛声に誘われ一羽二羽   砥部のミーユー/これは捕らえる感じは多少出てなくもないですね。

◇雲上に響きが舞うよ雲雀笛   もやい句会・静泉/これめっちゃ雲雀が上に上がった感じしません?

そしてこの葉書は誰だ?西条・三日月千代の一句。
◇広野原響きわたるよ雲雀笛   三日月千代/何か微妙な匂いがするなあ。

◇雲雀笛競う谷間の音色かな   宇和島風花会・矢車草/吹いてんでしょうかね、鳴いてんでしょうかね。

◇雲雀笛山々に鳴る鼓動かな   さとちゃん/さとちゃん最近俳人の空気が醸し出されてますがね。季語の意味が分かっているのかどうかは…怪しいなあ。

そしてこちらの葉書はですね、えっ、俳号じゃなくなったの、しずお?
◇雲雀笛三秒ごとに途切れけり   しずお/三秒ごとに途切れる笛かなー、鳴き声かなー。

◇階を上るがごとく雲雀笛   山の中のオクラ/これ、ぴゅうって上がる雲雀の感じしません?

◇雲雀笛好みありしか返事なし   穂積書道教室俳句部・すみれ

そして同じく穂積書道教室俳句部・さおみ、ひらがなです。
◇春冷えに響き渡るや雲雀笛   さおみ/春冷え、季重なりではありますけれどもね、気分は出ております。

◇青空や日差し背に受け雲雀笛   風花会・皐月/こういうのがね、判断つきかねるんですよ。

富山の露玉です。
◇青空の天辺あそこ雲雀笛   露玉/吹いてると考えてもいいけど、飛び上がった感じが濃厚な一句ですね。

◇せせらぎを渡るそよ風雲雀笛   宇和島風花会・野路菊/心地いい句ではありますよねえ。

◇高空に仲間はここよ雲雀笛   花藤/これなんかは完全に雲雀じゃないかなと、花藤のばあちゃん思うんですが。

◇雲雀笛日の差す窓辺で競演   穂積書道教室・浜撫子/競演(共演?)でぶつっと切れるところがね、何か、何だか面白いですね。

◇雲雀笛屋根の続きの何処より   もやい句会・山口千代子/いずこより聞こえてくるのかなっていうと、空から聞こえてくるのかもしれないですね。

宇都宮から参加、菊池洋勝です。
◇参道に足を止めたき雲雀笛   菊池洋勝/思わず見上げる、うーんこれも鳥かもしれません。

◇草原で空見て誘う雲雀笛   紫式部/誘うっていうのが雲雀を獲ろうとして吹いてるという感じもしないでもない。

◇日影草茎のひょろひょろ雲雀笛   句空/これは取り合わせできてるからね、どっちとも読めます。

◇夫婦池垂れる枝葉に雲雀笛   横浜4Gの会・かまじじ/夫婦池というところが演歌っぽいですね。

あいはは、句ゼミのメンバーです。
◇雲雀笛城に町に明日の風   句ゼミ・あいは/五七五の調べをちょっと裏切りつつですね。

◇故郷はしじまの中に雲雀笛   穂積書道教室俳句部・其蜩/これ、かっこいい言葉使ってありますが。これもどっちかなあ。

◇雲雀笛空家対策会父と   伯方児童館俳句人・バムケロ/実感がありますね。

◇孫息子いたらいいなあ雲雀笛   一村/いたらいいなあ、の実感ですが、こんな人もおりますね、もやい句会・田中千十恵です。

◇孫負うて田んぼの道や雲雀笛   田中千十恵/これも微妙でしよう、雲雀が鳴いてるのを見てるとも読めるし、孫と雲雀笛を吹いてるとも読めます。

◇園児らの顔青空へ雲雀笛   ころん/「青空へ」っていうこの最後のここの方向を示してるところはいいですね。

◇雲雀笛よちよち歩くワンピース   カシオペア/かわいいね。

◇雲雀笛吾子も目覚める昼下がり   西条・ごまちゃん/「あこ」というのは私の子どもっていう意味ですよ、「あこちゃん」とかじゃなくってね。

◇一心に見つめる童雲雀笛   べにふうき茶句会・レモングラス/見つめるですからね、これ上がっていった雲雀を見てるんじゃないかなと思うんですね。

愛知から参加、星の雫。
◇雲雀笛障子を歩く夫婦影   星の雫/夫婦が出てまいりましたね、夫婦が出たらこんな母ちゃんも出てまいります、ローズマリーの一句、

◇実母癒す美しき空雲雀笛   ローズマリー/美しき空で何となく美空ひばりのイメージなんでしょうかね。

◇波紋消ゆ美空の尊き雲雀笛   モッツアレラえのくし/たとき、尊き(とうとき)という意味の言葉ですね。

大阪の比良山はずばり美空ひばりの曲名をもってきました。
◇雲雀笛悲しき口笛のごとく   比良山/「リクエストお願いします」って書いてありますが。〜♪〜悲しき口笛のように吹く雲雀笛って切なすぎますね、これね。

◇雲雀笛ぶらぶら歩き長く伸び   福岡・しゃくなげき/「長く伸び」はぶらぶら歩きが伸びてるんでしょうかね、笛の音でしょうかね。

◇雲雀笛公園一周十五分   大洲・伯洋/かろやかですね。

「なかやまつきは」と読むんですか、この人は。
◇種ふわり巻き上げ空へ雲雀笛   中山月波/月の波で「つきは」でしょうかね。

◇雲雀笛千秋楽の芝居あり   珠桜女あすか/これは吹いてる感じなのかなあ。

◇瞑想の仏ふりむく雲雀笛   シナモン句会・山のすみれ/仏が思わず振り向くと。

◇野や森に響かせ呼んで雲雀笛   伯方児童館俳句人・ほのぼのケーキ

◇雲雀笛山も目覚めのファンファーレ   案山子/山が目覚めて「山眠る」が終わるわけですね。

最後、シナモン句会・灰色猫の一句。
◇あしひきの山目覚めゆく雲雀笛   灰色猫/「あしひきの」は山の枕詞、山を引っ張り出す働きがありますね。

ということで今募集中の兼題が…
(2/22-08:28)
No.12742
あねご > 水曜日
俳句集団いつき組組長夏井いつきです。
アシスタントのウェンズディ正人です。
今週の兼題は「雲雀笛」でお送りをしております。

水曜日トップバッターはミセスコナンのこんな一句
◇空へ空へ風に乗せるや雲雀笛 ミセスコナン/「乗せるや」の「や」あたりがね、非常に軽やかでいいですね

ミセウ愛の一句
◇空にいる君に伝言雲雀笛 ミセウ愛/「空にいる君」ですからね、雲雀のことを空にいる君って読んでもいいし、空にいる亡くなった君っていうふうに読んでもいいですね。いずれにしても笛だとわかるのではないかと思います

伯方児童館俳句人、ナナシノゴンスケ、全部カタカナで書いてあります。こんな一句
◇雲雀笛吹くシャボン玉出すように 伯方児童館俳句人・ナナシノゴンスケ/「シャボン玉」という春の季語が入ってますが、比喩になってますからね、これは良しとしましょう

千代の一句です
◇雲雀笛麦藁籠にお八つ入れ 千代/その麦藁籠の中に雲雀笛も入れているんでしょうかねえ

宝塚から参加、朱里です
◇雲雀笛すぐに見つかる鬼ごっこ 宝塚・朱里/子供の光景にもってくるのも一つの手ですねえ

宇和島風花会、野薊です
◇出稼ぎの父の土産や雲雀笛 一句一遊宇和島風花会・野薊/これは完全に物だとわかりますね

新居浜、猫のあしあとです
◇山男昼飯合図雲雀笛 新居浜・猫のあしあと/なんか粋な合図じゃないですかねえ。ご飯できたよ〜とかって山小屋の山男が笛を吹いてくれるっていうわけですよ

そして、鞠月、久しぶりですねえあなた!
「またこれからコツコツがんばっていきま〜す」
って書いてあります。うれしいですね、こうやって復帰してくれる人が増えてくるとね。こんな一句です
◇雲雀笛影に大樹を持ちたる木 鞠月/影が大樹っていうことなんでしょうね。豊かな感じがします

八幡浜、一味です
◇雲雀笛魚眼レンズの丘の上 八幡浜・一味/「魚眼レンズ」って言うだけで映像が見えてきますね。

河原撫子です
◇雲雀笛すごすご帰る暮の鐘 河原撫子/「すごすご」がいいじゃないですかね。雲雀笛を持ってすごすご帰っていくんでしょうね

いごぼうらの一句です
◇ペダル漕ぐ頬に誰が吹く雲雀笛 いごぼうら/誰が吹いているんだろうと。雲雀笛が雲雀の比喩ではなく笛という物だとわかるようにする、ま、一番単純な方法は「吹く」って書いてしまうっていうことですよね

シナモン句会、るいの一句には「おいて」という言葉が出てきますが、追い風と書いて「追風(おいて)」と読みます。こんな一句
◇心地良き追風連れおり雲雀笛 シナモン句会・るい/風の中で吹いているわけですね

埼玉から参加、彩楓の一句
◇雲雀笛草はそよぎて川きらら 埼玉・彩楓/「きらら」の三音が春の川らしいですね

穂積書道教室俳句部、塩胡椒子です
◇キャンプ地の空抜けていく雲雀笛 穂積書道教室俳句部・塩胡椒子/「空抜けていく」というのでこれ微妙なところはあるんですが、垂直にっていうとまさに雲雀になってるんですが、キャンプ地を横に歩いているというふうにね、考えると雲雀笛の音が空を抜けていくと読めなくはないということです

八木ふみの一句
◇北端に赤き灯台雲雀笛 八木ふみ/赤の色がたいへん印象的です

グレートバンブーの一句。
◇吟魂や水音眩し雲雀笛 グレートバンブー/「水音眩し」という言い方がいいですね。雲雀笛って水入れて、こうチュルチュルチュルーとかって吹く、あれが雲雀笛ですね。あ、リクエストがあった。円広志さんの「夢想花」

西条の鍼屋さんの一句
◇老妻の足軽やかに雲雀笛 西条の鍼屋さん/老妻が吹いてるんじゃないですか?

そしてなんと!人見直樹の会社の後輩、鈴木りょうたが新たに参戦をしております。鈴木りょうたの一句
◇甘き音死への案内雲雀笛 鈴木りょうた/後輩優秀じゃないですかねえ。先輩はもう月曜日でうじゅうじゅしてますがねえ。これ死への案内ってのはどういうことかっていうと雲雀笛のもうひとつの使い方は雲雀を捕まえるために囮として吹くというのがあります。ですからこの甘き音は死への案内であるよと。ちゃんと勉強してるね。え〜、人見直樹の後輩、鈴木りょうた、ちょっと注目しておきましょう

そしてこちらは平仮名で「ゆえ」の一句
◇常闇の君よ曙光の雲雀笛 ゆえ/なんかカッコいいですね

ゆきえは静岡からの参加です
◇雲雀だけ来るはずもなく雲雀笛 静岡・ゆきえ/これは狩猟、捕獲しようとしている雲雀笛でしょうね

ベルフラワーのも愉快です
◇雲雀笛野原で吹けば猫が来た ベルフラワー/ふっふふ。来たら楽しいですよね

アリマノミコの一句
◇雲雀笛我が黒猫の耳空へ アリマノミコ/空へ向かってピーンと立つって感じかなあ

猫の耳もう一人ありました。篠原そもです
◇雲雀笛ひくりと動く猫の耳 篠原そも

犬もありました。愛知から参加、松田てぃの一句
◇雲雀笛仔犬の耳のいざ立たん 愛知・松田てぃ/「いざ」ってところがいいですね

あいむ李景です
◇雲雀笛くれてのりおは転校す あいむ李景/「くれて」っていうところで、これが物だとわかりますね

埼玉から参加、雪莵の一句
◇少年のどこか儚し雲雀笛 埼玉・雪莵/「儚し」「雲雀笛」似合いますねえ

京都から参加、はまのはのの一句
◇牛飼いの少年胸に雲雀笛 京都・はまのはの/「胸に」っていうところで胸のポケットか何かに入れている感じ、伝わります

若草俳句会、イーちゃんです
◇後継ぐと決めた牛飼い雲雀笛 若草俳句会・イーちゃん/牛飼い、なんかこんな2句も出てくると思わなかった

抹茶最中の一句
◇着せ替え人形と風船ガムと雲雀笛 抹茶最中/こうやって並立で並べながらいかにも笛という物じゃないかなと思われる、そういうやり方もありますね

愛知から参加、藍植生の一句
◇ガラクタ箱使い古しの雲雀笛 愛知・藍植生/これもそこの中に入ってるってわかりますよね。こういうテクニック、ちょっとずつおぼえてくださいね

滋賀から参加、一斤染乃の一句
◇考くれし雲雀笛より萌木の香 滋賀・一斤染乃/「考(ちち)」は一文字で亡くなったお父さんだとわかるあの一字ですね

千葉から参加、柝の音の一句
◇雲雀笛擦れて我に課す不言/「不言(ふごん)」っていうのはものを言わないってことですね。自分で何かものを言わないっていう誓いを立てる、ってこんな感じでしょうかね

最後、穂積書道教室俳句部、花見月はこんな曲のイメージ
◇ドボルザークの空へ空へと雲雀笛 穂積書道教室俳句部・花見月/ドボルザークと雲雀笛、なんか似合うような気が微妙にしました

募集中の兼題 「走」「春の匂」2月26日(日)必着
       「芥菜」「桜蝦」

夏井いつきの一句一遊は毎週月曜から金曜、朝10時から。
あなたも是非、垣根なき十七音の世界へ。
(2/22-21:59)
No.12743
みかり
木曜日

〜この番組は坊ちゃん団子、タルトの亀井製菓の提供でお送りします〜

木曜日なんですが、今週の兼題「雲雀笛」の水曜日の皆さんが少し残っております。ご紹介いたしましょう

◇デボン紀の空を呼ぶなる雲雀笛  千葉・土井探花/デボン紀ってなんかねえ、習った気がするなあって薄ぼんやりした記憶しかないんですが、調べてもらったら4億年前くらいの地質だそうですねえ。良いですね、こうやって時空を切り取るとねえ

更に昔です
◇雲雀笛吹くイカロス聞こえたか  犬のコロ/もう神話の時代に飛んでるわけですよねえ、自分の吹く笛としての雲雀笛ですねえ

日本史かなあ〜〜
◇逆臣と言わるる墓に雲雀笛  ドルチェ/逆らった家臣、逆臣ですよねえ

◇雲雀笛追悼式に響きけり  なおき/この追悼式って吹く雲雀笛ですから、何かこう鳥に関係ある方の追悼じゃないかなあって思いますねえ
「締め切りの今日は母が一時帰宅で、試しに帰って来るので、おお風呂を洗って待機しました。喜んでもらえました」って、かあちゃんなんか足骨折したか何だか、長いことねえ入院してるらしいですけどね、心配ですねえ

◇雲雀笛聞いて波打つ旗幟  亜桜みかり/波打つ旗幟、二つの音を一句に取り込んでくるというところが、ベテランのアイディアですねえ

◇御簾ひたと降ろされており雲雀笛  兵庫・ももたもも/源氏物語の世界な感じがしますねえ。雲雀笛を吹いてるのは誰でしょうかねえ

◇後宮に開かぬ絵襖雲雀笛  日光・青萄/大奥ですよ、昔の別の言い方をすれば。そこに開かない絵襖の開かずの間があるという感じでしょうかねえ

これはねえ、アルプスの少女の世界でしょうか
◇ペーターは工作上手雲雀笛  小川めぐる/ペーターは手先が器用な感じがちょっとしてきました

◇父の手の油の臭い雲雀笛  和歌山・甘いアン/父の手の油の臭いですから、労働の一句ですねえ。その父が雲雀笛を吹くシーン、娘の心に残ってる父の横顔かも知れないなって気がしますねえ
「組長!先日組長が投句が多すぎるので、二週投句した人の句を優先するというお話しをされてましたが」いや、優先ちゃうよ!全然優先してないよ!二週出してくれたら、どっちかで取り上げる可能性が高くなるって言ってるだけで、全然優先はしておりません!ねえ
「もっと励みなよという組長の愛の鞭と受け止めております」と、何でも良いから励んでいただけたらうれしゅうございますねえ
「確かに投句しなかった週はラジオを聞く張り合いも半減します。今回はなんとか二週投句できそう」いやー励んでいただけたらうれしゅうございます

励んでいただくという意味でこの初投句のがばちょさん、投句がちょっと遅かったんだよ―。こんな一句
◇通学路焼け石ポッケにしばれる手  がばちょ/焼け石をポッケに入れて温めるというあんたのその方法が大胆すぎて驚きますが・・「しばれる」というのは随分前に終わっておりますので、兼題をちゃんと聞いてね、投句してくれたらうれしいですよ

■しばれるの週に天を取った太郎からお便り
「しばれるの天まことにありがとうございます。妻花芙蓉は若干興奮気味ではありましたが、私は平静を装っておりました(笑)この句は妻花芙蓉が洗濯物を取り込むおりに「見てみてあんなに星がきれいよ」と叫びますので」何か可愛らしい夫婦やなあ、君ら〜〜「二人で見上げた宵の明星から連想した句でございます。言わば夫婦合作とでも言えるでしょうか。今後とも仲良く作句したいと存じます」どんな句やったかいねえと調べてもらったら、こんな句、思い出しました

◇しばれるや捩じ切られたる星無数  太郎/捩じ切られたるなんて言葉よく出てきますよねえ、ほんとにねえ

■句ゼミ・厚村恵女からお便り・・名字が付いたのね、恵女
「組長!雲雀笛に対する考察です。雲雀笛は子どもの玩具でありながら雲雀をおびき寄せる、どこか恐ろしい物に思えるのです。萩原朔太郎の「蛙の死」のような、可愛らしい姿の裏に秘めた残虐性を感じるのです」何か恐ろしいことになって参りました

◇雲雀笛どうか呼ばれて来ぬように  恵女/なんかあんたがやるとかわいらしさが何処にも無くなるんですねえ、これ〜

■みいみからお便り
「組長!病院で4回目の締め切りを迎えるみいみかあちゃんです(涙)やっと退院の道が開けました。とはいえ杖でよろよろ歩いているので、当分はリハビリの日々。ちゃんとした社会復帰は温かくなってからかなあ〜」なんて書いてありますねえ「今週の兼題雲雀笛は画像を見ればころんと可愛い土器製やひの竹製、色々な形の物があるんですねえ。これで本当に雲雀を捕まえられるんでしょうか」という一句

◇起き上がりこぼしの箱や雲雀笛  みいみ/その箱ん中に入ってるんですねえ

■さえずり句会・のりのみやからお便り
「組長!初投句読んでいただき感無量でございます。今後とも精進して参ります。先日自分用に買ったバレンタインの高級チョコ(一粒四百円)を旦那に勝手に食べられてしまいました(笑)」どうでも良いお便りをありがとうございました。俳句書けよ、のりのみや〜どこにも書いてないじゃないか〜

■ばばばあちゃんからプレバト見ながらの夫婦の会話が来ております
「先日のプレバトを見ながら・・夫「今日の夏井いつきは(呼び捨てすいません)いつもより化粧の仕方が違う。今日の方がええ」妻「メイクさんが変わったろうかねえ」夫「本物は若うて可愛らしかったのに」」ここ大事ですねえ
「妻「うん」夫「まあ周りの強者を相手にするには貫禄があった方がええかもっしれん」妻「うん」」こんな会話をしながら見てくださってるんでしょうかねえ。そおいやあ今日は木曜日でございますねえ。ぜひ楽しんでください。ばばばあちゃんのこんな一句で終わりましょう

◇段畑の頂上の風雲雀笛  ばばばあちゃん/何かこれ雲雀の本物っぽい感じもせんでもないですなあ・・


と言うことで・・

※募集中の兼題 「走」「春の匂」2月26日(日)必着
       「芥菜」「桜蝦」

あなたの投句をお待ちしております!

坊ちゃん団子、いただきま〜す!
おいしい〜。
ほんとよ。これも亀井製菓?
うん、おいしい。
坊ちゃん団子も亀井製菓だよね〜。

坊ちゃん団子は第26回全国菓子大博覧会名誉総裁賞を受賞しました

この番組は坊ちゃん団子、タルトの亀井製菓の提供でお送りしました

(2/23-10:59)
No.12744
まとむ
金曜日

俳句集団いつき組組長夏井いつきです。
アシスタントのウェンズデー正人です。
今週の兼題は「雲雀笛」でお送りをしております。金曜日行きましょう。トップバッターは京都から参加凡鑽の一句です。
◇手作りの鳩のようなる雲雀笛  京都・凡鑽
鳩笛なんてのもね季語としてありますれどもね、手作りをしてみると何だか雲雀じゃなくて鳩みたいにホーホーホーホーそんな音がするっていうんですね。どうやって笛というものてあるかがわかるような作り方をするか、そこ大事なポイントなんですが、「手作りの」って風な言い方をすればもう確実に物である笛だってわかりますしね。「鳩のようなる」で、ちょっと失敗したかなって感じもありますね。

句ゼミから山田のむおうも金曜日残っております。
◇嘴欠けて声変わりけり雲雀笛  句ゼミ・山田のむおう
端っこが欠けるのではなくてくちばしと書いて「嘴(はし)」って読むわけですね。これもちゃんと笛という物であることが保証されている作品ですね。

プリマスロック句会・マイマイやっぱり巧いですね。
◇雲雀笛の鳴らし疲れや空広し  プリマスロック句会・マイマイ
巧いなぁと思うのは「鳴らし疲れや」の後ですよ。「鳴らし疲れや」までは笛ですからねこういう発想あると思いますが、最後の下五どう押さえるのか。何と広いそらがワタクシの頭上にあるか、笛の音もすぐに吸い込まれていくような春の空でございますね。マイマイ君、何か手堅いから金曜日に残ってる率半端じゃないんじゃないでしょうかね。

金曜日残る率半端じゃないひとりがターナー島じゃないですか?
◇雲雀笛影なき白き椅子ひとつ  ターナー島
「白き椅子ひとつ」ってのが何かこう切ない春の光景、誰かいたようないるような気配はないと。ひょっとするとその白い椅子に雲雀笛が置いてあるのかもしれないですね。

ほろよい一家のちいち金曜日に残っております。こんな一句です。
◇思春期は群れるのがイヤ雲雀笛  ほろよい一家・ちいち
まあ「思春期は群れるのがイヤ」なそういうもんでしょうよ。私は割とずっと思春期かもしれません、ワッハッハッハッハ・・。「雲雀笛」っていうのが何かこの「思春期」の若者のポケットかなんかに入ってるような、独りになったときにそれを出して吹く。学校の屋上ホントは登ってはいけない屋上に登って吹くとかね、裏山の岡の上で吹くとか、そういう物語が見えてきそうですね。

穂積書道教室俳句部の部長・天玲も金曜日に残る率の高い方でしょう。こんな一句。 
◇雲雀笛吹いてここでも少数派  穂積書道教室俳句部部長・天玲
「ここでも」ってところにこの人物の人格というかそういうものが見えてきますよね。「雲雀笛」というものが、何かひとつの個性として表現されているという気がいたします。

次に人の名前を詠み込んだ句が二つあります。まずは恋衣の一句なんですが、知るに子どもと書いて普通なら「ともこ」って読むところですが、「ちこ」知子さんですね。こんな一句です。
◇絵合わせのごと知子(ちこ)さんの雲雀笛  恋衣
「絵合わせ」というのはこっちの絵とこっちの絵を合わすというそういう絵合わせですね。絵合わせの遊びのように知子さんの雲雀笛っていうのは、知子さんと雲雀笛がぴったりなのかもしれないし、知子さんの雲雀笛というものと何かこの光景がぴったりというか、いろんな「絵合わせのこど」読み方あるかと思いますね。

知子さんの次は翔太でございます。飛翔の翔に太いという字の「翔太」。福岡から参加はまゆうの一句。
◇雲雀笛翔太が帰ってきたようだ  福岡・はまゆう
「翔太」が家に近づいてくると、雲雀笛気に入りの雲雀笛吹いてて、あっ翔太帰ったかな?そういう読み方がひとつ。もうひとつは亡くなった翔太が、帰ってきたかのようなそういう雲雀笛が聞こえてくると、そういう読み方もできるでしょうね。奥行きの深い一句です。

いそこの一句も面白い人物が出てまいります。
◇よく通る鳥屋の古老雲雀笛  いそこ
「古老」というのは古いに老いると書いて「ころう」ですね。鳥屋さんの古老のじいちゃんが吹いてる雲雀笛なんでしょうね。またあのじいちゃんが通っている。この「よく通る」というのは行ったり来たりの通るという意味と、雲雀笛の音が通るっていう意味と二つありそうな気もいたします。


京都から参加都乃あざみです。
◇王様の耳はと雲雀笛を吹く  京都・都乃あざみ
王様の耳はロバの耳なんてのがありますけれどもね。王様の耳はどこにあるんだろう?聞こえるんだろうか?なんて言いながら雲雀笛を飄々と吹いているという、こういう味わいも捨てがたいですね。

プリマスロック句会・ドクトルバンブーの一句も何だかやさしい作品です。
◇空色のピアノに出合う雲雀笛  プリマスロック句会・ドクトルバンブー
これは「空色」っていう色がやさしいですね。春の青空のようなそんな色でしょうね。「ピアノ」「雲雀笛」二つの物が出合う。ひょっとするとピアノの上にちょんと雲雀笛置いてあるのかもしれないし、一緒に吹いてるのかもしれないですね。

ドクトルバンブーの強面を思うと何だかやさしすぎて驚いてしまう句ではございますが、悩んだんだけど今回はね、雲雀笛の一物仕立にストレートに挑んだこの一句に差し上げようと決めました。大分・樫の木も金曜常連組です。

『天』 雲雀笛吹くとき水の青臭し  大分・樫の木

雲雀笛がちゃんと笛という物であるのかどうかという大きな問題が今週ありましたが、この一物仕立は明らかにそうですし、どういう風にして音が出るのかも「水の青臭し」水の一語が入るだけではっきりとわかります。最後の「青臭し」っていうところのリアリティっていうんでしょうかね。これ竹製かしらなんて勝手に思っておりますが、さすがは樫の木でございました。

☆「走」「春の匂」の募集締め切りは2月26日(日)必着。
「芥菜」「桜蝦」
あなたの投句をお待ちしております。

夏井いつきの一句一遊は毎週月曜から金曜朝十時から。
あなたも是非「垣根なき十七音の世界へ」
(2/24-22:56)
No.12745
名前 返信 文字色 削除キー

一句一遊 「駒返る草」 2月13〜17日放送分
投稿者:ポメロ親父    投稿日:2017/02/13(Mon) 19:27 No.12730 
 こちらの掲示板では、RNB南海放送ラジオの番組「夏井いつきの一句一遊」の内容を聞き書きしております。聞き書きですので表記は不正確です。同音異字や誤字が有りましたら修正してください。間違いに気づかれた方 は、ご自分の句でなくても、教えていただきますと助かりますので、どうぞよろしくお願いします。
 直接こちらに俳句を書き込まれましても、放送されることはありません。俳句の投句先のメールアドレスは ku@rnb.co.jp です。

ポメロ親父   

 車壊して半世紀、廃車買い取りの東雲短大裏「石川商店」の提供でお送りします

月曜日

 俳句集団いつき組組長、夏井いつきです
 アシスタントのウエンズデー正人です

 今週の兼題は「駒返る草」でお送りをしますが、なんじゃそりゃとねえ思う人もいらっしゃるだろうと思いますが、まずトップバッターは伯方児童館俳句キッズ・小2ひろあきの一句
◇駒返る草冬に草かれ春にさく  小2ひろあき  
 んふっふっふっ‥かぁなり季語が入ってますが、上五の駒返る草の説明が中七下五で、ええ壮大な字余りとともに展開されているわけです、冬に草は枯れてその枯れたやつがまた春に芽を出してくるというねえ、草萌えてくるという

 え〜フィギア句会・フォーチュンアルトは相変わらずよくわからない展開
◇駒返る草であおきれいかは美人  フォーチュンアルト
 あっ‥あおきれいかってこれ名前なの?、私駒返る草で青、きれいかは美人って‥ちがっ‥

 みずどもと読むんですか?この人は
◇草駒返るあやからんと美人の湯につむじまで  みずども
 ぅぁっはっはっは‥あやかれんわっ、悪いけどぉ

 穂積書道教室俳句部・みっちゃんです
◇駒返る草お願い私も駒返らせて  みっちゃん
 勝手にあの、なんていうんですかエステなんとか?、もぅ勝手に行けよみっちゃん

◇駒返る草我が夫にも返り来よ  しょい句会・穂美
 もぉぉ〜二度と来ないと思いますねぇ‥へはっはっはっは

 ポメロ親父から能書き来てます、お願いします「種から発芽して育ち、花を咲かせ実をつけた後、冬には完全に枯れてしまう1年生草本(普通の草のこと)に対して、地上部は枯れても地下の球根や地下茎に養分を蓄えて、春になるとそこから芽を出してくるものを多年生草本あるいは宿根草と呼びます。駒返る草はこの宿根草を指していると思われますが、初期成育が旺盛で根絶やしにすることが難しいことから、畑に侵入を許すとかなり厄介な雑草となります。」うふ最後の、根絶やしにすることが難しいとか、かなり悪者っぽい空気もねぇ漂っておりますけれども

 月曜日これぐらいなので、お便りを紹介しましょうかねえ、まずは八十八からなんですが「組長、二つの兼題で一句作ってみました。」ぱははっ、二つの兼題というのは、先週の周ちゃん広場の周ねえ‥ええーこんな一句
◇駒返る草周ちゃんに古希の艶  八十八
 あっはっはっ‥周ちゃんなんかスキンヘッドな気がしますよねえ「一石二鳥を褒められるか、はたまた省エネ投句で2週のうちどちらかで読んでもらおうというケチな企みを激怒されるか、才能なしで2週とも没になるか。」と、もう月曜日のお便りがせいぜいでございましたねえ

 同じ魂胆に来たのが、大分いつき組みリスナー班・草庵です
◇墓石周り駒返る草金色に  草庵
 墓石周りのところに周が使ってあるわけですねえ、同じ辺りで処理しておきましょう

 そして俳号が無いんですが「ホットドリンクスの回の火曜日ありがとうございます。組長のコメントから、白きよりもきれいなの方が、却って白さを超えた透明感とかすらりとした伸びやかさとか仕草そのものとか、なにか喚起するものが多いのかなと、解釈しました。」と、こんなふうにねえラジオ聞いただけのことを、ちゃんとあのぉ復習してくださるのはありがたいことですね、俳号書いてないこの人のこんな一句
◇毛玉吐く猫数多駒返る草  ?
 いいじゃないですかねぇ

 そして砥部のお嬢さんズ・あんみつゆか姫からです「組長、何日か前に遠くの空に細い一直線の雲を見て、線が伸びていくんですよ。なに?って思ったら飛行機雲だったんですけど、それを句にしたかったんですけどぉ腕が無いもんだから字余りだらけになりました。」という一句
◇駒返る草一直線に進む飛行機雲  あんみつゆか姫
 ねえちょっと長いですねえ、一直線に進んでいる雲って言ったらもう飛行機雲以外に無いですから、それをするっと言えば良いですよ、駒返る草一直線に進む雲とか、一直線に伸びる雲とかねえ、それでOKだと思います

 穂積書道教室俳句部部長の天玲から来ております「組長、沖浦公民館とうど焼きチーム。ホットドリンクスの週、んで下さってありがとうございました。読まれた方から『ありがとうございますとお伝えください。』と言われております。ホームページ朧庵の聞き書きを拡大して、玄関に張り出した」公民館の玄関でしょうかねえ「それを見て皆さんわいわい言ってくださいます。『季語なんか言うたら私ら知らんもんなあ。』などと言いつつ、季重なりの月曜日でもやっぱり読まれたら嬉しいと、顔をほころばす住民の方の笑顔を見ると嬉しくなります。花水木さんと一緒に俳句の種蒔き、引き続きこつこつやって行きたいと思います。」嬉しい事ですね、公民館活動として種蒔き手伝ってくださる、ありがたいかぎりです、天玲のこんな一句
◇詩を喰らい尽くして草は駒返る  天玲
 しというのはポエムですねえ

 そしてもう一人ねえ、こつこつ俳句の種蒔きやってくれております、句ゼミの小青でございます「組長、仲良し俳句コーナー完成しました。設置するとあっという間に子供達どんどん投句して、箱が小さかったかな?というくらい。まだまだ季重なりだらけですが、ずっと続けていけたら良いと思います。」と、もうこういうお便りほんとに嬉しいですね、子供達のまたまとめてねぇ投句してくれたら嬉しいなあ

 広島のかつたろーから来ております「先日、娘の学校の校長先生とお話しする機会があり、校長室に入ると本棚に組長の、超簡単俳句塾の本がありました。」ひゅっ‥広島よねえ、あっ行った行った広島の国語なんかの大会に行ったわ「校長先生にお伺いすると、11月にあった広島県国語教育研究大会での句会ライブのときのものらしく」ぁは〜「『サインもいただいたのよぉ。』と本に書かれたサインも見せてくれました。『実はちょっとだけぼくの句も載せてもらってるですぅ。』と言いながら、しばし組長の話に花が咲きました。ぼくもサイン欲しい〜と思いながら、校長室を後にしたぼくでした。」いやあ、ありがたいことですよこれも

 そして最後、人見直樹からでございます「組長、俳句新聞いつき組、ページ数増量嬉しく思います。」増量っ立ってねえ、8ページの新聞が12ページになっただけなんでぇ、えー「そして、色の歳時記の例句にも入選、ありがとうございました。もう嬉しすぎて‥今後どうやって生きていけばよいかわかりません。」‥さっさと辞世の句でも詠んどったらどうでしょうかねえ人見直樹、ええそんな人見直樹の一句
◇駒返る草と三年目の我が家  人見直樹
 新居を建てたんでしょうかねえ


 ‥と言うことで、いま募集中の兼題が‥
「走」「春の匂」の投句〆切が2月12日(日)必着
新しい兼題は「芥菜」「桜蝦」です


勝たせて貰っているのに廃車専門とは、これいかに?
社長元気だが、石川昇天ってかあ(チーン)
飛車に角、将棋の駒は買わねども、廃車買いたし、お電話を
自動車を解体し続け50年、松山市桑原、石川商店

この番組は車壊して半世紀、廃車買取の東雲短大裏、石川商店の提供でお送りしました


(2/13-19:32)
No.12731
小川めぐる > 聞き書き有難うございます!俳号のないのは私でした・・・うあ〜〜すみません(汗 (2/13-20:37) No.12732
ミズスマ
火曜日
〜この番組は、農家のお店・周ちゃん広場の提供でお送りします〜

俳句集団いつき組組長・夏井いつきです。
アシスタントのウェンズデー正人です。

今週の兼題は、駒返る草でお送りをしております。枯れてたやつがまたもう一度、草萌えを始める、下萌えを始めるという、そんなことでございますね。
火曜日トップバッターはアキトの一句です。
◇駒返る草競い合う姫林檎   アキト/姫りんごと植物が二つ出てきましたけれどもね。

灰色狼の一句は火事ですか。
◇山火事のありし山城よ駒返る草よ   灰色狼/「よ」・「よ」と韻を踏みました。「ありし」ですから過去のことになってますね。

ふぢこは高知からの参加です。
◇駒返る草笹離れ良き笹団子   ふぢこ/「笹団子は季語ですか?」って書いてありますが。まあこれは駒返る草を主たるものと考えたんでいいんじゃないですか。

◇駒返る草青き風鼻腔へと   砥部の久乃/香りで攻めてきましたね。

大洲のりつろうの一句。
◇駒返る草刈りはらう日々近し   りつろう/結構しつこい宿根草だそうですからね。りつろうね、五七五の間空けないのが俳句の正しい書き方なので、そんな風に書いてくれたらうれしいですね。

そして徳島から参加、山女たえの一句。
◇里見下ろす駒返る草待ち侘びぬ   山女たえ/春を待つ思いですね。

◇駒返る草凹む轍は右へ   砥部のお嬢さんズ・善哉よし子/五七五裏切ってますが、「右へ」が面白い効果です。

◇五千回万歩計揺れ駒返る草   やすお/やすお、毎日歩きながら俳句作ってるんでしょうかね。

◇駒返る記憶は春の華になる   中島しおみおばちゃん/「はな」は華燭の典とかの「はな」ね。中華の華(はな)になってますね。

それからこちらが「しつじょ」と読むの?「しつ」がカタカナで、「おんな」が漢字です。こんな一句。
◇骨繋ぐボルト駒返る草   シツ女/あらー。「祖母が股関節骨折の手術をしましたが、歩けるようになりました」ああそれは良かったねぇ。

そして、ちびうさは、ああ友だちを思ってます。
◇駒返る草病床の友に宿れ   ちびうさ/そのエネルギーを力を分けてやってくれという一句です。

七十七才のじいや、久しぶりですね。こんな一句。
◇駒返る草色々と亡き母へ   七十才のじいや/思いがつながっていきます。

奈良から参加、俳句の俳に菜っ葉の「菜」で、俳菜(はいさい)の一句。
◇駒返る草の上登る空リフト   俳菜/リフトがぶらぶらと人を乗せずに登っていくんですね。

◇白球に追いつき草は駒返る   せつ子/視線がこう低くなってるから見えてきますね。

宇都宮から参加、葉音の一句。
◇駒返る草跳びはねて負けないよ   葉音/子どもの表情かな。

◇駒返る草コーラスは目で歌う   かぐや
あー、目で歌うって合図しながらでしょうかね。
「組長!初めて投句した亀では推敲する時間がなく、思いついたままを投句した結果、季重なりとなり、類想類句で自爆」アハハ!季重なりで類想類句って、はは。「今は…図書館の俳句関連の本を片っ端から借りて勉強中です。もちろん、組長の新刊も入手しました。」あ、新刊って多分「365日季語手帖」って書き込みのできるやつだと思いますね。巻末に投句できる葉書も付いてるんでね、勉強してこれぞという一句投句して下さいね。来年の「365日季語手帖」に入選作品がこう載っかるようになりますのでね。さあ、続けましょう…

◇よみがえる駒返る草くり返す   伯方児童館俳句人・ほのぼのオムライス/よみがえる、くりかえすです。

◇気付かずに駒返る草踏みつける   鉄の城/気づかずに、実感だろうなあ。

◇待ち侘びた駒返る草眺めたり   若草俳句会・カンナ/「眺めたり」と悠々たる科白でございます。

◇駒返る草万物はリフレイン   新居浜・ペケポン/駒返るとリフレインね。

◇駒返る草汽車待ちたるや名はのみぞ   漢詩人鉄仮面/「名はのみぞ」っていうところは何なんでしょうね。春は名のみの…みたいな気分なのかな。

えーこれが誰だ、横浜4Gの会大阪会友・ちづ子です。
◇遠嶺もいよよ色増し駒返る草   ちづ子/「いよよ」てのは「いよいよ」ということですね。

◇ベクトルは南から草駒返る   いつき組リスナー班・旧重信のタイガース/ベクトルなんて言葉も俳句になります。

◇鶴岡の城の面影駒返る草   葵/ほう、地名を持ってきて、映像を描いていく、これも一つのやり方ですね。

◇国追われ闇から光への駒返る草   フィギュア句会・おさんぽずき/何かこう深い思いがありそうな句ですね。

◇駒返る草鋤き返すトラクター   しょい句会・小田寺登女/もう鋤き返されてるんですね。

◇そっと踏む駒返る草牛馬の声   トラックウーマン/「声」という風に音を入れてきました。

◇牛放つ駒返る草波模様   砥部のミーユー/波模様の草ですね。

鈴木麗門は千葉からの参加。
◇駒返る草を食むとや寒立馬   鈴木麗門/ま、寒立馬もね、季語にはなるんですけれどもね。

台所のキフジンは東京からの参加。
◇空と地を駒返る草いななかせ   台所のキフジン/駒返る草の「駒」と、いななかせるという擬人法というかね、比喩ですね、もってきました。

美人晩成は埼玉からの参加。
◇吹きすさびし岩ひびに駒返る草   美人晩成/ああ、非常に過酷なところでも駒返るわけですね、草の力。

高知から参加、えのころちゃんです。
◇耕作放棄地駒返る草のみ   えのころちゃん/「のみ」というところに実感があります。

◇駒返る草つづら棚田を縁取りて   西条の唐平/「縁どりて」が春の色合いですね。

◇畦向こう刺繍の如く草駒返る   シナモン句会・チェリッシュ/刺繍の如くという比喩にもってきました。

◇稲株の緑めく草駒返る草   シナモン句会・笑笑/「くさ」「くさ」と韻を踏みました。

◇駒返る草晴耕雨読ぽつねんと   松永のばあば

そして、唐のカラちゃん。まとめてきましたね。
◇輝きて駒返る草山水画   まるやす・唐のカラちゃん/山水画のようなですね。

まるやす、もう一人、釈然のこんな一句。
◇駒返る草大地の息吹感じおり   釈然

のり茶づけ、最後です。
◇一雨に駒返る草色を増し   まるやす・のり茶づけ
まるやすの連中もがんばって投句続けてくれております。

ということで今募集中の兼題が… (2/15-08:08)
No.12733
あねご > 水曜日
俳句集団いつき組組長夏井いつきです。
アシスタントのウェンズディ正人です。
今週の兼題は「駒返る草」でお送りをしております。水曜日トップバッターは痛快のこんな一句
◇駒返る草の凛々しき畑かな 痛快

朝陽の一句です
◇駒返る草まだ笑わない山道に 朝陽/「山笑う」という季語があるのでね、その季語もアレンジしてあります。

横浜4Gの会、アルクマン堀家
◇駒返る草排水溝に眠りおり 横浜4Gの会・アルクマン堀家/排水溝にちゃんと目ぇつけるところがいいじゃないですか。横浜4Gの会、最近真剣にやってますよこれぇ!

誉茂子の一句は「狐日和」という言葉が出てきます
◇駒返る草や狐日和の風はあを 誉茂子/最後の「あを」ひらがなで書いてあります。歴史的仮名使い。

野風の一句です
◇駒返る草手つかずの牧潤う 野風/牧場が潤ってきた。そういう意味ですね

石川から参加、亀田荒太です
◇駒返る草が今朝こつんと鳴った 石川・亀田荒太/これは口語の自由律ですね。なんか尾崎放哉みたいな句柄になりました

リハビリの真っ最中でございます。ほろよい一家のみいみ母ちゃん、がんばれよ〜
◇駒返る草に投げ出す踵かな みいみ/歩くようになってね、退院して投げ出したいですねえ

そして東京から参加、てん点です
◇駒返る草に触れる手見つめる手 東京・てん点/「手」「手」とリフレインをして実感を出しました

高知から参加、鰹めしです
◇腕立て伏せ十回駒返る草 高知・鰹めし/その手に草の感触がこっちにも伝わりましたよぉ!

牡丹餅の一句
◇駒返る草統合間近の小学校 牡丹餅/あるよね、愛媛県にはたくさんありますね、こういう学校ね

93キログラムのぷっこらです
◇駒返る草新キャプテンの響く声 93キログラムのぷっこら

句ゼミのけいじょです
◇ホームランボールは駒返る草へ 句ゼミ・けいじょ/「へ」という助詞の使い方上手いですね

同じく句ゼミ、石川焦点です
◇駒返る草のあたりはツーベース 句ゼミ・石川焦点

東京から参加、下町お玉です
◇駒返る草をめがけて同点打 東京・下町お玉/「同点打」っていう言い方で戦況が見えてまいりますね

蓼蟲の一句
◇駒返る草や町営ラグビー場 蓼蟲/「町営」がいいじゃないですか。そこらへん草だらけみたいでね

むくもとぼうせいは大阪、堺からの参加
◇駒返る草踏み十週目帰る 大阪・堺・むくもとぼうせい/十週、ずうっと走ってるんでしょうね

華緒の一句です
◇駒返る草やおむつの取れし頃 華緒/おむつの取れし頃を駒返る草のたんびに思い出すって感じかもしれません

新居浜のちいちゃんです
◇売り土地の駒返る草ほどほどに 新居浜・ちいちゃん/今から売るんだからさあ、みたいなね

浜木綿も地面を見つめました
◇駒返る草へ地鎮祭の祝詞 浜木綿/こういう調べの作り方もいけますねえ

としまるの一句
◇駒返る草産休明けのハイヒール としまる/カツカツカツと言わしながらね

大阪、なんちゃって句会の瀬波秋鮭は、会社行きたくねえのかなあ
◇駒返る草に気散じ出勤す 大阪なんちゃって句会・瀬波秋鮭/「気散じ」ってのは気を晴らしてっていうことですね

殻嵩はるおの一句
◇駒返る草靴紐二足交換す 殻嵩はるお/おっちゃ〜ん、仕事する気になっとるんかな

若草俳句会、風です
◇駒返る草新しき旅鞄 若草俳句会・風/出かけたくなりますね、春になると

青柘榴の一句
◇駒返る草を容赦なき踏み切り 青柘榴/「容赦なき」っていうこの言い方がいいですねえ

ころんの一句です
◇野ざらしの車輪突き刺し駒返る草 ころん/「突き刺し」という、これもオーバーな言い方をしたところに詩が生れます

西川よしのは埼玉からです
◇錆ポンプ嘶きて駒返る草 埼玉・西川よしの/「駒」は馬のことですからね。「嘶く」って言葉と取り合わせました

樹朋の一句です
◇沈下橋過ぎれば草の駒返る 樹朋/沈下橋の光景浮かんできますね。「過ぎれば」が上手いよね

妹のりこです
◇廃村の夕日銀色駒返る草 妹のりこ/光景が浮かんできますねえ。「廃村」というところが切実です

不知火の一句
◇橋繋ぐ島ごとに駒返る草 不知火/今治あたりのね、島の光景がありありと見えてきましたねえ

しょい句会、宵嵐です
◇湿原の草駒返る霧ヶ峰 しょい句会・宵嵐

プリマスロック句会、ひかるんはもっと大きな地名
◇駒返る草シベリア抑留地平線 プリマスロック句会・ひかるん

甘泉の一句はこんな建物
◇土割って草駒返る美術館 甘泉/美術館への展開がおもしろいし、綺麗ですね

愛知から参加、抹茶金魚です
◇駒返る草や遺跡の上へ町 愛知・抹茶金魚/上へ町が今はできているっていうんですねえ

広島から参加、かつたろー。です
◇駒返る草掘り出さる遺跡群 広島・かつたろー。

あるきしちはるです
◇久米官衙遺跡群駒返る草 あるきしちはる/松山の久米のあたりにある遺跡の名前ですね。響きがおもしろいですね

羊はねたの一句には「夙者(しゅくもの)」のという言葉が出てきます。中世や近世の頃にですね、お寺とか神社とかに帰属していて、いろんな清めの仕事をしたり、犯罪者を捕まえたりとか。そういう人たちだったようですね。え〜羊はねたのこんな一句
◇駒返る草夙の者今逃げよ 羊はねた/なにかこう虐げられていた階層の人たちでもあったようですね。こんな言葉知らなかったので、改めて私調べました。

きとうじんの一句にはキリル文字という言葉が出てきます
◇墓標にはキリル文字駒返る草 きとうじん/どこの国なんでしょうね。キリル文字に雰囲気がありますね

恋衣です
◇駒返る草紫に野は明けて 恋衣/綺麗なねえ、グラデーションの光が見えてまいります

横浜4Gの会、大阪会友、いそです
◇風力発電機の根本駒返る草 横浜4Gの会・大阪会友・いそ/大小の対比がね、綺麗に描けましたね。

いつかは金曜句ニストの佐東亜阿介、もうもっと短くならないのか、佐東亜阿介!こんな一句
◇駒返る草や新車のキーの色 佐東亜阿介/キーの色の弾む感じがいいじゃないですかあ

宇和島風花会、花水木です
◇駒返る草風を突っ切るラジコンカー 一句一遊宇和島風花会・花水木/「ラジコンカーカタカナ語が次々出てきます

東京から参加、まどん
◇駒返る草へアタッシュケースずかずか 東京・まどん/最後の「ずかずか」にアタッシュケースを持っている人物の歩幅が見えてきます

のんしゃらんの一句
◇駒返る草へジャグリングのリング のんしゃらん/「ジャグリングのリング」とたくさん片仮名が出てまいりました

募集中の兼題 「走」「春の匂」2月26日(日)必着
       「芥菜」「桜蝦」

夏井いつきの一句一遊は毎週月曜から金曜、朝10時から。
あなたも是非、垣根なき十七音の世界へ。
(2/15-23:16)
No.12734
みかり
木曜日

〜この番組は坊ちゃん団子、タルトの亀井製菓の提供でお送りします〜

木曜日なんですが、今週の兼題「駒返る草」の水曜日の皆さんが残っております。火曜日と水曜日の隙間・・もう読めないものが全部なだれ落ちているという状況でございまして、水曜日に読まれるのをひとまず目標にしていただきたいというのが、昨今の事情でございます。せめて水曜日に残っている人たち紹介していきます

◇亀休む水辺に草の駒返る  いごぼうら

◇駒返る草に忘れしアヒルの子  句ゼミ・風薊

◇老犬の鼻先や草駒返る  愛知・沢田樹里/駒返る草という使い方と、草駒返るっていう使い方、二つありますねえ

◇駒返る草嗅ぎ犬の狂いたる  新居浜・紫水晶/この狂いたるは喜びにこう走り回るという風に解釈をいたしました

◇駒返る草舐め猫は集会へ  プリマスロック句会・雛ぎきょう

◇駒返る草に跳ねるや仔の蹄  大分・樫の木/人偏にこどもの子を書いて仔の蹄ですねえ

その蹄を持った生き物を具体的に書きました
◇牝馬七頭の風駒返る草  緑の手/七頭の迫力良いですねえ

◇駒返る草や仔豚の名はピー子  今治・亜桜みかり/ピー子良いじゃないですか、ピー子

◇駒返る草や蹄をうるわわせ  北海道・鈴木牛後/蹄をうるわせるかのように瑞々しい草ということでしょうねえ

◇駒返る草牛の涎に光りけり  中島浄土/生々しいよねえ、涎ねえ

◇駒返る草陽に透ける山羊の耳  プリマスロック句会・妙/こんな感じ、山羊の耳ほんとねえ

◇駒返る草山羊を購いはなと呼ぶ  篠原そも/購うというところが個性出て来ました

◇駒返る草や零れて山羊の乳  めろめろ/山羊の乳の瑞々しさですねえ

駒返る草と言う季語を比喩に使いました
◇駒返る草さながらの談話室  三重・高尾彩/ばあさんじいさんが喋ってるって感じじゃないかなあ・・駒返る草ですからねえ

◇駒返る草が考(ちち)がいないよ妣(はは)もまた  遊人/考(ちち)妣(はは)はその一文字で亡き父母であると分かる漢字使っております

◇駒返る草双子授かるなんて  愛知・松田T/「姪っ子おめでた!!」っていう風に書いてありますねえ〜双子授かるなんてに喜びが弾けます

◇駒返る草金婚式の旅の朝  八幡浜・日土・海田/気持ちの良い朝ですねえ

◇駒返る草や言い出しかねている  長野・遠音/その言い出しかねている気分、ひょっとしたらこんな事情もあるのかなあ

◇駒返る草やあんまりな世の中だ  日光・青萄/老いて枯れてしまった草が出てきたけれども、なんちゅう世の中だってゆってんでしょうかねえ

◇駒返る草や今日から修道女  埼玉・らあら/いったいあなたはどんな女なんですか、これ〜


◇駒返る草蹴り上ぐる反抗期  杉本とらを/反抗期ならではの動作でしょうねえ

◇駒返る草退学を決めたらし  穂積書道教室・俳句部・えるも/らしっていうところに、聞いたけどという思いが入ってきます

◇駒返る草や孫に教えるボブディラン  松山・雪花/孫とボブディランを聴くばあさんってなんか粋じゃないですか〜

作曲家が出てまいります
◇駒返る草と私とチャイコフスキー  無窮花/ロシアの作曲家ですからねえ、冬から春を迎える気持ちみたいなものでしょうかねえ

◇駒返る草にフォンデュと赤ワイン  山崎ぐずみ/美味そうやなあ〜〜もうそれだけで満たされますなあ

◇駒返る草や病室の歌声  きらきらひかる

薬飲む人もあるでしょう
◇駒返る草薬袋に飲んだ○  松山・もも/忘れるんだよーねえ

■横浜4Gの会・波恋冶男からお便り
「組長!今週の横浜4Gの会の投句少し早目でした。大阪会友との合同懇親会があり」はははは「横浜からの移動のために前倒し投句をしました。大阪会友と有意義な意見交換を行い、水曜金曜に選句されるように秘策を打ち合わせたいと思います」でもこれ、波恋治男の句も水曜日クラス・・確か先週も水曜日に読まれてたと思いますねえ。こんな一句

◇うさぎやひよこ名を持つ草も駒返る  横浜4Gの会・波恋治男/上手いもんじゃないですかあ・・うさぎ草ひよこ草ってねえ

■ばばばあちゃんからお便り
「投句した後にああすればよかったかなあ〜と後悔する日々。今回もできた句に季語が入ってなかったってことに寸前で気づいて、慌てて歳時記のお世話になりました。こんな言葉があるんだと勉強しています」というばばばあちゃんのこんな一句

◇駒返る草紅の色変えし朝  ばばばあちゃん/ねえ、一生懸命頑張って勉強してくださってるようですねえ

■みんなで一緒に勉強している日土のさえずり句会の連中・・だんご虫からお便り
「組長!まとむさんがさえずり句会の分をまとめ買いしてくれたので、組長の「365日季語手帳」を早々にゲットしました。俳句を始めてそこそこになりますが、使ったことのない季語が結構出てきて勉強になります」と、
これねえ、一週間毎日色んな季語が出てきて、一週間に出てきた季語を使って一句、「今週の一句を書き込みましょうね」という欄があるんです。それ一年ずーっとやっていきましょうという、そういう書き込み式の本なんですが
巻末に投句ができる葉書が入っております。何月何日の季語で応募しますという形で書き込んでいただいたら、来年の365日季語手帳の付録冊子にあなたの句が載るという、こんなシステムですので、みんなで一緒に勉強する、それの小さな教科書のような形で使ってくれたら嬉しいと思います


と言うことで・・

※募集中の兼題 「走」「春の匂」2月26日(日)必着
       「芥菜」「桜蝦」

あなたの投句をお待ちしております!

坊ちゃん団子、いただきま〜す!
おいしい〜。
ほんとよ。これも亀井製菓?
うん、おいしい。
坊ちゃん団子も亀井製菓だよね〜。

坊ちゃん団子は第26回全国菓子大博覧会名誉総裁賞を受賞しました

この番組は坊ちゃん団子、タルトの亀井製菓の提供でお送りしました

(2/16-17:37)
No.12735
鈴木牛後 > 駒返る草や蹄を潤はせ
でした。

今回を最後に投句をやめることにしました。
聞き書き隊のみなさま、長い間お世話になりました。ますますのご活躍を! (2/16-21:18)
No.12736
めろめろ > 牛後さん。私はしばらく一句一遊をお休みしていましたが
最近新たな気持ちで投句したりしなかったりしています(ゆる〜く真剣に)。
極めつけの句ができたらまた送ってね(^.^) (2/16-22:52)
No.12737
牛後 > はい、ゆる〜くやります。 (2/17-21:49) No.12738
まとむ
金曜日

俳句集団いつき組組長夏井いつきです。
アシスタントのウェンズデー正人です。
今週の兼題は「駒返る草」でお送りをしております。
金曜日の皆さんご紹介してまいりましょう。
ポメロ親父の一見どうってことのないこんな一句。
◇駒返る草に何かの食べた跡  ポメロ親父
「駒返る草」ってのはいったん枯れてたヤツがまた宿根草ってらしいですけれどもね、も一回芽吹いてくるというね。やっと芽吹いてきた草をジッと見つめてみると、「何かの食べた跡」があるよ。こんなことをね、発見するというのが俳人の目なんですね。俳人の好奇心というか。「何かの食べた跡」無責任に「跡」だけしか言わないっていうのも、これ俳句の作り方のひとつのテクニックというヤツですね。

卒業が目の前に来ました高校3年生あやねのこんな一句。
◇駒返る草魚眼レンズに映る空  高3・あやね
「駒返る草」は足元の光景ですね。そこから「魚眼レンズ」というちょっとフニャッと曲がったようなあの空の映像が、ヌーッとこっちに向かって突き出されてくるかのようなそんなタッチになりました。「駒返る草」というちょっと古風な季語と取り合わせるところに味わいが生まれます。

ひでやんの一句には「駒形」という言葉が出てくるんですが、雪国の山肌の雪が解けはじめて、解けたところが馬の形に見える雪形っていうんですがね、雪形の中の駒形こんな一句。
◇駒形の見ゆる里駒返る草  ひでやん
「駒返る草」って言わなくても、下萌とか言えばいいじゃないかとそれは同じことですから終わってしまうんですが、わざわざ「駒返る草」っていう言い方をする必然性を作ろうとしたときに、「駒形」なんて言葉を持ってくるなんてのもひとつの手です。しかも雪解の山が見えてきて、あそこに駒形が見えてきたから、そろそろ畑仕事も始めるころだなんて里の人たちは動き始めるわけですね。

神奈川から参加まるるの一句。
◇鴇色の笛吹けば駒返る草  神奈川・まるる
「鴇色」っていうのは鴇の羽の何とも言えない美しい朱色ですよね。その笛を吹くから思わず草が駒返ってくるんだよと。春の女神のことを俳句では佐保姫と言いますけれどもね、
春の女神が吹く笛かもしれないよと、そんな感じもいたしましたね。

東京から参加かおりはこんな展開に来ました。
◇駒返る草少しいただき鳥籠へ  東京・かおり
やっと草が萌えてきたよと。それをほんの少しいただいて、初物として鳥へお裾分けしてやろうなんてね。「いただき」って言葉の選択「鳥籠へ」という助詞巧いと思います。

横浜から参加糖尿猫です。
◇猫草の小さき鉢植駒返る  横浜・糖尿猫
「猫草」っていうのはあの猫のサラダみたいな青い草がピンピン生えてるあの鉢なんだろうと思うんですが、駒返る草とか草駒返るとかじゃなくて、「猫草」「駒返る」と上五と下五でやろうというんですからね、もうやられた感がありました、これはね。

プリマスロック句会・マイマイもこんな生き物。
◇駒返る草や水吸う象の鼻  プリマスロック句会・マイマイ
生き物系は猫・犬・牛・豚・山羊とか出てましたけれどもね、いっそ「水吸う象」まで持ってくると瑞々しい感じ、意外性がありました。

意外性という意味ではもっと意外性のあるのがこの生き物です。八幡浜日土・だんご虫のこんな鳥。
◇駒返る草やどこかにドードー鳥  八幡浜日土・だんご虫
「どこかにドードー鳥」ようこんなこと思いつくよね、この人。「駒返る草」のその伝統的な古風な味わいにいきなり「ドードー鳥」びっくりしました。

埼玉から参加小市です。
◇町は無人駒返る草豚走る  埼玉・小市
「町は無人」って何だろう?って思ったんですけれども、原発で立ち入ることのできない町ではないかと思います。そこに残された豚たちは、芽生えの草の上を走り回っている、ドキッといたしました。

同じような発想の句があった。太郎のこんな一句。
◇駒返る草無味無臭なる放射能  太郎
「駒返る草」の後に「無味無臭」そんなことないだろう・・と思ったらそれが「放射能」だよという展開ですね。

山口から参加クラウド坂上もこう来たか。
◇除染土に草六度目の駒返る  山口・クラウド坂上
「六度目の駒返る」ですからね、しかも「除染」した土が積み上げられたそこにっていうんですから、この映像もありありと見えてまいりましたね。

そして南亭骨太のこの一句。
◇駒返る草や埴輪という殉死  南亭骨太
実際に古墳の中に葬った王様のね、横にくっついて家来が「殉死」したってのもありましたが、その代わりとして「埴輪」をというのも聴いております。

差しあげたい方たくさんいたんですが、新潟から参加このはる紗耶のこの一句には、「ちょう」という言葉が出てきますが、これひらがなで「てふ」と書いて「ちょう」と読みます。意味は何々という・・という意味です。

  『天』  龍の子に駒返る草てふ産毛  新潟・このはる紗耶

「駒返る草」は「龍の子の産毛」であるというんですよね。何でこんなこと思いつくんでしょうね、驚いてしまいました。ただの龍ではなく龍の子どもってところも、瑞々しく初々しい。いやぁこれは発想にやられてしまいました。

☆「走」「春の匂」の募集締め切りは2月26日(日)必着。
「芥菜」「桜蝦」
あなたの投句をお待ちしております。
夏井いつきの一句一遊は毎週月曜から金曜朝十時から。
あなたも是非「垣根なき十七音の世界へ」
(2/17-22:42)
No.12739
名前 返信 文字色 削除キー

一句一遊 「周」 2月6〜10日放送分
投稿者:ポメロ親父  投稿日:2017/02/06(Mon) 19:28 No.12721 
 こちらの掲示板では、RNB南海放送ラジオの番組「夏井いつきの一句一遊」の内容を聞き書きしております。聞き書きですので表記は不正確です。同音異字や誤字が有りましたら修正してください。間違いに気づかれた方 は、ご自分の句でなくても、教えていただきますと助かりますので、どうぞよろしくお願いします。
 直接こちらに俳句を書き込まれましても、放送されることはありません。俳句の投句先のメールアドレスは ku@rnb.co.jp です。

ポメロ親父 

 車壊して半世紀、廃車買い取りの東雲短大裏「石川商店」の提供でお送りします

月曜日

 俳句集団いつき組組長、夏井いつきです
 アシスタントのウエンズデー正人です

 今週の兼題は「周」、周ちゃん広場の周でお送りをしますが、まあ月曜日これねえ、え〜ラジオネーム‥なんじゃこりゃ‥コモドロリバダビヤからの一句ですが‥季語も無いなあ
◇周周と意味もわからず句作(苦作?)する  コモドロリバダビヤ
 句作のところに(苦作?)まで書いてありますが

 一所懸命作ってるんだけど、季語がうっかり無くなってしまうというのが漢字シリーズの宿命と言うやつなんでしょうかねえ、これは高橋きむこかなあ?
◇周辺にあるのはぽつんと土管だけ  高橋きむこ
 周辺にってところ取っ払ってここに季語入れりゃあ良いのにねえ、春の雲あるのはぽつんと土管だけとかねえ、そうなると周が抜けてくるということでございますわ

 穂積書道教室俳句部・川霧です
◇仲間と行く研修会は周ちゃん広場  川霧
 ぱはっはっはっ‥なんか本当に行ったんだろうと思う、周ちゃん広場なんかけっこう見学とか視察とかあるという話を聞きましたけれどねえ、周ちゃん広場へのリスペクトはありますが季語が抜けておりますねえ

 あいりゅう和尚からも来ておりますが、これもなあ‥
◇新郎のお猪口周(あまね)し酒や途切れなし  あいりゅう和尚
 新郎のお猪口にお祝いする人がどんどんどんどん酒注ぐっていうんですねえ、周(あまね)しというこの形容詞が、周という字を使ってあまねしなんですねえ、それに気付いたのは偉かったが残念でございましたねえ

 人見直樹の先輩からなんですが「組長、この間は水曜日に読んでいただきありがとうございました。盛大に先輩は自慢をしております。」人見直樹の先輩ぃ〜、漢字ちゃうがなこれ〜、こんな一句
◇週刊誌立ち読みをする冬の朝  人見直樹の先輩
 週刊誌の週は、周ちゃん広場の周の横にしんにょうが付くわけですよぉ〜、残念でございましたねえ

 周ちゃん広場に行ってくださったんでしょうかねえ、季語も入っておりますねえ、ちかこの一句です
◇春が来た周ちゃん広場楽しいね  ちかこ
 楽しいねって言うところがなんかほんと‥あぁそうですかで終わるんですが、楽しいねっていう気持ちは春が来たっていう季語の方で表現できてるんでねえ、周ちゃん広場でなんか買った物を下五にちょいと書くだけでも良いかもしれないですよぉ

 そしてリストラダムスはリクエストが来ております、え〜円広志の「夢想花」、ぁああ〜なるほど、遠藤周作の周かぁ、こんな一句です
◇遠藤周作違いのわかる蜜柑かな  リストラダムス
 むかし、違いのわかる男ってコーヒーの宣伝ありましたよねえ、そんなイメージなんでしょうかねえ

 そして、お地蔵さんというペンネーム「娘と私、先生のプレパトが好きで」え〜「NHKホールに私の父親が出ました。」ぇえぇ゛〜、お父さんは俳句してんのかなあ?‥ぁあぁ゛〜勉強してもらわないといけないよぉ、これ季重なりだわ
◇水仙や庭の片隅春を待つ  お地蔵さん
 水仙が冬の季語ですね、季重なりが絶対ダメなわけではありませんが、難しい技ですからねえ、最初は一句一季語からがんばりましょう

 正岡ごきも‥ぁあ゛〜これちょっとうっかりする季重なりだねえ
◇田畑の周りで芽吹く土筆かな  正岡ごき
 芽吹くっていうのが独立した季語になりますからね、え〜田畑の周りっていう言葉と、土筆出るとかって言ったら芽吹くって言葉省略して意味が伝わりますよぉ

 これは本名で良いのか、近藤みえ
◇鬼笑う完走目指し後三周  近藤みえ
 「愛媛マラソンの練習をしてる人を見て詠みました。」って書いてありますが、鬼笑うっていう‥まあ来年のことを言うと鬼が笑うなんて言いますけれどもねえ、鬼笑うが季語かって言うと鬼だけでは季語にならないんだよねえ、そこがしんどいところかなあ

ポメロ親父から能書き来ております「平成15年から17年にかけての市町村合併により、周桑郡小松町と丹原町は東予市を含めて西条市に合併しました。それまで愛媛県に70あった市町村は、11の市と7郡9町合わせて20の自治体に再編され、その結果愛媛県内から村がなくなりました。現在、周桑郡という地名はなくなりましたが、周ちゃん広場を運営している、JA周桑などの組織の名前には残っています。」‥ポメロ親父の能書きもいろいろ工夫してありますけれどもねえ、あの平成の大合併なんて言いましたけれども、無くなった村のうちの一つが私のふるさと内海村だったって言うことなんですねえ、ええ今は愛南町って言う名前になっておりますがねえ

 笑松からこんな情報来ておりますねえ、周ちゃん広場っていうと円周率を思った人もいると思うんですが、こんな季語‥あっていいのか?
◇パイ食べて円周率の日を祝う  笑松
 円周率の日っていうのが3月14日らしいですよ、こういう新しい季語も使うと面白いかもしれないですねえ

 たくみ3才の母ちゃんあるきしちはるから来てるんですが、あるきしちはるはたくみ3才とけいご6才にどうやって俳句を教えてるんだろう、兼題をねえ解説してるんだろうといつも思ってたんですが、こんなふうにしてやってるみたいなんですよ「組長、周という漢字を使った言葉で子供にもわかりやすいのは、一周二周」あのグランドを走るねえ「一周だろうと思って、なにが、どこを、一周する?って聞いた」と、あっ、なぁるほどこうやって俳句の種引き出すのかと感心しましたが「その結果たくみ3才はこんな不思議な俳句を作りました。」
◇ばいきんがおめめ一周ふゆかもめ  たくみ3才
 ぷぶっふっふふ、ばいきんがおめめ一周して目やにが出るとかねえ、ふゆかもめっていうのは後で季語を母ちゃんと一緒に探してるってことなんでしょうねえ

 愛媛マラソンを走っております逆ベッカムからこんなお便りが来ておりますねえ「いよいよ今週末の2月12日の日曜日は愛媛マラソン。春の伊予路を1万人のランナーが駆け抜けます。」爽快ですよねえこれ出発のときなんかねえ「いつき組の組員も、『100年俳句計画マラソン部』とプリントした揃いの黒いTシャツで走ります。逆ベッカムのこんな一句
◇ゴール周辺は感動の嵐愛媛マラソン  逆ベッカム
 周辺の周でございますねえ


 ‥と言うことで、いま募集中の兼題が‥
「雲雀笛」「海猫渡る」の投句〆切が2月12日(日)必着
次の兼題は「走」「春の匂」です


勝たせて貰っているのに廃車専門とは、これいかに?
社長元気だが、石川昇天ってかあ(チーン)
飛車に角、将棋の駒は買わねども、廃車買いたし、お電話を
自動車を解体し続け50年、松山市桑原、石川商店

この番組は車壊して半世紀、廃車買取の東雲短大裏、石川商店の提供でお送りしました


(2/6-19:33)
No.12722
ミズスマ
火曜日

〜この番組は、農家のお店「周ちゃん広場」の提供でお送りします〜

俳句集団いつき組組長、夏井いつきです。
アシスタントのウェンズデー正人です。

今週の兼題は、「周」。漢字シリーズの「周」、「周ちゃん広場」の「周」でございますね。周ちゃん広場にきた人たちもおりました。トップバッターはまゆ熊のこんな一句。
◇周ちゃん広場だからあたご柿を買う   まゆ熊/もうこのまんま周ちゃん広場にプレゼントしたいようなキャッチコピーでございますね。

まゆ熊の旦那、今日はアッシー。夫婦で行ったのか、君らこれ。こんな一句。
◇うまかった周ちゃん広場のあたご柿   今日はアッシー/二人で行って、二人で買って、二人で一句作ったと。夫婦でね、こうやって楽しんでくれるのもええやないっすか。

若草俳句会・杏っ子も行ってます。
◇柿狩に迷いし道周ちゃん店   杏っ子/ハハハ。柿狩りに行って迷って、周ちゃん広場に行って、柿買って帰ったって。そんなことでしょうかね。

まるやすの仲間・紫羅欄花も行きました。
◇行ってみる春野菜求め周ちゃん広場   紫羅欄花/春野菜いいですねぇ。具体的に何って言ったら、西条の散髪屋はこんなものを買っております…

◇周ちゃんでふきのとう買いてんぷらに   西条の散髪屋/もう周ちゃん広場、略されてしまってますね。

まるやすの笹百合、ふ、も行ってたのかな、これは。
◇春めくや皆おいでよ周ちゃんへ   笹百合/もう周ちゃん広場なのか、周ちゃんというおっちゃんなのか、よく分かりませんが。

周ちゃん広場にこんなものも売ってるんですか。
◇周ちゃん広場土佐直行の黒鮪   菊池マッサージ会・下駄女

続いて西条のおかんから来ております。
◇周桑の旬関東へ初荷   西条のおかん
「毎月、東京と神奈川に住む息子たち夫婦に自家米と一緒に周ちゃん広場で買った野菜を送っております。」えー、そうなん。「以前、次男の嫁が『ダンナ様の次に周ちゃんが好き』って言ってました。周桑の野菜をとっても喜んでくれてます」と。嬉しいですね、これもね。

どんぐりばばからはこんな一句ですね。一周二周、グランドをね。あの周できました。
◇寒波来る一周回り戻り来る   どんぐりばば/これは寒波がもう一回まわって戻ってきたってことなんでしょうね。

同じ発想がケアジャパン・正月さちです。
◇日本の周り次々寒気団   正月さち/五七五ちょっと裏切ってますけどね。

ポパイの一句は、何か不思議な行動やね、君。
◇毛糸編む頭の周り測りおり   ポパイ/帽子を編んであげようとしてるんでしょうかね。

これは筋肉の筋と書いて「きんこ」と読むんですか、「すじこ」と読むんですか。こんな一句。
◇懐炉持つ手から血周るを待ち侘ぶ   筋子/「周」という字を書いて「る」とふると、意味の上では「めぐる」という意味になるようですね。

穂積書道教室俳句部・温布です。
◇春近しお腹周りに溜息す   温布/このネタいっぱいありました。これ以外のこのネタは全てボツっております。

そして、トリオパンジーズ・黄ばあちゃんです。
◇最終周いつも抜かれる運動会   黄ばあちゃん/切ないねぇ、でもこれはこれやわあ。

そして俳号が書いてないんだけど、これは誰だろう。こんな一句。
◇運動場十周マラソン春一番   俳号無し/小学生たちがね、毎朝一生懸命走ってます。

◇マラソンの周回遅れ霰降る   喜多輝女

同じく周回遅れできました。
◇春浅し周回遅れ弾む息   砥部のお嬢さんズ・里大福/「春浅し」という季語もきれいですね。

あいあいサロン・さっちゃん、火曜日登場です。
◇雪景色ラスト一周頬赤し   さっちゃん/雪景色で光景広げております。

穂積書道教室俳句部・まろです。
◇炬燵中義兄語りて一周忌   まろ/義理の兄ちゃんの一周忌です。次は三周忌ですね…

◇この春で今亡き友は三周忌   酒仙/この春という言い方に思いがこもります。

城山黒吉は人生を語ってるのでしょうか。
◇年重ね一周二周と回り道   城山黒吉/「年重ね」というところに、行く年来る年の意味を一応受けとめました。

◇激動の二十周年春よ来い   シナモン句会・十姉妹/二十周年は何の二十周年でしょうね、結婚かしらね。

◇一周年どうも二月の新芽です   大阪なんちゃって句会・ドナルドダック/二月の新芽という風に季語を合体させました。

緑の国句会・山形から参加、山の雪です。
◇周到な計画の下冬登山   山の雪/もう本当に、念には念を入れた周到な計画をお願いしたいですね。

◇山歩き道の周りに冬苺   伯方児童館俳句人・ほのぼのどんぶり/冬苺の赤が印象的。

◇初夢は世界一周鳥になり   穂積書道教室俳句部・みっちゃん/いい初夢じゃないですか。

◇春近し犬に乞われてもう一周   なんちゃって句会・瀬波秋鮭/春近しのうきうき感がいいですね。

◇春兆すパンダの周りざわめけり   ミスター菊池/パンダの周りっていう使い方、楽しいね。

チーム奇々怪々の怪々から来ております。
◇イヤホンを忘れ世界一周の冬   怪々
えー、忘れてきちゃった、音楽聴けない、なんて若い子らしい一句ですね。
「組長!まる裏俳句甲子園ありがとうございました。来年は後輩たちが壇上に上がってくれるはずです。」という先輩の弁もあります。

きういの一句はこう来ました。
◇周遊すグーグルアースと温め酒   きうい

れんげ畑は一人旅か。
◇春の旅周遊の旅一人旅   れんげ畑/旅、旅と韻を踏みました。

◇周遊券手に二人して桜東風   いつき組リスナー班・田山(たぁさん)/二人の旅の方が楽しいかもね。

◇風光る北海道の周遊へ   もやい句会・静泉/うらやましいですね。

北海道の次は九州です。かつたろー。の娘、ひなたろー。の一句。
◇春休み九州一周チャリの旅   ひなたろー。

大分・国東まち子は地元でしょうね。
◇周遊の地獄巡りや春うらら   国東まち子

いそ子は琵琶湖にとびます。
◇制服の琵琶湖周航浅き春   いそ子/制服だから修学旅行だったのかな、これはね。

同じく琵琶湖でございます。
◇春日和琵琶湖周航竹生島   横浜4Gの会・句楽生/全部漢字で揃えてくださっております。

宝塚から参加、麦仙人の何だか美味そうなこんな一句。
◇周防灘馬刀貝香るバター焼   麦仙人/マテ貝、季語かどうか分かんないけど、めちゃ旨そうでございました。

ということで、今募集中の兼題が… (2/8-07:42)
No.12723
あねご > 水曜日
俳句集団いつき組組長夏井いつきです。
アシスタントのウェンズディ正人です。
今週の兼題は「周」周ちゃん広場の「周」でお送りをしております。水曜日、ご紹介してまいりましょう。

まちまちこの一句です
◇校庭の駆け足五周明日卒業 まちまちこ/「明日卒業」がいいですよね

宝塚から参加、麦子の一句
◇円周を飛び出す下校日脚伸ぶ 宝塚・麦子/「円周を飛び出す」が一種の比喩になったその元気さもいいと思います

猫楽は初投句だったのかな?
◇初春や大地周く光あれ 初・猫楽/なんかもう聖書の一節みたいなねえ、光でございます

もやい句会、赤い長靴の一句
◇船一周光る流れや野水仙 もやい句会・赤い長靴/最後の「野水仙」が綺麗な光景ですねえ

みみこの一句にも水仙が出てまいります
◇水仙や芥子粒ほどの就航船 みみこ/「芥子粒ほど」というこの比喩が遠近感作りますね

ポメロ親父の一句です
◇瀬戸内海就航の春潮早し ポメロ親父/渦潮のようなねイメージも思いましたけれどもね。

ラエルJは摩周湖に飛びました。朝の光と書いて「朝光(ちょうこう)」と読むのかなあ
◇朝光の摩周湖囀の余韻 ラエルJ/句またがりで対句表現にもってきました

もやい句会、近藤真古です
◇春周遊土産に軽き夫婦箸 もやい句会・近藤真古/旅行すると土産が欲しくなるしね。夫婦箸がほのぼのしておりますねえ

マーペーの一句です
◇甘藷植う離島の四周凪いでおり マーペー/甘藷を植えて、その離島の周り、四つの周で「四周(ししゅう)」ですね。凪いでいるという光景を立ち上げました

めろめろの一句も島です
◇梅が香や島は一周一里ほど めろめろ/「一里ほど」がいいですね

千葉から参加、小泉岩魚です
◇周到に春待つ形旅帽子 千葉・小泉岩魚/春になったら旅に出るよと。「周到」というところに入りますねえ、この兼題が

用意周到ときたのがまるやす、火ほしです
◇啓蟄や用意周到独り立ち まるやす・火ほし/独立ですねえ

あねごの一句は「周知徹底」が出てまいります。全部漢字のこんな一句
◇嗽励行周知徹底二月尽 あねご/漢字全部やったれ!っていうのがね、ちょっと俳句が作れて技術が手に入ってくるとみんなやってみたくなります

福岡から参加、理酔もおなじく
◇周期的禁煙衝動竃猫 福岡・理酔/「竃猫」というのが季語になりますねえ。知らない人は調べてみて

そして円周率にきた人たちいました。トリオパンジーズ、松ばあちゃん
◇円周率ぶつぶつ言って寒の入 トリオパンジーズ・松ばあちゃん/「寒の入」の冷たさが受験生の気分かな

チームそよ風、ピースです
◇円周率を友と言い合う春炬燵 チームそよ風・ピース/「春炬燵」になるともう最後ギリギリの粘りの受験生なんでしょうかね

穂積書道教室俳句部、勿忘草です
◇円周率3.14昼の月 穂積書道教室俳句部・勿忘草/上五中七は当たりまえなんですが「昼の月」と持ってきたところが俳句になりましたねえ

トリオパンジーズ、姫ばあちゃんです
◇円周率は二兆五千億桁です春の雪 トリオパンジーズ、・姫ばあちゃん/え、そうなの?そんなにあるの?え〜知らなかったよ私。

荒あらたの一句
◇円周率諳んずる窓春の星 荒あらた/「諳んずる窓」でちゃんと映像化されましたねえ

三河のぽんぽこのこの一句にも私は共感いたします
◇円周率3でもいいや春炬燵 三河のぽんぽこ/もういいいい3で、なんてねえ

トポルは東京からの参加
◇春眠の奥へと沈む円周率 東京・トポル/「奥へと沈む」寝てしまうんでしょうね

句ゼミの小青です
◇蕪剥き円周率の甘さかな 句ゼミ・小青/甘いのは蕪なんだけど、ちょっとこう意味を捻るところに詩が生れます

人見直樹の一句。水曜日です
◇ぶらんこや君と円周率と星 人見直樹/ぶらんこが春の季語になりますねえ
「組長、僕は最近、羊跳ねた君に『直樹は変人だ』って言われます。」
みんなそう思ってると思うよ。
「でも『直樹は良い変人だ』と誉めてくれます。組長、悪い変人には気をつけてくださいね。僕と先輩が一緒に組長を変人から守ります」
いやあ、私は君らから己を守りたいと思うがなあ

越智空子の一句です
◇水兵リーベ周期表の春愁 越智空子/「水平リーベ僕の船」なんて憶えましたよねえ

同じく周期表が出てきます。神戸から参加、ノクターン
◇周期表壁に夏休みは初日 神戸・ノクターン/初日に貼って、気合を入れて、ですね

長崎から参加、七草です
◇蒲公英の花の天麩羅一周忌 長崎・七草/蒲公英の花を見るたんびに、この頃だったなって思い出すんですよね

東京から参加、かおりです
◇冬凪や蔵書寄付する三周忌 東京・かおり/どんな方だったのかがわかりますね「蔵書」という言葉でね

京都から参加、はまのはのの一句
◇これがあの周王の壺四月馬鹿 京都・はまのはの/「周王」と持ってきて「壺」持って来るところおもしろい!「四月馬鹿」がちょっともったいなかったかなあ

まこちは全部漢字です
◇蜃気楼殷周新漢三国晋 まこち/うふっ!これ中国の国の名前を並べておりますね

お釜ご飯は孫子、人物が出てきます
◇周囲皆孫子の話紅椿 お釜ご飯/「紅椿」が鮮やかでいいんじゃない?

埼玉から参加、百合鴎の一句
◇見定めてなお一周す苗木市 埼玉・百合鴎/「見定めて」っていうところにね、リアリティあります

南国市、まっことマンデーです
◇周到の火入れの阿蘇や農具市 南国市・まっことマンデー/「農具市」で阿蘇の広がり、上手いですねえ

一走人の一句です
◇五周で一キロ春草のグラウンド 一走人

同じくこれも走っております。更紗の一句
◇外堀三周風光る風光る 更紗/リフレインが気持ちいいですね

坊太郎の一句
◇春泥を起こす周回のモトクロス 坊太郎/「モトクロス」っていう言葉が出てきて急に勢いが出てきますねえ

人日子の一句
◇海見える周桑平野冴え返る 人日子/「周桑」という地名がこれは生きてます

蓮睡の一句
◇生あれば死や凍星は周回す 蓮睡/カッコイイですね。シリアスですね

紗蘭ちゃんの一句
◇一国の周壁風船の彼方 紗蘭ちゃん/一国を巡らせる壁ですから、これはメキシコの国境になんていう、そういうところからの一句かもしれません

募集中の兼題 「雲雀笛」「海猫渡る(ごめわたる)」2月12日(日)必着
       「走」「春の匂」

夏井いつきの一句一遊は毎週月曜から金曜、朝10時から。
あなたも是非、垣根なき十七音の世界へ。
(2/8-21:16)
No.12724
ひでやん > 聞き書きありがとうございます。
すみませんが、まこちが「殷周秦漢三国晋」だと申しております。
なお、改めての訂正は結構です。
◇蜃気楼殷周秦漢三国晋 まこち
(2/8-21:29)
No.12725
あねご > ひでやんさん訂正ありがとうございました。まこちくん、すみません。変換間違えました。 (2/8-22:48) No.12726
みかり
木曜日

〜この番組は坊ちゃん団子、タルトの亀井製菓の提供でお送りします〜

木曜日なんですけれども、今週の兼題「周」周ちゃん広場の周の水曜日の皆さんが残っております。水曜日に残ってる句はできる限りご紹介したいと思います

遠藤周作の周でございます
◇訪ね来し周作の碑や風花す  福岡・松ぼっくり/遠藤周作のねえ、隠れキリシタンを題材にした「沈黙」っていう小説があるんですが、私ねえ、若い頃読んで衝撃を受けましてねえ・・狸里庵先生シリーズとかってふざけたのがいっぱいあったので、「沈黙」読んでほんとに恐ろしい・・鳥肌立ちました。風花という季語が非常に聴いてますねえ

更に人名持ってきた人たちがいたんですが、西周の切手の話が出てくるんですが、文化人切手の中でも特に高価で、平均価格が一枚4千456円って、そんな黄ってのネタでございます
◇寒き中求めた切手西周  プリマスロック句会・ちろりん/能書き書いてないと全然この句の意味が分かんないでしょう?

こんな女性が出て参ります
◇春日傘くるりと回す周子さん  横浜4Gの会・浜の富ちゃん/周子さんどんな人でしょうかねえ。周という字困ったら人名に持っていくという発想もあったわけですよ、ねえ

◇低周波治療のパルス寒波来る  仙台・でらっくま/低周波と寒波、このイメージを取り合わせましたねえ

◇ボサノバのギター春めく周波数  ドイツ・月の道/春めく周波数っていうのがボサノバにぴったりでしょう
「周ちゃん広場の周って何だろう・・周さんのお店?調べてみたら」ドイツで調べてくれてるんですよ
「周桑平野の周なんですね。写真で見る広々とした平野の作物は美味しいだろうなあ」ってね、ドイツでこんなこと思ってくれてる人がいます。帰国したら周ちゃん広場に来てくださいね

アルファベットが出て参ります
◇CQCQ春愁という周波数  新潟・このはる紗耶/上手いもんですねえ〜春愁も一種の周波だと

周回、巡って回るという言葉が出て来ます
◇春コートに会釈周回の皇居  小雪/皇居で光景がずーっと広がります

オーストラリアにもう帰ったのかなあ・・
◇周波のような日々に終止符の春  オーストラリア・ひまわりちゃん/周波のような日々ってどんな日々なんでしょうねえ

ずばり周ちゃん広場を詠み込んでくれました
◇周ちゃん広場のレジ八台の初桜  ほろよい/韻を踏みましたねえ〜もうこれなんか周ちゃん広場のキャッチコピーというかねえ、周ちゃん広場に句碑立ててやって欲しいぐらいですよ

軽やかですねえ
◇長靴に春泥周ちゃん広場はもう開店  烏天狗/これぞ!ですよねえ、ポスターに使ってやってくださいよねえ

そんな周ちゃん広場をさんざん呼びかけた今週でございましたけれども、なんとですね、なんちゃって句会の長尾漣がまる裏俳句甲子園に大阪から来てくれてたんですが、大阪に帰る途中に周ちゃん広場に寄ったらしいんですよ

■長尾漣からお便り
「組長!まる裏俳句甲子園の帰りに、JA周桑周ちゃん広場に寄ってきました。広い!そして楽しい!延々と続く柑橘類、柿の種類別の干し柿に始まり、野菜、海産物、保存食、お肉、パン、何でもありました。作っておられる農家や品種の違いが様々で、自然薯だけで棚一つ」凄いなあ〜
「ほうれん草だけで10種類。沢山のお客さんで賑わってる理由が頷けました。ちょっと寄ってみるつもりが、結局一時間半くらいうろうろして、まさか俳句をしに来たとは思えないほどの大荷物、車に積み込んでしまなみ海道を渡りました。松山旅行の楽しみがまた増えます」と、嬉しいお便りが届いておりますねえ。長尾漣の一句

◇周桑を潮風ほのか若菜摘む  長尾漣

そしてこんな親子からお便りが来てるんですが
■新居浜のちいちゃん、おかあちゃんの方からお便り
「組長!1月20日の夜中息子から電話」夜中に電話ですからねえ「何事だろうと出ましたら「おかあさん、天に選ばれてるよ」「え?うそー」「組長の言葉メールで送るからね」送ってくれたメールを何度も読み、嬉しくて涙。その晩は眠れませんでした。その日は用事があって外出。一句一遊は聴くことができませんでした。今でも信じられない気持ちです。きっとプレバトの浜田さんの言葉で言うと「誰に作ってもらったの?」「いえいえ自分の句ですよ」そんな場面が出て来そうです」そんなちいちゃんの一句

◇世界一周船旅疲れに甘酒  新居浜のちいちゃん

■この夜中に電話をかけてきた蓮睡からも来てます
「組長!「雉始めて鳴く」の兼題で、母こと新居浜のちいちゃんの俳句天に選んでいただいてありがとうございました。組長の解釈読みに家族共々感動いたしました。私事ではございますが、先日骨粗鬆症の薬が合わず体調を崩し死を覚悟した母を見て、思いつきで母の句集を作りました。ラジオに投句した句をまとめたのですが、それが出来たのは一句一遊聞き書き隊の皆さんのお陰です」ああ、聞き書き隊のあれをずーっと拾っていったんですね
「一句一句に込められた母の歴史を親戚の叔母と噛みしめるように構成しました。俳句の上手い下手に関わらず人生を吐露できること、また記憶に残るこの俳句の強みを実感いたしました。そして、因みに私よりも母が先に天を取りましたけれども」ってありますけどね、こうやって一緒に親子が俳句を楽しんでくれてるってことが嬉しいことでございますよねえ
「母とも話しましたが、組長の100年俳句計画が進んでいる大きな要因、人徳です!」って書いてくれておりますが、ありがとうございます。「先日のまる裏俳句甲子園の時に組長が、褒められる機会が少ない(苦笑)とおっしゃって」いやいやいや、そんな気を遣ってもらったことに今恐縮をしておりますが、親子でほんとに楽しんでいただいたらと思います


と言うことで・・

※募集中の兼題 「雲雀笛」「海猫渡る(ごめわたる)」2月12日(日)必着
       「走」「春の匂」

あなたの投句をお待ちしております!

坊ちゃん団子、いただきま〜す!
おいしい〜。
ほんとよ。これも亀井製菓?
うん、おいしい。
坊ちゃん団子も亀井製菓だよね〜。

坊ちゃん団子は第26回全国菓子大博覧会名誉総裁賞を受賞しました

この番組は坊ちゃん団子、タルトの亀井製菓の提供でお送りしました

(2/9-10:59)
No.12727
まとむ
金曜日

俳句集団いつき組組長夏井いつきです。
アシスタントのウェンズデー正人です。
今週の兼題は「周」漢字一字の周ですね。周ちゃん広場の周でお送りをしておりますが、金曜日トップバッターはけいご6歳のこんなかわいい一句です。
◇ようちえんバスが一周ささめゆき  けいご・6歳
「ようちえん」も「ささめゆき」もひらがなで書いてありますね。「ようちえんバスが一周」ってのはけいご6歳として素直なつぶやきだと思いますが、ただの雪じゃなくて「ささめゆき」ってどんな雪?なんて聞きながら、あぁこれがこないだの幼稚園バスに乗った時の雪かなぁ?なんて選んでるんだと思うんですよね。一句として作品として見たときに「細雪」という季語が最後に出てくるこのねセンスが、けいご6歳いいじゃないですか。

東京から参加いつき組リスナー班まさのりの一句。
◇武蔵野を一周逃水捉まえよ  東京・いつき組リスナー班まさのり
「捉まえる」という動詞がありますね。結局捕まえるってことなんですけれども。「逃水」というのは武蔵野の名物と言われておりました。広いところじゃないとこれが見られないのでね。

巧いこと地名の必然性というのを作ったわけですが、今度はこの地名の持ってる迫力を上手に使いました。横浜4Gの会大阪会友・猫の恋です。
◇外周に冬ほとばしる八ヶ岳  横浜4Gの会大阪会友・猫の恋
「八ヶ岳」は山梨の方の山でございますよね。その「外周」に冬が「ほとばしる」かのようだという、正に八ヶ岳ならではの描写をしてくれましたね。

横浜4Gの会続きます。金曜日登場、波恋治男のこんな漢字ばかりの一句です。
◇山手線一周春眠小一時間  横浜4Gの会・波恋治男
「山手線」を「一周」する間ずーっと「小一時間」寝るという、漢字全部の字面も面白いし「一周」「一時間」というのがね、面白い位置に出ておりますね。皆さんも漢字で書いて味わってみてください。

同じく東京から参加莎草(ささめ)の一句です。
◇勇退の春白波を周航す  東京・莎草(ささめ)
退職とか引退とかって言うんじゃなくて「勇退」というところに、ちょっと余裕っていうんでしょうかね、心のゆとり余裕が感じられますね。そういう「勇退の春」にどこそこに旅行するじゃなくて、「白波を周航す」ってね、ここらへんの言い方莎草巧いもんじゃないですか。この間のまる裏俳句甲子園に莎草は、一人で車椅子を押してやって来てくれました。夏の俳句甲子園も絶対と約束をして別れましたね。俳句の実力も着々とついております。

宇和島風花会・さくらはこんな単語が出てまいります。
◇春眠や合わないままの周波数  宇和島風花会・さくら
「合わないまま」ですからラジオかな?とも思うんですが、「春眠」の脳波の「周波数」みたいなね、そんなイメージも同時に醸し出します。

広島から参加江刺乃可南女です。
◇朧夜の憂い円周率の彼方  広島・江刺乃可南女
春の憂いって言ってもいいんですけれども、「朧夜の憂い」として春愁のイメージも醸しながら「円周率の彼方」に消えていくと、この感じがいいと思いますね。

円周率も出ればこれも出てまいりますよ、富山の露玉です。
◇凍てゆるむ色鮮やかに周期表  富山・露玉
水平リーベ・・なんて覚え方がありましたね。ああいう句も水曜日出てまいりましたけれども、「凍てゆるむ」から「色鮮やかに」何だろう?と思ったら最後に「周期表」が出てくると。もう受験のころの記憶でしょうかね。

そしてどかてい久しぶりですね。一年ぶりだそうですが、一年ぶりでいきなり金曜日でございます。「あまねく」という言葉が出てまいります。周という字にくとふって周(あまね)くです。
◇よいしょと四股に周く風光る  どかてい
これ稀勢の里の土俵入りではないかと思うんですが、たくさんの人の「よいしょ」というねあの声と四股に風が光り出す、喜びに満ちておりますね。

そうかと思ったらもやい句会の内山初美のこの一句も実感がありますね。
◇菓子袋二周目となる日向ぼこ  もやい句会・内山初美
じいちゃんばあちゃんが並んで「日向ぼこ」して「菓子袋」みんなが回してるんですよ。「二周目」の使い方として面白いよね。

人名を探した人もいっぱいいたんですが、大阪なんちゃって句会・江口小春のこの人名と季語の取り合わせが面白い。
◇竜天に登る周恩来の井戸  大阪なんちゃって句会・江口小春
中国のね政治家でございました。「竜天に登る」井戸からまるで上ってくるかのようなそんな感じもいたしますね。

篠原そももやっぱ巧いね。
◇雪晴や周り数多の獣跡  篠原そも
「雪晴や」という季語がスコーンと抜けるように効いておりますよね。「数多の獣跡」ですから足跡がずーっとついているってこういうことでしょうね。

差し上げたい句いっぱいあったんですが、今日はこの人にあげたいなぁ。香野里美のこんな感覚的な一句です。

  『天』  周波数乱る青葉を通るとき  香野里美

「周波数」というとどうしてもラジオを思うわけですけれども、ただラジオの周波数が乱れた青葉の下を通るときに・・・という読み方の向こうに何か自分の脳波のような物も一緒に乱れたかのようなそんな印象を与えてくれるのが「青葉」という季語の力ではないかと思いますね。面白い鮮やかな一句でございました。


☆「雲雀笛」「海猫渡る(ごめわたる)」の募集締め切りは2月12日(日)必着。
「走」「春の匂」
あなたの投句をお待ちしております。

夏井いつきの一句一遊は毎週月曜から金曜朝十時から。
あなたも是非「垣根なき十七音の世界へ」
(2/10-21:36)
No.12728
まとむ > 波恋治男さん金曜日おめでとうございます。
縦書きにしてみるとホントええ場所に「一」入ってますね。 (2/10-22:14)
No.12729
名前 返信 文字色 削除キー

記事No 削除キー

- PetitBoard Antispam Version -