落書き俳句ノート
このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment

[トップに戻る] [新規投稿] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
おなまえ
Eメール
Subject 入力禁止
Title 入力禁止
Theme 入力禁止
タイトル
コメント
URL
コメント内にはURL欄と同じURLを書き込まないで下さい
URL
削除キー (記事削除時に使用。英数字で8文字以内)
文字色

一句一遊 「ホットドリンクス」 1月23〜27日投稿分
投稿者:ポメロ親父 投稿日:2017/01/23(Mon) 20:50 No.12696 
 こちらの掲示板では、RNB南海放送ラジオの番組「夏井いつきの一句一遊」の内容を聞き書きしております。聞き書きですので表記は不正確です。同音異字や誤字が有りましたら修正してください。間違いに気づかれた方 は、ご自分の句でなくても、教えていただきますと助かりますので、どうぞよろしくお願いします。
 直接こちらに俳句を書き込まれましても、放送されることはありません。俳句の投句先のメールアドレスは ku@rnb.co.jp です。

ポメロ親父

 車壊して半世紀、廃車買い取りの東雲短大裏「石川商店」の提供でお送りします

月曜日

 俳句集団いつき組組長、夏井いつきです
 アシスタントのウエンズデー正人です

 今週の兼題は「ホットドリンクス」でお送りをしようとしてるわけですが、月曜日堂々たる季重なりから行きましょうかねえ、伯方児童館俳句キッズ・ゆうは小学校1年生です
◇冬にホットドリンクスを飲むとあつっ  ゆう
 実感は伝わったよ

 そしてですね、これは誰だよ「地域では公民館を中心にひそかな俳句ブームが巻き起こっている。」と「とうど焼き会場でぜんざい、焼き芋の接待とともに投句コーナーを設けホットドリンクス、しばれるの兼題で投句を募ったところ多数の投句をいただきました。沖浦公民館とうど焼きチームとして投句します。」と、月曜日の投句ご紹介しましょう、まずは八重子
◇とうど焼き久しい顔にホットドリンクス  八重子
 あっこれ火曜日でもよかったな

◇ホットドリンクスみんなで飲むとおいしいな  ハッピー
 も、おいしいなってところが月曜日バリバリな感じでございますねえ

◇寒い朝ホットドリンクス飲みたいな  二宮あきお
 ま、季重なりの上に飲みたいな

◇ばあちゃんのホットミルクココアふつうだよ  れんたろう6才
 ぷはっはっはっははは‥

◇ぜんざいとホットドリンクスおいしいね  ふみか
 ふっはっは、 おいしいな、飲みたいな、ふつうだよ、おいしいね、と‥これは沖浦公民館とうど焼きチームなかなかのツワモノ揃いでございます

 そしてこちらが、ばば婆ちゃんの一句
◇君の変顔ホットドリンクのよう  ばば婆ちゃん
 そう言われてもこれはどうしたら良いんでしょうかねえ、ホットドリンクスぅ、え〜「ドイツに住んでいるわけではありませんが、落書き俳句ノート様ずいぶん助かっております。」と、ええホームページ朧庵の落書き俳句ノート、ばば婆ちゃん見てくれてるんですねえ

 そしてノートンの一句もねえこれどしたら良いんだろう
◇銀さんは年がらホットドリンクス  ノートン
 ようは年中熱い焼酎?お湯割り飲んどるみたいな、そんな話じゃないんかなあ

 しょうきちの一句もこれ唖然としております
◇参道に転がるホットドリンクス  しょうきち
 ぶっふっふっふっふっ‥なんか缶コーヒーが転がってたんですかねえ、参道に転がるホットドリンクスって言われたときになんかもうさっきの焼酎の影響なのか、あのぉ〜焼酎飲んでおっちゃんが寝とるような気さえいたしましたがねえ

 ポメロ親父の能書き来てますねえ「冬の歳時記には体の温まる飲み物がたくさん載っておりますが、ホットドリンクスの具体的な例として、ホットウイスキー、ホットワイン、ホットレモンなどが取り上げられていました。どうもカタカナで表記されなければホットドリンクスとは呼べないようです。熱湯を加えて作ると書いてありましたが、レシピを調べるとホットワインには当てはまりません。赤ワインにシナモンを始めとするスパイスを加え、沸騰しないように暖めて作るそうです。効能は玉子酒とほぼ同様でした。」ホットワインって言ったらめっちゃかっこいいけど、玉子酒とほぼ同様って言われたらなんか微妙な気持ちになりますなあ、えーポメロ親父のこんな一句も添えてあります
◇よく眠れますやうにホットウヰスキー  ポメロ親父
 ホットドリンクスっていうのは結局、冷えた体を温めるための飲み物という、そういう本意があるというふうに思っていただいたら良いでしょうかねえ

ですからですねえ、これ困ってるのはこういうタイプですよ、松山のウィズダムと読むんでしょうかねえ、こんなやつ
◇旧交を温めだおさん飲めよ熱燗  ウィズダム
 これは熱燗て言う別の季語なんですよねえ、完全にねえ

 浪速の花はまる安のメンバーです
◇一杯の焼酎飲んで赤ら顔  浪速の花
 ちなみに焼酎は夏の季語なんですよね、これが驚いたことに

 ええ若草俳句会・イーちゃんも同じ
◇ほっと焼酎羊二匹であくる朝  イーちゃん
 で、まあ焼酎のお湯割り‥ぎりぎり入れてあげたい感じもするんですけれどもねホットドリンクスの中にねえ、でもそこらへんとても微妙でしょう?

 で句ゼミのけいじょはこう来ました
◇生姜湯や喉に沁み込むように飲む  けいじょ
 まぁ生姜湯は別の季語だろうよ、生姜湯という立派なねえ、えー「ホットドリンクスとは何ぞやと調べてみました。温かい飲み物全部を指すと、かなり大雑把な解釈にぶち当たりました。その言葉を信じて温かい飲み物でいろいろ作ってみました。」お気持ちは重々わかるんやけどねえ、困ったもんでございます、今回のねえホットドリンクスというこの大雑把な季語をどう扱うのか

 富山の露玉も苦心してたようですね「ホットドリンクスって、いろいろな飲み物をざっくり合わせた言い方で、はっきりこれと言わなくてもこれかなってわかるように詠んで欲しいということなのかしら。8音もあるんですよ。ホットミルクとかホットレモンとか言ってしまったほうが詠みやすいし5音で済むし。ホットウィスキーなんて副題もあるようですがこれだと8音、長いし私には縁がないです。」こうやってねえ、めんめんと悩んでるんですねえこの人ねえ、こんな一句もありました
◇ホットミルク単語カードと蛍光ペン  露玉
 これ、受験生な感じでねえいいんじゃないですか、わかるよねえ

 それからですねえ、大阪なんちゃって句会の長尾蓮から質問が来ております「表記のことで質問か背あります。私は今のところ、文語で歴史的かな使いで行きたいと思っております。しかしときに悩ましいです。今回の兼題ホットドリンクスの場合、カタカナ語でも促音は小さい「ッ」ではなく大きな「ツ」で書いたら良いのでしょうか。」これみんな、あの歴史的かな使い使いたいって言う人、よく受ける質問なんですが、外来語の場合はちっちゃい「ッ」で良いと思います、えーなんかすごく凝っておきな「ツ」にしたいタイプの人も居ますけども、大きな「ツ」にすると外来語として意味がわかりにくくなるので、もう普通にちっちゃい「ッ」で良いと思いますよ、その長尾蓮のこんな一句
◇オペ待ちのほつぺにホットドリンクス  長尾蓮
 患者なのか医者なのかによって、ずいぶんねえ気分が変わって来るかもしれないですねえ

 読めるかなあ、あるきしちはるです「昨年11月から、愛あいサロン句会であねごさんにお世話になっています。たくみも3月までは一緒で、お絵かきなどしながら過ごしています。サロンでは皆様おしゃべりを楽しみながら、思い思いに句を詠んで、たくさんの刺激や学びをいただいています。」あねごの小さな種蒔き運動、愛あいサロンのさっちゃんとかっていうのは、月曜日のねえ常連になっておりますけれども、小さなこういう句会がどんどん増えていったら嬉しいなと思いますねえ、あるきしちはるの一句
◇愛のあるサロンやホットドリンクス  あるきしちはる
 そして、たくみ3才、4月から幼稚園に入園するそうです
◇ようちえんいけるよホットココアのめば  たくみ


 ‥と言うことで、いま募集中の兼題が‥
「周(周ちゃん広場の周)」「駒返る草」の投句〆切が1月29日(日)必着
その次の兼題は「雲雀笛」「海猫渡る」です


勝たせて貰っているのに廃車専門とは、これいかに?
社長元気だが、石川昇天ってかあ(チーン)
飛車に角、将棋の駒は買わねども、廃車買いたし、お電話を
自動車を解体し続け50年、松山市桑原、石川商店

この番組は車壊して半世紀、廃車買取の東雲短大裏、石川商店の提供でお送りしました


(1/23-20:59)
No.12697
名前 返信 文字色 削除キー

配信の停止パス忘れ困り果て
投稿者: 投稿日:2017/01/21(Sat) 10:04 No.12694 
ありがとうございました。配信停止をしたいのですがパス忘れできません。どうしたらよいのでしょうか?教えてください。

うだじつ > 朧庵の関係者ではございませんが、朧庵の退会についてでしょうか?
こちらは一句一遊の聞き書き用の板ですので、問い合わせ先はこちらではないのでは… (1/22-21:10)
No.12695
名前 返信 文字色 削除キー

一句一遊 「雉始めて鳴く」 1月16〜20日放送分
投稿者: ポメロ親父   投稿日:2017/01/16(Mon) 20:01 No.12683 
 こちらの掲示板では、RNB南海放送ラジオの番組「夏井いつきの一句一遊」の内容を聞き書きしております。聞き書きですので表記は不正確です。同音異字や誤字が有りましたら修正してください。間違いに気づかれた方 は、ご自分の句でなくても、教えていただきますと助かりますので、どうぞよろしくお願いします。
 直接こちらに俳句を書き込まれましても、放送されることはありません。俳句の投句先のメールアドレスは ku@rnb.co.jp です。

ポメロ親父  

 車壊して半世紀、廃車買い取りの東雲短大裏「石川商店」の提供でお送りします

月曜日

 俳句集団いつき組組長、夏井いつきです
 アシスタントのウエンズデー正人です

 今週の兼題は「雉始めて鳴く」長いですねえぇへへっへ‥もう困惑した人達も一杯いたんじゃないかと思いますが、えー「組長、まいど。」という犬のコロの一句から行きましょう
◇雉始めて鳴くケンとも鳴けずケケケケケ  犬のコロ
 ぐはっ‥勝手に鳴いとけよみたいな感じもしますが

 紫式部の泣き声はちょっと違いますなあ、こんな一句
◇雉始めて鳴くケッケンと雌を呼ぶ  紫式部
 雌呼ぶときはケケケじゃなくてケッケンて言うんでしょうかねえ

 旧重信のタイガースは、長いなあ鳴き声
◇けーんけーんぱけーんけーんぱ雉初めて鳴いた
 ぶっ‥けーんけーんぱって遊んどるのか?石蹴りか?ほんとに

 さらにですねえ、さとちゃん‥もお月曜日のアイドルさとちゃん‥ぶふっ‥のこんな一句
◇雪の花雉始めて鳴く燦々と  さとちゃん
 もぅ愛燦々かよ、おまえはもう美空ひばりですかみたいな一句でございますねえ

 大阪の比良山は、もう勝手に旅立ってくれと言いたい一句
◇団子請う雉始めて鳴くや桃太郎  比良山
 ふぶっはっはっは、ほっふぉっほ

 ああそれからですね‥桃太郎のネタかなと思ったら全然ちゃうやんかぁれんげ畑の一句
◇雉始めて鳴く次に犬猫鳴く  れんげ畑
 くゎはっはっは‥勝手に鳴いてください

◇雄の雉始めて鳴く雌振り向く  山P
 ぷふっ‥振り向いてくれて良かったなあ雌がなあ

◇我が娘化粧し始め雉始めて鳴く  鉄の城
 もぉぉぉ〜男が振り返ってくれたらええなあ我が娘なあ

 そしてですねえ人見直樹の先輩からですね「組長の俳句、密会や泉は蝶を飼い殺す、とても素敵です。」ってこれあの密会って曲のぉ‥これ「密会やさるとりいばら棘をはれ」よぉこれ、「泉は蝶を飼い殺す」って上五違うでこれぇ、もうええ加減に人の句を合体させやがってえ「とても素敵です。」と言いながら正しく覚えてくださいよ、ええそんな私の句をパクリまくっている一句
◇雉始めて鳴く龍は雉を飼い殺す  人見直樹の先輩
 ふっはっはっは‥俳句ソングって言って私の俳句を横尾嘉信さんという、これ本名なんですが俳号があしのぶおっていうのが曲にしてくれて、マユミードさん、この人は某子供番組でぇあのお姉さんやってたりしてた人なんですが歌ってくださってて、この人の歌声がもうほんと血がきれいになるような歌声なんで、是非皆さん聞いていただいたらって、流れてるはずですね

 そしてポメロ親父の能書きでございます「『雉始めて鳴く』は時候の季語、七十二候の第六十九候、二十四節季の小寒の末候にあたります。」はっはっはっ耳で聞いてみんな全然ちんぷんかんぷんちゃうかなあ「『雄の雉が鳴き始めるころである。』ということで、言われてみればそうかなあと納得もできるのですが、ちなみに立冬の末候には『雉が海に入って蜃(はまぐり)になる』」え゛え〜っこれあんた雀蛤ちゃうのお?こんなんあるんやあ、へええ「というのがあるそうで、これなどは何を言うとんのぢゃという感じです。七十二候には時々へんちくりんなのが有って面白いですね。」ほんとに面白いんですよ、七十二候あの長い季語ですけれどもねえ皆さんも是非挑んで欲しいと思いますねえ

 それからですねえ、糖尿猫がぁ、え〜こういう季語を作るときのぉ、まあ難しさをつぶやいてるんですが「時候の季語だと自分に言い聞かせながら句を作るのです。しかし妙に具体性を持っておりますのでどう取り合わせを考えたものか悩みました。具体像を持ったものと取り合わせると具体+具体=ぐだぐたになりそう。」ふっはっはは、いやおっしゃるとおりですね、時候の季語って言うのは本来は映像を持たないものなんですが、雉始めて鳴くなんてねえ、やっぱり雉が鳴く姿っていうのが浮かんでくるわけですから致し方ない、でもそれを逆手にとって作るという方法もあるわけです、糖尿猫の一句も読んどきましょう、これ水曜日クラスです
◇雉始めて鳴く斎場の夜の明けぬ  糖尿猫
 うまいですねえ

 そして、はじめ10才からですねえこれはみんなで祝いたいですねえ、こんな一句
◇雉始めて鳴くぼくが最初の誕生日  はじめ10才
 1月2日が誕生日だそうです、はじめぇおめでとう、少し遅れましたけれどもおめでとうの気持ちを伝えたいと思いますねえ

 それから、ミセウ愛となっておりますが「ずいぶん前の事ですが、主人が通勤途中雉を見つけました。電車の窓から、日々観察しているとやがてカップルになり雛が誕生、数日後見かけなくなりそれ以降現れることはありませんでした。今でも春先になると雉太はどうしているかなあ?勝手に命名しました。ジュニアも子供できたかなあ?と思いを馳せています。」この旦那が俳人よねえこんなこと思えるのはねえ、ミセウ愛の一句
◇妻求め雉始めて鳴く甲高く  ミセウ愛
 これは火曜日ぐらいの句ですねえ

 ひでやんからも来ております「私が子供のころは山から降りてきた雉が、舗装などしていない田舎道にひょっこり現れることがよくありました。雉の鳴き声もよく耳にしました。もう野生の雉を見かけることも、あのどこか物悲しい鳴き声を聞くこともなくなりました。国鳥なのに。」あそうか雉国鳥か、日本の国の鳥なんですよねえ、そう思うとなんか丁寧に作ってやらなくちゃってそんな気がいたしますねえ

 ええ、めろめろから‥かはは‥めろめろおかしいわ、めろめろからお便りです「近所に高麗雉の養殖場があります。」へぇぇぇえええ「たまに逃げ出した雉が道路を走っています。」あっはっはっはっは‥ぶふっ「羽を切っているので飛べません。野生では何日も生きては行けないでしょう。ちょっともったいない気持ちがするところが、悟りの境地に程遠い由縁です。」きゃはは、ええ逃げたやつをめろめろが獲りに行ってるような、そんな気もいたしますねえ

 そして、句ゼミのねえあいはと読むんですかこの人は「始めまして、あいはと申します。このたび句ゼミに入りました。これまでの人生で俳句を作ったのは、子供の冬休みの宿題を手伝ったときだけ。」はっはっはは「それを満足に作れずすっかり苦手意識があったのですが、とても楽しそうに俳句をやっている小青さんに誘われて始めました。初めて手にした俳句歳時記のページをめくり、季節を表すさまざまな言葉があることを知りわくわくしています。」嬉しいねえこういうお便り、小青の俳句の種蒔き着々と進んでおります、一句読んでどこうか
◇大阪の青空雉始めて鳴く  あいは
 大阪の青空も明るい青空でしょうねえ


 ‥と言うことで、いま募集中の兼題が‥
「周(周ちゃん広場の周)」「駒返る草」の投句〆切が1月29日(日)必着
新しい兼題は「雲雀笛」「ごめ(海猫)渡る」です


勝たせて貰っているのに廃車専門とは、これいかに?
社長元気だが、石川昇天ってかあ(チーン)
飛車に角、将棋の駒は買わねども、廃車買いたし、お電話を
自動車を解体し続け50年、松山市桑原、石川商店

この番組は車壊して半世紀、廃車買取の東雲短大裏、石川商店の提供でお送りしました

(1/16-20:03)
No.12684
ひでやん > 差し出がましいようで申し訳ございませんが、
「俳句ソングス」歌っているのは、マユミーヌさんです。 (1/16-23:01)
No.12685
ミズスマ
火曜日
〜この番組は農家のお店、『周ちゃん広場』の提供でお送りします〜

俳句集団いつき組組長・夏井いつきです。
アシスタントのウェンズデー正人です。

今週の兼題は「雉始めて鳴く 」でお送りをしております。
火曜日、トップバッターはまるやすの火ほしのこんな一句。

◇営みのお告げなり雉始めて鳴く   火ほし/火ほしの一句のように、まさに春が来るという、その営みでございますね。

そしてせっちゃん命、いつもの葉書で来ております。
◇心地好き旧暦雉始めて鳴く   せっちゃん命/旧暦ってね、見てると本当に興味深いんですよね。「七十二候の中には気宇壮大な比喩がたくさん出てきて、時には滑稽なものもあります」と書いてくれてますが。七十二候、皆さん是非一回丁寧に見てください。刺激されます。

伯方児童館俳句キッズ・つばさ、小学校四年生です。
◇水を飲む雉始めて鳴くいい気持ち   つばさ/水を飲む、春の気分に似合ってる行動だなあと思いますね。

◇飛び立つ声や雉始めて鳴く佳き日かな   若草俳句会・杏っ子/あ、惜しいですね。「や」と「かな」が一句の中に入ってきてね、これ「声」なくしてね、「飛び立つや」にして、「雉の始めて鳴く佳き日」ぐらいで止めるとちゃんと十七音に入ってきますよ。

◇雉始めて鳴く鳴けど撃たれぬ御空行く   やすお/最後「みそらいく」で、飛んで行く遥かな空が見えますね。

きらきらひかるの一句です。
◇雉鳴くや空を仰ぎし首筋に   きらきらひかる/最後の「首筋に」に実感があります。

滋賀から参加、一斤染乃の一句。
◇緋の目の雉始めて鳴くや嘴(はし)白き   一斤染乃/「ひ」というのは「いとへん」に 「あらず」の赤い色の「緋(ひ)」ですね。赤い目の雉が始めて鳴く、その嘴(くちばし)の白いことよと。

◇雉始めて鳴き背伸びしてまず一歩   穂積書道教室俳句部・其蜩/「背伸びしてまず一歩」は自分に言い聞かせるような、そんな言葉でしょうかね。

◇雉始めて鳴く山頂から瀬戸の海   伯方児童館俳句人・バムケロ/これも見えてくる光景広がりますね。

◇雉始めて鳴くや山間の道広がりぬ   あいあいサロン・さっちゃん/これ立ってこその一句かもしれないですね、この場所にね。

◇山麓や雉の始めて鳴きおりぬ   もやい句会・山口千代子/「山麓や」と打ち出しました。

◇空気澄み切る道雉始めて鳴く   穂積書道教室・川霧/「澄み切る」に気分ありますよ。

埼玉から参加、美人晩成の一句。
◇雉始めて鳴く朝日に覚める地の星よ   美人晩成/きれいですね。「地の星よ」という詠嘆がね。

◇東雲の旅立ちや雉始めて鳴く   シナモン句会・まり姫/就職でしょうかね、進学でしょうかね。そんな一句かもしれません。

◇朝明けぬ静寂(しじま)を雉始めて鳴く   新居浜・ペケポン/「しじま」という言葉ね、日本語きれいでしょう。

◇やわき日に雉の始めて鳴く野原   ちか子/「柔らかい日差し」ということなんでしょうね、上五はね。

◇晴れの日に雉始めて鳴く野山かな   正岡ごき/「晴れ」がお天気の晴れかもしれないし、「ケ」と「ハレ」の晴れかもしれませんね。

◇雉始めて鳴く山の白光る朝   新居浜・猫の足跡/「山の白光る朝」ってきれいな言葉ですよ。

◇雉始めて鳴く晴天に吸い込まれて鳴く   トラックウーマン/これ「鳴く」「鳴く」という脚韻が効いてます。一行詩みたいですね。

◇雉始めて鳴くざわめく遍路坂   みみこ/まあ遍路が季語ではありますけれども、この場合はね、全然障らないですね。

◇保護区出て雉始めて鳴く酉の年   山中憶良/今年は酉の年でございますね。

◇背伸びして雉始めて鳴く始業前   としまる/仕事が始まるというこの感じですかー。

◇垣生山に雉始めて鳴くや甲高く   若草俳句会・カンナ/「はぶやま」、「垣生(はぶ)」というのは松山の地名ですね。

◇風一閃雉始めて鳴く高台寺   シナモン句会・灰色猫/固有名詞が入りましたね。「高い台の寺」で「こうだいじ」ですね。字面が似合ってますね。

◇雉始めて鳴くや庭をいじれず眺めおり   今日はアッシー/ほほ、庭いじりがあんたの趣味なの。

赤い長靴はもやい句会です。
◇雉始めて鳴く過疎も空家も無関心   赤い長靴/雉は無関心に鳴いております。

◇番雉始めて鳴くやしゃがれ声   句空/しゃがれ声という風にね、自分の聞き取った実感でしょうね、これはね。

◇羽を広げ雉始めて鳴く求愛   穂積書道教室俳句部・浜撫子/鳥たちは求愛のために鳴くんですね。

砥部のミーユーも愛と恋を語ります。
◇空仰ぎ雉始めて鳴く恋の道   ミーユー/恋の道っていうと大げさでいいな。

◇雉始めて鳴くそろそろ恋を始めたい   河野さとみ/人間も始めたいんですかね。

◇Uターンの若いカップル雉始めて鳴く   横浜4Gの会大阪会友・いそ/恋しまくっておりますな。

◇村の子二十歳雉始めて鳴くかな   いつき組リスナー班・桜里/成人式ですね。

そして宇都宮から参加、葉音の一句。
◇雉始めて鳴く真剣勝負声高し   葉音(はのん)/おっしゃる通りです。

京都から参加・都乃あざみ
◇雉始めて鳴く君は無口な草食系   都乃あざみ/はは、好み?何なの。

◇雉始めて鳴きて恋のレースのゴング鳴る   いつき組リスナー班・田山(たぁさん)/ゴング、ガンガーンとかってね。

台所のキフジンは東京からの参加。
◇恋しくて雉の始めて鳴きにけり   台所のキフジン/おっしゃる通りでございますね。

青森から参加、佐藤亜阿介です。
◇雉始めて鳴くはじめてのつけまつ毛   佐藤亜阿介/ハハハ!これどんな取り合わせ、あんたこれ。

◇雉始めて鳴く意地で拒否したキス悔やむ   しょい句会・穂の実/今頃悔やむ!?今頃悔やむか。

樹朋の一句もいいじゃないですか。
◇雉始めて鳴く老いには老いの恋   樹朋/がんばれ、樹朋!

◇名物親父逝き雉始めて鳴く   かつお飯/なんか貧相になってきたな。

最後がチェリッシュの一句です。
◇雉始めて鳴く大島夫婦旅   チェリッシュ/大島いってらっしゃい。

もう色んな句が来ておりますね。
ということで今募集中の兼題が… (1/18-08:11)
No.12686
あねご > 水曜日
この番組は車検、板金の友近自動車の提供でお送りします。

俳句集団いつき組組長夏井いつきです。
アシスタントのウェンズディ正人です。
今週の兼題は「雉始めて鳴く」でお送りをしております。
水曜日、トリオパンジーズ、松ばあちゃんの一句
◇雉始めて鳴く山よ起きろと言うように トリオパンジーズ・松ばあちゃん/「山眠る」っていう冬の季語がありますからね。春ですよ、起きてくださいというふうに鳴くという一句です

緑の国句会、福岡の松ぼっくりの一句です
◇雉始めて鳴く早暁の連山越えて来ぬ 福岡・松ぼっくり/「早暁」と書いて「あさ」とルビが打ってありますけれどもね。普通に「朝」って書いてもいいかもしれないし、「暁」だけ書いて「暁(あけ)の連山」と読ませてもいいかもしれませんね

誉茂子の一句です
◇雉始めて鳴く水辺に光るもののあり 誉茂子/「風光る」っていう季語も見えてきますね

痛快の一句です
◇雉始めて鳴く風の匂いの変わりし日 痛快/これもね、嗅覚で春を捉えました

甘泉の一句
◇雉始めて鳴くための日和となりにけり 甘泉/雉始めて鳴いてくれるお日和だよっていうこの表現も素敵ですね

石川から参加、亀田荒太です
◇雉鳴きて答ふる雉の無き始め 石川・亀田荒太/最初の「雉鳴きて」は普通の雉が鳴く声のほうなんですが、おしりのほうの「雉の無き始め」は雉のいないところから鳴き始めると。ちょっと目で見ないとわかりにくい一句ではありますね。

千葉から参加、柝の音の一句
◇雉始めて鳴く真昼の村の静けさよ 千葉・柝の音/静けさとの対比です

愛知から参加、抹茶金魚の一句
◇雉始めて鳴き林の深く吹きにけり 愛知・抹茶金魚/「吹きにけり」ってところに春の日射しを感じますね

てつこは福井からの参加
◇黝き峰々雉の鳴き始む 福井・てつこ/「黝き(あおぐろき)」ってちょっとむずかしい字なんですが、辞書で調べてみてください

まるやす、のり茶づけの一句
◇雉始めて鳴く藪へ陽光 まるやす・のり茶づけ/非常にスッキリと言葉刈り込みました

同じくまるやす、ペペロンチーノです
◇雉始めて鳴く瑞光のごと空を見ゆ まるやす・ペペロンチーノ/めでたい光りの「瑞光(ずいこう)」ですね

埼玉から参加、彩楓の一句
◇雉始めて鳴く雲無き青空に 埼玉・彩楓/「季語だけで八文字、どうすればいいんでしょう」なんて書いてありますが、水曜日の句ですよ〜

広島から参加、江刺乃可奈女の一句
◇雉始めて鳴く青空の真青ゆえ 広島・江刺乃可奈女/青空があまりに青いから雉が鳴くんだ、いいじゃないですか

漢詩人鉄仮面です
◇雉始めて鳴く青一色の僕の空 漢詩人鉄仮面/最後の「僕の空」っていうこの切り替え方がいいなぁと思いますね。口語のよろしさです

朝陽の一句
◇雉始めて鳴く鶏冠の色の日が上がる 朝陽/「鶏冠」っていうところでね、雉と触れ合わせているわけです。響き合わせているわけですね

恋衣の一句
◇緋の色の雌来雉始めて鳴く日 恋衣/「雌来(めすく)」というのは雌が来たっていうことですね。

穂積書道教室俳句部、花見月の一句
◇雉始めて鳴く鼓膜の奥がピンと鳴る 穂積書道教室俳句部・花見月/ほう、そういう声だな確かに、言われてみると

案山子の一句はこんな音楽の用語が出てまいります
◇雉始めて鳴く一小節目アンダンテ 案山子

アンダンテが出りゃ、今度は作曲家ドボルザークも出てまいります。横浜4Gの会、大阪会友、猫の恋です
◇雉始めて鳴く渓谷にドボルザーク流るる 横浜4Gの会・大阪会友・猫の恋/これなんか、お帰りの音楽みたいな感じもするんですけどね。

これは愛知から参加、松田てぃの一句
◇雉始めて鳴く減反の畔道 愛知・松田てぃ/「減反の」っていうところで光景見えてきますね

ドイツから参加、月の道の一句
◇雉始めて鳴くや小川の動き出す ドイツ・月の道/「季語の世界はなかなか経験できないので、YouTube吟行と勝手に命名して日々いろんな方の動画を見るんですが、今回は特に雉の動画を片っぱしから繰り返し見続けた二週間でした」と。ドイツで頑張ってくれてる人もおります

そしてこちら西条、鍼屋さんです
◇雉始めて鳴く三年ぶりの郷里かな 西条・鍼屋さん/「三年ぶり」というところに実感がありますね

不知火の一句
◇雉始めて鳴くや見晴らし小屋近し 不知火/「見晴らし小屋」っていう言葉、気持ちいいですね

宇和島風花会、花水木です
◇雉始めて鳴く大樹に御幣白々と 一句一遊宇和島風花会・花水木/神社でしょうね。ご神木だと思います。

大洲の伯洋です
◇雉始めて鳴く鎮守の森の大地主 大洲・伯洋/大地主のその森の中で、っていうことなんでしょうかね

逆ベッカムは面白い人物が出てきます
◇逆打ちの麗人雉始めて鳴く 逆ベッカム/お遍路ですね。逆回りしているという麗人にスッと目がいきます

松山の雪花の一句
◇雉始めて鳴くや女系家族の四代目 松山・雪花/それはそれでめでたいじゃないですか

シナモン句会、るいです
◇山小屋に朝日影雉始めて鳴く シナモン句会・るい/朝の日影、朝の光と影ですね

坊太郎の一句
◇雉始めて鳴くや火挟みを熾す音 坊太郎/「火挟み(ひばさみ)」っていうのは火縄銃の部品、ある部分を指しますね。撃たれる前の雉でしょうか

風花会、小手毬です
◇雉始めて鳴く観音水を汲む最中 一句一遊宇和島風花会・小手毬/「最中」っていうところの時間の切り取りが鮮やか

牡丹餅の一句です
◇雉始めて鳴く分校へとの別れ道 牡丹餅/実際に聞いたことあるんだろうなあ

中島浄土です
◇雉始めて鳴く神社の坂の豆剣士 中島浄土/お稽古が終わった後で、剣道のねえ。みんなで神社にお参りに行ってるような感じでしょうかね

ほろよいの一句です
◇雉始めて鳴く放水口の鯉の口 ほろよい/「放水口」で口が出てきて最後「鯉の口」と。字面も楽しいですね

穂積書道教室俳句部、部長の天玲です
◇雉始めて鳴く神域に風尖る 穂積書道教室俳句部・天玲/「風尖る」ってとこカッコイイでしょ。

めろめろの一句
◇野に椅子に風吹けば雉始めて鳴く めろめろ/「野に椅子に」っていうこのリフレインが鮮やかです

ころんの一句
◇雉始めて鳴く南方覗く風見鶏 ころん/風見鶏はそちらを示しております

風花会、桜です
◇雉始めて鳴く風車五十基唸る音 一句一遊宇和島風花会・桜/五十基っていう数詞がすごいじゃないですかあ

横浜4Gの会、浜のとみちゃんです
◇佐田岬無人灯台雉始めて鳴く 横浜4Gの会・浜のとみちゃん/佐田岬の白い灯台の姿がすっくと見えてまいりますね

募集中の兼題 「周(周ちゃん広場の周)」「駒返る草」1月29日(日)必着
       「雲雀笛」「海猫渡る(ごめわたる)」

車のことならなんでも。南梅本町、自衛隊松山駐屯地すぐそば、友近自動車にご相談ください。
一日車検、板金ブース完備。お客様の愛車をすべて仕上げてお渡しします。
電話089−948−8003まで。らくさぶろうも友近自動車を応援しています。

この番組は車検、板金の友近自動車の提供でお送りしました。
(1/18-23:27)
No.12687
亀田荒太 > 聞き書き隊のみなさま、お世話になっております。
拙句「雉鳴きて応ふる雉の無き始め」でした。
改めての訂正は必要ありません。
今後ともよろしくお願いいたします。 (1/19-05:33)
No.12688
抹茶金魚 > お世話になっております。
雉始めて鳴き林の深く透きにけり、で投句しました。 (1/19-16:35)
No.12689
みかり
木曜日

〜この番組は坊ちゃん団子、タルトの亀井製菓の提供でお送りします〜

木曜日なんですが、今週の兼題「雉始めて鳴く」の水曜日のみなさんが少し残っているので

◇引き籠もるこの部屋開く日雉始めて鳴く  プリマスロック句会・ひなぎきょう/いやー引き籠もる子を持った親の気持ちとして、開く日を思うって分かりますね

◇雉始めて鳴く日結納控えし日  広島・かつたろー/ええじゃないですかあ

◇雉始めて鳴く母屋の朝の灯りかな  富山・露玉/ほんのりした朝靄の中にみえてくるんでしょうねえ

◇雉始めて鳴く私は鍋を磨く  雪うさぎ/いいじゃないですかあ〜これ淡々とした感じが良いねえ。雪うさぎは埼玉からの参加でございますねえ

◇雉始めて鳴く海の絵はがき来て眩し  東京・トポル/最後の眩しがいいですねえ。沖縄辺りから葉書が来たのかなと勝手に思いました

◇雉始めて鳴き句集に開き癖  長野・遠音/句集を読んでくださってる、それもうれしい

◇太郎の子生るる雉始めて鳴く  プリマスロック句会・ちろりん/犬かなあ馬かなあ豚かなあ・・太郎は誰だろう

◇出荷待つ化粧箱千雉始めて鳴く  プリマスロック句会・妙/何の出荷なんでしょうねえ、これも・・春になって出荷の気持ちが動き出します

◇雉始めて鳴くバックミラーの白い線  あやね/車山道運転しててはっと後ろ向く、そんな感じかなあと思います

◇雉始めて鳴く一直線に楔  殻傘春男/このなんの楔でしょうねえ、これは・・

◇雉始めて鳴く国境に丸太橋  大分・樫の木/国境(こっきょう)というと国と国の境目っていう感じなんですね。国境(くにざかい)って言うと昔の地方を隔てるって感じだけどねえ

◇雉始めて鳴く日本列島火山帯  ミセスコナン/この言葉くっつけるだけでねえ、日本の特徴ですからねえ、佳い句だと思います

◇避難指示解除準備雉始めて鳴く  あらあらた/これもながーい言葉くっつけたんですが、雉が鳴き始める頃に行けたらいいな、入れたらいいなってことでしょうねえ

◇定期雇用内定雉始めて鳴く  きうい/良かったねえ、めでたいねえ

◇長靴にも慣れて雉始めて鳴く  きとうじん/こういう作業農家を始めたっていう気もしますねえ

◇雉始めて鳴く異国の船の着く夜明け  越智空子/最後夜明けでねえ、ほんと開けてくる感じきれいです

◇雉始めて鳴く仮称やすらぎ園寄稿起工  千葉・小泉岩魚/やすらぎ園って老人介護施設って、そんな感じがしますねえ

◇雉始めて鳴く洋館の緋毛氈  なんちゃって句会・大阪・長尾漣/鮮やかですねえ

◇雉始めて鳴く農機具購入す  八十八/今度の三月で退職だと言うことですのでね、色々計画練ってるんでしょうかねえ

お便り紹介しましょう

■まどんからお便り
「組長!雉始めて鳴くという季語が「新日本歳時記」の冬にも新年にも載っていません。ならばと「絶滅寸前季語辞典」でも調べてみたのですが、雉だけ。新年の雉だけはあっても雉始めて鳴くはありませんでした。季語感よりも字数合わせの句となってしまいました」ふっ、お気持ちは分かりますねえ
「俳句のある人生ますます楽しく、一年があっという間です」なんて書いてくれておりますねえ
◇眠そうに雉の始めて鳴く朝(あした)  まどん

■句ゼミ・胡椒からお便り
「組長!先日娘夫婦と四国中央市の霧の森に行きました。大の大人6人で、川で水切りをして遊んでいたのですが、突然娘が「ぎゃーー」と。何かと見てみると婿さんの掌にな、なんとあのざざ虫でした。みんな「気持ち悪い〜〜」と言ってましたが、私だけはこのざざ虫が石の隙間に隠れるまで愛おしく見届けたのでした」あら〜〜ざざ虫という季語を知っただけでねえ、意識がこれだけ変わるわけですよ。こんな一句もありました

◇一山の荒れ地に戻り雉始めて鳴く  胡椒

■みいみからお便り
「組長!こんにちは。年末の忙しい時期にやってしまいました。みいみかあちゃん初骨折。バレーボールやって初骨折」笑ったらいけんけどねえ
「アンド初入院、手術」ええーー?!手術??
「母一走人と同じ足首の手術になります。なんと母の手術をした先生と一緒」あらまあ・・
「足の痛みと闘いながら骨折俳句百句つくれるかなあ・・」がんばんなさい、折角骨折したんだから・・そんな一句、あ、これ先週来てたのね?こんな一句もあります

◇春を待つ亀の歩みの松葉杖  みいみ/偉い、偉い。転んだからってそのままじゃいけません。ちゃんと百句ぐらいは手に握って起き上がりましょう

そして珠桜女あすかも大変なことになってたんですか?

「お櫃入の句、木曜日に水曜日の残りで読んでくださってありがとうございました。最近は咳が止まりませんで、病院に行って来ました。なかなか気をつけても風邪を引くものですね。たまに俳句の名刺の話を聞きますが、いつか組長の名刺をいただけたらいいなと願っております。」
あ、この名刺というのは俳都松山大使っていうんで私名刺をいっぱいいただいてまして、その名刺にね、松山の乗り物とか色んな物が割引になるクーポン券が付いてるんで、色んな方が色んなところで「組長、名刺ください」って。そして春夏秋冬新年と5枚別バージョンがあって、「5枚全部集めたら何か当たりますか?」って言うから「そのうち何か当たるかも知れないね」とかってゆってるんですけれども、こないだの松山俳句ポスト365のオフ会で集まってくださった皆さんには、一番貴重な新年バージョンを皆さんに進呈いたしましたので、いつか珠桜女あすか、会った時に「ください」って声かけてくださいよ。喜んで差し上げますのでね


と言うことで・・

※募集中の兼題 「周(周ちゃん広場の周)」「駒返る草」1月29日(日)必着
       「雲雀笛」「海猫(ごめ)渡る」

あなたの投句をお待ちしております!

坊ちゃん団子、いただきま〜す!
おいしい〜。
ほんとよ。これも亀井製菓?
うん、おいしい。
坊ちゃん団子も亀井製菓だよね〜。

坊ちゃん団子は第26回全国菓子大博覧会名誉総裁賞を受賞しました

この番組は坊ちゃん団子、タルトの亀井製菓の提供でお送りしました

(1/19-16:54)
No.12690
小泉岩魚 > いつも聞き書きありがとうございます。「雉始めて鳴く仮称やすらぎ苑起工」で投稿いたしました。 (1/19-21:12) No.12691
あねご > 【訂正】
水曜日
◇雉鳴きて応ふる雉の無き始め 亀田荒太
◇雉始めて鳴き林の深く透きにけり 抹茶金魚
木曜日
◇雉始めて鳴く仮称やすらぎ苑起工 小泉岩魚
(1/19-23:02)
No.12692
まとむ
金曜日

俳句集団いつき組組長夏井いつきです。
アシスタントのウェンズテー正人です。
今週の兼題は「雉始めて鳴く」でお送りをしております。難しかったよねぇ。普通の時候の季語と違って、映像めいたものがやっぱり脳の中に再生されてしまうということですね、雉の姿とかがね。金曜日の皆さんご紹介してまいりましょう。
まず、トップバッターは太郎の一句です。
◇雉始めて鳴く歩けるほどに痩せた川  太郎
「川涸るる」って季語があって、冬になったら川の水か無くなっていくという光景見たことあるでしょう?「歩けるほどに痩せた川」という冬ざれた光景を描いているんだけれども、「雉始めて鳴く」わけですから、やがて春の川になっていくその時期であるよというのが、見えてくるわけですよね。時候の句の作り方、ま特殊な映像がちょっと見える事項の季語の使い方としては、非常に巧みなやり方だなぁと思います。

更紗の一句です。
◇雉始めて鳴く七色に匂ふ土  更紗
もうすぐ前に春が近づいてきてるっていう時期ですから、「七色に匂ふ」というこの感覚的な表現がいいですよね。春の土に近づくその土が見えて来る。嗅覚をこんな使い方できるというのは、この人ならではの感覚だと思いますね。

三重から参加たかおあやの一句です。
◇雉始めて鳴けど山鼠(やまね)はなほ熟寝(うまい)  三重・たかおあや
熟寝と書いて「うまい」っていう風に美しい日本語でしょう?山の鼠と書いて「やまね」ですね。雉は鳴きだしたけれども山鼠はまだ熟睡しておりますよと。やさしい絵本みたいな一句ですよね。「雉始めて鳴けど」からの展開さすがだと思いますね。

砥部のお嬢さんズ・あんみつゆか姫が金曜日残っております。
◇雉始めて鳴く甚平谷の風神よ  砥部のお嬢さんズ・あんみつゆか姫
「甚平谷」っていう谷がホントにあるのかどうか知りませんけれども、「甚平谷の風神」はまだまだ冷たい風を吹かしているにちがいないけれども、その風が雉初めて鳴く声を伝えてくれているような感覚もありますね。

いそこの一句はもう少し大きな光景に来ました。
◇日の射して雉鳴き初むる国に住み  いそこ
雉というのは日本の国鳥、国の鳥となっておりますね。雉鳴き初むる国に住むワタクシたち大和の民族よという、そういう賛歌として読んだらいいんだろうと思いますね。最後の「国に住み」という流しかた納め方もゆったりとした気分ですね。

東京から参加笑松の一句。
◇門ごとの御旗始めて雉の鳴く  東京・笑松
「御旗」ですから日の丸の旗かなという風に思いました。門ごとの「かどごとの」と読むのかもしれないですけれども、門ごとに御旗が立って、そして初めて雉が鳴きはじめますよと。これも国の栄を喜ぶみたいなそんな味わいの一句になっております。

喜ぶにはいろんな喜び方、めでたいことがあるかと思いますが、まゆ熊(べあ)はこんな一句。
◇雉始めて鳴く寝屋に産湯の運ばれて  まゆ熊
赤ちゃんが生まれたんですね。産湯が運ばれております、雉は鳴き始めます。めでたいことが続くそんな感じがしますね。「運ばれて」と言い切らないで流したことによって「雉始めて鳴く」という空気に戻っていく効果があります。

句ゼミ・石川焦点の一句。
◇酒米を磨く雉鳴き初むるころ  句ゼミ・石川焦点
「酒米を磨く」っていうのがいいですよね、これはね。酒造りのころを「酒米を磨く雉鳴き初むるころ」という言い方で、酒米を造る時期というのをちゃんと表現できていると思いますね。

そしてこちらが横浜4Gの会大阪会友ちづこです。
◇雉始めて鳴く極彩色の天井画  横浜4Gの会大阪会友ちづこ
これも「極彩色の天井画」見上げた感じと、お寺とか神社とかじゃないかと思うんですが、そこに聞こえてくる雉の気分みたいなのがいいですね。「極彩色」の鮮やかさと雉の色合いの鮮やかさもさり気なく触れ合います。

長崎から参加七草の一句。
◇雉始めて鳴く夢の底より呼ばれけり  長崎・七草
「夢の底より」ですから、うとうとと春の近づく眠りをたのしんでいる感じですね。「夢の底より」はるかに雉の声も聞こえてくる。ここらへんのつかず離れず巧いなぁと思いますね。

もう差し上げたい人いっぱいいたんですが、今日はこの人に譲ってやってください。新居浜のちーちゃんの一句なんですが、鬼の北と書いて鬼北(きほく)というのは、愛媛県の南予の方の地名でございますね。鬼ヶ城なんて山もあるんですけれども、鬼北という地名の入ったこんな一句です。

  『天』  雉始めて鳴く鬼北の鬼の肩で鳴く  新居浜・ちーちゃん

まぁ擬人化にはなっているんですけれども、鬼北地方の鬼の肩、鬼ヶ城というその山の鬼の肩あたりで雉が鳴きはじめますよと。そうすると春が近づいてきますよなんていう一句なんですね。これなんかもう鬼北町にプレゼントして鬼北町のキャッチコピーにしてあげたいくらいですね。道の駅にこんなモニュメントもあるということなんですけれども、一句にしたときには、鬼ヶ城の肩のあたりという雄大な句に仕立て直されてるところがいいなぁと思いますね。鬼北町、句碑立ててやってほしい一句でございました。

☆「周(周ちゃん広場の周)」「駒返る草」の募集締め切りは1月29日(日)必着。       「雲雀笛」「海猫(ごめ)渡る」
あなたの投句をお待ちしております。

夏井いつきの一句一遊は毎週月曜から金曜朝十時から。
あなたも是非「垣根なき十七音の世界へ」
(1/20-22:34)
No.12693
名前 返信 文字色 削除キー

無題
投稿者: 投稿日:2017/01/14(Sat) 10:11 No.12677 
兼題「しばれる」

笑み浮かべしばれる手と手つないだ日

まとむ > 暖亭三郎さん、ようこそ一句一遊へ。
しかし、しかしこちらへ書き込みされても投句は受付されません。投句は南海放送ラジオ下記のアドレスへどうぞ。
 ku@rnb.co.jp
(1/15-20:39)
No.12682
名前 返信 文字色 削除キー

一句一遊 「亀」 1月9〜13日放送分
投稿者: ポメロ親父   投稿日:2017/01/09(Mon) 15:01 No.12665 
 こちらの掲示板では、RNB南海放送ラジオの番組「夏井いつきの一句一遊」の内容を聞き書きしております。聞き書きですので表記は不正確です。同音異字や誤字が有りましたら修正してください。間違いに気づかれた方 は、ご自分の句でなくても、教えていただきますと助かりますので、どうぞよろしくお願いします。
 直接こちらに俳句を書き込まれましても、放送されることはありません。俳句の投句先のメールアドレスは ku@rnb.co.jp です。

ポメロ親父  

 車壊して半世紀、廃車買い取りの東雲短大裏「石川商店」の提供でお送りします

月曜日

 俳句集団いつき組組長、夏井いつきです
 アシスタントのウエンズデー正人です

 今週の兼題は漢字シリーズ「亀」でお送をします。月曜日トップバッター、伯方児童館俳句キッズ小学生たちねえ、頑張って投句してくれてますが、小2・ひだかから行くか
◇亀さんの甲羅の硬さ氷のよう  ひだか
 ね、触ってみたんやねえ、俳句はね触るって言うのも大事なんですよお

 さらにじっと見つめました、小2・たいしの一句
◇亀の背中六角形の甲羅あり  たいし
 ありっていいきったところがなんか俳句っぽい匂いが漂いますねえ

 小1・あやねは知ってることを書いてみました
◇亀さんは冬眠してて冬の中  あやね
 冬の中っていうのがねえ不思議な味わいになります

 同じく小1・あみかの一句
◇もしかめは冬にはむずいがんばるぞ  あみか
 もしかめっていうのが私にはね、何のことやら全然わからんかったんですが、次の一句を読んでやっと意味がわかりました

ほのぼのオムライスの一句
◇初夢でもしかめ止めけん決めました  ほのぼのオムライス
 止めけんというのはこれもなんか技の名前なんですかねえ、パシッて止めるなんかすごい技があるのかいなあ

 城山黒吉はですねえこう来ました
◇タルト乗る亀の背中に寒鯉乗る  城山黒吉
 ふっ、どんなんやタルトの上に亀の‥亀の甲羅の上にタルト?その上に寒鯉?

 かぐやの一句は明らかにこれ季重なりですわ
◇冬篭り炬燵甲羅に亀になる  かぐや
 も、炬燵に入って、炬燵が甲羅になって亀になる、もこれねえ子供の俳句で山のようにこ来る類想類句、しかも冬篭りと炬燵でね、季重なりでね、かぐやぁたのんまっせほんとに

 田中ようちゃんは千葉からの参加
◇かわいがられ介護施設の亀親子  田中ようちゃん
 これはこれでかわいらしいですよね「ボランティアに行かしてもらってる介護施設に、大きな水槽で亀が飼われていて利用者さんが見て楽しんでます。」ってねえ

 大分いつき組リスナー班・草庵でございます
◇食べられてたまるものかと亀逃げる  草庵
 亀食べるっつったらスッポンですかこれぇ「友達が近くの沼でスッポンを捕まえて、スッポン鍋を食べようと考えていましたが逃げました。」そりゃ、そりゃあ逃げるはねえ、捕まりたくはないでしょうよ

 ポメロ親父からですねえ、能書き来ておりますねえ「日本の亀の在来種には、イシガメとスッポンがおり、このほかにも沖縄にはリュウキュウヤマガメやセマルハコガメがおります。クサガメは近年の研究から、18世紀ごろに大陸から持ち込まれた外来種であると考えられています。日本自然保護協会が2013年に実施した調査では、河川等に生息しているカメのうち最も多いのは、ペット用にミドリガメとして輸入されたミシシッピアカミミガメで」えっ!!そんな名前なん?ミドリガメって?「全体の64%を占めており、イシガメはわずかに1割ほどで外来種との交雑による遺伝的汚染が心配されています。」遺伝的汚染ていう言葉を私は始めて聞きましたけれども、ええ〜?ミドリガメってミシシッピアカミミガメっていうんですか?、すごい名前って面白いですねえこりゃあ

 ええ〜そんな亀にまつわる話題がいろいろ届いておりますが、横浜4Gの会・かまじじからですねえ、おっそろしいこれも全然知らなかったんですが、こんなお便りなんですよ「江ノ島水族館で海亀をしばらく見ておりました。そこには次のような掲示がありました。亀は産卵した場所の砂の温度が高ければ雌になり」え゛え〜?「低ければオスになる。」なんで?「雄の尻尾は雌より長い、亀のプールには長め短めが泳いでおりました。種の違う亀、青亀赤亀を同じプールに入れるとけんかするので別のプールにしている。一つ知識が得られました。」え゛え〜温度で雄雌が代わるなんてこれすごい話ですよねえ〜、いやあ、この話読まないとかまじじに一句はぜんぜん意味もしゃしゃりもわからなかったんです
◇春近し亀の雌雄や浜定む  かまじじ
 浜が定むって、まあそりゃそうだけどぉみたいな感じですよねえ

 松山の‥愛する龍で愛龍和尚と言うんでしょうかねえ、この人もいろいろ亀の棲んでる所にたいするねえ、思いがあるんじゃないかしら、こんな一句
◇都市開発亀や砂岩のテリトリー  愛龍和尚
 砂の岩で砂岩ですよねえ、これも雄雌いろいろここの場所で変わったりするんでしょうかねえ

 飼ってる人からのお便りも来ております、あるきしちはるは、けいごそれからたくみ子供たちと一緒に俳句を楽しんでるんですが、長男けいご飼ってるようですよ「長男けいごの通う幼稚園では、ミドリガメを飼育しており、亀が埋まるくらいケースに砂を入れ冬眠させています。」そしてですねこんな一句です、はっは
◇川砂をケースの亀へ冬休み  あるきしちはる
 亀へねえちゃんと川砂を一杯敷いてから冬休みに入るというそういう幼稚園ですよねえ

 横浜の糖尿猫がですねえ、これもあんたすごいですねえこれ、お便りです「うちでは5匹の猫のほかに1匹の陸亀(ヘルマン陸亀)を買っています。2002年1月から居ますので、順番で言えば猫よりも亀のほうが先輩です。亀は冬眠する動物ですが、その手続きが厄介。数週間の絶食後、徐々に気温などを下げていく、しかも下げすぎないで一定の温度を維持するなんてことをしないといけないそうです。さらに冬眠させるのに成功したからと言って目覚めるのに成功するとは限りません。」‥っはっはっは、そんなあ、そぉんなあはっはっは「起こそうと思ったら死んでいた。などということがしばしばあるそうです。」あっはっはっはっ‥「そのため、うちの亀ケージは常夏常春となっております。周囲が真冬でも亀ケージ内はいつも25℃以上を保っております。」なんちゅう贅沢な亀たちなんでしょうこれ、それにしてもあんた‥目覚めるかどうかわかんないって、そういうものなんですか?起こそうと思ったら死んでいたって‥これだけで100句できるよ糖尿猫ぉ、そんな糖尿猫のこんな一句
◇冬眠をさせざる亀の艶深し  糖尿猫
 いいじゃないですかねえ、冬眠をさせざるってところがおかしいですねえ


 ‥と言うことで、いま募集中の兼題が‥
「ホットドリンクス」「しばれる」の投句〆切が1月15日(日)必着
  その次の兼題は「周(周ちゃん広場の周)」「駒返る草」です


勝たせて貰っているのに廃車専門とは、これいかに?
社長元気だが、石川昇天ってかあ(チーン)
飛車に角、将棋の駒は買わねども、廃車買いたし、お電話を
自動車を解体し続け50年、松山市桑原、石川商店

この番組は車壊して半世紀、廃車買取の東雲短大裏、石川商店の提供でお送りしました


(1/9-15:06)
No.12666
ミズスマ
火曜日
〜この番組は農家のお店・周ちゃん広場の提供でお送りします。〜

俳句集団いつき組組長・夏井いつきです。
アシスタントのウェンズデー正人です。

今週の兼題は、漢字シリーズ「亀」でお送りをしております。

火曜日トップバッター、名前書いてない人がいましてね。「アドレスから送れませんでした」うにゃうにゃうにゃうにゃ書いてあるんですが、このお便り書くのに一生懸命になって、名前忘れたんじゃないかなあと思うんですが。
名無しの権兵衛のこんな一句からスタートです。
◇海亀と旅終えにけり初寝覚   ?/初寝覚という季語がね、ゆったりと最後にきますね。

もう一人おりますよ、これー、名前の分からない人が。こんな一句。
◇道渡る亀を見守る春帽子   ?/これ、春帽子がかろやかでかわいいですね。

そして、愛知から参加、三河のぽんぽこ。元気ですね。
◇亀の甲マーチ奏でる春雨や   三河のぽんぽこ/何で亀の子がマーチ奏でてるんでしょうね。ちょっと不思議な感じです。

まるやすの仲間たち、笹百合一句。ハハ
◇石ころと思って蹴った亀蹴った   笹百合/ハハハ、蹴るなや。

そしてこちらがですね、八重桜の一句でございます。
◇小岩より亀跳び込みて音も無し   八重桜/これ見えてきますね、「音も無し」っていう。亀がそうっと跳び込む感じね。

◇波静か砂に足跡亀急ぐ   若草俳句会・杏っ子/亀の急ぐ姿、かわいらしいですよね。

◇内部告発いたしません兎も亀も   きうい/これあんた、何かあるんやないん、あんたの職場に。

◇若菜野や亀の動かぬ泉あり   いそこ/若菜野と泉と季語入りますけど、こういうのは全然気にすることないですね。若菜野にある泉ということでしょう。

西条・ごまちゃんです。
◇亀の子の優雅に泳ぐ冬の海   ごまちゃん/亀の子って季語ちゃうかったったけ?季語です(正人)季語だよね。でもまあこれも冬の海に向かって、ていうことなんでしょうかね。

◇冬日和子亀と遊ぶ孫の笑み   土佐っ子/孫ほどかわいいものは無しと。えー、孫の笑みの句もいっぱい作ってくださいよ。

そして、四国中央市・10歳のはじめです。
◇逃がす気の溝に固まる亀拾う   はじめ/ふふ。子どもが拾うのって、これ目に見えてきますね。先生に「先生、亀ひろいました!」とかって学校に行くんですよ。

そしてシナモン句会・笑笑です。
◇春近し園児頬寄せ亀眺む   笑笑(わらわら)/「頬寄せ」というところのかわいらしさでしょうかね。

◇銭亀を覗く童ら目の涼し   中島のしおみおばちゃん/「目の涼し」の「涼し」というところが実は夏の季語になってるっていう一句ですね。

四国中央市・八歳のてっぺいです。
◇亀よりもおそいなめくじかべをはう   てっぺい/ははは。これ亀が水平に歩いて、ナメクジが縦に這ってるような、そんな感じがして面白い。

え、次がこれは誰だ?愛媛十年というのが俳号なんですか。
◇冬の朝君の吐息を見上げる亀   愛媛十年/これ、飼ってる水槽の中でしょうかね。

◇眠る山麓の亀の夢万里   句空/夢が万里なんてね、こんなこと思うあなたもずっと寝てるタイプの方なんでしょうかねぇ。

中学生俳人・まこちです。
◇石の亀鯉ら守る亀枯葉舞う   まこち/「もる」ってね、「守る(まもる)」と書いて「守る(もる)」という風に読むんですね。

こちらは初投句でしょうか。幸せの豚、すごい俳号やねぇ。
◇海亀の甲羅磨きて年詰まる   幸せの豚/これ飼ってるミドリガメみたいなんでしょうね。ミドリガメ、ミシシッピなんたらかんたら亀って、すごい名前が本当の名前やってね、月曜日にポメロ親父の能書きありましたけどね。

そしてこれが横浜4Gの会・句楽生。
◇年越しも五十回目や壁の亀   句楽生/壁の亀ってこれどうなん?飾ってんの?あの大きな甲羅の磨いてるようなね。違うのかな、飼ってるのなら何か微妙に恐ろしいよね。

◇冬眠の亀の夢見る宝くじ   有馬の巫女/あー、うちも買いましたよー。当たってないんだろうな、きっと。確かめもしてないな。

◇したたかなロシア外交亀が鳴く   菊池マッサージ会・ミスター菊池/こっちに来たか、って感じですが。

ケアジャパン・まさつきさちは今度はあったかい所に飛びました。
◇三期作できるカンボジア夏の亀   まさつきさち/「三期作できるカンボジア」って社会科の教科書の文言みたいですね。

◇隙間風首すくめたり亀のよう   ちびうさ/隙間風、亀のようって自画像かなー。

◇石亀や落葉の下で時を待つ   シナモン句会・チェリッシュ/冬眠の状態をこういう風に詠んだんでしょうね。

◇寒鯉の下をのろのろ亀歩く   ミセスコナン/池の中を覗き込んだ様子っていうことですね。

これが猫が笑うと書いて、「ごろ」と読むんだそうです。
◇ゆるゆると年は明け行く亀笑う   猫笑(ごろ)/「明治3年に生まれ42歳で亡くなった曾祖父は『亀笑』と号して日記のような句帳を残しておりました」だって。「きしょう」と読むのかな、亀笑うだからね。だから猫笑うで何か「ごろ」と読むらしいですよ。この人の俳号も覚えておきましょう。

そして、伯方児童館俳句人・ほのぼのケーキの一句。
◇縁結び神社の亀石初詣   ほのぼのケーキ/めでたくていいですね。

◇新年や運も呼び込む金の亀   太鼓祭り好きの祭り娘/最後、金の亀で映像がちゃんと見えるとこ、いいと思いますよ。

そしてこちらが、高知から参加・ふぢこです。
◇亀岩に賽銭投げし初詣   ふぢこ/いいじゃないですかー。

遠音は長野からの参加。
◇弓始今日は三匹並ぶ亀   遠音/弓始の場所に、池か何かあるのかな。

◇丸亀城初日を拝む善男女   トリオパンジーズ・松ばあちゃん/「ぜんなんにょ」、言えたのが偉いね、君ね。

そして鉄の城の一句。
◇金亀城紅葉の中聳え立つ   鉄の城/鮮やかですね。

睡花は、ああ、この地名か。
◇亀戸へ梅見誘われ夢心地   睡花/夢心地とうっとりしておりますね。

奈良から参加、俳句の菜っ葉と書いて俳菜(はいさい)の一句。
◇春休み小倉遊亀の展覧会   俳菜(はいさい)/日本画家の方ですね。

◇亀の子半纏ぐずる子背なで寝息立て   大洲・伯洋/昔の懐かしい光景です。

◇空っ風亀せんべいを道の駅   紫式部/亀せんべいって何か妙に食べたくなりますね。

◇鎮守の森小さな溜池冬の亀   猫の足跡/冬の亀、続きます…

◇大亀の背なに子亀や冬の雲   お手玉

◇花筏かき分け泳ぐ堀の亀   八幡浜・一味/春もねぇ、どんどん近づいてまいりますよ。

ということで今募集中の兼題が… (1/11-08:26)
No.12667
あねご > 水曜日
この番組は車検、板金の友近自動車の提供でお送りします。

俳句集団いつき組組長夏井いつきです。
アシスタントのウェンズディ正人です。
今週の兼題は漢字シリーズ「亀」でお送りをいたします。

水曜日トップバッターはたくみ3才。この子、生き物好きみたいですね。こんな一句
◇わにかめがさかなをたべるふゆのあめ たくみ3才/最後の「ふゆのあめ」っていう季語の置き方に味わいが生れますね。

西条、ユーホ吹きです
◇冬ざれや亀は目を閉じて寝る 西条・ユーホ吹き/「冬ざれ」っていうのがその気分に似合ってるってことなんでしょうね

いつき組、リスナー班、田山です
◇小春日や甲羅干しする亀である いつき組リスナー班・田山(たぁさん)/「である」と言い切るとここに断定の力っていうのが発生します

広島から参加、かつたろー。です
◇躊躇なく道渡る亀冬ぬくし 広島・かつたろー。/車のほうが待ってくれてる、暖かい、そういう場所なんでしょうかね

群馬から参加、かま猫です
◇亀こつり蹴爪の音や冬ぬくし 群馬・かま猫/静けさがあるからこの音が聞こえますねえ

かなた高1の一句
◇冬の暮進むむくれた亀猫背 かなた高1/亀がむくれてるっていうのがこの子にはわかるわけですからね。俳人ですな

プリマスロック句会、ひかるんです
◇亀笑う手足に触るる日脚かな プリマスロック句会・ひかるん/亀の手足と読んでもいいし、作者の手足と読んでもいいですね

行山路の一句です
◇亀の子へ月の温もり浜の風 行山路/「亀の子」が季語にはなってくるということでしょうね。でも、月っていうのは大きな季語だけど補助の力も持ってます

ドルチェの一句
◇沼涸れて星座を仰ぐ亀二匹 ドルチェ/絵本みたいですねえ

いつき組リスナー班、東京から参加、まさのりの一句
◇月冴ゆるどこまで縮む亀の首 東京・いつき組リスナー班・まさのり/これ最後に亀の首が出てきて映像が見えてまいります

むくもとぼうせいは堺からの参加
◇亀鳴いて事の始終を聞く嘘寝 堺・むくもとぼうせい/「亀鳴く」というのが春の季語になりますねえ

同じ季語をちょっとアレンジしました。東京から参加、杉本とらをの一句
◇鳴かぬ亀眺め欠伸す冬日向 東京・杉本とらを/春にならないと鳴かないわけよねえ

風花会、小手毬です
◇亀飼うて甲羅目覚める春を待つ 一句一遊宇和島風花会・小手毬/甲羅も目覚めるわけですねえ

牡丹餅の一句です
◇白衣には亀のご朱印冬ぬくし 牡丹餅/お遍路さんが始まる。春を待っておりますなあ

喜多輝女です
◇春財布中に小さな金の亀 喜多輝女

まちまちこの一句
◇藁青く鶴亀止まる注連飾 まちまちこ

プリマスロック句会、ちろりんです
◇鶴亀も乗せて熊手の宝船 プリマスロック句会・ちろりん

いつき組リスナー班、桜里
◇正月の掛け軸の亀尾の長し いつき組リスナー班・桜里/「掛け軸の亀」までだったら火曜日になるんですが「尾の長し」まで描写できてるところがいいですね

小雪の一句
◇年始酒亀の鼾の笙のごと 小雪/「笙」というのは笙の笛の笙ですね。飼っている人には亀の鼾も聞こえるんでしょうね

華緒の一句
◇吉と見る亀の甲羅や初薬師 華緒/最後「初薬師」という季語で賑やかな人の声も聞こえてきますねえ

宇和島風花会、野薊です
◇出番待つ亀の子束子狗日の夜 一句一遊宇和島風花会・野薊/「狗日(くじつ)」というのは狗(いぬ)の日と書いて「狗日(くじつ)」ですね

そして一走人の一句
◇新品の亀の子束子お元日 一走人

亀の子束子、まだ続きます。亜桜みかりです
◇初買いの亀の子束子大であり 亜桜みかり/「大であり」っていう、わざわざ言うところがおかしいですね

砥部のお嬢さんず、善哉よしこです
◇亀の子束子ひとりぼっちの日向ぼこ 砥部のお嬢さんず・善哉よしこ/砥部のお嬢さんんずね、じわじわ上手になってきてるんですよ

紗蘭の一句です
◇手の平のお亀鸚哥と春を待つ 紗蘭/最後の「春を待つ」が明るい期待に満ちた季語です

風花会、花水木の一句
◇亀甲の母の絵羽織冬うらら 一句一遊宇和島風花会・花水木

亀で「亀甲模様」の亀甲を詠んだ人けっこうおりました。あおいの一句
◇女正月亀甲の帯鶴の櫛 あおい/三段切れで畳みかけてくるという作り方ですね

大阪なんちゃって句会、江口小春です
◇亀甲のだらりの帯や夕霧忌 大阪なんちゃって句会・江口小春/「夕霧忌」っていうのは夕霧という遊女の忌日っていうことですね

東京から参加、てん点です
◇亀甲の袂広げて初神楽 東京・てん点

穂積書道教室俳句部、菫です
◇初春や柄は亀甲文庫帯 穂積書道教室俳句部・菫

篠原そもの一句
◇蓬莱や水引の亀のそとをり 篠原そも/「蓬莱」というのが季語になります。歳時記見てみてくださいね

風花会、撫子です
◇鶴亀の水引細工年迎う 一句一遊宇和島風花会・撫子

大分から参加、国東まちこの一句
◇鶴亀の旗はためいて初荷かな 大分・国東まちこ/「旗はためいて」ってここらへんのね、言葉の調子がいいじゃないですか

太郎の一句は地名が入ってます
◇信濃路や亀の歩みと言えど春 太郎/最後の「言えど春」あたりのね、持っていき方上手いもんですね

葉音は宇都宮からの参加
◇亀有の空高々と梯子乗り 宇都宮・葉音/「梯子乗り」ですよぉ!青い空も見えてまいります

山田ノムオウの一句
◇雪しまき荒れる丸亀競艇場 山田ノムオウ

八木ふみの一句にも瀬戸内海の島にある山の名前なんです。亀が老いる山で「亀老山(きろうさん)」こんな一句です
◇初日影の声は一つに亀老山 八木ふみ

マーペーの一句
◇早梅の匂い仄かや金亀城 マーペー/金の亀の城で「金亀城(きんきじょう)」ですね

八幡浜、海田はおもしろい。こうきたか
◇大服や金亀建設現場小屋 八幡浜・海田/大きく服という字、服って着るお洋服の服ですね。これで季語になりますね。新年の朝飲むお茶のことをこういうふうな季語で表現します

海の水母は福井からの参加
◇大服や石の亀から長命水 福井・海の水母/これは水を汲みにいってる感じかな

長崎に引越しました。七草の一句
◇亀の手の味噌汁の香や春を待つ 長崎・七草/亀の手っていう貝ですよ。ほんとの亀の手じゃなくてこういう名前の貝です。私大好きです

東京から参加、トポルの一句
◇替え畳を滑る亀裂の踵かな 東京・トポル/これは皸ですかねえ。あの、修行僧の足を思いました

かおりは東京からの参加
◇亀虫は女布団につきたがる 東京・かおり/やだよ〜亀虫、くんな〜と思いますねえ

横浜4Gの会、大阪会友、猫の恋です
◇侘助のひとひらは盲亀にも映る 横浜4Gの会・大阪会友・猫の恋/目の見えない亀と書いて「盲亀(もうき)」。これ詩の一行みたいですね

そして愛南町から参加、モッツァレラえのくし。季語はないんですが、これもね、詩として読める一行ですね
◇妄想に耽る亀の目息長し 愛南町・モッツァレラえのくし

募集中の兼題 「ホットドリンクス」「しばれる」1月15日(日)必着
       「周(周ちゃん広場の周)」「駒返る草」

車のことならなんでも。南梅本町、自衛隊松山駐屯地すぐそば、友近自動車にご相談ください。
一日車検、板金ブース完備。お客様の愛車をすべて仕上げてお渡しします。
電話089−948−8003まで。らくさぶろうも友近自動車を応援しています。

この番組は車検、板金の友近自動車の提供でお送りしました。

(1/11-23:09)
No.12668
ひかるん > 御世話になります。
亀笑う手足に触るる冬日かな、で投句しています。 (1/12-10:13)
No.12669
みかり

木曜日

〜この番組は坊ちゃん団子、タルトの亀井製菓の提供でお送りします〜

木曜日なんですが、今週の兼題「亀」の火曜日のみなさんが少し残っているので、こちらをご紹介してからお便りにいきましょうかねえ

◇庭の池亀の親子の日向ぼこ  穂積書道教室俳句部・わすれな草/ほのぼのしてますなあ

◇亀並ぶ老人達も日向ぼこ  トリオパンジーズ・黄ばあちゃん/亀たちと老人達が同じ物として見られてる感じもしますが

◇亀の言う生の一瞬日向ぼこ  ちいち/同じ日向ぼこでも味わいの違う句でしたね

◇綾取りの指の記憶や亀のゴム  抹茶最中/亀をゴムで作ってるってことでしょうねえ。綾取りが季語になるんですが、これ載っけてる歳時記もあれば載っけてない歳時記もあるって感じでしょうかねえ

◇亀濡れて岩に溶け込む時雨かな  愛知・青花/岩に溶け込むって一瞬亀が?って思ったら、時雨だって最後に分かります

◇亀鳴くやここは海底亀の城  トリオパンジーズ・姫ばあちゃん/竜宮城でしょうかねえ

◇亀鳴くや鎮守の森の騒がしき  いごぼうら/亀鳴くというのが春の季語になりますね

◇亀鳴くやいつもの時間バスを待つ  野路菊/春になるとバスを待つ時間もねえ、のんびりと楽しくなりますねえ

◇春近し海白々と亀潜る  風花会・矢車草/海の様子を白々と言ってくれてるわけねえ

◇冬眠の亀ここいらか庭の隅  広島・銀のグランマ/大体ここいら辺からいっつも出てくんのよね、なんてそれを楽しみにしてるんでしょうねえ

◇古傷の亀の尾染みる冬至かな  宇都宮・菊池ひろかず(で良いのかなあ・・)/亀の尾の傷を自分の事のように受け止めてるんでしょうかねえ

◇日脚伸ぶ甲羅割れたる亀の檻  句ゼミ・恵女/これ、同じ句ゼミの胡椒と砥部動物園に吟行に行ったなんて書いてありますねえ・・偉いねえ君らはちゃんと吟行に行くって。行くことで甲羅が割れる亀を見つけることが出来るわけですからねえ

そして色んな亀に纏わるお便り纏わらないお便り届いてるんですが

■東京・笑松からお便り
「森であった街の句取り上げていただきありがとうございます。」これ先週か先々週かの金曜日に読んだ句じゃなかったかしら
「森になった街は松山に住んでいた頃、マインとピア別子で買い求めました。写真とエッセイと俳句が、はで場と東平を歩いた記憶を今でも鮮やかに甦らせてくれます」森になった街っていうのが、ポストカードブックなんですけれども、マインとピア別子で売っておりますので、わたし、半年ぐらいで取材いたしましたので、是非読んでくださいねえ

◇首立てて動かぬ亀の日向ぼこ  笑松

◇ミドリガメ入れない捨てない拡げない  埼玉・よしの/これもうなんか標語みたいなんですが、アカミミガメっていうのはミドリガメのことらしいんですが、特定外来生物に指定されていて、新しく飼い始めるの禁止で、すでに飼ってる人は指定されて半年以内に届け出が必要。飼えないなら逃がしてしまうのが一番いけないとかって書いてありますねえ。入れない捨てない拡げない

■句ゼミ・胡椒からお便り
「砥部動物園に句ゼミ恵女さんと吟行に行きました。砥部動物園のアルダブラゾウガメの豆助君は(※バックに組長の笑い)原爆と同じ年に生まれた平和の象徴だそうです。平和な国でなければ動物園は作れないと書いてあります」その通りですよねえ。恐ろしい猛獣が逃げ出したりしたら大変なことになるわけですから、平和を満喫できるのが動物園かもしれないと、その通り

◇生臭き亀棲む檻の温き水  胡椒

めろめろのお便り可笑しいんですが
■めろめろからお便り
「20年前住んでいたところは今同様の田舎でした。春先田をおこすと冬眠の亀が掘り起こされました。それもその田んぼの一枚だけにです。その田んぼの持ち主にある年5pくらいの亀をもらいました。家の庭を通っている溝に軽く堰を作り、放し飼いにしてブサという名前を付けて(※バックに組長の笑い)蚯蚓を与えていました。何回か脱走しましたがその都度諦めた頃に帰っていました。春と夏と秋を家族として過ごしましたが、冬の声を聞く頃家を出て終ぞ帰ってきませんでした。(※組長「そうかあ・・」)我が家では亀の恩返しをずっと期待しておりましたが、その兆候もなく今に至っております」ははははは、めろさんの文章好きやわ〜〜

◇亀そろり虚ろな眠り春隣  めろめろ/ねえ・・いつか来るかもしれんよぉ、亀の恩返し

そして、亀って言ったら亀井製菓やろっていう句がいっぱいいっぱいきてるんですよ

■93sのプッコラからお便り
「スポンサーの亀井製菓さんのことを調べてみると、僕と同じ昭和三十八年生まれでした」っていう「僕も人気者亀井製菓さんも人気者」という、もう一緒にしたら気の毒ですわ

◇年始回り亀井の伊予柑タルト提げ  93sのプッコラ/良いじゃないですか

紫羅蘭花もこうきました
◇お正月折の片隅亀井製菓  紫羅蘭花/

◇亀井製菓お遍路さんに御接待  トリオパンジーズ・松ばあちゃん

■からお便り
「組長!」

◇初春や亀井の和菓子琴の音で  新居浜・ぺけぽん/ここで琴の音聞こえて欲しいところですねえ

◇初春や土産は亀井の団子です  東京・莎草/ありがとうございます。東京からねえ

◇お茶うけの亀井の団子松納め  西条・とうへい/松納めって言う季語がしっくりきますねえ

◇寒稽古打ち上げ亀井の団子かな  ころん/みんなこれそのまんまCMに使えるなあ

◇冬日和亀井製菓のタルトかな  まゆ熊/「組長!我が家へフォーチュンアルトさんの俳句理解できてます」って書いてありますが・・フォーチュンアルト、そうやって。喜んでくれえ

◇春近し亀の歩みのタルトかな  アキト/いやいやあ、もうスポンサー大喜びの木曜日でございました


と言うことで・・

※募集中の兼題 「ホットドリンクス」「しばれる」1月15日(日)必着
       「周(周ちゃん広場の周)」「駒返る草」

あなたの投句をお待ちしております!

坊ちゃん団子、いただきま〜す!
おいしい〜。
ほんとよ。これも亀井製菓?
うん、おいしい。
坊ちゃん団子も亀井製菓だよね〜。

坊ちゃん団子は第26回全国菓子大博覧会名誉総裁賞を受賞しました

この番組は坊ちゃん団子、タルトの亀井製菓の提供でお送りしました

(1/12-11:00)
No.12670
さいたまから由野 > 聞き書き隊の皆様いつもお世話になっております。標語を紹介させて頂きました。環境省によるミドリガメの特定外来生物の指定は2020年からとのことです。 (1/12-14:28) No.12671
あねご > 水曜日
【訂正】
◇亀笑う手足に触るる冬日かな プリマスロック句会・ひかるん (1/12-22:17)
No.12672
めろめろ > 聞き書きいつもありがとうござんす。
私のお便り、亀の名は「ブサ」ではなく「うさ」だよ。あはは。亀の「うさ」だよ。
訂正はいいよ〜〜〜ん。 (1/12-22:24)
No.12673
まとむ
金曜日

俳句集団いつき組組長夏井いつきです。
アシスタントのウェンズテー正人です。
今週の兼題は「亀」でお送りをしております。
金曜日たくさん残っております。ご紹介してまいりましょう。
まずはポメロ親父の一句です。
◇水族館の亀や鰐やと初写真  ポメロ親父
何々や何々ではなくって、詠嘆だと読んだと面白いですね。あぁ亀がいるよ、あぁ鰐がいるよとそれを背後に置いて初写真を撮るという。その「や」の使い方がさすがポメロ親父だなと思う一句ですね。

同じような水族館で作ったんじゃないでしょうか、もやい句会・内山初美の一句。
◇初春や亀泳ぎくるガラス越し  もやい句会・内山初美
「初春」っていうのは時候の季語ですから、映像は持たないおめでたいお正月の気分が広がるわけですね。「や」でカット切ったあとに「亀泳ぎ来る」のはちょっと面白いですよね。
亀がこっちに進んでくる顔つきが見えるような気がして、そこにおめでたさを内山初美は感じたわけですね。

野風の一句も亀ではあるけど、いないんです亀が。
◇おらぬ亀の話などして梅日和  野風
いつもお散歩の公園の池のところに行くけど亀がいないなぁとか、そんなところなんでしょうかね。ひょっとすると水族館の亀の水槽にだけ亀があれ?いなかったよねって話してるのかもしれません。「梅日和」がほのぼのと暖かい季語ですね。

福岡から参加理酔の一句は亀の存在感に詩があります。
◇深泥(みどろ)より来し亀ぽわんと雪なめる  福岡・理酔
「みどろ」というのは深い泥と書いて「深泥」です。深泥の中から浮かび上がってきた這い出してきた亀が、「ぽわんと雪なめる」と。大映しで亀の表情とか亀の口とかそれが見えてくるような「ぽわんと雪なめる」なんてね、「なめる」ひらがなで書いております。心遣いというんでしょうかね、それもとてもいいと思います。

穂積書道教室俳句部・えるもの一句も不思議な一句です。
◇亀は首伸ばして憂うクリスマス  穂積書道教室俳句部・えるも
「クリスマス」と「亀」はおおよそ似つかわしくない取り合わせのような気もしますけれども、その「憂う」ことを何だろうと想像するのが読み手として面白いですね。

妹のりこの一句も愉快です。
◇湯たんぽを干せば昼には亀になる  妹のりこ
ありえるはずがないことを「なる」という風に断定することで詩を発生させるというやり方もあるわけですね。あのブリキのナミナミのあるようなね。

プリマスロック句会・マイマイは「亀鳴く」という春の季語を入れてくれました。
◇満を持しこれから亀の鳴く態勢  プリマスロック句会・マイマイ
春が来て亀が鳴き始めるその態勢を「満を持し」って見えるはずのない亀をこういう風に言い放つところに俳諧味があります。

寝文字です。
◇亀鳴いて酒を飲ませて帰しやる  寝文字
亀鳴くはずもない亀に更に酒まで飲ませるという、虚の世界でゆったりと遊んでいらっしゃいますね。

同じく「亀鳴く」なんですが、松山・ももの一句は全然違った味わいです。
◇菓子型の花に魚に亀の鳴く  松山・もも
和菓子の「菓子型」でしょうね。花の形魚の形ひょっとすると亀の形のものあるのかもしれません。「亀の鳴く」という春の季語がほのぼのと明るい和菓子を思わせますね。

凡鑽は京都からの参加。
◇闇鍋のこれは確かに亀の甲  京都・凡鑽
うわぁ・・もうこれ解説いらないですよね。

のんしゃらんの一句です。
◇極月の亀の子束子滴れり  のんしゃらん
亀の子束子の句はたくさんあったんですが、「極月」に対して「滴れり」さっきまでこれでゴシゴシ洗ってたってのがわかる。ここらへんの描写が巧いです。

このはる紗耶は新潟からの参加。
◇鶴亀算解かば年玉くるるらし  新潟・このはる紗耶
「鶴亀算」なるほどこう来たかという感じですね。お年玉、解かないとくれないなんて大変な教育ママゴンでございますが。面白い一句でした。

北海道から参加鈴木牛後の一句には亀の手と書いて「亀手(きんしゅ)」という言葉が出てまいります。亀甲模様みたいに皹の割れている手のことを亀手と言います。
◇乳搾る亀手を舐める冬の蠅  北海道・鈴木牛後
もうこの人牛飼いですからね、正に生活です。「亀手を舐める」のあとに「冬の蠅」がヌッ出てくるあたり、もう映像の作り方なんか抜群に巧いですね。

そしてプリマスロック句会・ドクトルバンブーも巧い。
◇大寒や地割れのごとく亀の口  プリマスロック句会・ドクトルバンブー
「地割れのごとく」から最後これが比喩で「亀の口」が出てくるあたり驚きますね。大亀なのか、スッポンみたいなヤツなのかね。

ドクトルバンブーにも鈴木牛後にもあげたかったんですが、今日はね、この人蓼虫に譲ってやってください。もう何か不思議な飄々たる世界を描いております。

  『天』  雲中から来て亀の尻打つ霙かな  蓼虫

「うんちゅう」は雲の中と書いて雲中ですね。「雲中から来て」何が来るんだろう?「亀の尻打つ」え?って思うと最後「霙かな」と落としどころが出てまいりますね。最初霰のほうがいいのかなぁと一瞬迷ったんですけれども、雲中から出てくるときには霙もまだ硬い粒のような氷の粒のような感じなんでしょうね。それが落ちてくる間に溶けかける。それが亀の尻にぴちゅっと当たると。もうその「亀の尻打つ」から「霙」に持ってくる、この微妙な玄人好みな味わいというんでしょうか、蓼虫なんか巧いです。好きな句でした。

☆「ホットドリンクス」「しばれる」の募集締め切りが1月15日(日)必着。
 「周(周ちゃん広場の周)」「駒返る草」
あなたの投句をお待ちしております。

夏井いつきの一句一遊は毎週月曜から金曜朝十時から。
あなたも是非「垣根なき十七音の世界へ」
(1/13-22:44)
No.12675
のんしゃらん > 水がぽつぽつ落ちる感じにしようと、ひらがなで「極月の亀の子束子したたれり」で投句しています。

(1/14-11:00)
No.12678
このはる紗耶 > まとむさん、聞き書き隊の皆様、いつもありがとうございます!
句の表記ですが「鶴亀算解かば年玉呉るるらし」でお願いします。 (1/14-21:19)
No.12679
ねもじ > 聴き書き隊の皆様いつもありがとうございます。俳号はひらがなです。今週の書き直しは結構です。 (1/15-00:14) No.12680
まとむ > このはる紗耶さねもじさんありがとうございます。
【金曜日訂正】
◇鶴亀算解かば年玉呉るるらし  このはる紗耶
◇亀鳴いて酒を飲ませて帰しやる  ねもじ (1/15-20:36)
No.12681
名前 返信 文字色 削除キー

素人連句会「その気連」同人
投稿者: 投稿日:2017/01/14(Sat) 10:04 No.12676 
松山ももさんの紹介で入会希望の「暖亭 三郎」です。入会のご挨拶句です。どうぞよろしく。
名前 返信 文字色 削除キー

一句一遊 「歌留多」 1月2〜6日放送分
投稿者: ポメロ親父 投稿日:2017/01/02(Mon) 10:31 No.12649 
 こちらの掲示板では、RNB南海放送ラジオの番組「夏井いつきの一句一遊」の内容を聞き書きしております。聞き書きですので表記は不正確です。同音異字や誤字が有りましたら修正してください。間違いに気づかれた方 は、ご自分の句でなくても、教えていただきますと助かりますので、どうぞよろしくお願いします。
 直接こちらに俳句を書き込まれましても、放送されることはありません。俳句の投句先のメールアドレスは ku@rnb.co.jp です。

ポメロ親父

 車壊して半世紀、廃車買い取りの東雲短大裏「石川商店」の提供でお送りします

月曜日

 あけましておめでとうございます
 俳句集団いつき組組長、夏井いつきでございます
 アシスタントのウエンズデー正人です


 今年も淡々と朝10時から、お、おく、お送りをしようと思っていますが、しょっぱなから噛むなよという話ですが、今週の兼題は歌留多でお送りをしようと思っています、新年一発目、祈念すべき月曜日トップバッター、高知から参加・鰹飯のこんな一句

◇歌留多すら残っていない我が家かな  鰹飯
 すらが切ないですねえ、歌留多すら残っていないわけですから、ここは何も残ってないんですよきっと、家も無い、妻も無い、全て無いみたいなねえ、鰹飯奥さん大事にしなさいよほんとにぃ

そして、大分いつき組リスナー班・草庵は‥豪勢ねえ君正月から季語の盛り合わせ
◇正月は炬燵に蜜柑歌留多取り  草庵
 これ、わざとやっとるんやと思うんよ、正月、炬燵、蜜柑、歌留多取りってえ、季語やないんは助詞の「は」と「に」だけですねえ

そして伯方児童館俳句キッズたち元気ですねえ、小1としか書いてないんだけどこれは誰なんだろう、ぅえ゛〜名前無いぞ、こんな一句

◇友達と歌留多をするよ仲良くね  小1
 今度は‥名前を書いて送ってくださいねぇ

◇歌留多取りだれにも負けずがんばるぞ  かいと・小3
 頑張れよお人生いろいろあるからねえ

◇わたしもね大好きな歌留多友達と  ゆづき・小1
 
◇友達と真剣勝負で歌留多する  大地・小3
 真剣勝負が行き過ぎてけんかするわけですよねえ

伯方児童館俳句人・ほのぼのどんです
◇歌留多して力が入り手が赤い  ほのぼのどん
 子どもの中に入ってもぜんぜん違和感が無いよねえ、この句ねえ

◇歌留多してお手つきしてはいけない  ゆう・小1
 ま、お手つきしてはいけないけどねえ、したからって人生そうそうたいした変化はないと思うんで楽しくやりましょうなあ

そして横浜4Gの会、浜のとみちゃん、時事ネタか
◇来日しトランプさんが歌留多取り  浜のとみちゃん
 くふっくっく、くだらあんなひっひぃ、くだらないんですけどぉぉおお、めっちゃくだらないんですけどぉ‥

 ええポメロ親父の能書きもお正月から真面目に届いております「英語のカードが、ポルトガル語ではカルタになります。日本に『歌留多』が伝わったのは室町時代後期、キリスト教や鉄砲とともに、ポルトガル人によってもたらされました。」ぇ゛え゛〜、鉄砲とキリスト教と歌留多横並びよぉ「それ以前から日本あった、蛤の貝殻を合わせる『貝覆い(かいおおい)』という遊びと融合して、和歌の上の句と下の句に分けた札を合わせる『歌かるた』が生まれました。百人一首の誕生は江戸の初期ですが、競技として競われるようになったのは、明治以降とのことです。」へぇえ!競技って明治以降なの?、もう平安の時代からやってたのかと勝手に思っておりました、ええそんなねえいろんな薀蓄を学べるのもこの一句一遊というね、類まれな俳句番組のお蔭じゃないかと思いますが

ひでやんからこんな提案が届いております「組長、ちょうど年明けの週の兼題の歌留多で、ふと天の句で百人一句歌留多が作れるんじゃないかと思いついた句を送ります。」かっはっはっはっ‥「16年毎週の天から100句選ぶのが大変かあ。とにかく新しい年は21世紀が始まって17年目、子規漱石生誕150年、俳句甲子園20回目、いつき組も20年でしたか。組長多忙がさらに倍増する要素満載ですが、どうか無理なさらぬようご自愛ください。」‥そうかあ、いろんな意味で記念の年ですねえ、天の句で百人一句歌留多なんてできるのかなあ、ええわたしらそんな時間のゆとりが無いから、だれかあの過去データをやって、あいうえおでやって、足りんやつを途中で募集したらええんとちゃうん?、私じゃないちょっと誰か作業してみてえ、で、なんか現実味が出てきたら考えようじゃないか、そんなひでやんの一句
◇天の句の並ぶ歌留多のあらまほし  ひでやん
 有ったら良いなあということでございますねえ

砥部のひさのからも来てますねえ「私が小さい頃歌留多といえば百人一首でした。文学水準が特に高い家族というわけではなかったのですが、お正月は家族揃って百人一首を楽しみました。」ほうほう「小学校23年生でしたが、得意な札を何枚か取ることができると嬉しかった。いつも最後は母と父の一騎打ちで盛り上がりました。」も、こんなん昭和よねえ、いまどきやります?おうちで百人一首とか?うちも百人一首あるんですけどねえ私以外誰も百人一首覚えてないという、あっ、ある程度おぼえてます?ええそんなひさのの一句
◇歌歌留多父と母との真剣勝負  ひさの
 これあんた、この一句あったらお便りの最後の一行はいらんかったなあ

ええそしてめろめろからですねえ、ええ、あら、あなたもそうでしたかというお便りです「2017年の幕開けです。良い年を迎えられましたか。私は3月に定年です。組長に初めてお会いしたのは確か40歳後半。」あっはっはっは‥はぁ「う゛〜ん、去年今年ですなあ。」あはっ、去年今年ですなあってうなずくにはなんだかねえ、長い年月が知らん間にたっておりますねえ、めろめろさんが定年て言うことはこれ3月越えたらあんた、やかましいでえ、どんな俳句の会でもあのおっちゃんがピーヒャラピーヒャラ飛び回っとるわけやけんねえ、楽しみでございますよほんとに、こんな一句はいかがですか
◇油断なく隙なく歌留多並べらる  めろめろ
 いいじゃないですかこういうところがベテランの味ですねえ

そして、えらいぞはるかちゃん改め高尾綾からですねえお便りが来ておりますねえ「今年はいつも録画したDVDでプレバトを一緒に楽しんでいた祖母が施設に入所しました。そこでなんと入所者を巻き込んでプレバトを楽しんでいるようです。しかも週に一回、俳句の時間が施設のプログラムに加わったようです。」すっげー「再び生き生きした祖母を見られるようになり、組長様に感謝申し上げます。」すごいじゃないですかぁ、そんな形でそこにも小さな種蒔きが始まってるってことですもんねえ、ありがたいかぎりだよ、でもぉ高尾彩、三重にはこんな歌留多があるんですか?
◇七五調園児昭和の三重歌留多  高尾彩
 三重県歌留多?、群馬歌留多ってあるよね、なんだかよくわからない有名な群馬歌留多、で群馬県人はみんな群馬歌留多が言えるとか、なあ、なんかの雑学で聞いたことあるよねえ、三重歌留多がどんな歌留多なのかいつか高尾彩に聞かしただきたいもんでございます

 ‥と言うことで、いま募集中の兼題が‥
「亀(亀井製菓の亀)」「雉始めて鳴く」の投句〆切が12月27日(火)必着
  その次の兼題は「周(周ちゃん広場の周)」「駒返る草」です


勝たせて貰っているのに廃車専門とは、これいかに?
社長元気だが、石川昇天ってかあ(チーン)
飛車に角、将棋の駒は買わねども、廃車買いたし、お電話を
自動車を解体し続け50年、松山市桑原、石川商店

この番組は車壊して半世紀、廃車買取の東雲短大裏、石川商店の提供でお送りしました


(1/2-10:39)
No.12650
うだじつ > 明けましておめでとうございます。そしてお疲れ様です。
募集中の兼題は「ホットドリンクス」「しばれる」1月15日(日)必着分と、「周(周ちゃん広場の周)」「駒返る草」ではないかと思います (1/2-18:01)
No.12651
高尾彩 > 明けましておめでとうございます。
ポメロ親父様、お手数をお掛けしますが、「昭和」は「唱和」でお願いします。
◇七五調園児唱和の三重かるた 高尾彩
※なお「ふるさと三重かるた」は、
・幼児期や小学生の段階から郷土の伝統や文化に触れる機会を創出し、郷土を愛する心の育成
・「遊び」の中で「言葉」を意識させる教育活動の一助
を目的に、三重県教育委員会が平成26年3月に発行しました。
例えば、「遠路はるばるお伊勢さん」「葱華輦乗り斎宮へ」「俳句と旅する芭蕉さん」など、「あ」から「わ」まで七五調で記され、また、それぞれについての解説教材付きの郷土かるたです。 (1/2-21:12)
No.12652
ミズスマ
火曜日
〜この番組は農家のお店・周ちゃん広場の提供でお送りします。〜

俳句集団いつき組組長・夏井いつきです。
アシスタントのウェンズデー正人です。

今週の兼題は歌留多でお送りをしております。火曜日、いっぱいあるよー、これ火曜日。え、ご紹介していきましょう。新居浜のちいちゃんのこんな一句。
◇いろは歌留多幼子たちの火花散る   新居浜・ちいちゃん/散るんだよー、幼子たちー、火花。うちの孫たち…たってまだ取れるのは一人だけなんだけど。え、火花散っておりますよ。

◇歌留多とりはいと大声小さき手に   土佐っ子/大小と並べましたね。

もやい句会・山口千代子の一句。
◇歌留多とり負けん気あらわ子どもたち   山口千代子/顕わでございますよー。

◇母と子の真剣勝負歌がるた   シナモン句会・まり姫/母と子で、これ歌がるただからね、百人一首やってんだよ。

東京から参加、笑松です。
◇一枚は子らに取らせる歌留多かな   笑松/「一枚は」ってことは他は真剣にやってるんですかね、この大人たちね。

◇小さき手に暗記の歌留多握りしめ   シナモン句会・ルイ/なんかお勉強系の歌留多があるんでしょうかね。

◇孫子来て祖父も喜び歌留多とる   酒仙/もう何かじいちゃんが見えてくるようですよ。もう酒仙がそのまんま、この句のじいちゃんになって、酒飲んでるに違いないって感じですね。

◇孫と取る歌留多スローモーションで   しょい句会・穂の実/ふふ、分かる分かる。その方に手手をゆーっくり伸ばすんよね。

◇歌留多とり無理して負ける祖父母かな   穂積書道教室俳句部・みっちゃん/そうそう、これですよ。でもね、無理して負けるのはあんまりよくないらしいですよ。真剣にやった方が…真剣にやり過ぎて孫を泣かす私。はっは。

◇歌留多とり子らに劣らぬ真顔かな   穂積書道教室俳句部・まろ/真顔でやりましょう、皆さん。子供を馬鹿にするのではなく、火花を散らしましょう。

◇老眼鏡またも敗戦孫の歌留多   もろり川/これ切ないですよね。老眼鏡かけても負けるわけですから。

◇歌留多とり何回しても孫に負け   まるやす・紫羅欄花/ここら辺は真剣に負けてる句ですね。

◇歌留多とり横目で見つつ碁を打つ爺   大阪・比良山/この爺、何か孤独な爺ですよね。入りゃあええやん、じいちゃん…みたいな。

◇円陣を囲い賑わう歌留多とり   三日月千代/円陣ならではの家族団らんでございますなあ。

◇平成の茶の湯の仲間のとる歌留多   西条・鍼屋さん/茶の湯の仲間と歌留多するって、何かどんな光景なんだろう。

◇歌留多とり年に一度の笑いとり   伊予のどん吉/いやこれ、月曜日に読んだ方がよかったかな。急に不安が兆してきました。

◇泣き虫も悪代官もいて歌留多   殻嵩はるお/どんなっ。これ水戸光圀公の水戸黄門一家がやってるんですかねぇ。

◇歌留多とる家族団らん鳩の群れ   まるやす・火ほし/最後に鳩が出てくるところが妙におかしい。

◇歌留多とり流れるように年は過ぎ   シナモン句会・灰色猫/うわ、何か読んだだけで切ないなあ。流れるように年が過ぎましたねえ、確かにね。わたくし五月で還暦でございますよ。

そして、えのころちゃんがね、「十五年間一回も途中途切れずに投句が続いてきましたー!」おめでとう!(大拍手)という一句。
◇歌留多とり遠い昔の囲炉裏端   えのころちゃん/何の関係もなかったね。偉いよー、えのころちゃんのもう筆跡が私の脳にこびりついてますからねぇ、十五年間。

山形から参加、山の雪です。
◇目を細め妣の話の歌がるた   山の雪/「はは」は女偏に比べるですから、この一字で亡くなったお母さんを意味します。

そして菊池マッサージ会・下駄女。
◇大声を遠慮団地の歌留多会   下駄女/遠慮っていうところがね、壁の薄い団地なんですね、これ。

◇朗々と歌読む白寿歌留多会   ケアジャパン・まさつきさち/白寿のこの人がね、声が自慢の読み手なんでしょうね。

そして東京から参加、台所のキフジンです。
◇聞き耳を立てて歌留多の次を待つ   台所のキフジン/聞き耳っていうところもね、リアルですね。えなになに。「父を送り、母の介護をしているうちに脳内出血というアクシデントに出会ってしまいましたが、どうにかこの世に踏みとどまっております。音俳句からスタート」あらまあ!そうですよね、あなたとの出会いはねぇ。今年もよろしくお願いしますよ。

そして、まるやす・ペペロンチーノです。
◇歌留多舞う真剣勝負の声二つ   ペペロンチーノ/これはもう競技の歌留多って感じがします。

◇一声にぱっと散りゆく歌留多かな   案山子/「ぱっと散りゆく」っていうところ、映像化しようとしてるわけですね。

◇新調す畳の香飛ばす歌がるた   無窮花/畳の「か」の「か」は「香り」の「香(か)」ですね。畳の匂いが舞い上がるわけですね。

一斤染乃は滋賀からの参加。
◇猟犬の如待つ襷歌留多とり   一斤染乃/猟犬が季語かなと思ったらそうじゃないんですね。比喩にもっていっております。

浜撫子は穂積書道教室です。
◇にらめっこ飛ばす歌留多や襷掛け   浜撫子/どっちも襷掛けてますね。

いつき組リスナー班・田山(たぁさん)は振袖ですかね。
◇矢絣の袖振り乱し歌留多とる   田山(たぁさん)/振り乱しますよー。

◇晴れ着より白き二の腕歌留多会   ころん/おっちゃんどこ見とるんじゃ、ちゅうやつですね、これはね。

◇着飾りてぱちんと合わす花歌留多   もやい句会・木村布遊/花歌留多っていうのは花札のことになりますね。色んな歌留多があるわけです。

花藤のばあちゃんです。
◇手作りの歌留多賑わう紙の町   花藤/四国中央市ならではですね。

◇「熟田津に」の歌がるたの土地はこの辺り   もやい句会・赤い長靴/額田王ですね。熟田津に船乗りせむと月待てば…てやつですね。

◇妹のキティ歌留多に折り目あり   笑吉/ははは!妹が分かるように折り目つけとるんよ。こういう妹、おるおる。

◇歌留多箱アンパンマンは静かなり   ばばばあちゃん/アンパンマン歌留多ってのもあるんでしょうね。ばばばあちゃん、「投句を始めて長風呂になりました。湯船の中では頭の中も手も自由だ。誰にも邪魔されず、十本の指を使い放題。が、時々『おーい』と夫のありがたい声の邪魔が入ってくる。眠ってませんように。」なんてね。面白いですなあ。

ということで今募集中の兼題が… (1/4-07:52)
No.12653
あねご > 水曜日
この番組は車検、板金の友近自動車の提供でお送りします。

俳句集団いつき組組長夏井いつきです。
アシスタントのウェンズディ正人です。
今週の兼題は「歌留多」でお送りをしております。

トップバッターはですね、あやねからいこうかな。
「高校生活最後の冬休み。アルバイトもしたいし免許も取りたいし〜」なんて書いてありますね。なんかね就職も決まったらしいですよ、あやねちゃん。こんな一句です
◇歌留多会ぶつかりそうな額かな あやね/よく見てますね。競技の歌歌留多会でしょうね

そういう場面を別の方向から見るとこんな一句も出てまいります。兵庫から参加、きらきらひかるの一句
◇尻浮かせ読み手の呼吸聞く歌留多 兵庫・きらきらひかる/これも競技会でしょうよねえ

凡鑽は京都からの参加です
◇平伏すがごとしや歌留多名人は 京都・凡鑽/「平伏すがごとし」っていうところでね、様子が見えてきますねえ

福岡の松ぼっくりです
◇衣擦れのおさまる歌留多開始前 福岡・松ぼっくり/「衣擦れのおさまる」ですから動きが止まってこう、シーンとするあの緊張の一瞬でしょうね

砥部のお嬢さんず、あんみつゆか姫です
◇そそけ立つ呼吸ぶつかる歌留多札 砥部のお嬢さんず・あんみつゆか姫/なんかそそけ立つ呼吸ってのがすごいですね

紗蘭の一句
◇飛び石のように歌留多を散り敷いて 紗蘭/「散り敷いて」ってところの描写がいいですね

そして中島浄土はこうきました
◇右下段一字決まりの歌留多札 中島浄土/一字決まりは「むすめふさほせ」てね、頭の字がこういうヤツが一字決まりの札なんですねえ

もやい句会、田中ちとえです
◇歌留多取り得手の三枚ありにけり もやい句会・田中ちとえ/これもたぶんねえ、百人一首じゃないかなあ

坊太郎の一句
◇木箱より目覚めはしゃぐや歌歌留多 坊太郎/歌歌留多になりきった感じもしますねこれね

山田ノムオウも封を切ろうとしてんの?これは
◇桐の箱歌留多の封の切らぬまま 山田ノムオウ/これから封を切って、さあ始めるぞ、というあたりでしょうね

愛知から参加、星の雫です
◇十年の友と歌留多の絵を語る 愛知・星の雫/「絵を語る」ってとこ、ちょっとおもしろいですねえ。ひょっとすると花札の絵かもしれません

大根の花の一句
◇負け越して読み手となりぬ歌留多かな 大根の花/誰かが読まないといけないからね

横浜4Gの会、波恋治男もおもしろいです
◇歌留多会まずは正座に慣れること 横浜4Gの会・波恋治男/近頃の若い子はってヤツでしょうかね

砥部のお嬢さんず、みたらしふじこです
◇歌留多取り姉の襷は茜色 砥部のお嬢さんず・みたらしふじこ/競技会の襷でしょうね

篠原そもです
◇緋毛氈解く寺の大歌留多会 篠原そも/お寺でやってるわけですよぉ

そんなお寺にはこんな座敷もあるかもしれません。更紗の一句
◇百年の座敷に競う歌留多かな 更紗/百年っていうね、数詞がいいですね

松山ジョーからきております
◇母屋では歌留多空は深く深く 松山ジョー/「久しぶりの投句でドキドキしてます」って書いてありますが、これ破調がなかなかカッコイイじゃないですかぁ!

そしてこちら誰だ?みいみの一句
◇本家にて樟脳臭き歌留多かな みいみ/この匂いがツンときましたねえ。あるある感ですよぉ!

だんご虫の一句
◇読み札の足りぬ歌留多を何度でも だんご虫/足りないけどまあそこらへんいいやとかってやってんでしょうかね

伯方児童館、俳句人、バムケロです
◇出稼ぎの祖父にもらいし歌留多かな 伯方児童館・俳句人・バムケロ/大事な思い出なんでしょうね

愛知から参加、松田てぃです
◇三代のつむじ寄せ合い歌留多かな 愛知・松田てぃ/おんなじつむじしてるんですよ、きっとこれ

プリマスロック句会、妙です
◇小姑の女学生めく歌留多かな プリマスロック句会・妙/女学生めいてキャーキャーしやがってとか、ちょっと皮肉な視線なのかなあ

宝塚から参加、麦子です
◇歌留多読む家伝来の節朗々 宝塚・麦子

そんな節はね、たぶんこういう叔父さんにも繋がっていってんじゃないですか。プリマスロック句会、マイマイです
◇歌留多取り給え叔父さんは読む係 プリマスロック句会・マイマイ/ふふっ、このオジサンちょっと気取ってて好きだなあ

こんな叔父もおります。よしのの一句
◇歌歌留多印度の叔父の妙な節 よしの

そして埼玉から参加、らあらは叔母さんです
◇歌留多読む叔母の陸奥訛りかな 埼玉・らあら/これもいいですね

不知火はお母ちゃんです
◇花歌留多読み手の母は笑うだけ 不知火/こんなお母さんいそうだよね

遊人の一句は亡くなったお父さんとお母さんかな
◇歌留多取りたる考の声妣の声 遊人/「考」「妣」それぞれ亡くなったお父さんお母さんを表す漢字になってます

小市は埼玉からの参加
◇父の歌留多未だ赤胴鈴之助 埼玉・小市/めっちゃ古いなこれは。赤胴鈴之助の歌留多が残ってると!

青柘榴の一句
◇方言混じる方言歌留多の薀蓄 青柘榴/ん、この薀蓄だけでも楽しそうじゃないですか

森子は滋賀からの参加です
◇朗々と歌留多吟ずる老教師 滋賀・森子/「朗々」「老教師」ときました

若草俳句会、風です
◇三軒目またも歌留多の客となる 若草俳句会・風/これもありそうでね、なんか昭和の頃の新年のご挨拶って感じでしょうかね

朝陽の一句です
◇鼻息にカルタが飛んで裏返る 朝陽/馬鹿馬鹿しいけどあるよねこういうのね

アルクマン堀家は横浜4Gの会です
◇歌留多取りお手付き恐るな明日はある 横浜4Gの会・アルクマン堀家/ふっはっは!そこまで真剣にならいでも

みみこの一句
◇飽きもせず歌留多遊びや窓明かり みみこ/最後の窓明かりの光景綺麗ですねえ

宇和島風花会、牡丹です
◇八人の俳句歌留多の一日かな 一句一遊宇和島風花会・牡丹/俳句歌留多といえば子規のいろは歌留多っつうのもあるんですが。樫の木君が「子規いろは歌留多を買いました。ちなみに「そ」の句は『漱石が来て虚子が来て大晦日』でした」なんて書いてありますが、そんな一句
◇漱石が虚子が笑まうや子規歌留多 樫の木

穂積書道教室俳句部、花見月です
◇平仮名の余白や歌留多横向きて 穂積書道教室俳句部・花見月

紫水晶の一句
◇千年の恋奪い合い歌留多飛ぶ 紫水晶

そしてぐずみはこうきました
◇出歩かぬ犬の増えたる歌留多かな ぐずみ/犬も歩けば棒に当たるなんて言いますけれどもね、今どきは家で飼う犬ばっかりだと

かなたきらくは岡山からの参加
◇染み美しき歌留多広ぐや一人仕舞う 岡山・かなたきらく/一人仕舞うが淋しいでしょう?

え〜ノクターンは神戸からの参加です
◇香具山は我が故郷ぞ歌留多取る 神戸・ノクターン/格調高いよねえ

最後、穂積書道教室俳句部、部長の天玲です
◇深泥池貴船神社や歌留多取る 穂積書道教室俳句部・部長・天玲/京都の地名を並べての一句でございました

募集中の兼題 「ホットドリンクス」「しばれる」1月15日(日)必着
       「周(周ちゃん広場の周)」「駒返る草」

車のことならなんでも。南梅本町、自衛隊松山駐屯地すぐそば、友近自動車にご相談ください。
一日車検、板金ブース完備。お客様の愛車をすべて仕上げてお渡しします。
電話089−948−8003まで。らくさぶろうも友近自動車を応援しています。

この番組は車検、板金の友近自動車の提供でお送りしました。

(1/4-20:51)
No.12654
みかり
木曜日

〜この番組は車検板金の友近自動車の提供でお送りします〜

木曜日なんですが、今週の兼題「歌留多」の水曜日のみなさんが残っております。特にですね、百人一首に題材を求めている句が残っているので、歌歌留多というやつを一緒に楽しみながらご紹介していきましょうかねえ

◇飛ばされしよに逢坂の歌留多  恋衣/「よに逢坂の」というところが百人一首の歌の一部なんですけれども、清少納言の「夜をこめて鳥の空音ははかるともよに逢坂の関は許さじ」ってこういうやつでございます。これは結構有名な句なんですけれども、小野小町もね、百人一首の中に入ってるんですよ

日光の青萄・・あれ?優空っていう俳号になったんじゃなかったのかなあ・・今回は青萄になってます
◇小町ほどに愛されもせず歌歌留多  日光・青萄/小野小町ですね「花の色は移りにけりな」って移って行くように私の容貌も衰えていくわっておそろしい歌がありますねえ

在原業平が出てまいります
◇業平を掬うがごとく歌留多  鈴木麗門/掬い取るかのようにという一句ですねえ。ちはやぶるってなんか映画になったりして「ちはやぶる神代も聞かず龍田川」ってこれが在原業平の句でございますよ

マニアックやなあ君〜敦忠っていうおっちゃんが出て来ます
◇敦忠は君に取らせん歌留多撒く  あいむ李景/撒くっていうのが良いですね。敦忠の句結構有名で「逢ひ見ての後の心に比ぶれば昔は物を思はざりけり」あなたと会ってからの心と比較すると、昔は物を思うということをわたくしは何も知りませんでした。それくらいあなたのことを今恋しております、ってそういう歌でございますねえ

歌留多というとねえ、やたら蝉丸が出てくるんです
◇蝉丸は知るも知らぬも歌留多  逆ベッカム/これがまさに「これやこの行くも帰るも別れては知るも知らぬも逢坂の関」ってやつがあるわけですねえ

蝉丸オンパレードですよ
◇したたかに蝉丸を待つ歌留多かな  ねもじ

彩風もそうです
◇蝉丸の過度の擦れたる歌留多かな  埼玉・彩風

越智空子も蝉丸
◇蝉丸が一番怪し歌歌留多  越智空子/何か怪しいんですよ、あの札がね

◇お手つきに蝉丸が来て歌歌留多  京都・都の薊/「うえーん、蝉丸が来た」なんてみんなが蝉丸の押し付け合いしてるっていうそんな感じでしょうかねえ

◇歌留多一回坊主捲りは延々と  埼玉・雪うさぎ/歌歌留多は一回だけやって、後は坊主捲りしてあそんでるって、今どきの子は坊主捲りっていう遊び方を知らないんじゃないかな。坊主出てきたらあーって・・古い時代の話をしておりますなあ

糖病猫も可笑しいです
◇歌歌留多不吉めきたる黒烏帽子  糖病猫/黒烏帽子を被った人物ものっかってたりしますよねえ

そんな風流な歌歌留多とは違うポメロ親父の一句はこれでございます
◇歌留多しようよと言って花札を出す  ポメロ親父/花札も花歌留多と言って、歌留多の種類の一つなわけですよねえ

■河原撫子からお便り
「義理の母のショートステイの予約も取れ、まる裏俳句甲子園には友達を誘ってまいります。またあのディベートが楽しみです」って書いてあるんですが、今週末がまる裏俳句甲子園なんですよね。河原撫子のその友達を誘ってっていうのがほんとにねえ、小さな俳句の種蒔き運動ですからねえ、是非来てほしいと思うんですが

■東京新宿・ささめからお便り
「普段は肢体不自由と聞き取り記憶に多少難がある程度なんですが、病後のこの時期は身体中強く痛む上に、口語も文語も言葉という言葉の発露が劇的に落ちます。今までならずーんどどーんと落ち込むところなのですが、今年は違います。俳句があります」嬉しいですよねえ、俳句がありますと言い切ってくれるささめなんですが、それがなんとまる裏に来てくれるって言うんですよ
「一月生まれの私、雪子のためにあるような今年のまる裏俳句甲子園、これはもう行くしかないでしょう。揺るぎない眼光と荒い鼻息で医師を説き伏せ、許可が出ました。と言うより勝ち取りました」すごいよーささめ〜〜
「先日航空券とホテルの手配を完了いたしました。東京から単身参ります。(もちろん入場のみです)今回の参加は夏の俳句甲子園を楽しむための市場調査も兼ねています」なんてアクティブな方でございましょうねえ〜ささめ〜あのー子規記念博物館で今週の日曜日でございますよ。
そしてねえ、前の日に「俳句ポスト365」のオフ会という名の懇親会もやるようになってて、そこで色んな人と顔合わせするとまた楽しゅうございますので、ホテルが一泊なのか二泊なのかわかりませんが、前日入りするようならね、俳句ポスト365の仲間との交流もできるので、せっかくあんた金使って揺るぎない眼光と荒い鼻息で医師を説き伏せたわけですから、できるだけたくさんの人たちと交流して帰ってくれたら嬉しいなと心から思っております

■ドイツから参加の月の道からお便り
「聞き書き隊のみなさまにお会いになることがありましたら、お手数ですがお礼をお伝えください。何かの形ではと思いますが、なかなか思いつきません」って書いてありますが、あのーラジコプレミアムが海外で聴けないので、聞き書き隊が命だって言う方なんですよね。聞き書き隊のみなさん、今年も月の道とか中原久遠海外勢のために、ぜひよろしくお願いしますね


と言うことで・・

※募集中の兼題 「ホットドリンクス」「しばれる」1月15日(日)必着
       「周(周ちゃん広場の周)」「駒返る草」

あなたの投句をお待ちしております!

車のことならなんでも。南梅本町、自衛隊松山駐屯地すぐそば、友近自動車にご相談ください。
一日車検、板金ブース完備。お客様の愛車をすべて仕上げてお渡しします。
電話089−948−8003まで。
らくさぶろうも友近自動車を応援しています
(1/5-11:05)
No.12655
彩楓(さいふう) > 聞き書き隊の皆様いつもありがとうございます。 蝉丸の角の擦れたる歌留多かな でお願いします。
(1/5-13:34)
No.12656
みかり > 【訂正】
◇蝉丸の角の擦れたる歌留多かな 彩楓(さいふう) (1/5-19:43)
No.12657
まとむ
金曜日

俳句集団いつき組組長夏井いつきです。
アシスタントのウェンズデー正人です。
今週の兼題は「歌留多」でお送りをしておりますが、金曜日トップバッターは妹のりこのなかなか危ない一句です。
◇飛び来る歌留多の角の凶器めく  妹のりこ
「かるた」「かど」という風に音を重ねて最後「きょうき」と、まぁこれもカ行の音のひとつですよね。硬い音がポンポンポンとででくるあたり、この句の内容にも似合ってますね。

そして横浜4Gの会大阪会友・ちづこがこんな場面を切り取りました。
◇賑やかに猫駆けぬけるかるた取り  横浜4Gの会大阪会友・ちづこ
歌かるたというよりは普通の家族でやるようなね、子どもも入ってのかるた取りかと思います。「賑やかに」だから人がいるのかなぁと思うと猫が駆け抜けた。あぁ〜もう猫が蹴散らして行った・・なんていう小さな場面がね、ホントにきれいに切り取れてますね。

しょい句会・宵嵐の一句。
◇お座敷の犬飛び跳ぬる歌留多かな  しょい句会・宵嵐
最近の犬ってほら座敷で飼ってる犬って多いじゃないですか。お座敷の犬が飛び跳ねていますよ・・っていう猫と犬との似たような場面を切り取ってはいるんですけれども、いろは歌留多の「犬も歩けば棒にあたる」みたいなのがあるじゃないですか。ああいう棒に当たるどころか飛び跳ねているような犬が歌留多になっていると思うと、それはそれで違った味わいも生まれてまいりますね。


麦仙人は神戸からの参加なんですが、こういう歌留多もあるある。
◇久々の歌留多いささか黴臭し  神戸・麦仙人
うちにあったんじゃない?百人一首・・とか言いながらね、奥の奥から出してくると、何とまぁ黴臭いことよという。この「黴臭し」で匂いが最後グーッと前に出てまいりますね。こういう句のときに黴が季語でしょなんていうのは、これは野暮というものでございますね。こういうのはしっかりと歌留多がクローズアップされた句だということです。

そして千葉から参加小泉岩魚も面白いですね。
◇天皇は昔奔放歌かるた  千葉・小泉岩魚
昔の天皇という人たちのホントに奔放なね、歴史っていうのをこの人はしみじみと思っているんでしょうね。いろんな時代の天皇のお歌も百人一首の中には入っておりますからね。

百人一首の中には天皇だけじゃなく、いろんなお坊さん坊主も出てくるわけですが、「胡乱(うろん)」という言葉が出てきます。四方子のこんな一句。
◇歌かるた坊主の顔は胡乱なり  四方子
「胡乱」というのは、まぁ怪しいというか確かでないというか胡散臭いというか、百人一首に描かれている坊主の顔はどれもこれも何か胡散臭いわね・・っていうこれも実感としてね。胡乱な坊主の顔ってどんなの?って思う人は是非今年ね、百人一首を手に入れて見てくださいね。

百人一首を並べてみるとこんな一句だってできるわけですよ。石川から参加亀田あらたです。
◇ひらがなの渦解けゆきぬ歌留多の海  石川・亀田あらた
百人一首の取札は全部ひらがなで書かれておりますから、並べると正にひらがなの渦であり、歌留多の海であるというわけですね。これも歌留多と真っ向勝負をしている一句だと思います。

富山の露玉は歌留多をしている人物を想像しました。
◇遠来の従妹まぶしき歌留多かな  富山・露玉
「遠来の従妹」がしばらく会わない間にホントに眩しい美しい娘さんになっていると。作者を若い男性だなんて読んでも面白いかもしれないし、おっちゃんだと読んでもそれはそれの味わいでございます。

下町おたまの句もリアリティーがあります。
◇エプロンも取らずかるたを湿らする  下町おたま
台所と行ったり来たりしながらね、やってるお母さんにとってはエプロンのまんまで、何かつまみのようなものを作ることも、それから子どもたちの間に入ってかるたをすることも同じことなんでしょうね。「湿らする」ってあたりの描写巧いもんでござますね。

面白いといえばしょい句会・小田寺登女のこの一句も面白い。
◇また語らるる歌留多の破れし理由(わけ)  しょい句会・小田寺登女
「理由」と書いて最後「わけ」とルビがふってありますが、この歌留多破いたのはあの年に歌留多で勝ったの負けたのって言って・・みたいな話があるのかもしれないしね。その敗れた理由は毎年毎年語り継がれる、それがだんだん笑い話になると、こんなことなんでしょうね。

大きな思いを捉えた句もあります。野風の一句です。
◇歌がるた吾(あ)に脈々と大和の血  野風
「吾に」の「吾」というのはワタクシという意味です。歌かるたをしております、百人一首をしておりますワタクシには「脈々と大和」の人間の血が流れておりますよと、かなり歴史を捉えてね、大きく詠んでくれた。
野風にもあげたかっただけれども、ワタシこれにやられてしまいました。ほろよいの一家の花かるたの句なんですが、花かるたというのは花札ということになります。

  『天』  求婚の試練其の一花かるた  ほろよい

百人一首を優雅にやりながら、そこで手が触れて恋が・・みたいな俳句はねよくよく見るんですけれども、これ花札ですよ。「求婚の試練其の一」ですから、私が思い描いたのはね、つきあっている女の子の家に行って、やっとプロポーズできてやっと家に行って、その試練の其の一が、いきなり向こうのお父さんが花札出してきて、お前やれんのかぁ・・みたいな。オーッと思うようなそんな場面を思ってしまったものですから、そこから逃れられなくなってしまいました。歌留多の中でもこんな場面あってもいいんでしょうね。

☆「ホットドリンクス」「しばれる」の募集締め切りが1月15日(日)必着。
 「周(周ちゃん広場の周)」「駒返る草」
あなたの投句をお待ちしております。

夏井いつきの一句一遊は毎週月曜から金曜朝十時から。
あなたも是非「垣根なき十七音の世界へ」
(1/6-22:52)
No.12658
亀田荒太 > 聞き書き隊のみなさま、お世話になっております。
「ひらがなの渦とけゆきぬ歌留多の海」俳号は、亀田荒太でお願いします。(訂正は必要ありません)
本年もよろしくお願いいたします。 (1/7-05:49)
No.12659
野風 > まとむ様、聞き書き隊の皆様の日々の更新に深謝。大和の表記を倭に変更お願いいたします。 (1/7-11:07) No.12660
まとむ > 亀田荒太さん、野風さんありがとうございます。
【金曜日訂正】
◇ひらがなの渦とけゆきぬ歌留多の海  亀田荒太
◇歌がるた吾に脈々と倭の血  野風   (1/7-22:42)
No.12661
ポメロ親父 > まる裏の会場で、ささめさんの表記をご本人から教えていただきました。「莎草」と書くそうです。 (1/8-13:10) No.12663
誉茂子 > 聞き書き隊の皆様、いつもありがとうございます。俳号の訂正です。四方子→誉茂子でお願い致します。 (1/8-18:55) No.12664
まとむ > 誉茂子さんありがとうございます。
【金曜日訂正】
◇歌かるた坊主の顔は胡乱なり  誉茂子 (1/13-21:41)
No.12674
名前 返信 文字色 削除キー

一句一遊 「名残の空」 12月26〜30日放送分
投稿者:ポメロ親父 投稿日:2016/12/26(Mon) 20:35 No.12634 
 こちらの掲示板では、RNB南海放送ラジオの番組「夏井いつきの一句一遊」の内容を聞き書きしております。聞き書きですので表記は不正確です。同音異字や誤字が有りましたら修正してください。間違いに気づかれた方 は、ご自分の句でなくても、教えていただきますと助かりますので、どうぞよろしくお願いします。
 直接こちらに俳句を書き込まれましても、放送されることはありません。俳句の投句先のメールアドレスは ku@rnb.co.jp です。

ポメロ親父

 車壊して半世紀、廃車買い取りの東雲短大裏「石川商店」の提供でお送りします

月曜日

 俳句集団いつき組組長、夏井いつきです
 アシスタントのウエンズデー正人です


 今週の兼題は「名残の空」、でお送りをするんですが、一人だけねえ‥これどういう経緯でこのぉ場所に迷い込んだのかがわからない句があるんですが、漢詩人・鉄化面の一句です

◇暦剥ぐ自分探しの始発駅  鉄化面
 なんかこれ全体がテーマ「名残の空」で、考えてるうちに肝心の名残の空という季語がどっか飛んで行ったっていう‥まあ俳句作る人にとってはそれなりによくあるケースかもしれませんけれどもねえ、決して悪くないんだけどなあ

 ええ、ひとまず今週の兼題を飲み込むというのが、この一句一遊の兼題という意味になるわけですがねえ、さあ月曜日の常連・さとちゃんからも来ております
◇こたつむり名残の空へ星数え  さとちゃん
 こたつむりっていうのがなんかもう、すでに古びたギャグっぽい感じがしますよねえ、炬燵被った子供?背負ってる?‥でしょう?さとちゃん、しかもこたつむりが季語だとは言わないけれどもねえ、「組長さんの爆弾愛の発言力、嬉しい励みになります。」爆弾愛を私はあなたにささげましたっけ、いやあいろんなことが起こる年でしたねえほんとにぃ

 フィギア句会・志のはこれどうしたらええん?
◇名残の空で年越しだ  志
 ちょと、短いですねえ〜

 さらに、砥部のお嬢さんズ・里大福もこれどしたらええん
◇名残の空光陰矢のごとし  里大福
 ほとんど季語と格言で終わってしまうというねえ、あんたも腹が座っとるわ里大福ぅ

 ええそしてですねえ、人見直樹の先輩もほぼパクリ?
◇名残の空いろはにほへとちりぬるを  人見直樹の先輩
 みんなもう難しくなってくるとですねえ、他人のふんどしを借りて勝負しようというねえ

 ええそしてポメロ親父からは能書きが来ております「言わせて貰いますが、日ごろ組長のお蔭を持ちまして、一般の俳人が滅多に触れることのない季語に数多くチャレンジして来たいつき組の中にも、かつて『名残の空』に取り組んだことのある組員はそうは居りますまい。しかし、『なんぞいやそれは』と思いながら引いた歳時記の索引には、主要な季語の証であるゴシック体で記されていたのでありました。恐るべきは季語、歳時記を繰る楽しさを思い出させていただきました。」そうなんですよ私もねえ、え?これゴシック体の濃い字で書いてあると思って、びっくりして、そういう割には私って名残の空なんて難しくてねえ、自分では作りたくない季語の‥ぴへっへっへ‥一つでしょうねえこれねえ、え〜ポメロ親父の一句も念のため読んどきましょうかね
◇名残の空へ電気屋が篝火を焚く  ポメロ親父
 これ電気屋、最後のあの年の瀬のねえ売って売って一年終わらすぜぇみたいなことなんでしょうかねえ

 横浜の糖尿猫からもお便りです「初めて知った言葉です。趣がありますねえ。日本大歳時記でのみ見出すことができた季語です。解説の飯田龍太さんは『年用意もおおかた済んで、ほっと安堵した気持ちで仰ぎ見る西空』と言われております。私は『年が終わった充実感と新しい年への気体が混ざった気持ち』を思い浮かべました。そんな中、年末年始でも休むことのできない人達がいることにも思いをはせました。ブルーコメッツの人達も、往時は休めない年末年始だったのでしょうね。」なんでいきなりブルーコメッツが出てくるのか、あんたの脳内がよくわからないんですけれどもでもこのお便りの中でね、とっても大事なのは、ええ飯田龍太さんの解説ですね、年用意もおおかた終わって、ほっと安堵した気持ちで仰ぎ見る西の空であるよと、暮れて行く西の空というイメージが強いのかもしれませんねえ、糖尿猫の句も一応読んでどきましょう
◇名残の空暗き地上を這う列車  糖尿猫
 おおきな大景をね詠んで下さっております

 いろんなお便りも来てますよ、まずはですね沢田樹里は愛知の人なんですが「プレバトがきっかけで俳句を始めて1年たちました。一句一遊、磯を季語と思い込んでの月曜日」あ、そうやったっけ‥あんた「同じ12月に名古屋句会ライブで200人分の選句の現場を目撃、17音が立ち上がって一瞬で目に飛び込んで来るというような表現でしたでしょうか。ああ組長はこうやって私達の句を真剣に受け止めてくださってると感動しました。」いやいやありがとうございました、ほんとにでもそうなんですよ、つまんない句は寝たまんまだから、それはあの一句一遊でも一緒なんですけれどもね「このライブは本当にその後の投句の励みになりました。まだの方、句会ライブをまだ体験していない方は、少し脚を伸ばしてでも体験されると良いと思います。」いやあ是非来て欲しいなと思いますけれどもねえ
◇名残の空金曜遥か彼方かな  沢田樹里
 こんな志の一句も届いておりますねえ

 そしてこちら初投句のねえ、棒振り仙人というのが俳号ですかねこれ「一句一遊も遅ればせながら初投句、これでいつき組組員を名乗れるかなあ。」って書いてありますが、いつき組組員はね「俳句って楽しい」って思った人は、いつでも誰でもその日から名乗ってくださいって言うのが、たった一つのルールなんですよ、別に入会届けも名簿も何にもありません、で名乗るついでに俳句の種蒔き運動を手伝ってくださいっていうのが、私達の活動なんですねえ、え〜、で、この棒振り仙人とやらはですねえ東平の吟行会でどうも会ってるみたいなんですよ「東平で茸飯の人生初投句を捻った白髪のおっさんです。」いやぁ白髪のおっさん一杯おったけんねえ、どの白髪のおっさんやったかいねえ、会うと思い出すと思うんですが、え〜「ユネスコクラブの高校生に便乗して」ああこの子達がねえあの、吟行のご案内のあのぉ説明をしてくれたんですねえ「高校生に便乗して、赤ペン先生の本に素敵なサインをもらったら、思いがけず組長が『家内と3人で記念写真撮ろうよ』と声を掛けていただき、大喜び大感激の初句会ライブでした。その初句会ライブ参加の4日後に亡くなった父が残した格言」あらぁそんなことやったんですか「山高ければ谷深し、まさに格言どおりの生き様でした。」と、おおなるほどそういう追悼句だったんですね、あなた
◇山谷と言い残し父名残の空  棒振り仙人
そういう一年の終わりを見上げている棒振り仙人でございます

 ‥と言うことで、いま募集中の兼題が‥
「亀(亀井製菓の亀)」「雉始めて鳴く」の投句〆切が12月27日(火)必着
  新しい兼題は「ホットドリンクス」「しばれる」です


勝たせて貰っているのに廃車専門とは、これいかに?
社長元気だが、石川昇天ってかあ(チーン)
飛車に角、将棋の駒は買わねども、廃車買いたし、お電話を
自動車を解体し続け50年、松山市桑原、石川商店

この番組は車壊して半世紀、廃車買取の東雲短大裏、石川商店の提供でお送りしました


(12/26-20:47)
No.12635
ミズスマ
火曜日
〜この番組は農家のお店・周ちゃん広場の提供でお送りします〜

俳句集団いつき組組長・夏井いつきです。
アシスタントのウェンズデー正人です。

今週の兼題は「名残の空」でお送りをいたしますが。
神戸のノクターンからはですね、「先日歌留多で初めて一句一遊に投句したんですが、兼題・名残の空が大晦日の空だと知って、愚痴りたくなりました」って。何か分からんけど…みたいな感じやったんかいね。え、そんなノクターンの一句。
◇名残の空眺む余裕の無かりけり   ノクターン/あ、そうか。「眺む」がね、連体形にならないといけないんで、『名残の空眺むる余裕無かりけり』ってやったらね、文法的に問題なくなりますよ。

そしてこちら、もやい句会・内山初美も見上げておりますなあ。
◇名残の空未知の年へと吸われゆく   内山初美/なんか自分が吸われていくかのようなね、ブラックホールのような感じもします。

◇仰ぎ見て名残の空に手を合わす   若草俳句会・カンナ/手を合わす人がいっぱいおりますよ。

岡山県・みせうあい。「みせう」がカタカナで「あい」がラブの漢字です。
◇無事過ぎし名残の空に手を合わせ   ミセウ愛/一年のね、最後の日ですからこの思いは共感します。

埼玉から参加、巫女です。
◇撞木引く名残の空を見上げけり   巫女/鐘つきですよね。撞く前にぐっと引くという、そんな動作でしょう。

◇百八の名残の空を揺らす鐘   いつき組リスナー班・旧重信のタイガース/もうみんな鐘撞きまくっておりますよ。

◇百八つ名残の空に感謝の香   トラックウーマン/「かんしゃのか」は香りの「香(か)」ですね。私たちは大晦日の夜にうちの組員の和尚の寺行って鐘撞く吟行会やってるんですけれどもね。百八つ撞かないといけないというその数が大事でございますよ。

◇名残の空未だ煩悩纏いつつ   横浜4Gの会・句楽生/纏いつつというところが切ないですね。

◇もう終わり名残の空に願を掛け   正岡ごき/もう年末大晦日から願掛けるんやね、君はね。

「初めての投句です」というのが、平仮名で「ゆめちゃん」です。
◇急速に名残の空の霞みゆく   ゆめちゃん/この「かすみ」は季語の「霞」というのではなくてね、気象としての単純な言葉だと受け止めましょう。

◇名残の空家計簿に吐く溜息や   93kgのぷっこら/ハハハ!大晦日としてはあんた本当、最後の「や」という切れ字が泣けてくるよー。

◇止められぬ時に溜息名残の空   ちか子/こっちの溜息は何か詩的な空気が広がりましたね。

◇精一杯二人で生きた名残空   富士山/富士山の嫁さんは小雪でございますけれどもね。そういう夫婦の精一杯なんでしょうかね。

◇明日からもこの幸せを名残の空   若草俳句会・イーちゃん/ほのぼのといたしますね。

千代の一句は、これ思い出してるんじゃないのかなあ。
◇名残の空や就職列車の汽笛鳴く   千代/何十年か前に大晦日にね、列車に乗って…ていうんじゃないかなあ。

せっちゃん命も乗っております。
◇我乗れば名残の空の終列車   せっちゃん命/せっちゃん命、いつもの葉書なんですが、この葉書の一番上んところに新聞記事のね、切り抜き貼り付けてあるんですよ。プレバトの視聴率とかって、にぎにぎしい色、何ていうんですか、このマーカー、蛍光マーカーで、まあ目がちかちかするわ、君これ。

ケアジャパン・大西まさのり。ああ!買うよね、皆。
◇名残の空宝くじ買う人集まり   大西まさのり/買うとこうかな、こんな句読むと。人に左右されやすい質なんでねー。

チームそよ風・ピースは、わあこれも気忙しいねぇ。
◇名残の空へ選挙応援の声   ピース

山Pはこうきました。
◇名残の空嫁をとるぞと誓う空   山P/誓え、誓え、もう大いに誓え、本当に。

◇白髪や名残の空の立ち話   痛快/最後、立ち話でぽっと情景切り取るあたりね、なかなかうまいじゃないですか。

◇夫婦仲なかなかでもない名残の空   唐のカラちゃん/ふははは、へっ、言うとけや、自分で。

◇診察でいきなり抜歯名残の空   福岡・しゃくなげき/ははは!これも大晦日の夕方、ちょっとショックやなあ。

え、「らえるじぇい」と読むんでしょうか。
◇一礼す名残の空の退院日   ラエルJ/退院日でほっとする年末でございますね。

◇葱白く洗い上げたり名残空   かずっち/葱という季語が出てきますけれども、大晦日の光景としてそんなにね、違和感はないですね。

樹朋の一句も季重なりではございます。
◇帰路急ぐ名残の空を冬落暉   樹朋/落暉(らっき)というのは夕日という意味です。

まるかじりも、季重なりではありますが、これは本当に気にならない。
◇名残の空神楽の夜に島澄むと   まるかじり/神楽も季語になってるんですよね。冬だったかな。

やすおの一句。
◇名残の空凪行く伝馬船一艘   やすお/見えてきますね。静かな海でございますよ。

あいサロン・さっちゃん、火曜日登場ですよ。
◇車窓から見上げるビルや年の空   さっちゃん/名残の空の傍題に年の空というのがあるわけですね。

◇窓拭く老いたる手嗚呼名残の空   句ゼミ・小青/なんかこれ重いね、君。主婦が単純に掃除してるとは思えないぐらいの重い一句ですね。

◇古稀迎え名残の空の清々し   風花会・さくら

清々しい名残の空を見上げる人もおれば、釈然のような方もおります。
◇名残の空遠き別れの友思う   釈然/追悼ですね。

◇名残の空まるまる猫の背伸びかな   穂積書道教室俳句部・其蜩/猫かわいいですね、これね。

◇古写真燃やす煙の名残の空   としまる/煙が漂って名残の空に溶けていきます。

◇恙なし名残の空に阿弥陀仏   シナモン句会・ルイ/最後、阿弥陀仏くるのが面白いですね。

みたらしふじ子は砥部のお嬢さんズです。
◇名残の空時は平等生かされる   みたらしふじ子

◇名残の空星影も社殿を浄め   美人晩成/この美しさというのがまさに名残の空の暮れていく気分でございましょうね。

ということで今募集中の兼題が… (12/28-06:36)
No.12636
あねご > 水曜日
この番組は車検、板金の友近自動車の提供でお送りします。

俳句集団いつき組組長夏井いつきです。
アシスタントのウェンズディ正人です。
今週の兼題は「名残の空」でお送りをしております。水曜日、トップバッターは犬のコロのこんな一句
◇名残の空一つに足りぬ名残りあり 犬のコロ/「名残の空」「名残りあり」というふうにリフレイン、重ねておりますね

そして愛南町からモッツァレラえのくし
◇名残の空明日はどんな色やろか 愛南町・モッツァレラえのくし/「色やろか」っていう口語がいいじゃないですか。こないだモッツァレラえのくしが愛南町の句会に初めてやってきましてね。なんか気のいいにいちゃんとおっちゃんの間くらいの感じの、ッヘッヘッヘ!モッツァレラえのくし、ちゃんと投句続けてくださいね。

そして横浜4Gの会、大阪会友、いそです
◇ありふれた名残の空や窓を拭く 横浜4Gの会・大阪会友・いそ/「ありふれた」っていう言い方で大晦日の自分の気分を表現しました

和吉です
◇灯を名残の空にもうひとつ 和吉/心の灯でもあるかもしれません

今日はアッシー、水曜日登場
◇晴夜なる名残の空に鐘響く 今日はアッシー/晴れた夜の名残りの空、そこに音が入ってまいります

緑の手です
◇夜勤入り名残の空は菫色 緑の手/働いてる人たちもあるわけですよねえ

いごぼうらです
◇霊峰の名残の空に眠るごと いごぼうら/最後、最終的には比喩になっていくっていう作りが面白いですね

霊峰といえば石鎚、こんな一句もあります。山の中の憶良です
◇石鎚に舫いて尽さん名残の空 山の中の憶良/「石鎚に舫う」という比喩がおもしろいですね。名残りの空がなかなか暮れないでっていうそんな感じでしょうかね

れんげ畑の一句には「行道山(ぎょうどうさん)」行く道の山という地名が出てきます。行道山、伊予市と砥部にまたがる山で、テレビ塔があります
◇名残の空や行道山の上に星 れんげ畑/最後星に焦点が絞られます

童夢U世は北海道からの参加。「増毛浜」という固有名詞が出てきます。「増毛は妻の母の実家で、この冬廃線になりました」という一句です
◇廃線の名残の空や増毛浜 北海道・童夢U世/「増毛浜」という響きがいいですねえ

宇和島風花会、牡丹はこんな地名
◇上州路名残の空の星清か 一句一遊宇和島風花会・牡丹/上州に出かけて行っての一句なんでしょうね

ドイツから参加、月の道は北海道宗谷です
◇ラッセルで宗谷を目指す名残の空 ドイツ・月の道/「目指す」ってんでちゃんと動きが出てきますね

そして横浜4Gの会、大阪会友、ちづ子です
◇サロベツの名残の空へ鳴る汽笛 横浜4Gの会・大阪会友・ちづ子/「サロベツ」という地名が遥かに響いてきます

句ゼミ、山田ノムオウです
◇羽田発つ名残の空をロンドンへ 句ゼミ・山田ノムオウ

プリマスロック句会、ひなぎきょうです
◇恋い渡る名残の空の機影かな プリマスロック句会・ひなぎきょう/機影っていうのは飛行機の機に影と書いて「機影(きえい)」ですね

松山の雪花はこれ行ってんのかな、帰ってきてんのかなあ?
◇名残の空や十六時間の時差 松山・雪花/破調で攻めてきました

てつ子は福井からの参加ですね
◇空爆のシリア名残の空の元 福井・てつ子/これもね、心にひたひたとくる一句でございます

チームそよ風、オセロは時事ネタです
◇プーチン去る名残の空の彼方へと チームそよ風・オセロ/なんか阿部さんが、あ〜って言いながら見送っているような感じもいたしますがね

人見直樹です
◇どこからも名残の空の見えぬ宿 人見直樹/最後「宿」っていうところにもってくることでこの人の居る場所が見えてきます

そして初投句でいきなり水曜日に登場しております。くものいかりと読むんですかこの人?ひらがなです
◇玄関に神を説く声名残の空 初投句・くものいかり

広島から参加、稲穂です
◇黙深き名残の空を迷い犬 広島・稲穂/沈黙の黙と書いて「黙(もだ)」と読むんですねえ

人日子の一句は人物が出てまいります
◇名残の空去って帰らず父と母 人日子/しみじみとした句です

越智空子です
◇立ち騒ぐ妻よ名残の空を見よ 越智空子/もう妻は年追いでバタバタバタバタしてるんでしょうね。そんなことをせずにこの美しい空を見よという、いい夫じゃないですかあ

麦子は宝塚からの参加
◇御不浄を清める外は名残の空 宝塚・麦子/「御不浄」ってトイレのことをね、そういうふうに言ってるわけです。「不浄」に「御」をつけるあたりがね、日本人の言葉の使い方としていいでしょう?

誉茂子の一句です
◇裏木戸の水神様や年の空 誉茂子/「年の空」というのが「名残の空」の傍題になります

千葉から参加、柝の音の一句
◇名残の空へ火の粉踊るやお焚き上げ 千葉・柝の音

お焚き上げがあればこういう光景も見えてくるんじゃないですか、青森から参加、佐東亜阿介です
◇森照らす篝名残の空焦がす 青森・佐東亜阿介

抹茶金魚は愛知からの参加
◇日めくりの台紙の福や名残空 愛知・抹茶金魚/日めくりの台紙ですから、あと一枚しかない日めくりですね

南亭骨太です
◇名残の空暗し暗し酒辛し 南亭骨太/くふっ、切ないなあ君ぃ!え〜、もう山頭火みたいやわあ

まるやす、のり茶づけです
◇七転び名残の空へ八起きかな まるやす・のり茶づけ/七転び八起きという格言を詠み込みました

荒あらたです
◇身二つとなること告げる名残の空 荒あらた/おめでたい妊娠を大晦日に告げるわけですよぉ

はまのはのは京都からの参加
◇切りたての髪や名残の空は晴れ 京都・はまのはの/お正月に向けて美容院にもちゃんと行ってるわけですねえ

けいご6才です
◇なごりのそらひらがなべんきょうするノート けいご6才/大晦日に勉強する6才、すばらしいです!

そして千葉から参加、土井探花の一句には魚偏に昆布の昆と書いて「鯤(こん)」と読むんですが、伝説上の大きな魚なんだそうです。こんな一句
◇名残の空鯤暴れたる残り香す 千葉・土井探花/残り香がするっていうねえ、空想の世界に飛びました

そして三重から参加、えらいぞはるかちゃんを改めまして、たかおあやの一句
◇空きベッド名残の空の疾くと暮る 三重・たかおあや/「とく」というのは「疾走」の「疾」と書いて「疾く(とく)」と読みます。早く暮れてしまうよ、という一句でございますね

そして最後がシナモン句会、山の菫のこんな美しい一句
◇擦り減りし名残りの空へ色を足す シナモン句会・山の菫/一年間、擦り減ってしまった名残の空へ美しい紫色を足しているんでしょうかね

募集中の兼題 「ホットドリンクス」「しばれる」1月15日(日)必着
       「周(周ちゃん広場の周)」「駒返る草」

車のことならなんでも。南梅本町、自衛隊松山駐屯地すぐそば、友近自動車にご相談ください。
一日車検、板金ブース完備。お客様の愛車をすべて仕上げてお渡しします。
電話089−948−8003まで。らくさぶろうも友近自動車を応援しています。

この番組は車検、板金の友近自動車の提供でお送りしました。

(12/28-11:14)
No.12637
高尾彩 > 聞き書き隊の皆様、いつもありがとうございます。
◇空き病牀(ベッド)名残の空の疾くと暮る 三重・高尾彩 (12/28-17:09)
No.12638
抹茶金魚 > 初めまして。水曜日の句は、
日めくりの台紙の透くや名残空
で投稿させていただきました。よろしくお願いします。

(12/28-17:46)
No.12639
あねご > 【訂正】
◇空き病牀名残の空の疾くと暮る 三重・高尾彩
◇日めくりの台紙の透くや名残空 抹茶金魚 (12/28-21:49)
No.12640
みかり
水曜日

〜この番組は車検板金の友近自動車の提供でお送りします〜

木曜日なんですが、今週の兼題「名残の空」の火曜日のみなさんが少し残っているので、こちらご紹介してからお便りいきましょうかねえ

◇椅子足の光る学び舎名残空  川崎市・咲く空色/名残空とちょっと約まった言い方にはなっておりますが、椅子の足が光るって目の付け所がいいですねえ

◇わが心名残の空の星のごと  砥部のみいゆう/何か恋してるような一句に見えますなあ

◇宵の明星名残の空に瞬けり  もやい句会・近藤眞子/宵の明星の美しさが際立ちますねえ

◇四国路や名残の空に出し月  風花会・五月/月っていうのは秋の大きな季語ではありますが、その大きな季語だからこそ逆に季重なりがこううまくいくっていうか受け入れてもらえる、そういう季語ですねえ

◇七十年名残の空や里遥か  新居浜・ぺけぽん/ぺけぽん来年七十になるんでしょうかねえ・・ワタクシ来年五月で六十歳になりますねえ・・還暦〜楽しみやわ〜そんなことはどうでもいいんですが

◇組長に引かれて名残の松見空  和歌山・あまいアン/こんな句あったんや!「組長に引かれ、導かれ、落ち込み、うんうん唸り、喜び、すべてが楽しい時間です」って書いてありますねえ。俳句を手にすると退屈することがなくなりますよ、ほんとに

◇句とともに生きし一年名残の空  もやい句会・田中千十恵/良いじゃないですかあ・・人生そのものが楽しいですよ

◇名残の空良い天気だと思います  伯方児童館俳句キッズ・ひろあき/この口語がいいですねえ

なんと火曜日!!
◇名残の空光は闇を包む  フィギュア句会・フォーチュンアルト/ああ、真っ当じゃないか、フォーチュンアルト!!やればできるじゃないか〜〜フォーチュンアルト

◇名残の空定年退職まで三月  八十八/「周りの人から「あと三か月、寂しいでしょ?」とか聞かれますが、自分としては寂しさや名残惜しさはなくて、とにかくその日が待ち遠しい」って書いてあります。ははははは・・こういう正直な人好きやなあ〜八十八〜あと三月終わったらもう、俳句三昧一緒に楽しみましょうねえ

■広島・松永のばあばからお便り
「組長!この一年一句一遊に投句皆勤賞やりきりました。分かりにくい兼題は投げ出しそうになりながら、裾野一年生として頑張ってきました。火曜日からのステップアップを目標に二年生になりたいと思います」という一句

◇名残の空力の限り歩みおり  松永のばあば/力強い宣言だと思いますよ

■あんみつゆか姫からお便り
「組長!今年の目標は水曜日に五回読まれるでした」はははは、なんか身の丈に合った目標で良いと思います!
「そして結果は水曜日に10回読まれました」ぱちぱちぱち〜
「来年は15回を目指したいと思います。プレバトを見てもっと勉強します」と嬉しいですねえ。そんな木曜日お便りの一句

◇名残の空始まりへと手を振る吾子  砥部のお嬢さんず・あんみつゆか姫/おおーーこれも破調に挑戦しております

■句ゼミ・風薊からお便り
「組長!今年6月から俳句を始め、毎日有意義に楽しく過ごしております。まだまだ自分のことでいっぱいいっぱいですが、いつの日かわたしも子どもたちに俳句の楽しさを伝えたいと思っております。そうできるよう来年も俳句を楽しみながら勉強していきます」こうやってねえ、みんなが小さな俳句の種蒔き運動をしてくれることが私たちの喜びです。それが俳句集団いつき組の大きな大きな社会運動、社会的な文学運動だと思っていただけたら嬉しい!

◇いくつもの占い試す名残の空  風薊

■句ゼミという集団を作ったこともまあ俳句の種蒔きのひとつなんですけれども、それを作ったのが石川焦点(45歳)って、あ、そうですか(笑)
「組長!今年もお世話になりました。兼題森で5度目の金曜日に読んでいただいた上に、組長から上手になってますとお褒めをいただき、上機嫌で年末を過ごしております」という一句

◇SMAPの歌よ名残の空の音よ  句ゼミ・石川焦点/これは「夜空ノムコウ」とやらじゃないでしょうかねえ。夜かなあ・・解散するんですね

■ひでやんからお便り
「組長!私の今年は、仕事の懸案から始まって、夏場は俳句甲子園、秋祭りの大役と何足も草鞋を履いた状態で、組長ほどではございませんが、目まぐるしい一年でした。俳句の方は3月に写真俳句コンテストで優秀賞をいただき」そうやったねえ〜〜
「忙しさにかまけたせいもあったのか、進歩があまりありませんでした。来年も句会にお邪魔したり、ぼちぼちやっていこうと思います。組長は超の三乗くらい多忙極まる一年だったと思いますが、良いお年をお迎えください」と、ありがとうございます。そんなあなたがご褒美のような一句、嬉しいです

◇頑張った君へ名残の空は晴れ  ひでやん/晴れの空を見上げながら新しい年を迎えると

■まるにっちゃんからお便り
「組長!今年は全国的に俳句の良さ楽しさ、かなり広まってきたと思います。なかなか上達しない私ですが、少しずつ続けて15年もやって来れた」そうよね、あなたの句歴は一句一遊と一緒だもんね
「組長、スタッフの皆さん、いつき組組員の皆さんあってのものと感謝しております。一の俳句のように今年もいつもの組長のままでお会いしたいものです」一の俳句ってどれ?あ、これか。。

◇名残の空食べたあの頃と同じ味  まるにっちゃん/名残の空食べたっていうの面白いですねえ、あなた

最後にこれ、お詫びだけして終わりたいと思います
■伯方児童館俳句キッズからお便り
「聞き書き隊の皆さん、いつもありがとうございます」というお便りなんですが・・私が「いちか小1、いちかは小1ですっていう風に読んだときに、市川正一っていう風に変換されていたそうで
「初めそれ誰?って思ったんですが、今年一番の合点となりました。名前のことなんで申し訳ないですが、市川正一ではなく、いちか(小1)と直していただけませんか?」と・・聞いてやってください。聞き書き隊の皆さんほんとに一年間ありがとうございました。あなたたちのお蔭で楽しめている人たちもいらっしゃいます


と言うことで・・

※募集中の兼題 「ホットドリンクス」「しばれる」1月15日(日)必着
       「周(周ちゃん広場の周)」「駒返る草」

あなたの投句をお待ちしております!

車のことならなんでも。南梅本町、自衛隊松山駐屯地すぐそば、友近自動車にご相談ください。
一日車検、板金ブース完備。お客様の愛車をすべて仕上げてお渡しします。
電話089−948−8003まで。
らくさぶろうも友近自動車を応援しています
(12/29-11:33)
No.12642
ひでやん > 聞き書きありがとうございます。
拙句の下五の「晴」は送り仮名なしで投句しております。(改めての訂正は結構です。)
◇頑張った君へ名残の空は晴  ひでやん
(12/29-13:47)
No.12643
あまいアン > 聞き書き隊の皆様いつもありがとうございます。拙句は
組長にひかれて名残の真澄空
です。訂正は必要ありません。どうぞ皆様良いお年をお迎え下さい (12/30-13:31)
No.12644
まとむ
金曜日

〜この番組はマイントピア別子の提供でお送りします〜

俳句集団いつき組組長夏井いつきです。
アシスタントのウェンズデー正人です。
今週の兼題は「名残の空」でお送りをしております。正に明日31日の夕暮れから「名残の空」という季語を体感できるわけですけれどもね、金曜日トップバッターはターナー島のこんな一句から。
◇漁師老い名残の空を眩しみぬ  ターナー島
「名残の空」というのは年用意も全部終わって、やれやれという安堵したそういう西の空がゆっくりと暮れて行くそんな光景なわけですね。最後の「眩しみぬ」ってところがやっぱ巧いなぁと思いますね。夕暮れの光景見ながら。私自分の句言うのも恐縮なんですが、「大年の夕日見に来るやつらなり」という句を昔作ったことがあるんですけれども、初日の出は、みんな初日の出初日の出って見に行くけど、大晦日の夕日もねゆっくりと見るという味わい方があってもいいんじゃないかと思うんですけれども、ターナー島のこの年老いた漁師が名残の空夕日を眩しみながら、自分の生きる場所である海がその向こうに広がっているとそういうところが巧いなぁと思います。

名残の空の下で働いている人たちがいっぱいいるわけですよね。まずは妹のりこです。
◇二十年名残の空を長靴で  妹のりこ
最後の「長靴」という情報でこの人がどういう仕事しているのかってのが、ある程度想像できるわけですよね。「組長毎年12月31日まで三津埠頭で仕事をしております。」えらいなぁ・・のりこ。

そしてね、この人もひょっとしたら名残の空を長靴で過ごしているのかもしれません。もやい句会・静泉の一句。
◇百キロの肉売りつくし名残の空  もやい句会・静泉
こっちの長靴は真っ白な長靴じゃないですか?白い上っ張りを着て、白い長靴を履いて、「百キロ」という数詞の迫力に圧倒されます。

そして甘泉のこの空もね、江戸時代のころからのね、節季って言いますけれどもね。江戸時代のころは、年に二回だけ集金しに行ったりしてたんですね。盆と正月にね。そんな空気もあります。
◇集金終え名残の空は星ばかり  甘泉
最後の「星ばかり」がね、目にホントに切なくでもホッとしているそんな感じなんでしょうね。「集金終え」という上五だけで状況が見えていきます。

埼玉から参加・よしのの一句。
◇名残の空大鍋の昆布ひらきゆく  埼玉・よしの
昆布と書いて「こぶ」ですね。これはもう明日のお雑煮のための準備をしているという感じでしょうかね。何かこんな主婦なりたかった・・アッハハハ・・ハハハ・・・。

何か生きる人たちのみんなの思いを統合したような句もありました。西条から参加唐平です。
◇ととのえて名残の空へ合掌す  西条・唐平
ひらがなで「ととのえて」とあります。一年のすべて年用意のすべて「ととのえて」それから自分の心の動きも静かに「ととのえて」名残の空に立つというね。

そしてイギリスから参加中原久遠の一句には「覗色」という色が出てまいります。藍甕を覗いて色が出たかなという風に覗く、薄い薄い水色でございます。
◇浅草の名残の空の覗色  イギリス・中原久遠
「浅草」という地名、それから淡い水色がまだ残ってここから夕暮れのオレンジ色、紫と変わっていくわけですよね。

東京から参加まどんも色が出てきますが、さっきの覗色とは全く味わいが違います。
◇名残の空信号の黄も美しき  東京・まどん
信号の黄色ですから、注意さぁ止まりましょうって止まってるんでしょうね、この人はね。名残の空のオレンジ色が向こうに見えてそのオレンジ色が少しずつ色が移って行く動いて行く。その前に見える人工的な信号の黄色も何と美しいことか。これも名残の空の詠嘆ですね。

絵画に行った人もいます。松山・ももです。
◇名残の空シャガールの馬現れさう  松山・もも
「シャガールの馬」でもう色合いが一気に広がりますね。「現れさう」というこの比喩で、きちんと映像にしていくあたり地味ですけれど巧いですね。

きとうじんの一句季重なりですが、いい句です。
◇白鳥の静もる首や名残空  きとうじん
白鳥が静かに頭を垂れている、首をゆっくりと曲げたあの形見えてきますよね。白鳥の白がどんどんどんどん暮れ行く光の中に沈んでいく、光の中にそれが正に「名残空」であると。巧いですね。

難しい季語だったのにみんな巧かったが、大阪なんちゃって句会長緒連に差し上げたいんですが、長緒連が「名残の空、なんて美しい言葉なんでしょう。季語として難しいなぁと思っていましたが、記憶が沸き上がり気が付くとたくさん詠んでいました。」という、どの句も巧いんですが、二句紹介しようかな。まずはこっち。

  『天』  名残の空春日神社の火の当番  大阪なんちゃって句会・長緒連

そんな神社はこんな年用意もしいると思うんだ。

  『天』  名残の空徳利の数の榊摘む  大阪なんちゃって句会・長緒連

春日神社で火の当番をする人がいる。そして傍らでは神社にお供える徳利の数だけの榊を丁寧に摘む人がいると。神社の光景を本当に丁寧に切り取ってすばらしい句が並んでおります。これも長緒連のコツコツとした努力の成果じゃないでしょうかね。今年最後の天おめでとうございました。  

☆「ホットドリンクス」「しばれる」の募集締め切りは1月15日(日)必着。
 「周(周ちゃん広場の周)」「駒返る草」
あなたの投句をお待ちしつつ、皆さんよいお年をお迎えください。

マイントピア別子に出かけよう。
自然と歴史を感じながら疲れを癒せる天空の湯別子温泉。
家族みんなで楽しめる、全天候型遊戯施設あかがねキッズパーク。
砂金採りや鉱山観光もお子さまに大人気。
リニューアルして魅力いっぱいのマイントピア別子へ是非お越しください。

〜この番組はマイントピア別子の提供でお送りしました〜


(12/30-22:24)
No.12645
まとむ > 訂正の書き込みありがとうございます。
【水曜日訂正】
◇杜照らす篝名残の空焦がす  佐藤亜阿介

【木曜日訂正】
◇組長にひかれて名残の真澄空  あまいアン
◇◇頑張った君へ名残の空は晴  ひでやん (12/30-22:32)
No.12646
きとうじん > 聴き書きに感謝しつつ、ほんの少し訂正をば、

白鳥の鎮もる首や名残空 きとう じん
(12/30-23:44)
No.12647
まとむ > きとうじんさんありがとうございます。
【金曜日訂正】
◇白鳥の鎮もる首や名残空  きとうじん (1/2-09:06)
No.12648
名前 返信 文字色 削除キー

名残の空の拙句ですが
投稿者:佐東亜阿介 投稿日:2016/12/28(Wed) 22:39 No.12641 
リスナー班の皆さまのご努力に頭が下がります。
青森から参加できるのも皆様のお陰です。
ありがとうございます。

✖森照らす篝名残の空焦がす
〇杜照らす篝名残の空焦がす

でございます。m(_ _)m
本文までは訂正戴かなくても結構です。

名前 返信 文字色 削除キー

一句一遊 「飯櫃入」 12月19〜23日放送分
投稿者: ポメロ親父 投稿日:2016/12/19(Mon) 19:39 No.12620 
 こちらの掲示板では、RNB南海放送ラジオの番組「夏井いつきの一句一遊」の内容を聞き書きしております。聞き書きですので表記は不正確です。同音異字や誤字が有りましたら修正してください。間違いに気づかれた方 は、ご自分の句でなくても、教えていただきますと助かりますので、どうぞよろしくお願いします。
 直接こちらに俳句を書き込まれましても、放送されることはありません。俳句の投句先のメールアドレスは ku@rnb.co.jp です。

ポメロ親父

 車壊して半世紀、廃車買い取りの東雲短大裏「石川商店」の提供でお送りします

月曜日

 俳句集団いつき組組長、夏井いつきです
 アシスタントのウエンズデー正人です


 今週の兼題は「飯櫃入」、聞き取れなかったか、私の滑舌が悪いのか、たんぽぽ・千代の一句
◇遠足に兄のお下がりお箸入  千代
 お箸、スライドさして中から二本箸を持って‥ラジオは恐ろしいですねえ〜

飯櫃入というものを完全にというか、たぶんこれ間違えてるんじゃないかなというのもありました、飯櫃入と飯櫃は別物なんですね、飯櫃って言うのは直接飯を入れるやつですねえ、絶対間違えてると思うんだよこれ、酒仙の一句
◇年の瀬や子孫帰郷し空飯櫃  酒仙
 空飯櫃って言ったら飯櫃の中が空っぽで‥

 かなた高1も微妙なんだよな
◇飯櫃入つい寿司桶と間違えけり  かなた
 寿司桶と間違えるってことは、直接それに飯を入れてると思ってんじゃないかなってねえ

 広島から参加・江刺乃可奈女です
◇お手上げのまたも辞典や飯櫃入  江刺乃可奈女
 こまったらまあ辞典を引く、ネットで調べる、歳時記を調べる、ただねえ飯櫃入って普通の小さい歳時記には載ってないんだよねえ

 フィギア句会のお散歩好きの一句
◇ありがたや飯櫃入の中の飯  お散歩好き
 これ嘘ではないんです、飯櫃入の中に飯櫃があって、そん中に飯があるわけですから

 そうかとおもいましたら愛知から参加の星の雫、これどんなんやこれ君ぃ
◇飯櫃入虫一匹も寄せぬ飯  星の雫
 虫一匹も寄せぬ飯って、まあ飯櫃入の中に虫が入らないっていう意味だろうとは思うんですが、虫一匹も寄せぬ飯っつったら、よっぽど不味いみたいな微妙な気持ちになるのが月曜日でございますねえ

 そうかと思いましたら、まぁこのての発想はあるなと思いましたよ、新居浜・猫の足跡です
◇飯櫃入時代は変わりレンジでチン  猫の足跡

 レンジ系もぅ一個あるよぉ、まる安の紫羅欄花でございます
◇飯櫃入いまはチンして便利だな  紫羅欄花
 最後の便利だなって言うのがもう、まさに月曜日に投句したという手垢の付いた一句でございますねえ

 さとちゃんからも来ております、ちょと待てさとちゃんなんぢゃこりゃぁ
◇飯櫃入おにぎりうまい小人たち  さとちゃん
 小人たちがどこから飛び出してくるんでしょうねえ、飯櫃入の蓋を小人たちが夜中に出てきて「うんしょ、うんしょ。」とかやってこうねぇ、なんていうんですか?「わっしょいわっしょい。」とか言いながら‥開くんでしょうかねえ、ぇえ゛〜‥さとちゃん、お便りもありますねえ「俳句初めてまる3年がたちました。でも、育たない私。育たない私に優しい鞭の愛言葉、ありがとうございます。」あいことばって愛の言葉って書いてありますが、別に優しいとは思ってないんですが、まあ時々火曜日にね、来だしましたから3年の意味はあるんじゃないですか

 そして、月曜日燦然と輝いております、フィギア句会・フォーチュンアルトの一句でございます
◇飯櫃入でめぐみと姫は仲良し  フォーチュンアルト
 ぶふっ‥さっきの小人の延長線上にあるんですかね、飯櫃入開けるとめぐみと姫が仲良く暮らしている、米はどこに入れるんぢゃっちゅう話ですなあ

 ポメロ親父の能書きです「日ごろ頼りにしております、角川の図説俳句大歳時記にも、講談社のカラー図説日本大歳時記にも飯櫃入の写真が載っておりませんでした。ネット検索では割と簡単に見つけることができましたが、もはや古民具の類だろうとたかをくくっておりましたところ、厨房用品のお店で販売しているところを見つけました。」、有るんやぁ!!「内側と外側を二重に編み上げた見事なわら細工で、お櫃の寸法に合わせて一つ一つ手作りしてくれるため」ぉぉおう「納品まで約1年掛かるとのこと。」ぇぇえええ!!「人気商品だそうです。」‥1年!!、でもいまのポメロ親父の話聞いて皆さんわかりましたよね、ねえ藁で作ってそしてご飯を入れたお櫃を保温するという、そういう物が飯櫃入というやつなんですねえ、念のためポメロ親父の一句もどうぞ
◇飯櫃入入荷と店頭の貼紙  ポメロ親父
 まさにこういうのが貼ってあったんでしょうねえ、納品まで約1年!! 、人気商品?まぁじぃかぁよお

 横浜の糖尿猫からもこんな情報が来ております「飯櫃入は大きな歳時記にしか載っていませんでした。ネットなどを調べてみると、藁の編み方がと猫ちぐらと同じなものもあるのだそうです。」猫ちぐらって何?「実際に購入して、季語の現場に立とうかと思いましたが、4万8千円もするので止めました。」ぇ゛え゛〜っ‥飯櫃入4万8千円すんの?、で納品1年待ち!!、すごいなぁこりゃあ、この謎の猫ちぐらの一句でも読んどくか
◇猫ちぐらを代わりに使う飯櫃入  糖尿猫
 そんなばかな、それは無理だと思うが

 そしてですねえ、岡山の彩香からもこんなお便りですねえ「お櫃は見たことありますが、飯櫃入は記憶にまったくありません。どのような物かどうしても知りたくてインターネットで調べました。新潟の会社で作られていることを知りました。」へぇぇぇえええ「直径18cm〜、価格2万円〜、納期1年」あっやっぱり1年「今でも需要があること、価格にもびっくり。写真を見ると民芸品、伝統工芸品のような美しさ。飯櫃入は炊き立てのご飯が冷めないよう、腐らないようにとの知恵と家族愛と温もりの詰まった一品だったんでしょうね。」どこの家でもありましたよぉ、あの飯櫃入をこう‥かぽって抱くとまたほんのりと温みがあったりしてねえ、彩香の一句も読んどきましょう
◇祖母の手や藁の香やさし飯櫃入  彩香
 藁の香りなんですよねえ、猫が必ずあれの上に乗っかるんだよねえ

 トリオパンジーズ・姫婆ちゃん、あんたは知ってるだろう、お便り来てます「昭和22年までの国民学校では」ばっはっは「まずカタカナを習い、ひらがなはその後でした。大家族だった我が家は、飯櫃入は大きくて、入るのにちょうど良いサイズ。古くなったのは暖を取るのに、猫の気持ちがよくわかりました。宿題は飯櫃入にちゃぶ台でひらがなを書いていた記憶です。」ぁあ〜〜もぅまさにそういう時代でございますねえ、懐かしいなあ、姫婆ちゃんと同世代なんかなあこれ、こんな一句も
◇飯櫃入に入り学んだいろは四十八文字  姫ばあちゃん
 ぱはっはっはっはっ‥これはもう時代の手触りというやつでございますねえ、同世代の方いま私と一緒に笑ってくださったと思います


 ‥と言うことで、いま募集中の兼題が‥
「亀(亀井製菓の亀)」「雉始めて鳴く」の投句〆切が12月27日(火)必着
  新しい兼題は「ホットドリンクス」「しばれる」です


勝たせて貰っているのに廃車専門とは、これいかに?
社長元気だが、石川昇天ってかあ(チーン)
飛車に角、将棋の駒は買わねども、廃車買いたし、お電話を
自動車を解体し続け50年、松山市桑原、石川商店

この番組は車壊して半世紀、廃車買取の東雲短大裏、石川商店の提供でお送りしました


(12/19-19:55)
No.12621
ミズスマ
火曜日
〜この番組は農家のお店・周ちゃん広場の提供でお送りします〜

俳句集団いつき組組長・夏井いつきです。
アシスタントのウェンズデー正人です。

今週の兼題は飯櫃入でお送りをしております。知らんなあ、っていう若い人多いと思うんですが。喜多輝女、知らんかなあ。あんたお町の人やけん知らんのかな、こんな一句。
◇飯櫃入昔見たことあるような   喜多輝女/こんな人いっぱいおるでしょうな。

太鼓祭り好きの祭り娘の一句、
◇古き人知恵を生かすや飯櫃入   太鼓祭り好きの祭り娘/そういう品物ですね。

◇飯櫃入母の記憶はその昔   一村/お母さんですら記憶になってんのかな。

◇遠き日は生家の隅の飯櫃入   樹朋/「遠き日や」で切ってもいいかもしれないですね、この句ね。

兵庫から参加、ももたももです。
◇主なき家の納戸の飯櫃入   ももたもも/もうそんなとこ放り込んであるんでしょうなあ。

かつお飯は高知からの参加。
◇あの蔵に四つ残りし飯櫃入   かつお飯/あんたとこ、何かどういう家やったん。蔵があって飯櫃入が四つもあるって、ええとこの坊ちゃんやったんやろか。

そしてこちらがちいちです。
◇飯櫃入溶け込む民家園のカフェ   ちいち/ああ今は逆にね、こういう使い方ね。

◇飯櫃入旧家を包む琴のデュオ   シナモン句会・まり姫/もうこれは飯櫃入はあの実用というよりはオブジェになってるような、そんなね、古民家でしょうね。

◇土間に藁編む絆を繋ぐ飯櫃入   もやい句会・赤い長靴/絆繋いでおりますか。

京都から参加、凡鑽です。
◇正座して編目正しき飯櫃入   凡鑽/ああ、折り目正しきじゃない、編目正しきですね。

◇飯櫃入飾り編目にひとしきり   横浜4Gの会・かまじじ/ひとしきり見定めておるんでしょうか。

◇なめらかに飯櫃入編む父の指   いつき組リスナー班・田山(たぁさん)/ああこういうの、本当に見てた世代だよね、田山、って。ふふ、一緒にしましたが。

◇飯櫃入や縄目に残る手の温み   穂積書道教室俳句部・すみれ/これも編んだ人の手の温みっていうことなんでしょうかね。

あぐらをかく、ということなんでしょうね。「あぐらい(胡座居?)」という言葉があります。
◇あぐらゐの人肌編むや飯櫃入   幾山路/みんな本当に編んでたわけですからね。

奈良から参加、一斤染乃の一句。
◇飯櫃入祖母の手の皺手の香り   一斤染乃/なんか婆さんの皺の手の匂いって覚えてますよね。もう死んでずいぶんたつけど。

◇おむすびを握るかたわら飯櫃入   シナモン句会・十姉妹/うーん、なるほど。

緑の国句会、これは誰だ?山形から参加、山の雪です。
◇母の言伝やおやつと飯櫃入   山の雪/ああ、お母さんのね、メモだけ置いてあんのね。分かる分かる。

福岡から参加、松ぼっくりです。
◇終便の音待ち侘ぶる飯櫃入   松ぼっくり/終便ていうのは最後に帰ってくるバスとか船とか、そんな話なんでしょうかね。

あんみつゆか姫は砥部のお嬢さんズです。
◇飯櫃入最後の角に常夜灯   あんみつゆか姫/最後の角を曲がって帰って行くっていうことなのかなあ。

◇飯櫃入夜業の夫待ち侘びて   ちびうさ/「飯櫃入の画像を見て、おくどさんで炊いたご飯をお櫃に入れていたのを思い出しました。」と書いてありますが。まさにこういう物なのよね。

◇飯櫃入にそっと片手を入れてみる   八幡浜・一味/なんでそっと片手入れるんやあ、ハハハ。何がしたいん?米盗んで食べるの?

◇父胡座家族正座の飯櫃入   中島浄土/こんな時代が昭和でしたね。

台所のキフジンは東京からの参加。
◇飯櫃入父からよそる木のしゃもじ   台所のキフジン/家長でしたからね、お父さん絶対ですよ。

◇飯櫃入十人兄弟の父でした   ぼたもち/そう父の方が十人、母の方が十人とかね。そんな時代です。

◇御馳走は飯のぬくもり飯櫃入   もろり川/そうそう、温もりの他は後はおこうこ?おしんこ?おこうこって言わん?言わん?おしんこのことを「おこうこ」って。あり得ないよそんなのっていうのを「目でおこうこ噛んじゃる」って。そんなこと言わなかったですか?

◇甘き香に引き寄せられて飯櫃入   穂積書道教室俳句部・浜撫子/ご飯の炊けた甘き香ですね。

◇飯櫃入麦飯よそう薩摩汁   トリオパンジーズ・松ばあちゃん/これは今は何か健康的な食品メニューになってますよ。

宇都宮から参加、はおん。葉っぱの音ですね。
◇飯櫃入上に動かぬ猫おりて   葉音(はのん)/こういう光景は当たり前のことでした。

埼玉から参加、雪うさぎです。
◇また猫が占拠している飯櫃入   雪うさぎ

そしてあいむ李景、今治です。
◇叱ってもまた猫の乗る飯櫃入   あいむ李景/なんぼでも猫乗り続けてますね。もう何か猫の匂いしかしてこなくなったんですが。

大分から参加、国東まち子。
◇飯櫃入猫の住処となりにけり   国東まち子/そうですか、はは。

青柘榴の一句。まだ猫かよ。
◇猫に乗っ取られ二代目飯櫃入   青石榴/ははは!

山崎ぐずみは兵庫からの参加。
◇猫のタマ嗅ぐを叱りし飯櫃入   山崎ぐずみ

や、猫だけじゃないよというのが千葉からの参加・鈴木麗門です。
◇飯櫃入の中の嬰児よく眠る   鈴木麗門/あん中、子供入れてましたからねぇ。入れてましたからって虐待とかじゃないですよ。ちょうどいい大きさで、あったかいっていうことですよ。

千葉から参加、小泉岩魚の一句。
◇蝋人形の赤子が座る飯櫃入   小泉岩魚/何か怖いんですけど。怖いんですけど、でもこれだって、子どもが遊んでて、その人形がね、置きっぱあになってるって。何かもう、何だっけ、横溝正史の何とか…八つ墓村みたいな感じもいたしますね。

横浜4Gの会・浜のとみちゃん。こわい。
◇大将首討取り入れし飯櫃入   浜のとみちゃん/やめてーもう、朝の爽やかな時間帯なんですからあ。

えー、よしのは埼玉からの参加。
◇お七夜のかぐや守りぬ飯櫃入   よしの/これちょっといい感じになってきましたね。

それから杉本とらをも東京です。
◇駄菓子屋の奥の茶の間の飯櫃入   杉本とらを/ああこれはもうこういう光景、駄菓子屋の奥覗いたらね、茶の間があってって、見えてきますとも。

◇お茶の間にどんと座したる飯櫃入   ころん/ころんも同世代ですからね、こういう光景は脳に焼き付いているんでございましょう。

ということで今募集中の兼題が…
(12/21-07:26)
No.12622
みかり > 今日の聞き書きはおおよそ明日になります。諸々用事が押し寄せ、今夜は三日月句会・・と言うわけですので悪しからず。。 (12/21-16:31) No.12623
みかり
水曜日

〜この番組は車検板金の友近自動車の提供でお送りします〜

今週の兼題は「飯櫃入」でお送りをしております。水曜日ご紹介してまいりましょう

◇飯櫃入  西条・とうへい/これもなんか庇の雀かなって辺りがねえ、長閑な昭和の気分ですよねえ

◇陽射し受け憩うようせき飯櫃入  シナモン句会・山のすみれ/山のすみれって香川からの参加だったんですね・・ぼんやりと今の今まで気づいてなかった!失礼!!

◇飯櫃入に降りたる烏影のごと  石川・亀田荒太/これはねえ、干してるんだと思うんですよ、なんか蒸れるんで、干すんですよねえ、日に当てないといけないていうんでねえ

◇飯櫃入背伸びし探る天袋  かつたろー。/天袋のこの辺りに飯櫃入入れとったんやけど・・ってそんな場面でしょうねえ

天袋があれば、地袋って言うのかなあ・・私これ知らなかったんだけど
◇天袋地袋納戸飯櫃入  蓼虫/お納戸はねえ生きてるし、天袋まではみんな知ってると思いますけれどもね、全部漢字の一句です

◇飯櫃入藁打つ石の丸さかな  いごぼーら/これはもう飯櫃入を編むために、藁を叩いているという、そんな感じなんでしょうねえ

◇飯櫃入残す牧場の水車小屋  西条・鍼屋/ご飯をねえ、仕事場に持っていくときにね、飯櫃入ごと持っていくのね。そうしたら温かいまんまでね、食べれるからねえ。それが残っているという光景でしょう

◇飯櫃入棚田を守る米寿の手  葵/棚田を守る手で飯櫃入を編んでるのかもしれません

◇飯櫃入編み目の跡の残る床  ひでやん/これ同じところにずーっと置いてるから編み目の跡が残ったりしてねえ・・よう覚えとるなあ、あんたこれー

◇編みかけの糸の三年飯櫃入  山田のむおう/藁の時代からねえ、極太毛糸の時代も来るわけですよ、はい、藁が手に入りにくくなるとねえ

◇不格好な蓋半世紀飯櫃入  あやね/ネットで調べてくれたんでしょうかねえ

◇緑色指す飯櫃入買う子の抱う  長野・遠音/買いに行ってるシーンなんですけれども、これ緑色って言うのが、藁の新しい色なのか、それから緑色の毛糸なのか、そこが分かりにくいとはいえね

◇飯櫃入太き飯釜や子沢山  もやい句会・山口千代子/子沢山ですから大きさが見えてきます

◇飯櫃入卓袱台軋む子沢山  横浜4Gの会・句学生

◇飯櫃入お代わり競う五男二女  風花会・野薊/戦場でございますねえ、これはねえ〜

◇飯櫃入三男坊の城のごと  大阪・しら山/三男坊は城のようにどすんと座って、飯櫃入のそばに、すぐお代わりができる場所にっていうことなんでしょうねえ

◇火の側の婆の夜話飯櫃入  ミセスコナン/囲炉裏のにおいがしてくるような感じねえ

◇木卓の火鉢の跡や飯櫃入  プリマスロック句会・ドクトルバンブー/木のテーブルで「木卓(もくたく)」ですね。今時の家には無い光景ですね

痛快なのが
◇飯櫃入飛ばす悪妻猛母なり  日光・優空/怖いなあこれ〜飯櫃入投げられるのよ、これ・・

◇飯櫃入一段低き勝手窓  不知火/これはねえ、静かな光景ですけど良く切り取ってます

◇ぼた山の飯場賑わい飯櫃入  まるやす・火ほし/飯場にもありましたねえ

◇前垂れの文字の野太し飯櫃入  更紗/前垂れって分かりますよねえ・・あの丁稚奉公してるようなお兄ちゃん達が、なんとか酒屋とかなんとか醤油とかってあの前垂れですねえ

◇飯櫃入火伏せの札の黄ばみたる  松山・もも/竈の横に貼ってある火の神様のあの札ですねえ

しょい句会猫が・・昨日も猫一杯出て来たけどねえ、ちょっと細かな芸がありますな
◇老猫を温める余生飯櫃入  しょい句会・小田寺登女/老いた猫、老猫を温める余生がここにあるってねえ、ここにちょっと工夫してます

◇飯櫃入二匹の猫のしなやかに  穂積書道教室俳句部・花見月/その中に二匹が身体を寄せ合うようにってことですよ、ねえ

三重から参加のえらいぞはるかちゃんが、名前変わりました。
本名でやりたいと、高尾綾の一句なんですが
おじゃみと言う言葉が出て来ます。三重の鈴鹿辺りでは、お手玉のことをおじゃみと呼ぶんですって
◇役終えたる飯櫃入よりおじゃみやら  高尾綾/飯櫃入がもうおもちゃ箱になってるってことですねえ

美味しそうだなあ
◇飯櫃入お茶づけ海苔と美豊卵  まるにっちゃん/美しく豊かな卵、「美豊卵」ですねえ〜美味そうやなあ〜〜

◇飯櫃入北誌に父の武勇伝  菊池マッサージ会・ミスター菊池/戦争に行ってたお父さんでしょうね

◇薪を割る父の背中や飯櫃入  風花会・野路菊

父を詠みました
◇飯櫃入父がハモニカ吹きし夜  沢田樹理/吹きしの「し」が過去ですから、思い出してるんですねえ

父がいれば母もおります
◇飯櫃入笠地蔵読む母の背(せな)  風花会・花水木/子どもの頃のお話しですねえ

◇母の手の小さし温し飯櫃入  富山・露玉/小さし温しと韻を踏みました

◇妣の手の温き記憶や飯櫃入  砥部・ひさの/妣ですから亡くなった母を意味します

そんな母の手はこうだったに違いないと
◇頬包む手のがさがさや飯櫃入  東京・トポル

祖母を詠んだこんな一句
◇竈の火絶やさぬ祖母の飯櫃入  坊太郎

八十八も祖母です
◇飯櫃入祖母繰り返す独り言  八十八/年取るとこうなるのよねえー最近私もそうだなと思いつつ

◇飯櫃入嫁ぎて味噌の赤出汁を  愛知・T/私んとこは白味噌だったんだけど・・っていう、そういう嫁いでの実感でございましょうかねえ


と言うことで・・

※募集中の兼題 「亀(亀井製菓の亀)」「雉始めて鳴く」12月27日(火)必着
    「ホットドリンクス」「しばれる」

☆ご注意☆
「亀(亀井製菓の亀)」「雉始めて鳴く」の締め切りがいつもより早くなっております。
12月27日(火)ですよ。しかも火曜日!!曜日が違います。必着です。遅れた物は全て闇に葬り去られると。。

あなたの投句をお待ちしております!

車のことならなんでも。南梅本町、自衛隊松山駐屯地すぐそば、友近自動車にご相談ください。
一日車検、板金ブース完備。お客様の愛車をすべて仕上げてお渡しします。
電話089−948−8003まで。
らくさぶろうも友近自動車を応援しています
(12/22-08:57)
No.12624
高尾彩 > 聞き書き隊の皆様、いつもありがとうございます。お手数をお掛けしますが、高尾綾の「綾」は「彩」でお願いします。
(旧俳号:えらいぞ、はるかちゃん!) (12/22-10:16)
No.12625
比良山 > 聞き書き隊の皆様いつもご苦労様です。

飯櫃入三男坊の城のごと  大阪・しら山

は、大阪・比良山でお願いします。 (12/22-10:28)
No.12626
みかり
【訂正】
◇役終えたる飯櫃入よりおじゃみやら  高尾彩

◇飯櫃入三男坊の城のごと  大阪・比良山 (12/22-15:11)
No.12627
あねご > 木曜日
この番組は坊ちゃん団子、タルトの亀井製菓の提供でお送りします。

俳句集団いつき組組長夏井いつきです。
アシスタントのウェンズディ正人です。
木曜日なんですが、今週の兼題「飯櫃入」の水曜日のみなさんが少し残ってますので

まずは兵庫から参加、キラキラヒカル、片仮名ですね。こんな一句
◇飯櫃入の湿りよ転寝の妻よ 兵庫・キラキラヒカル/「よ」「よ」と語りかけるところがやさしいですね

珠桜女あすかの一句
◇飯櫃入最後に食べるは女衆 珠桜女あすか/これはね、昔はおなごし、おとこしって働いてくれる下働きの人たちおりましたもんね

え〜千葉から参加、土井探花の一句には「玲瓏(れいろう)」という言葉が出てきますが、美しく冴えたというか、澄んで響くとか、そういう感じですね。
◇玲瓏な女将の訛り飯櫃入 千葉・土井探花/どんな店やろね、行ってみたい感じがいたしますよ

プリマスロック句会、マイマイです
◇百年の梁の色して飯櫃入 プリマスロック句会・マイマイ

その梁の色はきっとこんな色でもあるんでしょうね。もやい句会、静泉です
◇飴色の家族の歴史飯櫃入 もやい句会・静泉

そして太郎の一句
◇板の間の黒く光るや飯櫃入 太郎/これはもう、うちの古い家を思い出しますねえ

いそこの一句です
◇庫裏の灯の今朝も一升飯櫃入 いそこ/これは禅寺みたいなところを思ったんですけれどもねえ

宇和島風花会、矢車草です
◇飯櫃入白熱球の灯る部屋 一句一遊宇和島風花会・矢車草

穂積書道教室俳句部、川霧です
◇飯櫃入幼き日に見た囲炉裏の火 穂積書道教室俳句部・川霧/囲炉裏を見ただけならおもしろくないんですが、囲炉裏の火までいきましたね

風花会、小手毬は嗅覚と目の感じ?触覚も一緒なのかなあ。こんな一句
◇目に染みる薪の匂いや飯櫃入 一句一遊宇和島風花会・小手毬/薪の匂いって絶対ツーンってくるんですよね。目なのにツーンていうのがわかるのがおもしろいですね

そして宇和島風花会、撫子の一句です
◇飯櫃入今昔語る学芸員 一句一遊宇和島風花会・撫子/今どき飯櫃入はこういう博物館とか資料館にしかないのかもしれませんねえ

ポパイの一句には「東寺市」っていうのがあるけど、京都の東寺の市で「東寺市(とうじいち)」ですね
◇東寺市江戸の匂いの飯櫃入 ポパイ/こういう骨董のあれも出てきて当然かもしれませんねえ

お手玉の一句です
◇裸電球男の作る飯櫃入 お手玉/これは藁で編んでいる感じかなあ

一走人の一句です
◇飯櫃入山に似合いの朝の雨 一走人/「山に似合いの朝の雨」というこの流れが綺麗ですよね

さ、お便りもいっぱい来ておりますんでご紹介していきましょうかね。
ベルフラワーから「ラジコのタイムフリーはほんとに便利です。聞き書き隊のみなさんの文字と組長の声とでライブ感満載です」って書いてありますが、実際に耳で聴くのと目で見るのと一緒にこう活用してくださるといいなあと思ってるんですが

群馬から参加、かま猫はですね、つい最近投句してくれるようになったんですが、こんなお便りです
「組長!ようやく一句一遊のウェンズデー正人さんと組長のトークスピードになんとかついていけるようになりました。憧れの松山のラジオが聴けるので幸せです。松山に行ったら是非、周ちゃん広場に行ってみたいです」
周ちゃん広場、そうとうな人気の人手らしいですけれどもね。その周ちゃん広場が火曜日のスポンサーということになっているわけですよね

そしてですね、スポンサー流れのでね、愛知の沢田朱里からなんですが、こんなお便りです
「木曜スポンサーにぴったりの坊ちゃん団子の話題です」
木曜スポンサー「亀井製菓」ですね
「高校生の孫が修学旅行で松山へ。ところが、市内観光の日に発熱し、宿で安静にさせられたそうです(ハハハハハかわいそう@組長)で、帰宅後『坊ちゃん団子買えんかった。坊ちゃん団子食べたかった』の繰り返し、なだめるために受験後の松山旅行を約束しました。(ほ〜@組長)ワーイ、これで私も堂々と松山へ行ける」
あ〜来て来て来て。でも坊ちゃん団子買うために来るっていうのが根性ありますよね

そしてさらにですね、金曜日のスポンサーがマイントピア別子になるんですが、マイントピア別子と私ご縁がけっこうあって、「森になった街」という本を書いて、マイントピアでも売っているのかな、どうなのかな?え〜矢野リンド、高知からですけれども、こんなお便りが来ております
「組長の句集、森になった街が句集の中の季節と読んでいる自分のまわりの空気が同じで句がすとんすとんと自分の中に入ってきました。東洋のマチュピチュに行った時は歩いていると汗ばむようなよく晴れた秋でした。今頃あの場所はどうだろうかと想像しながら読みました。句集の絵葉書は結局切り離せませんでした。もう一冊欲しくなる句集だとおっしゃっていた方がいました。そのとおりだと思います」
その本ってポストカードブックで半分ちぎるとポストカードが三十何枚か四十何枚か、でもなかなかみんなちぎらないんですよね。

一走人からもこんなお便りです
「昔、森になった街の本を手に入れた時、なんて斬新な俳句が並んでいるんだろう、いつかはこんな俳句を作れるようになりたいと思い今に至っています。」
嬉しいことですね

笑松もそういうイメージだったんでしょうかね。先週届いていたお葉書ん中にこんな句がありました。
◇木枯やかつては森であった街 笑松/逆ですよね、森になった街の逆発想ですね

そして新居浜に住んでいるんだよね、桜里はね。いつき組、リスナー班、桜里からはですね「組長、マイントピアでは冬の桜が咲き始めたようです」なんてお便りも来てるんです。あそこのあの冬桜、ほんとに見事ですからね

そして最後にですね、新居浜、紫水晶のこんな近況報告が来ております
「組長、今の私にとって俳句を作ることは心のリハビリをすることです。いろいろあったこの一年、今は左右違う靴を履いているような、ちぐはぐな感覚が私の中にあるのです。俳句を作るのが大儀なこともあるのですが、リハビリ、リハビリと言い聞かせて作っています。」
みんなね、いろんな人生の中でリハビリリハビリって言うしかない時期もあると思うけど、そういう時にこそ俳句が人生の杖になると、ほんとにお伝えしたいと思いますよ。こんな一句もありました
◇新嫁の里の形の飯櫃入 紫水晶/これもいいですね。それぞれの地域、それぞれの家庭の飯櫃入でございます

募集中の兼題 「亀」「雉始めて鳴く」12月27日(火)
12月27日しかも火曜日ですよ。必着ですよ。遅れたヤツは全部闇から闇へ私が葬り去ります。みなさんの投句を心からお待ちしております
       「ホットドリンクス」「しばれる」

「坊ちゃん団子」
「いただきま〜す」
「おいしい」
「ほんとよ」
「これも亀井製菓?」
「うん、おいしい」
「坊ちゃん団子も亀井製菓よね〜」
坊ちゃん団子は第26回全国菓子大博覧会名誉総裁賞を受賞しました。

この番組は坊ちゃん団子、タルトの亀井製菓の提供でお送りしました。
(12/22-22:29)
No.12628
まとむ
金曜日

〜この番組はマイントピア別子の提供でお送りします〜

俳句集団いつき組組長夏井いつきです。
アシスタントのウェンズデー正人です。
今週の兼題は「飯櫃入」でお送りをしております。お櫃を入れるさらに外っ側にわらで編んでだあれが飯櫃入でございますよ。
まずは京都から参加都野あざみのこんな一句から行きましょう。
◇米甘し源爺作の飯櫃入  京都・都野あざみ
源爺さんの飯櫃入がいちばん保温してくれるのよね・・なんていう、そういうものを藁で編み上げるような爺さんなんでしょうね。しかもその爺さんは米作りも巧くって、米も甘いわねぇ美味いわねぇ・・なんてそんな光景なんでしょうね。

新潟から参加このはる紗耶はこんな旅館を描きました。
◇飯櫃入ずらりお伊勢の大旅籠  新潟・このはる紗耶
お伊勢参りなんてね、江戸の方からみんながしゃもじ一本持ってね、帯のところに差して歩きだすみたいな、そんなのがお伊勢参りだったらしいんですけれどもね。何かもう光景が目に見えるっていうかね、水戸黄門とかの世界が目の前に広がるようなそんな感じがいたしました。飯櫃入ならではの一句ではないでしょうかね。

福井から参加の徹子もこれはお店の感じかな?
◇先代の暖簾と飯櫃入を継ぐ  福井・徹子
「先代の暖簾」も一緒に継いでるってことはお寿司屋さんみたいな、そんなイメージで勝手に読ませていただきました。この暖簾ももちろんのことだろうけれど、炊飯器の中でそのまま保温ではダメなんだと。ちゃんとご飯を切ってね、飯櫃入の中にきちんと入れてとかって、その手順を守りながらやってる二代目なり三代目なりがいると、そういう人物が浮かんでまいります。

ロッチ、これ前居たロッチ君なのか別人なのかちょっとわからないんですが、別人ならいきなり金曜日登場ですよね。こんな一句です。
◇飯櫃入兄より遅き乳離れ  ロッチ
兄ちゃんはサッサと乳離れしてですね、兄ちゃんらしく大きくなってんのに弟はいつまでもお母ちゃんから離れない、飯櫃入をお母さん代わりにぬくぬくと抱っこしているようなそんな弟の姿が見えてきましたね。

これも面白いなぁ。穂積書道教室俳句部・塩胡椒子のこんな一句。
◇兄弟子が帰らぬ暮れの飯櫃入  穂積書道教室俳句部・塩胡椒子
これはね相撲部屋を思ったんですけれどもね、兄弟子帰らないとご飯にならないし、飯櫃入にはちゃんとご飯炊き立てのがヤツが入ってんだけどみたいな。「兄弟子」って言葉だけ、それから「暮れ」という時間帯だけで、そういう物語ドラマが見えてくるところ巧いですよね。

しょい句会・酔蘭です。
◇夜稽古の男衆待てり飯櫃入  しょい句会・酔蘭
男衆と書いて、ワタシらは「おとこし・おとこし」って言ってましたけれどもね。夜の稽古で帰ってこないその男たちを待っている飯櫃入ですよと。その飯櫃入の傍らには女衆あるいはその家の女の人たちもいるということですよね。

たくさんの人達が集う家、集う場所だからこの飯櫃入が活躍するってところもあるんですが、八幡浜日土の瑞木はこんな寮が出てまいります。
◇順風寮第三班の飯櫃入  八幡浜日土・瑞木
「順風寮」ってなんかありそうな名前ですよね。正岡子規の時代の寮の一班二班三班って大きな木のテーブルかなんかあって、そんな感じがしますね。藁で編んだところに「第三班」ってギザギザの文字が書かれてあるようなそんな感じがいたしましたね。

ターナー島の一句はやっぱこの人巧いですね。こんな場面にも飯櫃入確かにあると思います。
◇飯櫃入仏仕えの足白し  ターナー島
お寺の修行僧の人たちでしょうね。朝早くからあなた修行始まりますから「仏仕えの足」ですからその白い足、素足でしょうね、見えてきますね。これだけで寺の冷たさだとか空気とか荘厳な空気とか見えますから、巧いなぁ・・やっぱり。

巧いと言やぁ北海道から参加鈴木牛後も大したもんですね。
◇雪で手を洗って開ける飯櫃入  北海道・鈴木牛後
この人が牧場をやってるとかやってないとかそういう個人的な知識は全くいらないですね。「雪で手を洗う」んですから雪深いところで外で作業をしていて、その雪を取ってきれいなところの雪を取って洗って家の中入っていくという、そんな感じでしょうかね。冷たさとあたたかさってのが確かに見事に一句の中パッキングされます。

そうかと思いましたら若草俳句会・風の一句も巧いですね。「太宰」という言葉が出てきますが、当然これは太宰治、生まれた場所は津軽でございます。
◇飯櫃入太宰の席はこのあたり  若草俳句会・風
私あの・・津軽の方に行って太宰の旧家がまだ旅館をやってた泊まれた時期に泊まったことがあるんですが、私たちは太宰のお父さんの居間ってところに泊まりましたけれども、太宰が子供として座ってたのはこのあたりじゃないかしら・・・って巧いですね。

巧い人いっぱいいたんですが、今日はプリマスロック句会・チロリンのこの句に天を差し上げたいと思います。瑞々しい現場証明があります。

『天』  飯櫃入藁青々と嫁の来る  プリマスロック句会・チロリン

実家から嫁いでくるときに新しい飯櫃入持ってくるわけですよね。「藁の青々」とした匂いを嗅いで、あぁ・・うちのこの息子にやっと嫁が来てくれたとか、かわいらしい嫁でその上飯櫃入まできれいやとか、そういうある時期のある瞬間の家族のシーンを瑞々しく切り取っていると思いますよ。

☆「亀」「雉始めて鳴く」の募集締め切りはいつもより早くなっております。12月27日(火)間違えないでください、火曜日です。しかも必着。遅れたものは無視。ということでございますね。みなさんの投句をお待ちしております。
「ホットドリンクス」「しばれる」

マイントピア別子に出かけよう。
ただ今6万球のイルミネーションがお出迎え。
12月から2月末までは忘新年会におおすめのお得なお客様感謝祭を開催いたします。
リニューアルして魅力いっぱいのマイントピア別子へ是非お越しください。

〜この番組はマイントピア別子の提供でお送りしました〜
(12/23-22:46)
No.12629
まとむ > 【金曜日訂正】
◇夜稽古の男衆待てり飯櫃入  しょい句会・宵嵐 (12/23-23:29)
No.12630
都乃あざみ > いつもありがとうございます。都乃あざみです。よろしくお願いします。 (12/24-08:35) No.12631
マイマイ > チロリンさんはひらがなで「ちろりん」です。マガジンにも載るので訂正しといてもらえるとありがたいです。 (12/26-16:04) No.12632
まとむ > 都乃あざみさんマイマイさんありがとうございます。
【金曜日訂正】
◇◇米甘し源爺作の飯櫃入  京都・都乃あざみ

『天』  飯櫃入藁青々と嫁の来る  プリマスロック句会・ちろりん
(12/26-20:04)
No.12633
名前 返信 文字色 削除キー

記事No 削除キー

- PetitBoard Antispam Version -